メインメニューを開く

ミセスとぼくとセニョールと!は、毎日放送の制作により、TBS系列1980年9月17日から1981年2月11日まで放映されていたテレビドラマ。放送時間は、毎週水曜日22:00 - 22:54。全21話。

ミセスとぼくとセニョールと!〜夢飛行〜

春の訪問者・ミセスとぼくとセニョールと!
ジャンル テレビドラマ
脚本 山元清多松原敏春
演出 久世光彦、高野正雄、信濃正兄、日留川雄二、雨笠明男
出演者 藤竜也阿木燿子郷ひろみ ほか
オープニング ウインズ『マイ・ビューティフル・センセーション』
制作 毎日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1980年9月17日1981年2月11日
放送時間 水曜日22:00〜22:54
放送枠 TBS水曜10時枠の連続ドラマ
放送分 54分
回数 21
テンプレートを表示

なお、正式なタイトルは、第1回から第15回(1980年12月24日放送)までは「ミセスとぼくとセニョールと!〜夢飛行〜」( - ゆめひこう)、第16回(1981年1月7日放送)から最終回までは「春の訪問者・ミセスとぼくとセニョールと!」(はるのほうもんしゃ - )である。

目次

概要編集

タイトルの「ミセス」は遠山待子、「ぼく」はマモル、「セニョール」は待子の夫で性治療病院の医師の遠山晋のこと。マモルは慶応大学医学部を目指す三浪の予備校生で、心因性インポが元で恋人・早瀬街子にもふられ、やる瀬ない日々を送っている。マモルのインポの主治医である晋は、マモルを弟のように可愛がっている。しかしマモルは偶然出会った待子に恋し、待子も夫が居ながらマモルに惹かれているという関係。この奇妙な三角関係を中心に、晋が経営する下宿屋「ブギウギハウス」の個性的な下宿人らも絡みながら描かれたラブコメディ[1]

スラップスティックなシーンがふんだんに取り入れられ、時折、下宿人で漫才師役のタモリのギャグ、物真似芸などを披露するシーンが物語の流れに関係ない所で挿入されることがあった[1][2]。また、マモルが毎回のラストで「マチコォー!」と叫ぶシーンがあった[3]

全21回中、第7話(1980年10月29日)、第9回(1980年11月12日)、第13話(1980年12月17日)、第15話(1980年12月24日)、第18話(1981年1月21日)、第19話(1980年1月28日)の計6回は生放送で行われた。また、第10話(1980年11月19日)と第11話(1980年11月26日)は2回にわたってデンマークロケを行った。

なお本作のタイトルは、「ミセス=M、ぼく=B、セニョール=S」で頭文字を採る制作局の「MBS」になるように付けられた[1]。また、主題歌の『マイ・ビューティフル・センセーション』のタイトルの付け方もこれと同様だったという[4]

キャスト編集

  • 立花マモル:郷ひろみ
  • 遠山晋:藤竜也
    性病診療所・遠山クリニック院長。外国で不妊症精神医学の研究をしていた。待子とマモルの関係に嫉妬を持ちながらも、マモルを可愛がっている。
  • 遠山待子:阿木燿子
    晋の妻で、デンマークコペンハーゲンで結婚。子供が居たが、事故で亡くなっている。マモルの視線には心乱れるほど弱い。
  • 黒沢幻児:池部良
    待子の父。官能小説家で、その世界では大御所で「黒沢天皇」とも言われている。他人の話したことを文章にする口述筆記の手法を執っていて、待子もよく手伝っている。お京とは愛人関係。
  • 鴨下仁一:伊東四朗
    ブギウギハウスの下宿人で、ラジオの受験講座にも出演している予備校講師。マモルとは「大学に入学させる」と約束しているが、それを果たせないままで、祖母のたつには頭が上がらない。
  • 星アリス:常田富士男
    ブギウギハウスの下宿人で、弟のテレスとの漫才師「アリスとテレス」のボケ役で活動。しかしコンビは売れず、妻には愛想を尽かれて子供を残して出て行かれた。その後も密かに妻の帰りを待っている。
  • 星テレス:タモリ
    ブギウギハウスの下宿人で、兄のアリスとの漫才師「アリスとテレス」のツッコミ役で活動。しかしネタ中のツッコミ過ぎが元で客を白けさせることも多く、売れないのをアリスのせいにしている。
  • 大野:片桐夕子 - 下宿人
  • 遠山かしこ:丹阿弥谷津子
    晋の母で「ブギウギハウス」の経営者。息子の晋が夫の後継ぎとなるはずが、かしこ曰く「妙なクリニック」を開業したことでガッカリしている。
  • 早瀬街子:島けい子 - マモルの元恋人
  • 立花たつ:浦辺粂子
    マモルの祖母。マモルの受験の応援のため上京。酒と競輪が好きで、三味線ビートルズの曲を演奏するというパフォーマンスも見せている。
  • 万里ちゃん:綾瀬万里
    遠山クリニックの准看護婦。夜は看護学校に通う。マモルを慕い、たつは大の仲良しで相談相手。
  • 早瀬:高田洋
  • 貞治:山越正樹
  • 耐子:奈月ひろ子
  • お京:宮下順子
  • アキコ:松本安岐子
  • 文彦:柄本明
  • 文彦の母:菅井きん
  • るみ:埴生るみ子 - 中華そば店店員
  • 伊藤京子
  • 渡辺とく子
(出典:[5]
ゲスト

スタッフ編集

  • プロデューサー:久世光彦、雨笠明男
  • 制作:相沢英也(MBS)
  • 脚本
    • 山元清多(第1〜4、6、8〜12、15、16、19、21各話)
    • 松原敏春(第1〜3、5、7、11、13、14、17、18、20各話)
  • 演出
    • 久世光彦(第1〜4、6、7、11、13、16、21各話)
    • 高野正雄(第5、10、14、17、19各話)
    • 信濃正兄(第8、9、13、15、18各話)
    • 日留川雄二(第12、20各話)
    • 雨笠明男(第21話)
  • 音楽:都倉俊一、NASA
  • 制作:カノックス、MBS

主題歌編集

  • ウインズ[6]『マイ・ビューティフル・センセーション』

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)より。
  2. ^ 『日本テレビドラマ史』(鳥山拡著、映人社、1986年 ISBN 4871002136)より。
  3. ^ 週刊TVガイド 1980年9月19日号での本作の紹介記事より。
  4. ^ テレビドラマデータベース「ミセスとぼくとセニョールと!」より。
  5. ^ 週刊テレビ番組(東京ポスト)1980年9月19日号 p.53〜「特選テレビ劇場 ミセスとぼくとセニョールと!」
  6. ^ 本作の音楽を担当した都倉俊一が在籍していた音楽グループ。
TBS 水曜22時台(MBSの制作枠)
前番組 番組名 次番組
ミセスとぼくとセニョールと!