メインメニューを開く

ミステリオ (Mysterio)は、スパイダーマンシリーズに登場する代表的なヴィランのひとり。特殊効果のエキスパートで、SFXやバーチャル・リアリティといった映像技術、強力な酸性ガスなどのハイテク装置を武器に戦いを繰り広げる。

ミステリオ
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場アメイジング・スパイダーマン』 13号(1964年6月)
クリエイター スタン・リー
スティーヴ・ディッコ
作中の情報
フルネーム クエンティン・ベック(Quentin Beck)
所属チーム シニスター・シックス
著名な別名 ダニエル・バークハート(Daniel Berkhart),フランシス・クラム(Francis Klum)
能力 特殊効果、変装の名人
手品・催眠の名人
化学・ロボット工学の知識
ハイテク武器

目次

初代編集

原作漫画編集

本名は、クエンティン・ベック(Quentin Beck)。

幼いころから映画を作るのが夢だったクエンティンは、短い映像作品をいくつも撮っていた。そして10代になると自費でモンスター・スリラー映画を撮影できる程の腕も身に付けていた。その後、成人した彼はハリウッドのスタジオで、スタントマン兼特殊効果デザイナーとして働き始めた。彼の人生は順調に進んでいるように見えたが、ある時から裏方として働くことに退屈を覚え始めてしまった。しかし、俳優・監督としてスターになれるような容姿にも才能にも恵まれていなかった。そんなある日、友人からの助言を聞いたクエンティンは、特殊効果と映像作りの才能を利用してスーパーヒーローになれば有名になれると気づいたのだった[1]

デイリー・ビューグルがスパイダーマンを悪党だと報道したことを知った彼は、彼を捕らえれば新聞が自分をヒーローとして世に知らしめてくれるだろうと考えた。しかし、実際のスパイダーマンは全く悪事を働かないので、自らが彼になりすまして犯罪を行うことになった。それに加えて、スパイダーマンは悪党だということをメディアに思い込ませ、自分がヒーローだと主張しスパイダーマンを挑発した。次第にその思惑に気づいたスパイダーマンは、ミステリオが油断して犯罪の内幕を明かすのを録音し、その上で彼自身も倒して録音テープと共に警察に引き渡した。

汚名を着せられ、スーパーヒーローになるという夢も壊されたミステリオは、以降本格的に犯罪者の道を歩みだすことになる。

映画編集

2019年公開予定の映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に登場する。役を演じるのはジェイク・ギレンホール[2]

アニメ編集

ゲーム編集

二代目編集

本名は、ダニエル・バークハート(Daniel Berkhart)。

1975年発行のアメイジング・スパイダーマン第141号で登場。クエンティンの旧友で、彼が死を偽装していた間にミステリオとして登場していた。

1996年発行のスペクタキュラースパイダーマン第241号以降は、ジャック・オ・ランタン(マッド・ジャックとも呼ばれる)としても登場している。

三代目編集

本名は、フランシス・クラム(Francis Klum)。

2002年発行の『Spider-Man and the Black Cat』第1号で登場。上記の2人と異なり、テレポーテーションなどの能力を持つミュータントで、特殊技術を一切用いない。

アニメ『アルティメット・スパイダーマン』にも登場し、メアリー・ケイト・ワイルズが声を担当した。

脚注編集

  1. ^ スパイダーマン大全[増補改訂版]. 小学館集英社プロダクション. (2017). pp. 74頁. ISBN 978-4-7968-7706-0. 
  2. ^ 稲垣 貴俊 (2018年12月6日). “『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイク・ギレンホール、ミステリオ役での登場を示唆 ─ 出演報道後はじめて”. THE RIVER. 2018年12月6日閲覧。