ミシェル・トロレ

ミシェル・トロレMichel Trollé1959年6月23日 - )は、フランスの元レーシングドライバー。ランス出身。

国際F3000参戦時のトロレ。

1984年フランス・フォーミュラルノー・ターボでキャリアを開始し、チャンピオンシップで2位となる。

1985年にフランスF3選手権に移り、2勝でシリーズ3位。

1986年は、マカオグランプリを含むいくつかの主要なフォーミュラ3レースに参加し、ポルシェ・962C世界スポーツプロトタイプレースにも参加した。

1987年には国際F3000選手権デビューを果たし、最初のレースで2位、 スパ・フランコルシャンで優勝し、シリーズを6位で終えた。

1988年もシリーズに参戦したが、ブランズ・ハッチでの大きな事故に巻き込まれたため、いくつかのレースの欠場を余儀なくされた。しかし、最初の6レースで2回の表彰台を獲得したことで、11位にランクインしている。

トロレはF1ドライバーの有力候補に見なされ、ラルースティレルと交渉した。ブランズ・ハッチ戦後の週末に開催されるベルギーGPでティレルと暫定合意に署名する予定だった。 [1]

1990年にスポーツカーに転向する事を決め、クラージュ・コンペティションよりル・マン24時間レースにデビューし、総合7位で完走した。

1991年のスポーツカー世界選手権を最後に引退した。[2]

脚注編集

[脚注の使い方]