メインメニューを開く

ミスター・ソウルマン』(Soul Man)は、1986年アメリカ映画

ミスター・ソウルマン
Soul Man
監督 スティーヴ・マイナー
脚本 キャロル・ブラック
製作 スティーヴ・ティッシュ
出演者 C・トーマス・ハウエル
音楽 トム・スコット
撮影 ジェフリー・ジャー
編集 デヴィッド・フィンファー
配給 アメリカ合衆国の旗 ニューワールド・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年10月24日
日本の旗 1987年2月21日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $27,820,000[1]
テンプレートを表示

C・トーマス・ハウエル主演の青春コメディだが、白人である主人公が黒人に成りすますという内容だったため、公開当時はアフリカ系アメリカ人の間で物議をかもした[2]。また、『ニューズウィーク』誌では不快な内容の駄作として叩かれた。しかし、これらの抗議や批判があったにもかかわらず、この映画は興行面では成功した[3]

レスリー・ニールセンがチョイ役で顔出しており、いつもと違う彼が見られる。

目次

あらすじ編集

マーク(ハウエル)はそこそこの経済的に恵まれた家の子であったが、ハーバード大学法学部に合格した。しかし喜びもつかの間、なんと父親が学費に充てるはずのお金を全て使い果たしてしまい、進学のための費用がなくなってしまう。

困ったマークだったが、黒人学生のみに適用される奨学金制度を知り、思いつきで何とサンレスタンニングを使用して黒人に成りすますという荒技に出る。その後、マークは人種問題や自分の奨学金のせいで奨学金が貰えないサラ(レイ・ドーン・チョン)の存在を知る。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
マーク C・トーマス・ハウエル 関俊彦
ゴードン アリー・グロス 井上和彦
サラ レイ・ドーン・チョン
バンクス教授 ジェームズ・アール・ジョーンズ
ホイットニー メロラ・ハーディン
ダンバー レスリー・ニールセン
アロンソン マックス・ライト
  • 吹き替え:初回放送 1989年2月28日、TBS「火曜ロードショー」

スタッフ編集

  • 監督:スティーヴ・マイナー
  • 製作:スティーヴ・ティッシュ
  • 脚本:キャロル・ブラック
  • 撮影:ジェフリー・ジャー
  • 音楽:トム・スコット

脚注編集

外部リンク編集