ミシャ・メンゲルベルク

ミシャ・メンゲルベルクMisha Mengelberg1935年6月5日2017年3月3日)は、オランダジャズピアニスト作曲家1961年ガウデアムス国際作曲家賞を受賞した。2006年には、メンゲルベルクの生涯と活動を初めて取り上げた80分のドキュメンタリー『Afijn』がDVDで発売された。

ミシャ・メンゲルベルク
Misha Mengelberg
Mengelberg austin april06.jpg
テキサス州オースティンにて、2006年4月
基本情報
出生名 Misja Mengelberg[1]
生誕 (1935-06-05) 1935年6月5日
出身地 ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の国旗 ウクライナ社会主義ソビエト共和国 キエフ
死没 (2017-03-03) 2017年3月3日(81歳没)
ジャンル ジャズ
職業 ミュージシャン、作曲家
担当楽器 ピアノ
レーベル FMP/Free Music Production

略歴編集

指揮者で作曲家のカレル・メンゲルベルクを父に、ウクライナキエフに生まれる。父は20世紀前半の大指揮者ウィレム・メンゲルベルクの甥であり、父の弟ルドルフも作曲家で指揮者であった。

一時的に建築学を学ぶが、1958年デン・ハーグ王立音楽院に転学して1964年まで音楽を学んだ。在学中に、ロースドレヒトで催されたジャズ・フェスティバルで優勝する。初期にはセロニアス・モンクデューク・エリントンだけでなく、ダルムシュタット現代音楽講習会で受講した、ジョン・ケージにも影響を受けており、フルクサスとも接触するようになった。最初期のレパートリーには、かつて忘れられたピアニストのハービー・ニコルスの作品が含まれていた。

 
パフォーマンス中のミシャ・メンゲルベルク(2004年)

初めて録音に参加したのは、エリック・ドルフィーの最後のアルバム『ラスト・デイト』(1964年)である。同盤では、ドラマーのハン・ベニンクとも共演している。メンゲルベルクとベニンクは、ピエト・ヌードワイクとともにカルテットを結成した(ただしベーシストは一定しなかった)。1966年にはカルテットとしてニューポート・ジャズ・フェスティバルに参加している。1967年にメンゲルベルクは、ベニンクやウィレム・ブロイカーと共同で、オランダのアヴァンギャルド・ジャズ・ミュージシャンの演奏や録音を広めるための音楽団体を設立した。1969年には、アムステルダム電子音響研究スタジオ(STEIM)の設立者にも名を連ねた。

メンゲルベルクは多種多様なミュージシャンと共演してきた。しばしば同胞のベニンクとデュオを組んでいるが、そのほかの共演者に、デレク・ベイリーペーター・ブロッツマンエヴァン・パーカーアンソニー・ブラクストンのほか、ペットのオウムがいる(この鳥はドルフィーのライブ録音の裏面に登場している)。

他人に演奏してもらうために楽曲を提供しており、それらはたいてい即興演奏のための余白が設けられている。多くのミュージック・シアターの公演(ほとんどが不条理的なユーモアが大部分を占めるもの)で監督を務めた。

2017年3月3日、アムステルダムの病院で死去した。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • Groupcomposing (1978年、Instant Composers Pool) ※with ペーター・ブロッツマンエヴァン・パーカー、ペーター・ベニンク、ポール・ラザフォードデレク・ベイリーハン・ベニンク
  • Fragments (1978年、Instant Composers Pool) ※with ジョン・チカイ、ハン・ベニンク、デレク・ベイリー
  • Pech Onderweg (1979年、BV Haast)
  • Musica Per 17 Instrumenti / 3 Intermezzi /Omtrent Een Componistenactie (1982年、Composer's Voice)
  • 『ヤーパン・ヤーポン』 - Japan Japon (1982年、DIW) ※with ICPオーケストラ
  • Change of Season (Music of Herbie Nichols) (1985年、Soul Note) ※with スティーヴ・レイシージョージ・ルイス、アルイエン・ゴーター、ハン・ベニンク
  • On Escalation / 3 Pianopieces / Dialogue / Summer (1985年、Attacca) ※with ペーター・スハット、Jan Van Vlijmen、Otto Ketting
  • Dutch Masters (1991年、Soul Note) ※with スティーヴ・レイシー、ジョージ・ルイス、エルンスト・レイスグル、ハン・ベニンク
  • 『フーズ・ブリッジ』 - Who's Bridge (1994年、Avant) ※ミシャ・メンゲルベルク・トリオ (ブラッド・ジョーンズ、ジョーイ・バロン)
  • Impromptus (1994年、FMP)
  • Misha Mengelberg (1997年、I Dischi Di Angelica)
  • The Root Of The Problem (1997年、hatOLOGY)
  • Live In Holland '97 (1997年、X-OR) ※with マッツ・グスタフソンヘルト=ヤン・プリンス
  • 『ノー・アイディア』 - No Idea (1998年、DIW) ※ミシャ・メンゲルベルク・トリオ (グレッグ・コーエンジョーイ・バロン)
  • Two Days In Chicago (1999年、hatOLOGY)
  • Solo (2000年、Buzz)
  • Four in One (2001年、Songlines) ※ミシャ・メンゲルベルク・カルテット (デイヴ・ダグラス、ブラッド・ジョーンズ、ハン・ベニンク)[2]
  • Senne Sing Song (2005年、Tzadik)
  • Mill (2009年、Conundrom) ※with コル・フラー、ミシェル・シーン
  • It Won't Be Called Broken Chair (2011年、Psi) ※with エヴァン・パーカー
  • 『ライヴ・イン・アムステルダム1966』 - Journey (Live In Amsterdam 1966) (2011年、MCN) ※ミシャ・メンゲルベルク / ピエト・ヌードワイク・クァルテット (ハン・ベニンク、ロブ・ランゲライス)+テッド・カーソン
  • Lucebert / Jazz & Poetry '65 (2013年、Uitgeverij Huis Clos) ※ミシャ・メンゲルベルク / ピエト・ヌードワイク・クァルテット
  • Nunc! (2014年、Nemu) ※with Dirk Bell、Ryan Carniaux、Gerd Dudek、Joscha Oetz、Nils Tegen

脚注編集

  1. ^ Misha Mengelberg, Bold and Spirited Jazz Pianist, Dies at 81”. The New York Times. 2017年3月14日閲覧。
  2. ^ Four in One – Misha Mengelberg Quartet”. AllMusic.com. 2014年2月22日閲覧。

外部リンク編集