ミス・マープル (1980年代のテレビシリーズ)

『ミス・マープル』(原題:Miss Marple)は、ミス・マープルを主人公とするアガサ・クリスティ推理小説を原作とするイギリスのテレビシリーズ。ミス・マープルをジョーン・ヒクソン英語版が演じている。 1984年12月から1992年12月まで、BBC Oneで放映された。ミス・マープル・シリーズの小説12作すべてが描かれている。脚本はトレバー・ボーウェン、ジュリア ジョーンズ、アラン プラター、ケン テイラー、ジル ハイムによって書かれ、ガイ・スレーターらによって製作された。シリーズ30周年を迎えた2014年にブルーレイディスクも発売されている。

ミス・マープル
別名 Miss Marple
ジャンル ミステリー
原作 ミス・マープル・シリーズ
出演者
テーマ曲作者 ケン・ハワード英語版、アラン・ブレイクレイ
国・地域 イギリス
言語 英語
時代設定 1950年代
シーズン数 2+特番
話数 12
各話の長さ 55-120分
製作
プロデューサー
放送
放送国・地域イギリスの旗 イギリスBBC One日本の旗 日本
放送期間1984年12月26日 - 1992年12月27日
テンプレートを表示

キャスト編集

レギュラー、リカーリング編集

エピソード編集

シーズン1編集

タイトル初回放送日 通算放送回製作
第1話書斎の死体
The Body in the Library
1984年12月26-28日第1-3回ガイ・スレーター
バントリー大佐の自宅の書斎で、見知らぬ若い女性の死体が発見される。バントリー夫人は友人のミス・マープルを呼び、マープルは関係者を観察する。捜査を指揮するスラック警部(デビッド・ホロビッチ)は、被害者が近くのホテルでダンサーをしていたことや、ホテルに滞在する大富豪の老人コンウェイ・ジェファーソン(アンドリュー・クルックシャンク)が被害者を養女にしようとしていたことを知り、遺産相続が動機に関係しているのではないかと疑う。
ゲスト:モレー・ワトソン英語版(バントリー大佐)、グウェン・ワトフォード英語版(バントリー夫人)、ヴァレンタイン・ダイアル英語版(ロリマー)、フレデリック・イェーガー英語版(メルチェット大佐)、アンドリュー・クルックシャンク英語版(コンウェイ・ジェファーソン)、ジェス・コンラッド英語版(レイモンド・スター)、トゥルーディ・スタイラー英語版(ジョシー・ターナー)、レイモンド・フランシス英語版(ヘンリー・クリザーリング卿)、キアラン・マッデン英語版(アデレード・ジェファーソン)、デヴィッド・ホロヴィッチ英語版(スラック警部)、イアン・ブリンブル(レイク警部補)、ほか
第2話動く指
The Moving Finger
1985年2月21,22日第4,5回ガイ・スレーター
小さな村に若い兄妹ジェリーとジョアンナが引っ越してくる。その村では、謎の脅迫状がときおり住民の何人かに送られており、牧師の妻モードは友人のミス・マープルを招いて調査を頼む。するとしばらくして、村に住む弁護士シミントンの妻がベッドで服毒死しているのが発見される。警察は自殺と判断するが、マープルはそこに不自然さを感じ、弁護士一家や医師グリフィス夫妻などの関係者にヒアリングしていく。
ゲスト:アンドリュー・ビックネル(兄ジェリー・バートン)、サビーナ・フランクリン英語版(妹ジョアンナ・バートン)、マイケル・カルバー(エドワード・シンミントン弁護士)、エリザベス・カウンセル英語版(妻アンジェラ・シンミントン)、デボラ・アップルビー(娘ミーガン・ハンター)、ジョン・アーネット英語版(ガイ・カルスロップ牧師)、ディリス・ハムレット英語版(妻モード・カルスロップ)、マーティン・フィスク英語版(オーウェン・グリフィス医師)、サンドラ・ペイン英語版(妻エリル・グリフィス)、ジュリエット・ウェイリー(召使いベアトリス)、ほか
第3話予告殺人
A Murder Is Announced
1985年2月28日-3月2日第6-8回ガイ・スレーター
ある日、村の新聞に「殺人お知らせ申し上げます…10月29日金曜日、午後6時30分よりリトル・パドックス館にて、…」という告知が掲載され、好奇心で集まった村人たちの目の前で実際に殺人事件が発生する。
ゲスト:アーシュラ・ハウエルズ英語版(館の主人レティシア)、ルネ・アッシャーソン英語版(同居人ドラ)、サマンサ・ボンド(同居人ジュリア)、サイモン・シェパード英語版(ジュリアの兄パトリック)、ニコラ・キング(同居人フィリッパ)、マシュー・ソロン(隣人エドマンド)、パオラ・ディオニソッティ英語版(隣人ヒンチクリフ)、ジョーン・シムズ英語版(隣人マルガトロイド)、イレイン・アイヴス=キャメロン英語版(料理人ハナ)、ジョン・キャッスル英語版(クラドック警部)
第4話ポケットにライ麦を
A Pocketful of Rye
1985年3月7,8日第9,10回ジョージ・ガラッチョ英語版
実業家がある日突然オフィスで苦しみだして死亡する。ポケットの中からライ麦が発見され、ミス・マープルは童謡が関係あるのではないかと疑う。
ゲスト:ティモシー・ウェスト(被害者レックス・フォーテスキュー)、クライヴ・メリソン(長男パーシバル)、レイチェル・ベル英語版(パーシバルの妻ジェニファー)、ピーター・デイヴィソン英語版(次男ランス)、ステイシー・ドーニング英語版(レックスの妻アデル)、マーティン・スタンブリッジ英語版(アデルの愛人)、トム・ウィルキンソン(ニーレ警部)


シーズン2編集

タイトル初回放送日 通算放送回製作
第5話牧師館の殺人
The Murder at the Vicarage
1986年12月25日第11回ジョージ・ガラッチョ
セント・メアリー・ミード村の牧師館の書斎で、地元の名士の死体が見つかる。スラック警部とミス・マープルが犯人を推理するが、この名士は敵が多かったので容疑者が多い。
ゲスト:ポール・エディントン英語版(クレメント牧師)、シェリル・キャンベル英語版(クレメント夫人)、ロバート・ラング英語版(被害者プロテロー大佐)、ポーリー・アダムス英語版(プロテロー夫人)、タラ・マクガウラン(大佐の娘レティス)、ジェームズ・ヘーゼルダイン英語版(画家レディング)、クリストファー・グッド英語版(副牧師ホウズ)、ノーマ・ウエスト英語版(レストレンジ夫人)、マイケル・ブラウニング(ヘイドック医師)、デヴィッド・ホロヴィッチ英語版(スラック警部)、イアン・ブリンブル(レイク巡査部長)
第6話スリーピング・マーダー
Sleeping Murder
1987年1月11,18日第12,13回ジョージ・ガラッチョ
新婚のグエンダ・リードは、新居を求めて夫ジャイルズより一足先にニュージーランドからイングランドを訪れる。そしてディルマスで見つけたヴィクトリア朝風の家、ヒルサイド荘を一目で気に入ったグエンダは、早速その家を購入し改装を始める。しかし、初めての家のはずなのに、石段、居間から食堂へ通じるドアなど、なぜか隅々まで知りつくしているような思いにとらわれ不安を感じ始める。
ゲスト:ジェラルディン・アレキサンダー(新妻グウェンダ・リード)、ジョン・モルダー・ブラウン(夫ジャイルズ)、フレデリック・トレビス英語版(ジェームズ・ケネディ医師)、テレンス・ハーディマン英語版(弁護士ウォルター・フェーン)、ジョン・ベネット英語版(退役少佐リチャード・アースキン)、ジェラルディン・ニューマン英語版(アースキン夫人)、ジャック・ワトソン英語版(庭師フォスター)、ジーン・ヘイウッド英語版(元料理人イーディス)、ピーター・スプラッゴン(ラスト警部)、デビッド・マクアリスター英語版(マープルの甥レイモンド)
第7話バートラム・ホテルにて
At Bertram's Hotel
1987年1月25日、2月1日第14,15回ジョージ・ガラッチョ
ロンドンの老舗ホテルバートラムに滞在するミス・マープルは、そこに集う特徴的な人々の行動を観察する。冒険家ベス・セジウィックと娘のエルヴィラ、その二人と密会するレーサーのマリノフスキー、ベスとかつて交際していた様子のドアマン、物忘れの激しいペニーファーザー牧師。ある日その牧師が行方不明になり、後に無事見つかるが途中の記憶が無い。しかしその日は列車強盗があり、その列車で牧師が目撃されていた。
ゲスト:キャロライン・ブラキストン(冒険家ベス・セジウィック)、ヘレナ・ミッシェル英語版(ベスの娘エルヴィラ・ブレイク)、ジョアン・グリーンウッド英語版(マープルの友人セリーナ・ヘイジー)、ロバート・レイノルズ(レーサーのラディスラウス・マリノフスキー)、プレストン・ロックウッド英語版(ペニーファーザー牧師)、ジェームズ・コシンス英語版(エルヴィラの後見人ラスコム大佐)、ブライアン・マクグラス(ドアマンのマイケル・ゴーマン)、ジョージ・ベーカー英語版(フレッド・デイヴィ主任警部)
第8話復讐の女神
Nemesis
1987年2月8,15日第16,17回ジョージ・ガラッチョ
ミス・マープルは、死去した富豪ジェイソン・ラフィールが生前に残したメッセージにしたがい、甥のラファエルを伴って史跡巡りのバスツアーに参加する。ラフィールは彼女を『復讐の女神』と呼び、何かの真相を暴いてほしいという目的のようであるが、それが何なのかが不明である。やがてツアーはラフィールの屋敷のあるアビー・デューシス村を訪れる。そこでツアー客の一人の頭上に彫像が落下する。
ゲスト:ピーター・ティルベリ英語版(マープルの甥ライオネル)、フランク・ガトリフ英語版(富豪ラフィール)、ブルース・ペイン(ラフィールの息子マイケル)、ヘレン・チェリー英語版(元校長エリザベス・テンプル)、ジョアンナ・ホール英語版(添乗員マッジ)、ジョン・ホースリー英語版(犯罪心理学のワンステッド教授)、ジェーン・ブッカー英語版(ツアー客クック)、アリソン・スキルベック(ツアー客バロー)、マーガレット・タイザック英語版(ヴェリティの名付け親クロチルド・ブラッドベリ-・スコット)、ヴァレリー・ラッシュ英語版(クロチルドの妹ラヴィニア)、アンナ・クロッパー英語版(クロチルドの妹アンシア)


シーズン2以降編集

以下は各年のクリスマス番組として放送された。

タイトル初回放送日 通算放送回製作
第9話パディントン発4時50分
4.50 from Paddington
1987年12月25日第18回ジョージ・ガラッチョ
マギリカディ夫人はある日の午後4時50分にロンドン・パディントン駅を出発する列車に乗車した。途中でうとうとして、ふと車窓の外を見ると、隣の線路を同じ方向に進む汽車が並走しており[注釈 1]、その窓のひとつのブラインドが跳ね上がり、女が男に首を締められているところを目撃してしまう。男は後ろを向いていて顔が見えない。マギリカディ夫人は列車を降りると駅員や警官に事情を話すが、鉄道からも沿線からも事件らしき情報は何も無い。マギリカディ夫人の訴えを聞いたミス・マープルは、自分で汽車に乗って周辺環境を調べ、車内から死体を投げ捨てるならクラッケンソープ氏が所有する邸宅ラザフォード・ホール[注釈 2]の敷地周辺だろうと目をつけ、この邸宅に知り合いの家政婦ルーシーを送り込む。
ゲスト:モナ・ブルース(友人マギリカディ夫人)、ジル・ミーガー英語版(家政婦ルーシー・アイルズバロウ)、モーリス・デナム英語版(当主ルーサー・クラッケンソープ)、ジョアンナ・デヴィッド(長女エマ・クラッケンソープ)、アンドリュー・バート英語版(クインパー医師)、ジョン・ハラム英語版(次男セドリック・クラッケンソープ)、デービッド・ビームズ(次女の夫ブライアン・イーストリー)、バーナード・ブラウン(三男ハロルド・クラッケンソープ)、ジュリエット・モール英語版(バレエダンサーのアンナ・ストラビンスカ)、デヴィッド・ホロヴィッチ英語版(スラック警部)、デヴィッド・ウォラー英語版(ダッカム警部補)
第10話カリブ海の秘密
A Caribbean Mystery
1989年12月25日第19回ジョージ・ガラッチョ
ミス・マープルは静養を兼ねてカリブ海の島を訪ねる。その島のホテルには様々な人が宿泊しており、マープルはお喋りなパルグレイブ少佐にしばしば捕まってしまう。しかしあるとき彼は「妻を二人も殺して捕まらずにいる男を知っている」と言い出してマープルの興味を引き、その明くる朝に死亡しているところを発見される。マープルは生前の彼の様子を思い出しながら犯人を探す。
ゲスト:ドナルド・プレザンス(実業家ラフィエル)、ソフィー・ワード(ホテルオーナーのモリー・ケンダル)、エイドリアン・ルキス英語版(モリーの夫ティム)、T.P.マッケナ英語版(グラハム医師)、マイケル・フィースト英語版(客エドワード・ヒリングドン)、シーラ・ラスキン英語版(ヒリングドン夫人)、フランク・ミドルマス英語版(客パルグレイブ少佐)、ロバート・スワン英語版(客グレッグ・ダイソン)、スー・ロイド英語版(ダイソン夫人)、バーバラ・バーンズ英語版(秘書エスター・ウォルターズ)、スティーブン・ベント英語版(マッサージ師ジャクソン)、ヴァレリー・ブキャナン(メイドのヴィクトリア)、ジョセフ・マイデル英語版(ウェストン警部補)、T.R.ボーエン英語版(甥レイモンド)
第11話魔術の殺人
They Do It with Mirrors
1991年12月29日第20回ジョージ・ガラッチョ
ミス・マープルはロンドンで若い頃からの友人ルースから相談を受ける。妹が心配だから見に行ってほしいというのだ。マープルは引き受けて妹キャリールイーズの住む屋敷を訪れる。ルースとキャリールイーズの姉妹は合わせて6回も結婚したことから、彼女らの周りには家族がたくさんいる。キャリールイーズの現在の(3番目の)夫は、屋敷で非行少年の更生施設を運営している。ある日その屋敷に彼女の義理の息子クリスチャンが訪れ、射殺されてしまう。
ゲスト:ジーン・シモンズ(屋敷の女主人キャリールイーズ・セロコールド)、ジョス・アクランド(キャリールイーズの夫ルイス)、フェイス・ブルック英語版(キャリールイーズの姉ルース)、ホリー・エアード英語版(キャリールイーズの孫ジーナ)、ジョン・ボット(キャリールイーズの義理の息子クリスチャン)、クリストファー・ヴィリアーズ英語版(キャリールイーズの義理の息子アレックス)、ジリアン・バージ英語版(キャリールイーズの娘ミルドレッド)、ニール・スウェッテナム(使用人エドガー)、デヴィッド・ホロヴィッチ英語版(スラック警部)、イアン・ブリンブル(レイク巡査部長)
第12話鏡は横にひび割れて
The Mirror Crack'd from Side to Side
1992年12月27日第21回ジョージ・ガラッチョ
セント・メアリー・ミードのゴシントン・ホール[注釈 3]に大女優マリーナ・グレッグが引っ越してくる。ある日この邸宅でパーティーが開かれ、村民たちが招かれるが、村民の一人であるバドコック夫人が毒殺されてしまう。マープルはドリーとの会話からヒントを得つつ、ロンドン警視庁から派遣されてきたクラドック警部と共に真相を追求する。
ゲスト:クレア・ブルーム(女優マリーナ・グレッグ)、バリー・ニューマン(マリーナの夫で映画監督のジェイソン・ラッド)、ノーマン・ロッドウェイ英語版(ギルクラ医師)、グウェン・ワトフォード英語版(マープルの友人バントリー夫人)、エリザベス・ガーヴィー英語版(ラッドの秘書エラ・ゼイリンスキー)、ジュディ・コーンウェル英語版(被害者バドコック夫人)、クリストファー・グッド英語版(ホウズ牧師)、ジョン・キャッスル英語版(クラドック警部)、デヴィッド・ホロヴィッチ英語版(スラック警視)、イアン・ブリンブル(レイク巡査部長)、T.R.ボーエン英語版(甥レイモンド)


製作編集

企画編集

アガサ・クリスティは生前、映画化された自分の作品にあまり満足していなかった。彼女の死後、遺産管理を担当した孫のマシュー・プリチャードによれば、彼女は「テレビにもあまり関心がなかった」そうである。イギリスのテレビ局LWTのプロデューサー、パット・サンディスは、1980年代初頭に『なぜエヴァンズに頼まなかったのか』と『七つの時計』を映画化するための綿密な計画をプリチャードとクリスティ財団に提案した。これらの作品は批評家からは関心を持たれなかったが、観客の人気を集め、多くの短編や『秘密機関』を含むトミーとタペンスシリーズ、その後の『アガサ・クリスティーの犯罪パートナー』シリーズの製作につながった。これらのシリーズの成功により、BBCはクリスティの最も有名な探偵の一人であるミス・マープルのシリーズを制作する許可を得たのだった[3]

BBCがミス・マープル全12作の映像化権を得たとき、すでにそのうち3作の権利が併存しており、それらは1988年末に期限切れとなる予定であった。『鏡は横にひび割れて』はすでにアンジェラ・ランズベリー主演で1980年に映画が公開されており、同じ制作会社がテレビ映画としてヘレン・ヘイズ主演で『カリブ海の秘密』と『魔術の殺人』を撮影中であった。したがって、BBCとの契約ではこの3作が最後にドラマ化されることとなった。

キャスティング編集

ミス・マープルを演じたジョーン・ヒクソンは、このシリーズのほとんどの期間、自身も八十代であった。1980年、彼女は『なぜエヴァンズに頼まなかったのか』にリヴィントン夫人という脇役で出演していた。その数十年前には、マーガレット・ラザフォードがミス・マープルを演じた映画『ミス・マープル/夜行特急の殺人』に端役で出演している。ヒクソンは1946年に『死との約束』の舞台にも出演しており、それを観たクリスティはヒクソンに「いつか私の愛するミス・マープルを演じてほしい」という内容のメモを送っている[4]

ヒクソンは1989年の『カリブ海の秘密』以降、他の作品には出ないと誓っていたが、1991年と1992年の最後の2作で説得され、復帰することになった。

撮影編集

撮影は1983年からノーフォークデボンオックスフォードシャーバルバドスなどの地域で行われた。 ハンプシャー州のネザー・ワロップという町は、ミス・マープルの故郷であるセント・メアリー・ミード村のロケ地である。

『カリブ海の秘密』は、クリスティがバルバドスを訪れた際に宿泊し、小説の舞台のインスピレーションとなったバルバドスのコーラルリーフホテルで撮影された[4]

公開編集

シーズン1は、4つの小説を分割し、それぞれ約55分から60分の長さで全10話構成にし、1984年12月から1985年3月にかけて放送された。シーズン2は、さらに4つの小説をそれぞれ前後編として全8話に構成したが、最初の2つは1986年のクリスマスに100分の長編エピソードとして一挙放送された。残りの4冊は、1988年、1989年、1991年、1992年のクリスマス期間に120分の独立した長編エピソードとして放送された。最終的には何度も繰り返し放映され、全12話が長編として放送されたり、50~55分のエピソードに分割されて放送されたりした。

日本ではNHKで吹替版が放送されたが、そこには『書斎の死体』と『予告殺人』は含まれず、放送も部分的にカットされている。その後に発売されたDVD BOXでは、それらの欠損を埋めて全話ノーカットで収録されている[5]

作品の評価編集

第1-3話『書斎の死体』は批評家から熱狂的に支持された。タイムズは「一度はまるとやめられなくなる」と評し、サンは「吸引力と真の気品がある」シリーズだと評した。第4,5話『動く指』について、デイリー・テレグラフは「ガイ・スレーターの作品は、再びジョーン・ヒクソンの素晴らしい演技を中心に構成されており、その色あせた青い瞳とオールドミス風の歯擦音の背後に、探偵の知性の歯車が活発に回転しているのが見える。この作品は、完璧なキャスト、美しい構成、愛情に満ちた撮影で構成されている」と評した。その後の作品の評価も同様に好意的であった[4]

イギリス放送通信博物館のアラン・マッキーは、このシリーズを1980年代に流行した「『遺産』製作の好例」と評している。「道徳的な基準における新しいヴィクトリアニズムと、イングランドの過去をクリーンに表現することが組み合わされている。ほとんどが過去の地方を舞台にしており、イギリスの建築物や田舎の邸宅が登場する。BBCの多くの番組がそうであるように、製作の価値も非の打ち所がなく、衣装、家、内装、車、ヘアスタイル、メイクなど、すべてが「豪華」と表現できるほどである。」[6]

マッキーはさらに曰く、「このシリーズが「原作にできる限り忠実であること」を高く評価している。ミス・マープルは、映画シリーズ(『ミス・マープル/夜行特急の殺人』)のマーガレット・ラザフォードのように自ら悪人を追いかけたりせず、タイトルもセンセーショナルに改変されたりしていない。」[6]

ヒクソン個人については、クリスティが描いたミス・マープルの「決定版」と評されることが多く、エリザベス2世がこのシリーズとヒクソンの演技のファンだったことから、この役はヒクソンが大英帝国勲章を授与した大きな要因となっている[4]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ このシーンの撮影には、観光鉄道のセヴァン・ヴァレイ鉄道英語版が使用された。同鉄道は2つの列車を並走させるために、少なくとも300ヤードの線路を敷設し直したという。[2]
  2. ^ ラザフォード・ホールの撮影には、サマセット州にあるオーチャードリーハウス英語版が使用された。
  3. ^ マープルの友人ドリー・バントリーが暮らしていた邸宅であり、『書斎の死体』で最初に死体が発見されたのはこの邸宅の書斎である。

出典編集

  1. ^ 第5話『牧師館の殺人』
  2. ^ Miss Marple: 4:50 from Paddington”. SVR Wiki. 2022年9月5日閲覧。
  3. ^ The New Bedside, Bathtub & Armchair Companion to Agatha Christie, Edited by Dick Riley and Pam McAllister. Ungar Publishing, New York 1979, rev 1986. "Christie on the BBC" Tennenbaum, Michael, p 339 ISBN 0-8044-5803-0
  4. ^ a b c d Agatha Christie: Murder in Four Acts, Haining, Peter, Virgin Books, London, 1990. ISBN 1-85227-273-2
  5. ^ BBC版 ミス・マープル 完全版 DVD-BOX”. NHKエンタープライズ. 2022年9月3日閲覧。
  6. ^ a b Museum of Broadcast Communications”. Museum.tv. 2002年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月17日閲覧。