ミッキーとミニーのラナウェイ・レールウェイ

ディズニー・ハリウッド・スタジオとアナハイムのディズニーランドにできるアトラクション

ミッキーとミニーのラナウェイ・レールウェイ: Mickey & Minnie’s Runaway Railway)は、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに2020年3月4日にオープンし、ディズニーランド・リゾートにオープン予定のライドアトラクションである。

アトラクションが存在するパーク編集

建設中のパーク編集

概要編集

D23 Expo 2017で「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」、マーベル関連などと共にディズニー・チャンネルで放送中の「ミッキーマウス!」というミッキーのテレビアニメをテーマとしたライド型のアトラクションになると発表[1]された。3Dメガネなども使用しない「2と1/2D」と呼ばれる最新技術となるとも発表されている。なお、これはミッキーマウスをテーマにした初のライド型アトラクションでもある[2][3]

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでは、2019年にオープン予定であったが、2020年に延期[4]された。2019年12月3日に、ウォルト・ディズニー・ワールド版が2020年3月4日にオープンと発表[5]

ディズニーランドでは、「トゥーンタウン」に、ウォルト・ディズニー・ワールドでは、ハリウッド・ブールバードエリアの「ザ・グレート・ムービー・ライド」の跡地に建設予定である。

ストーリー編集

チャイニーズ・シアターでミッキーとミニーが主役の短編映画「パーフェクト・ピクニック(Perfect Picnic)」のプレミア上映にゲストが招待される。ミッキーとミニーがウキウキで「ナッシング・キャン・ストップ・アス・ナウ(Nothing Can Stop Us Now)」を歌いながらピクニックの準備をするものの、浮かれたミニーによってプルートが自動車のトランクに閉じ込められ、さらには放り出されてしまうという大事件が。それによって起きるドタバタのおかげで、ゲストはなんとスクリーンの中に入りこむことに。グーフィーの運転する機関車につながった客車に乗り、西部劇や火山の噴火からの脱出、カーニバル、竜巻、滝壺へのダイブなどのたくさんのハプニングが待ち受けるカートゥーンの世界を旅するのであった[6][7][8]

主な登場キャラクター編集

各施設の内容編集

ディズニー・ハリウッド・スタジオ編集

ミッキーとミニーのラナウェイ・レールウェイ
Mickey & Minnie’s Runaway Railway
オープン日 2020年3月4日
スポンサー なし
定員 24人
利用制限   なし
ファストパス   あり
シングルライダー   対象外

ハリウッド・ブールバードエリアの「ザ・グレート・ムービー・ライド」の跡地、チャイニーズ・シアターを模した建物の内部に位置している。

トリビア編集

  • 「オズワルド勝利!」の見出しの新聞が飾っているが、ディズニー最初のキャラクターである「オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット」へのオマージュである[10]
  • アトラクション内に「1901」と「1928」の数字が出てくるが、これはそれぞれウォルト・ディズニーとミッキーマウスの誕生した年である。
  • 1928年の最初のミッキーマウス登場作品である「蒸気船ウィリー」の汽笛音がグーフィーの操縦する機関車の汽笛音に使用されている。
  • 2019年7月に逝去したミニーマウス担当の声優、ルシー・テイラーの遺作でもある。

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集

[1] [2]