メインメニューを開く

ミズノスポーツメントール賞は、公益財団法人ミズノスポーツ振興財団・日本スポーツ協会日本オリンピック委員会の共催によるスポーツ指導者への表彰制度である。

日本スポーツ界において選手の強化・育成ならびに普及・振興に貢献した指導者を顕彰するとともに、指導者の育成を目的として1990年度に制定された。

歴代受賞者編集

年度 ミズノスポーツメントール賞ゴールド ミズノスポーツメントール賞シルバー ミズノスポーツメントール賞 ミズノスポーツメントール賞特別賞
1 1990 金子正子(シンクロナイズドスイミング) 長田照正(スピードスケート)
鈴木昭(山形県)
菊池淳二(青森県)
石田時郎(バレーボール)
恩田昌史(ホッケー)
後藤博志(馬術)
西田範次(岩手県)
大槻秧司(京都府)
左海伸夫(和歌山県)
大村一男 (大分県)
飯塚十朗(アーチェリー)
2 1991 宗茂(陸上) 鳥塚奥見(埼玉県)
上田実(バレー)
上村春樹(柔道)
金戸俊介(飛込)
木林博一(ボウリング)
長沢宏行(ソフトボール)
尾谷良行(山梨県)
竹内義雄(体操)
戸館福三郎(スキー)
津山カッコ(京都府)
光田緑(愛媛県)
3 1992 青木剛(競泳)
早坂毅代司斉藤智治(複合スキー)
横山隆義(鳥取県)
吉村和郎(柔道)
木村定光(青森県)
竹内良昭(京都府)
楠征洋(奈良県)
梶谷節夫(島根県)
山里将人(沖縄県)
小出義雄(陸上)
菊間卓(バレーボール)
霜礼次郎(ライフル射撃)
4 1993 垂水区団地スポーツ協会指導者グループ 鈴木従道(陸上)
斉藤敏(山形県)
坂井俊行(スケート)
小嶺忠敏(サッカー)
中津信雄(スキー)
森田淳悟(バレーボール)
光国彰(テニス)
大関堯(青森県)
澤田一夫(奈良県)
木村司(大阪府)
広島日出国(宮崎県)
5 1994 森清吉(テニス) 榎原正宣(大阪府)
佐藤信夫(スケート)
金治義昭(ソフトテニス)
鳴子温泉スキー協会指導者群
(代表 菅原 健一)(宮城県)
船原静江(なぎなた)
島立登志和(山梨県)
津山克典(空手道)
内山茂生(京都府)
杉谷昌保(馬術)
渡部正治(愛媛県)
中村祥吉(ボウリング)
6 1995 小野学(スキー) 武田正男(兵庫県)
宮川千秋(陸上)
石黒建吉(山梨県)
松澤隆司(サッカー)
松本充雄(長野県)
松山和興(ヨット)
安藤勝廣(愛知県)
西田守(バレーボール)
川本末夫(京都府)
石原正己(島根県)
小西酒造硬式野球部指導者グループ
(代表 榎本敏秋)(伊丹市)
7 1996 山下泰裕(柔道) 宮城康次(水泳)
上田幸夫(スポーツ医学)
金哲彦(陸上競技)
鴻池清司(和歌山県)
坂井利郎(テニス)
重永久隆(クレー射撃)
瀧田詔生(千葉県)
戸田三郎(福井県)
西方千春(スキー)
福田濶(京都府)
野村彦忠(奈良県)
8 1997 笠谷昌生(スキージャンプ) 岡田保雄(剣道)
山口彦則(体操)
9 1998 石幡忠雄(スピードスケート) 宇佐美義光(弓道)
安田矩明(棒高跳び)
10 1999 斉藤仁(柔道) 阿部周次(カーリング)
高橋雄介(水泳)
11 2000 櫻井孝次(陸上) 南喜陽(柔道)
吉尾裕子(カヌー)
12 2001 富山英明(レスリング) 鈴木秀夫(マラソン)
日蔭暢年(柔道)
田中偉晃(少年スポーツ振興)
13 2002 宇津木妙子(ソフトボール) 平井伯昌(水泳)
小田原恒雄(スポーツ振興)
14 2003 高野進(陸上) 木名瀬重夫(レスリング)
大迫明伸(柔道)
菊川久美子(ソフトボール)
15 2004 藤田信之(陸上) 田中孝夫(水泳)
山口香(柔道)
水野加余子(スポーツ振興)
16 2005 鈴木勝彦(静岡県) 今村俊明(スピードスケート)
持田達人(柔道)
17 2006 津山捷泰(空手) 作馬六郎(卓球)
北野直俊(サッカー)
18 2007 栄和人(レスリング) 児玉修(アルペン)
門間孝一(スポーツ振興)
19 2008 久世由美子(競泳) 具志堅幸司(体操)
永松孝子(なぎなた)
20 2009 石森昌治(競泳) 山下佐知子(陸上競技)
清水繁応(ソフトボール)
21 2010 長光歌子(フィギュアスケート) 畠田好章(体操)
橋爪静夫(バレーボール)
22 2011 室伏重信(ハンマー投げ) 道浦健寿(水泳)
清水仁明(バレーボール)
23 2012 神田忠彦(水泳) 村上恭和(卓球)
山縣てる子(東京都体育協会)
24 2013[1] 加藤裕之(体操) 梅原孝之(水泳)
笠原良治(バスケットボール)
藤木弘美(スキー)
永山忠幸(陸上競技)
香川政夫(空手)
ミキ・フジ・ロイ(カーリング)
杉本恵子(なぎなた)
籠島忠(スポーツドクター)
魚住俊治()ラグビー
平川信洋(トレーナー)
25 2014[2] 横川朝治(スキー) 宇津木麗華(ソフトボール)
河田正英(飛込競技)
高田充(テニス)
白井勝晃(体操)
オレグ・マツェイチュク(フェンシング)
白倉賢二(スポーツドクター)
藤巻有久(スポーツドクター)
神保えり子(シンクロナイズドスイミング)
椿知夫(スポーツ少年団認定育成員)
三好忠雄(スポーツ少年団認定員)
26 2015[3] 佐々木則夫(サッカー) 小野里順子(スポーツプログラマー)
山崎浩子(新体操)
小坂忠広(陸上競技)
大本洋嗣(水泳)
呉光憲(卓球)
金丸雄介(柔道)
小野寺亮二(カーリング)
照沼一美(バレーボール)
蜂谷將史(ラグビー)
内田建也(剣道)
河野邦夫(サッカー)
柚木脩(スポーツドクター)
27 2016[4] 井上康生(柔道) 増島篤(レスリング)
梅木千賀子(スキー)
加藤健志(水泳)
眞鍋政義(バレーボール)
三宅義行(重量挙げ)
松尾史朗(卓球)
岩本洋(バレーボール)
飯田忠子(バレーボール等)
江崎速雄(陸上競技)
小林優(陸上競技)
山本武司(ソフトボール)

脚注編集

  1. ^ 「2013年度 ミズノ スポーツメントール賞」受賞者決定”. ミズノスポーツ振興財団. 2017年4月25日閲覧。
  2. ^ 「2014年度 ミズノ スポーツメントール賞」受賞者決定”. ミズノスポーツ振興財団. 2017年4月25日閲覧。
  3. ^ 「2015年度 ミズノ スポーツメントール賞」受賞者決定”. ミズノスポーツ振興財団. 2017年4月25日閲覧。
  4. ^ 「2016年度 ミズノ スポーツメントール賞」受賞者決定”. ミズノスポーツ振興財団. 2017年4月25日閲覧。

外部リンク編集