ミスター・ワールド

ミスター・ワールド(Mister World)はミス・ワールド機構が主催する男性美人コンテストマンハント・インターナショナルミスター・インターナショナルと並ぶ世界三大男性美人コンテストの一つである。

概要編集

1996年、エリック・モーリーが、男性版ミス・ワールドを開催しようと、トルコイスタンブールで第1回大会が行なわれ、以降はほぼ2年に1回開催されている。
ミス・ワールドの理念同様『Beauty With a Purpose(目的のある美)』に加えて、“The Search for the World’s Most Desirable Man.”「最も必要とされる男」、「頼りがいがあり」「愛するものを守る力を持ち」「人に寄り添い」「己の弱さを知り」「ユーモアもある」そして「笑顔と幸福を与えられる」を美徳とし、審査の基準としている。

歴代優勝者編集

  • 1996年:トム・ナイエンス(ベルギー
  • 1998年:サンドロ・フィノギリオ(ベネズエラ
  • 2000年:Ignacio Kliche(ウルグアイ
  • 2003年:グスタボ・ジャネッティ(ブラジル
  • 2007年:フアン・ガルシア・ポスティゴ(スペイン)
  • 2010年:カマル・イブラヒム(アイルランド)
  • 2013年(2012年開催):フランシスコ・エスコバル(コロンビア)
  • 2014年:ニクラス・ペデルセン(デンマーク)
  • 2016年:ロヒト・クハンデルバル(インド)

歴代の日本代表編集

日本は2010年度から参加している[1]。10人余りのファイナリストの中から審査(一般からの投票も含む)を行い、グランプリを選出。「MR WORLD JAPAN」のタイトルとワールド大会への出場権を獲得する。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集