メインメニューを開く

ミスター・ベースボール

ミスター・ベースボール』(Mr. Baseball)は、1992年に公開されたアメリカ合衆国の映画日本愛知県名古屋市)を舞台の中心としている。日本のプロ野球でプレーする外国人選手を題材としており、日本でプレーすることが決まった選手が日本プロ野球の教科書代わりにしばしば鑑賞することで知られている[2]

ミスター・ベースボール
Mr. Baseball
監督 フレッド・スケピシ
脚本 ゲイリー・ロス
ケヴィン・ウェイド
モンテ・メリック
原案 セオ・ベレティア
ジョン・シュンカーマン
製作 フレッド・スケピシ
ダグ・クレイボーン
ロバート・ニューマイヤー
製作総指揮 ジョン・カオ
ジェフリー・シルヴァー
近藤晋
出演者 トム・セレック
デニス・ヘイスバート
高倉健
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 イアン・ベイカー
編集 ピーター・ホーネス
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年10月2日
日本の旗 1993年2月6日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
興行収入 $20,883,046[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

あらすじ編集

メジャーリーグベースボール (MLB) 、ニューヨーク・ヤンキースの強打者だったジャック・エリオットは、かつてワールドシリーズMVPを獲得した経験も持つ大物選手だが、ここ最近は目立った成績を残せず、スピード違反と試合後に複数の娼婦を同伴したことが明るみに出てCMの降板が決まるなど、選手としてのイメージも低下する一方。そんな中でルーキーのリッキー・デイビスとのポジション争いに敗れ、チーム側からトレードの通告を出されてしまう。この時唯一オファーを出したのはMLBの球団ではなく、日本プロ野球の球団・中日ドラゴンズであった。

MLBへの未練を抱えたまま来日したジャックは日本文化・日本の野球にしばらく馴染めず、プライドが高く気の荒い性格も影響し、チームメイトや通訳の西村洋次、監督の内山らと衝突を繰り返す[3]。一方、西村がジャックの発言を故意に紳士的な解釈で訳したこともあり、マスコミはジャックを「ミスター・ベースボール」と称える[4]ものの、成績が振るわずに鬱憤の溜まったジャックはチームメイトのマックス・デュボアの忠告も聞かず、乱闘を起こして出場停止処分を受けてしまう。

それを見た内山監督の娘・内山ヒロ子は、ジャックを自身の実家に連れて行く行動を取る。ここで素麺をすする音に抵抗したり、箸をご飯に立てて叱られるが、ジャックの獲得を指示したのは球団幹部ではなく、「粗雑ではあるが最盛期は終わっていない」という判断をした自身であることを明かした内山のほか、ヒロ子や西村やチームメイトなど周りの人物達によって少しずつチームに馴染んでゆき、お互いを理解するようになる。

改心後は3割を超える打率を残す活躍を見せ、ドジャーズが獲得の動きを見せる。そのスカウトの前でのジャイアンツとの決戦では、内山が現役時代に残した7試合連続本塁打[5]の記録更新が掛かっているが、敬遠の連続。9回裏2死満塁の場面で内山は「打て」のサインを出すが、個人記録よりもチームの勝利を優先したサヨナラ2ランスクイズプレイを決め、リーグ優勝の立役者となる。結局 ドジャーズのスカウトの目に留まったのはハマーことマックス・デュボアだった。

翌年の春、ヒロコの姿はデトロイトタイガースの春季キャンプのスタンドにあった。彼女の視線の先には後進にアドバイスをしながら、自らもトレーニングする、メジャーリーガージャック・エリオットの姿があった。彼女の夫でもある。

キャスト編集

ジャック・エリオット - トム・セレック
主人公。ポジションは一塁手。右投左打。ヤンキースでは背番号48を着けていたが中日では54に変更された。これは「中日がジャックに期待するシーズン本塁打数」という意味合いが込められたものでもある。登録名は「エリオット」。打順は主に3番。なお、作中での応援歌は実際に中日に所属したゲーリー・レーシッチアロンゾ・パウエルと同じものが流用された。
右膝に持病を抱えており、自分の部屋ではアイシングを施している場面が度々見られる。
内山 - 高倉健
中日の監督。背番号は83。現役時代は野手を務め、新人王、4度のMVP、7試合連続本塁打という記録も保持している。
選手に「根性論」に基づく非科学的で過酷なトレーニングを課し、徹底的な管理野球も推しているほか、読売ジャイアンツには相当な対抗意識を持つ。練習中にジャックのスイングを一目見ただけでフォームの欠陥(シュートに対する弱点)を見抜くなど、類まれな分析能力を備えるが、近年の監督成績は不振を極めている。
ジャックとは当初通訳の西村を通じて会話をしていたが、実は英語を話すことができる。日本の文化と内山自身が提唱する管理野球に馴染めないジャックとは何度も対立を繰り返したが、「もっと選手を伸び伸びとプレイさせるべき」というジャックからの意見を受け、そのスタイルを改めるようになる。モデルとなった人物は星野仙一広岡達朗[6]
内山ヒロ子 - 高梨亜矢
内山の娘。来日して間もないジャックとナゴヤ球場で出会い、公私にわたって世話を焼く。チーム関係者が気付いていなかったジャックの膝の古傷を真っ先に見抜いている。
パーソンズ美術大学に留学した経験から、ジャックが頻発する野卑なスラング表現にも動じない。ジャックとはすぐに恋愛関係になったが、実家に招くまでは内山の娘ということを隠していた。
マックス・デュボア - デニス・ヘイスバート
中日の助っ人外国人選手で、ジャックの“先輩”にあたる。愛称は「ハマー」。背番号は40。登録名は「デュボア」。ポジションは右翼手。打順は主に4番。中日には5年という長期に渡り在籍しているが、ジャックに対しては現在もMLBへの復帰願望があることを明かしている。ジャックとは対照的に温厚な性格で、日本の文化や、いわゆる「ガイジン」として扱われる環境にも馴染んでいる。
西村洋次 - 塩屋俊
中日の球団付け通訳で、ジャックの担当となる。
ジャックの発言を直訳して不自然な日本語に置き換えたり、あるいは侮蔑的な表現を誠実な意味に脚色することもある。気弱な性格からジャックに何度となく怒鳴られていたが、後に厚い信頼が生まれる。
中村 - 穂積隆信
中日の球団社長。
当初はチームの成績不振が続いていたこともあり、内山に対して「シーズンの結果次第で監督職を解任する」といった通告を出していた。
山下 - 豊原功補
中日の選手。背番号は4。ポジションは二塁手
チームの選手の中ではブロークンながら英語ができる方で、ジャックにしばしば声を掛ける。
向井 - 藤原稔三
中日の選手。背番号は2。ポジションは三塁手
五十嵐 - マック高野
中日の選手。背番号は12。ポジションは左翼手
黒沢 - 森永健司
中日の選手。背番号は28。ポジションは遊撃手
八木 - 問田憲輔
中日の選手。背番号は37。ポジションは中堅手
西川 - 藤井直貴
中日の選手。背番号は22。ポジションは捕手
糸井 - 後藤祝秀
中日の選手。背番号は11。ポジションは投手
大前 - 西村譲
中日の選手。背番号は44
内田 - 水島新太郎
中日の選手。背番号は26
坪井 - 神保悟志
中日の選手。背番号は36
上本 - 苅谷信行
中日の選手。
堀コーチ - 大木正司
中日のヘッドコーチ。背番号は81
ライル・マッシー - レオン・リー
大洋の助っ人外国人選手。背番号は4。ポジションは右翼手。エリオットの打球を処理するのみで、台詞はない。
ライアン・ワード - スコット・プランク英語版
大洋の助っ人外国人選手。背番号は37。ポジションは二塁手。二塁打を打ったエリオットと会話をするシーンがある。
アラン・ネヴィン - アニマル・レスリー
巨人の助っ人外国人選手。背番号は46。ポジションは左翼手。乱闘シーンでは中日の選手達をボディスラムで投げ飛ばすなど大暴れした。
ビリー・スティーブンス - チャールズ・ジョセフ・フィック[7]
巨人の助っ人外国人選手。背番号は41。ポジションは一塁手。エリオットとポジションが同じ為、攻守の随所で度々会話するシーンがある。
リッキー・デイビス - フランク・トーマス
ヤンキースのルーキー。背番号は68
彼の出現によって、ジャックは中日にトレードされた。
ジェンキンス - トッド・A・プロバンス[8]
デトロイト・タイガースの若手選手。背番号は19。タイガースに移籍したエリオットから打撃の助言を受ける。
佐藤 - 鈴木林蔵
中日の球団幹部。
高橋 - 楠見彰太郎
中日の選手。
ヒロ子の祖父 - 浜村純
ヒロ子の祖母 - 万代峰子
ヒロ子のアシスタント - 藤田朋子
審判 - 桜金造掛田誠
CMディレクター - 高野光
スポーツ番組出演者 - 久野誠鷲塚美知代

米国側関係者編集

ティム・マッカーバー - 野球解説者。本人役。
シーン・マックドノー英語版 - スポーツキャスター。本人役。
スキップ - アート・ラフルー
トレイ - グレッグ・グースセン英語版 - グースセンは1960年代の大リーガーである。
ドク - ニコラス・カスコンドイツ語版
ハウイー・ゴールド - ラリー・ペネル英語版
デュアン - マイケル・マグレイディ
リック - マイケル・パパジョン英語版

元プロ野球選手編集

本作ではライバルチームを中心に数多くの元NPB選手がキャストとして参加していた。

八代 - 盛田嘉哉
中日のコーチ。背番号は70
安達 - 星野秀孝
中日のコーチ役。背番号は87
並木 - 右田一彦
中日の投手。背番号は30
安西 - 鳥坂九十九
中日の選手役。
役名不明 - 武藤一邦
巨人の捕手。背番号は43。宗方のシュートに手玉に取られるエリオットをからかうシーンがある。
宗方 - 増本宏
巨人の投手。背番号は33。増本は79年から87年まで大洋に所属した投手だった。
役名不明 - 庄司智久
巨人の二塁手役。
木内 - 久保文雄
大洋の投手。背番号は34。久保は実際に81年から86年まで大洋に所属した投手だった。
役名不明 - 伊藤泰憲
大洋の捕手役。
役名不明 - 仲根正広
広島の投手。背番号は11。中野の継投で登板するも、エリオットに頭部死球を見舞い、大乱闘を発生させてしまう。仲根は近鉄バファローズ時代の73年から77年に掛けて投手だった時期がある。
役名不明 - 三浦真一郎
主審役。
中野 - 深沢恵雄
広島の投手。背番号は20岡崎市民球場での試合でエリオットを三振に討ち取る。深沢は77年から88年に掛けて阪神・ロッテオリオンズに所属した投手だった。
その他 - 安西健二(元巨人)、大隅正人旭和男井上祐二ほか[9]

撮影場所編集

当初、オリックス・ブレーブスを舞台に神戸総合運動公園野球場で撮影予定だったが、撮影中に球団名が「オリックス・ブルーウェーブ」(当時)へ変わったことで、舞台も中日に変更となった。

中日が当時本拠地として使用していたナゴヤ球場を中心に、各セ・リーグ球場でも撮影され、ナゴヤ球場での撮影ではのべ10万人以上もの名古屋市民がエキストラとして参加した。東の方角に東山スカイタワーを遠望できる主人公のアパート(覚王山地域)や三河湾を望む茶畑など、名古屋市内・愛知県内の各所、名古屋空港旅客ターミナル、さらに名古屋鉄道の車内を使ってもロケが行われた。ユニフォーム・ウィンドブレーカー・スパイク・帽子に関しては、中日で実際に使用しているモデルと同一のものを着用。

作中での中日は阪神タイガースを除くセントラル・リーグ各球団と対戦する描写がある。映画内で対戦した広島東洋カープも実使用のユニフォームを着用していた。また、劇中では横浜大洋ホエールズとの対戦描写もあるが、1992年11月に翌シーズンから「横浜ベイスターズ」へチーム名を変更することが発表されたため、日本公開時の1993年2月には名称変更後であった。

また、中部日本放送(CBC)など中日系メディアも撮影に全面協力し、映画ではジャックが『サンデードラゴンズ』や『中日スポーツ』内で特集されるなど随所に登場している。ただし、バックスクリーンのスコアボードは実際のものとは違い、グランド内の別の位置に作られている。

スタッフ編集

『ミスター・ベースボール』とナゴヤ球場のELLIOT編集

2011年より、『ミスター・ベースボール』の主人公、ジャック・エリオットの手作りユニフォームを着たアメリカ出身のファンが中日新聞東海テレビの『ドラHOTプラス』、スターキャットの『燃えドラ!スタジアム』など地元メディアで注目を浴びている[10]。映画の撮影場であるナゴヤ球場を本拠地として中日ドラゴンズの二軍公式戦でオリジナル応援歌や球種配分データーの提供などを織り交ぜて独特な応援を行う。

脚注編集

  1. ^ Mr. Baseball (1992)” (英語). Box Office Mojo. 2011年11月7日閲覧。
  2. ^ プロ野球助っ人選手の教科書映画「ミスター・ベースボール」【キネマ懺悔】
  3. ^ ジャックは士気が下がりがちなチームメイト達に「太った女が歌うまでオペラは終わらない (The Opera Isn't Over Till the Fat Lady Sings)」と言い放ち、翻訳する立場の西村を困惑させるが(最終的に「試合が終わったらブヨブヨのババアが歌を歌ってくれるそうです」と訳した)、スラングで「結果は最後まで分からない」という意味を持つ。
  4. ^ 表記は「Mr.Baseball」ではなく、「ベースボール」をそのままローマ字表記した「Mr.Besubooru」。
  5. ^ 架空の日本記録。実際の日本記録は同数で王貞治ランディ・バースが記録している。
  6. ^ http://www.ivc-tokyo.co.jp/collection/title/5422.html
  7. ^ 1980年代から90年代に掛けて野球を題材にしたドラマや映画に出演していた俳優で、兄は元大リーガーのロバート・フィック、息子のC・J・フィック英語版も大リーガーだった。
  8. ^ 84年にトロント・ブルージェイズにドラフト5巡目で指名を受け入団したが、マイナーリーグから昇格出来ずに90年に引退した経歴を持つ。
  9. ^ スタッフロールには他に元選手として中日コーチ役に「イトウ・タカオ」、巨人マネージャー役に「マツナミ・ノブヒコ」、広島の捕手役に「イダ・トシカツ」、エキストラ選手役に「モンダ・ヨウイチ」「カギモト・シンヤ」「ナガノ・ヒロカズ」「イノウエ・ユウジ」などの名が見られた。
  10. ^ https://www.youtube.com/watch?v=SC9G9VThKFY#t=38m21s

外部リンク編集