ミスフィット・ガレージ

ミスフィット・ガレージ』(原題:Misfit Garage)は、ディスカバリーチャンネルにて放送されている自動車番組・リアリティ番組で、『ファスト&ラウド』から派生したスピンオフ番組の一つである[1]。2014年10月13日に放送が開始され、2020年現在本国アメリカではシーズン6まで制作されている。

ミスフィット・ガレージ
ジャンル 自動車番組
リアリティ番組
出演者
  • トーマス・ウィークス
  • トム・スミス
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
言語 英語(日本語字幕
シーズン数 6(アメリカ版)
話数 55話(アメリカ版)
各話の長さ 60分
撮影地 テキサス州ダラス
製作 ピルグリム・スタジオ英語版
放送
放送チャンネル ディスカバリーチャンネル
放送期間 2014年10月13日 (2014-10-13) - 放送中
公式ウェブサイト
番組年表
関連番組 ファスト&ラウド
テンプレートを表示

概要編集

ガス・モンキー・ガレージを解雇されたトム、ジョーダン、自らの意思で店を辞めたスコット、そして車のバイヤーとして『ファスト&ラウド』に出演していたトーマスの4人が、新たに立ち上げたカスタム・ショップ「ファイアード・アップ・ガレージ」(Fired Up Garage)が番組の舞台となる[2]。店名である”ファイア”には「クビ」と「エンジンをかける」という二つの意味がかかっている[3]

ファイアード・アップ・ガレージ編集

拠点はガス・モンキー・ガレージ(以下GMG)を同じくテキサス州ダラスにあり、業種も同じく、車の転売と依頼を受けてホットロッド系のカスタムなど請け負うという”ライバルショップ”である。基本的に塗装と内装作業以外は外注はせず、エンジンリビルドなども自前で行うのが特徴である[4]

GMGのオーナーはリチャードであるが、ファイアード・アップ・ガレージ(以下FUG)にはオーナーはおらず、中心メンバーがパートナー(出資者)[5]というポジションで、そのメンバーが車の購入代金や改造費、家賃、電気代などを出し合い、儲けが出た場合はそれを分配するという方式をとっている。それ以外のメカニックはパートナーに雇われている、または助っ人[6]という形である。

リーダーが不在というのにはデメリットもあり、4人はリチャードという共通点だけで集まっているだけで特に親しい間柄という訳でもなく[6]自己中心的な性格の人間ばかりのため[7]、一つにまとまることができずに、いつも口論やケンカが絶えない[8][9]

ファスト&ラウドとの関係編集

番組の主旨としては、リチャードに恨みを持つ4人が集まり、打倒GMGを掲げたライバル店を立ち上げ復讐する、という番組である。そのため両者は険悪な関係で、互いに罵り合ったり、嫌がらせを行ったりしている[10]

というのはあくまで設定である。まず開店直後で車の販売もできず、資金に困っていたところ、滞納していた家賃を6ヶ月分肩代わりしたのはリチャードである[3]。そもそもFUGの店舗は、元々GMGが番組開始時に使っていた場所でもある。

他にも、木が倒れて事務所が使えなくなってしまった時は事務所として使えるトレーラーを用意したり[11]、特殊な機械(エキゾーストパイプベンダー)を使わせてあげたり[12]、FUGに泥棒が入り工具を盗まれてしまった時にはツールボックスをあげたり[5]、FUGで修理している車のパーツが無かった時は、GMGの車のパーツを無料で提供するなど[13]、嫌がらせをするどころか毎回のようにFUGの面倒を見ている。また、ライバル番組であるはずが、リチャードやアーロンは毎週のようにこの番組に出演している。スコットが辞めた時にも心配して様子を見に来て「余裕がない時には助けるから連絡しろ。お前らの成功をみたい。消えるなよ」と励ましている[14]

実はこの番組の制作会社は『ファスト&ラウド』と同じピルグリム・スタジオ英語版であり、さらにリチャード・ローリングスはこの会社のエグゼクティブプロデューサーも務めている[2]。この番組のスタッフロールにもしっかりと記載されている。ライバル番組という設定ではあるが、実質的には兄弟番組にあたる。トムとジョーダンはGMGを解雇されているが、解雇された直後にこの番組が開始されており、番組の移籍に近い。

出演者編集

FUG編集

パートナー編集

トーマス・ウィークス Thomas Weeks
出演:シーズン1-出演中
『ファスト&ラウド』ではリチャードの親友のカー・コレクターとして出演し、GMGの顧客として何台か購入していた。 この番組でも車の購入と販売を担当しており、リチャードとは同業者のライバルという設定になった。過去に車やバイクレースをしており、首の椎間板ヘルニアや、右腕の神経を痛めてしまい、実際は冷たくないのに冷たく感じる後遺症がある。そのため右手だけ黒い手袋をしている時がある[15]
慢性的な人手不足のため、メカニックとしても働くことがあるが、過去にエンジンの整備でミスをしており、あまり他のメカニックからは信用されていない[4]。よく口にするセリフは「自分より上手な詐欺師はだませない」[4]
トム・スミス Tom Smith
出演:シーズン1-出演中
元GMGの従業員。遅刻が原因で解雇された。巨体が特徴のお調子者。自称・料理が得意で、キッチンカーをやる計画もあったが、試食会での評判は微妙だった[7]。すぐ服を脱ぐクセがある。スーやリチャードに抱きつくなどスキンシップが激しいが、スーにはよく体臭を注意されている[11]
ジョーダン・バトラー Jordan Butler
出演:シーズン1-4
元GMGの従業員。板金からエンジンまでカバー[4]する優秀なメカニックであるが、自信家であり他者を認めない性格でもある。ジェイソンの事は「能無し」だと思っており、犬猿の仲[7]。指示に従わないなど、反抗的な態度をとっていたためリチャードによって解雇された。
スコットはジョーダンについて「リーダーになれるが、時々身勝手になる」と評価している[16]FUGでもまだ車が1台も完成していない状況で、妻の体調不良という嘘をついて仕事をズル休みしたことがある[6]
シーズン4では、キャリア5年ほどで自分より能力が劣るのケビンに意見され、さらに同じパートナーの位置にまで昇格する事に納得がいかず、「ふざけるな」と激怒しそのままFUGを辞めた[5]
スコット・ミクミラン Scot McMillan
出演:シーズン1-2
元GMGの従業員。親もメカニックという家系。元・海兵隊出身[17]。GMGは独立するために辞めたはずだったが、この番組では「低賃金でこき使われて店を去った」という設定になった。
第9回で塗装の終わったショートベッドを持ち帰る際に、高速道路走行中に落下してしまい、幸い他の車は巻き込まなかったが、キャビンは大破してしまった。本人はストラップの故障が原因だと主張し、災難が起きた時こそ団結が必要だと説いたが、他のメンバーから非難されたため、関係が険悪になった[18]。次の車のカマロがボロかったため、利益が薄く手間だけかかる車の修理に反対しボイコットするなど、ジョーダンやトムと激しく対立する[19]。最終的にトーマスを入れてパートナー4人で話し合ったが、両者の溝は決定的であり、そのまま番組降板となった[4]
その後、FUGが利用していた塗装業者のコーベットを引き抜いたり、SNSで「俺が去ったと思っている人は間違ってる。いい車を作りたい俺を店が見限った」と投稿するなどFUGを批判していた[20]。辞めた後に2人で様子を見に来たが、スープボーンに水をかけられ追い帰された。「辞めたことは正しかったと再認識した」と捨て台詞を吐いて、それから二度と来ることはなかった[20]
ケビン Kevin Clark
出演:シーズン2-出演中
スコットが辞めたために、第12回で急遽FUGに入ることになったメカニック。濃いヒゲ[4]バンダナが特徴。トムとは11年来の友人で共に働いていたこともある[4]。実は初登場はシーズン1第7回で、FUGの客として出演している。トムによると性格が良く、彼のことを悪く言う人はいないという[4]。雑用を押しつけられても文句一つ言わなかったため、第14回にて正式なクルーとなった[20]。モデルAでは配線を担当したが、不慣れなレース用イグニッションだったとはいえ、配線を間違えショ-トし火災を起こしかけた[21]
シーズン4では店舗移転に伴い、パートナーを再び4人にするためケビンが昇格する事になったが、それに納得がいかないジョーダンが代わりに店を辞める事になった[5]
ジョン John "Little John" Klump
出演:シーズン2-出演中
ラジカル・レストア店(RADICAL RESTORATIONS)のオーナー。スコットがコーベットを引き抜いたため、別の塗装屋を探すことになり、ジョーダンの幼なじみでもあるジョンに白羽の矢が立った[4]。過去にリチャード率いるGMGからも誘いを受けたが、断った事があるという[4]。非常に口が悪い[20]
それまでは塗装屋として仕事を受けていたが、シーズン4でジョーダンが辞めたため、助っ人としてFUGの作業に参加するようになった[22]。トーマスに言わせると「彼の才能はこれまで働いてきた店では見たことがないレベル」[23]。ジョンもFUGの個々のレベルの高さは認めているが、まとめ上げる人間が必要だと思って、それが自分だと考えている[23]。そのため他のクルーに上から目線で接することも多く、軋轢を生むことがある。第31回から正式にパートナーとなる[24]。GMGのアーロン的ポジション[25]

メカニック編集

オースティン Austin Potter
出演:シーズン1-2
この番組からの新規参加組。人手不足のため、アーロンの紹介でFUGに加入した[3]。スコットにはイケメンと評価されている[18]。スコットとは仲が良かったため、彼と同時に店を辞めた[4]。のちに2人で店に立ち寄ったが、水をかけられて追い返され「人生は短い。クソに構う暇はない」と吐き捨てて去って行った[20]
スープボーン Soupbone
出演:シーズン1-3
スープボーンはあだ名で、本名はジェリー・ジョー・オニール。人手不足のためトーマスの紹介で加入した[3]Apprentice(徒弟・初心者・実習生)。痩せた体型[17]と短髪が特徴。
ドライブシャフトのスプレー塗装を任されたが、送風機の前で行ったため飛沫が飛んでしまい、塗装したばかりの車体をダメにしてしまったことがある[12]。母親には「怒るとバカをしでかす」と言われており、自分勝手な理由で辞めたスコットとオースティンが戻ってきた時には、ホースで水をかけて追い返した[20]
シーズン3からはパーツ調達を任されるようになったが、発注が遅れ作業を滞られせてしまった。それをパートナーにも相談もせず、さらに発注日に関して嘘の報告をしていた事も露見し、能力不足を理由に第22回にて解雇された[26]
キートン Keaton Butler
出演:シーズン2
ジョーダンの兄。スコットとオースティンの穴埋めとして第12回で加入[4]。加工、整備もでき、車の知識も豊富。トムも「超人だね。マジで半端じゃないと」とその腕に驚くほど[4]。その後、何度か出演したが、ジョーダンが辞めたため出演することもなくなった。
ジョシュ Josh Paris
出演:シーズン3-出演中
新規採用面接を経て第20回より加入[27]。専門学校で溶接を学び、別のショップで働いて、補修とカスタムを学ぶ[27]。FUGでは、最初に手がけた車でフロントガラスを入れる際に割ってしまい、ミスからのスタートとなった[27]。ボス風を吹かせるジョンは苦手で、大ゲンカしたこともある[23]
JJ
出演:シーズン3-出演中
本名はジョーダン・ジョンソン。ジョーダンが他にもいて混同するため「JJ(ジェイジェイ)」と呼ばれている。スープボーンを解雇するために第21回で新たに雇われた人材で、彼の代わりにパーツ調達を担当している[28]
ジャスティン Justin Polley
出演:シーズン4-出演中
ジョーダンの穴埋めにジョシュの紹介で加入[13]。28歳で自動車歴は10年[13]。腕のタトゥとアゴヒゲが特徴で、トーマスにはリチャードの従兄弟と間違われた[13]

GMG編集

リチャード・ローリングス英語: Richard Rawlings
GMGのオーナーで、4人の共通の敵。様子を見に来たと言って、毎週のように出演する。イヤミや嫌がらせをしつつ、困っている時には助けてしまう。
アーロン・カウフマン英語: Aaron Kaufman
当初はリチャードと共に出演していたが、『ファスト&ラウド』の卒業とともにこの番組へも出演することもなくなった。

その他編集

スー YU-LAN Martin "SUE"
『ファスト&ラウド』にも出演しているASM内装店(ASM AUTO Upholstery)の店主。FUGの車の内装も担当している。
コーベット Corbett Tucker
『ファスト&ラウド』にも出演したことがある外注の塗装屋。当初はFUGの車も請け負っていたが、注文と違う色に塗装するなど勝手をする事も多かった[17]。トーマスによると、スコットが辞めた後に引き抜いたらしく、FUGの仕事は受けなくなり、別の塗装屋を探す羽目になった[4]
フィップス
Phipps Autoの店主。店の裏のスペースをGMGやFUGに貸していた。シーズン4からは店舗自体をFUGに貸している[5]

著名人のゲスト出演編集

ブルー・デーモン・ジュニア
第26・27回に出演。メキシコプロレスラー覆面レスラー)。FUGが購入した車に、マスクがあった事から返却するために会いに行く。ちなみに本物ではなく、安物のコピー商品だった[15]
ダニー・トレホ
第28回にFUGの顧客として出演した俳優。バレット・ジャクソンを見てFUGのファンになり車を買いたいと連絡してきたという[15]
ビル・エリオット
第29回に出演したNASCARドライバー。 トーマスとは80年代からの友人[23]
フィル・ヴァッサー英語: Phil Vassar
第31回に出演したカントリーミュージックシンガー・ソング・ライター。トムの知人[24]

放送リスト編集

シーズン 話数 オリジナル放送日 平均視聴数
(百万)
シーズン初回 シーズン最終回
1 8 2014年10月13日 2014年12月1日 1.33
2 8 2015年3月23日 2015年5月11日 N/A
3 8 2016年3月7日 2016年4月25日 N/A
4 8 2016年7月11日 2016年8月27日 N/A
5 10 2017年8月30日 2017年11月1日 N/A
6 13 2018年4月23日 2018年8月8日 N/A

以下オリジナル(アメリカ版)の放送リスト。他の多くのディスカバリーチャンネルの番組と同様に、日本版とはシーズンの区切り方が異なる。

シーズン1編集

累計 話数 原題 日本題 放送日 視聴数(百万)
1 1 Fired Up About A Chevelle Part 1 シボレー・シェベル パート1 2014年10月13日 1.491[29]
2 2 Fired Up About A Chevelle Part 2 シボレー・シェベル パート1 2014年10月20日 1.517[30]
3 3 Jazzed About A '57 Gasser Part 1 シボレー ガッサースタイル パート1 2014年10月27日 1.356[31]
4 4 Jazzed About A '57 Gasser Part 2 シボレー ガッサースタイル パート2 2014年11月3日 1.433[32]
5 5 Furious ’65 Fastback Part 1 マスタング・ファストバック パート1 2014年11月10日 1.143[33]
6 6 Furious ’65 Fastback Part 2 マスタング・ファストバック パート2 2014年11月17日 1.448[34]
7 7 One, Nasty Nova Part 1 シボレー・ノヴァ パート1 2014年11月24日 0.921[35]
8 8 One, Nasty Nova Part 2 シボレー・ノヴァ パート2 2014年12月1日 1.299[36]

シーズン2編集

累計 話数 原題 日本題 放送日
9 1 Flipped for a '69 Chevy Shortbed, Part I シボレー・ショートベッド パート1 2015年3月23日
10 2 Flipped for a '69 Chevy Shortbed, Part II シボレー・ショートベッド パート2 2015年3月30日
11 3 A Rusty, Crusty '67 Camaro, Part I シボレー・カマロ コンバーチブル パート1 2015年4月6日
12 4 A Rusty, Crusty '67 Camaro, Part II シボレー・カマロ コンバーチブル パート2 2015年4月13日
13 5 A '31 Ford Hot Rod and '71 Holy Grail Cuda フォード・モデルA ホットロッド パート1 2015年4月20日
14 6 The '71 Holy Grail Cuda/Goodbye Little Richard プリムス・クーダ パート1 2015年4月27日
15 7 The Race to Finish the '71 Holy Grail Cuda プリムス・クーダ パート2 2015年5月4日
16 8 Revving up the '31 Ford Hotrod[37] フォード・モデルA ホットロッド パート2 2015年5月11日

シーズン3編集

累計 話数 原題 日本題 放送日
17 1 Launching a '69 Satellite, Part 1 プリムス・サテライト パート1 2016年3月7日
18 2 Launching a '69 Satellite, Part 2 プリムス・サテライト パート2 2016年3月14日
19 3 Crushed GTO and Chopped '41 Ford オンボロGTO & 1941年式フォード パート1 2016年3月21日
20 4 "Crushed GTO and Chopped '41 Ford, Part 2 オンボロGTO & 1941年式フォード パート2 2016年3月28日
21 5 57' Corvette 1957年式シボレー・コルベット パート1 2016年4月4日
22 6 57' Corvette, Part 2 1957年式シボレー・コルベット パート2 2016年4月11日
23 7 Sue's Custom '56 Ford スーに捧げるフォード・トラック パート1 2016年4月18日
24 8 Sue's Custom '56 Ford, Part 2 スーに捧げるフォード・トラック パート2 2016年4月25日

シーズン4編集

累計 話数 原題 日本題 放送日
25 1 Guardian of the Galaxie フォード・ギャラクシー パート1 2016年7月11日
26 2 Galaxie Quest: Barrett Jackson フォード・ギャラクシー パート2 2016年7月18日
27 3 Wrestling with Disaster 1961年式フォード・エコノライン1 2016年7月25日
28 4 Truckin' It with Trejo 1961年式フォード・エコノライン2 2016年8月1日
28 5 The Original Rum Runner 1940年式フォード・チューダー1 2016年8月8日
30 6 Booze in the Hood 1940年式フォード・チューダー2 2016年8月15日
31 7 Klump in the Road 1959年式初代エルカミーノ1 2016年8月22日
32 8 What Klump? 1959年式初代エルカミーノ2 2016年8月27日

シーズン5編集

累計 話数 原題 日本題 放送日
33 1 Spurred for a Ford 1932年式フォード・チューダー 前編 2017年8月30日
34 2 Boom or Bust 1932年式フォード・チューダー 後編 2017年9月6日
35 3 Air Picking We Shall Go 1955年式シボレー・ベルエア 前編 2017年9月13日
36 4 Chasing a Six Figure Dream 1955年式シボレー・ベルエア 後編 2017年9月19日
37 5 Fired Up for a Jeep 1952年式ウィリス・ジープ 前編 2017年9月26日
38 6 Muddy Payday 1952年式ウィリス・ジープ 後編 2017年10月4日
39 7 Gleams with a Sunliner 1960年式フォード・サンライナー 前編 2017年10月11日
40 8 Stars Align 1960年式フォード・サンライナー 後編 2017年10月18日
41 9 Fair Game for a Fairlane 1967年式フォード・フェアレーンGTA 前編 2017年10月25日
42 10 Fairlane Gets Fired Up 1967年式フォード・フェアレーンGTA 前編 2017年11月1日

シーズン6編集

累計 話数 原題 日本題 放送日
43 1 The Story of FU 2018年4月23日
44 2 Fired Up and Throwing Down 2018年5月2日
45 3 Blaze It Up 2018年5月9日
46 4 X Marks the Parts 2018年5月16日
47 5 Wires and Misfires 2018年5月23日
48 6 Street Fighting 70 1/2 Camaro 2018年5月30日
49 7 A Jurassic Sized Adventure 2018年6月13日
50 8 United Kingdom of Misfits 2018年6月20日
51 9 Minor Fire 2018年6月27日
52 10 Orange You Glad 2018年7月11日
53 11 Pound Town 2018年7月18日
54 12 Barter Bucket 2018年8月1日
55 13 The Cooler 2018年8月8日

各国の放送状況編集

脚注編集

  1. ^ Misfit Garage : Discovery Channel”. Dsc.discovery.com (2014年10月14日). 2014年10月30日閲覧。
  2. ^ a b “Misfit Garage: New Series Premieres October 13 at 10PM ET/PT” (プレスリリース), Discovery Channel, http://press.discovery.com/us/dsc/programs/misfit-garage/ 2015年3月22日閲覧。 
  3. ^ a b c d 『ミスフィット・ガレージ』第1回「シボレー・シェベル パート1」
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『ミスフィット・ガレージ』第12回「シボレー・カマロ コンバーチブル パート2」
  5. ^ a b c d e 『ミスフィット・ガレージ』第25回「フォード・ギャラクシー パート1」
  6. ^ a b c 『ミスフィット・ガレージ』第2回「シボレー・シェベル パート2」
  7. ^ a b c 『ミスフィット・ガレージ』第24回「スーに捧げるフォード・トラック パート2」
  8. ^ 61年式「サビだらけ、ドアなし」のボロボロトラックが大変身! エンジニアの職人技に刮目せよ”. ディスカバリーチャンネル (2017年10月24日). 2020年2月7日閲覧。
  9. ^ エンジニアの神技に驚愕! 超クールに変身した61年式のオンボロ車をハリウッド俳優がゲット?”. ディスカバリーチャンネル (2017年10月31日). 2020年2月7日閲覧。
  10. ^ スクラップを蘇らせ売りさばけ!破産寸前のレストアガレージの奮闘がスタート!”. ディスカバリーチャンネル (2019年3月12日). 2020年2月7日閲覧。
  11. ^ a b 『ミスフィット・ガレージ』第4回「シボレー ガッサースタイル パート2」
  12. ^ a b 『ミスフィット・ガレージ』第6回「マスタング・ファストバック パート2」
  13. ^ a b c d 『ミスフィット・ガレージ』第27回「1961年式フォード・エコノライン1」
  14. ^ 『ミスフィット・ガレージ』第13回「フォード・モデルA ホットロッド パート1」
  15. ^ a b c 『ミスフィット・ガレージ』第28回「1961年式フォード・エコノライン2」
  16. ^ 『ミスフィット・ガレージ』第9回「シボレー・ショートベッド パート1」
  17. ^ a b c 『ミスフィット・ガレージ』第7回「 シボレー・ノヴァ パート1」
  18. ^ a b 『ミスフィット・ガレージ』第10回「シボレー・ショートベッド パート2」
  19. ^ 『ミスフィット・ガレージ』第11回「シボレー・カマロ コンバーチブル パート1.」
  20. ^ a b c d e f 『ミスフィット・ガレージ』第14回「プリムス・クーダ パート1」
  21. ^ 『ミスフィット・ガレージ』第16回「フォード・モデルA ホットロッド パート2」
  22. ^ 『ミスフィット・ガレージ』第26回「フォード・ギャラクシー パート2」
  23. ^ a b c d 『ミスフィット・ガレージ』第29回「1940年式フォード・チューダー1」
  24. ^ a b 『ミスフィット・ガレージ』第31回「1959年式初代エルカミーノ1」
  25. ^ 『ミスフィット・ガレージ』第32回「1959年式初代エルカミーノ2」
  26. ^ 『ミスフィット・ガレージ』第22回「1957年式シボレー・コルベット パート2」
  27. ^ a b c 『ミスフィット・ガレージ』第20回「オンボロGTO & 1941年式フォード パート2」
  28. ^ 『ミスフィット・ガレージ』第21回「1957年式シボレー・コルベット パート1」
  29. ^ Monday Cable Ratings: 'Monday Night Football' Wins Night, 'Love & Hip Hop Hollywood', 'WWE Raw', 'Misfit Garage', 'T.I. & Tiny' & More”. Tvbythenumbers.zap2it.com (2014年10月14日). 2014年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月7日閲覧。
  30. ^ Monday Cable Ratings: 'Monday Night Football' Tops Night + 'SportsCenter', 'Monday Night RAW', 'Love & Hip Hop Hollywood' & More”. Tvbythenumbers.zap2it.com (2014年10月21日). 2014年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月7日閲覧。
  31. ^ Monday Cable Ratings: 'Monday Night Football' Wins Night, 'WWE Raw', 'Drumline: A New Beat', 'American Dad', 'Mike Tyson Mysteries' & More”. Tvbythenumbers.zap2it.com (2014年10月28日). 2020年2月7日閲覧。
  32. ^ Monday Cable Ratings: 'Monday Night Football' Wins Night + 'Love & Hip-Hop Hollywood', 'Monday Night RAW', 'SportsCenter' & More”. Tvbythenumbers.zap2it.com (2014年11月4日). 2020年2月7日閲覧。
  33. ^ Monday Cable Ratings: 'Monday Night Football' Wins Night, 'WWE Raw', 'Love & Hip Hop Hollywood', 'Vanderpump Rules' & More”. Tvbythenumbers.zap2it.com (2014年11月11日). 2020年2月7日閲覧。
  34. ^ Monday Cable Ratings: 'Monday Night Football' Tops Night + 'Love & Hip Hop Hollywood', 'Monday Night RAW' & Mor”. Tvbythenumbers.zap2it.come (2014年11月18日). 2020年2月7日閲覧。
  35. ^ Monday Cable Ratings: 'Monday Night Football' Wins Night 'WWE Raw', 'Love & Hip Hop Hollywood', 'K. Michelle: My Life', 'Vanderpump Rules' & More”. Tvbythenumbers.zap2it.com (2014年11月25日). 2020年2月7日閲覧。
  36. ^ Monday Cable Ratings: 'Monday Night Football' Tops Night + 'Love & Hip-Hop Hollywood', 'SportsCenter' & More”. Tvbythenumbers.zap2it.com (2014年12月3日). 2020年2月7日閲覧。
  37. ^ Watch Misfit Garage Season 2 Full Episodes”. Ovguide.com. 2015年12月11日閲覧。
  38. ^ Higgins (2014年12月15日). “NEW THIS WEEK: The Newsroom finale, The Killing S3, Cordon, Test match cricket and Christmas programs”. The Green Room. Foxtel. 2014年12月22日閲覧。

外部リンク編集