メインメニューを開く

ミスアメリカ (マーベル・コミック)

ミスアメリカ (Miss America)は、マーベル・コミックの作品に登場する架空のスーパーヒロイン。1943年11月にデビュー。

目次

マデリーン・ジョイス編集

アニメ版のスパイダーマンなどでは、マデリーン・ジョイスが正体となっている。

第二次世界大戦中のヒロインのため、インベーダーズに所属していた。インベーダーズの他のメンバーは、キャプテンアメリカヒューマントーチバッキーなど。

感電事故により力を得たヒロイン。ウィザー(ロバート・フランク)と結婚するが病死する。「シークレットアベンジャーズ」にてサイボーグ化されて再登場する。

スーパー戦隊シリーズ編集

スーパー戦隊シリーズにおけるミスアメリカは、東映製作の特撮テレビドラマシリーズスーパー戦隊シリーズの第3作『バトルフィーバーJ』に登場。『バトルフィーバーJ』は『スパイダーマン』に続き東映とマーベル・コミック社の提携で製作されており、マーベル・コミックのミスアメリカを原案として生み出された[1]。こちらは、ダイアン・マーチンを初代、汀マリアを二代目とする。

ただし、名前と胸のマーク以外のデザインや設定は別のマーベルヒロインのミス・マーベルがモデルとなっている[2][3]。初期企画『キャプテンジャパン』では、アメリカで活躍していたペリー・マクブライド/ミズアメリカが秘密結社Bを追って日本にやってくるという展開で、落雷によって超人的な能力を得たという設定であった[1]

脚注編集

  1. ^ a b 東映スーパー戦隊大全 2003, p. 16, 「バトルフィーバーJ作品概要」
  2. ^ 大全集 1988, pp. 162-163, 「新シリーズの開発 バトルフィーバーJ」.
  3. ^ 東映スーパー戦隊大全 2003, p. 29, 「メインキャラクター紹介 ミスアメリカ」.

参考文献編集

  • 『スーパー戦隊大全集』講談社、1988年4月25日。ISBN 4-06-178408-0
  • 『東映スーパー戦隊大全 バトルフィーバーJデンジマンサンバルカンの世界』双葉社、2003年。ISBN 4-575-29520-5

外部リンク編集