ミシェル・ディミトリー・カルヴォコレッシ

ミシェル・ディミトリー・カルヴォコレッシ(Michel Dimitri Calvocoressi, 1877年10月2日 マルセイユ1944年2月1日 ロンドン)は、ギリシャフランス人音楽評論家詩人翻訳家

ミシェル・ディミトリー・カルヴォコレッシ

パリで音楽を学ぶが、ほとんど独学であった。その間、社会科学も修めた。

ロシアの興行家セルゲイ・ディアギレフの助手として、1907年にパリで行われた、シャリアピンリムスキー=コルサコフラフマニノフスクリャービンニキシュらを招いてのロシア音楽コンサートに関わった[1]1909年にディアギレフが結成したバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)にも協力したが、1910年の公演(ストラヴィンスキーの『火の鳥』が初演された)、ディアギレフとの不和が原因で助手を辞任した[2]。。

1914年にロンドンに移り、フランス語雑誌に音楽評論を寄稿。ロシア語に通暁しており、ロシア音楽の熱烈な擁護者であった。ロシア語の歌曲やドイツリートギリシャ民謡英語フランス語に翻訳するのに、語学力を発揮した。音楽サークル「アパッシュ」の一員として、ラヴェルフローラン・シュミットファリャに影響力があり、また、1907年冬には作曲とオーケストレーションの指導を求めていたヴォーン・ウィリアムズにラヴェルを紹介した。

日本でも著作の翻訳が刊行されている。

  • 『近代音楽回想録』大田黒元雄訳 第一書房 1938
  • 『音楽教養論』柿沼太郎訳 古賀書店 1942
  • 『音樂の正しい味はひ方』柿沼太郎訳 新興音樂出版社 1946

著作集編集

  • La Musique russe (パリ 1907年)
  • The Principles and Methods of Musical Criticism (ロンドン 1923年 改訂版1933年)
  • Musical Taste and How to Form It (ロンドン 1925年)
  • Musicians' Gallery: Music and Ballet in Paris and London (ロンドン 1933年)
  • ロシア音楽の巨匠たち Masters of Russian Music (ロンドン 1936年、ジェラルド・エイブラハムとの共著)

脚注編集

  1. ^ リチャード・バックル、鈴木晶訳『ディアギレフ ロシア・バレエ団とその時代』リブロポート、1983年、上巻106-112ページ
  2. ^ リチャード・バックル、前掲書、上巻204-205ページ

参考文献編集

  • "Michel Dimitri Calvocoressi." Baker's Biographical Dictionary of Musicians, Centennial Edition. Nicolas Slonimsky, Editor Emeritus. Schirmer, 2001.