メインメニューを開く

ミッキーマウスとドナルドダック』は、日本テレビ1984年4月12日から1985年9月26日まで放送されていたディズニーテレビアニメ番組。放送時間は木曜19:00 - 19:30JST)だが、プロ野球中継や『木曜スペシャル』の拡大版(『アメリカ横断ウルトラクイズ』など)の時は休止。全38回の放送に対して休止は実に40回にも上った。

目次

番組内容編集

アメリカのCBS放送で1981年頃に放送されていた、Walt Disney's show「Walt Disney's MICKEY AND DONALD」の日本放送版。30分の番組の中でディズニークラシック短編集の各短編作品の中から毎回主に3つの短編作品を中心にアレンジを加えて構成された。日本では、スポンサーでもある東京ディズニーランドが開園2年目の頃に放送された。

概要編集

各短編作品はオープニングとエンディングの英語のクレジット部分は基本的には省いて放送された。本来は短編作品のオープニングクレジットの部分で流れるBGMが、この番組では番組提供のスポンサーを紹介するテロップの部分で使われた。

  • CMの入りと明けの部分では、各短編アニメから抜き出したドナルドやグーフィーのキャラクターのシーンに、CM前には「次はコマーシャル!」や「コマーシャルどうぞ」というセリフが、CM明けには「次のおはなしどうぞ」や「早く次のおはなし初めて!」というセリフがアフレコされた数秒間のアイキャッチが付け加えられていた。エンディング前には「今日のオマケ」というナレーションが入り、短く編集された短編作品を流していた。
  • オリジナルではプルートは喜怒哀楽を表現した鳴き声だけで言葉は話さないが、この番組では「助けてー!」や「僕ちゃん幸せ~!」など、言葉を話している。他のキャラクターも、オリジナルの短編作品では本来しゃべらない所でもアフレコされている場合が多かった(ただし、ポニー版・バンダイ版におけるオリジナルの短編作品では、本来しゃべらない所でもアフレコされている場合が少なかった)。
  • 番組には全編通してナレーションが入り、劇中で登場するキャラクターに話し掛けるように、解説のような語りが入っていた(ただし、ポニー版・バンダイ版におけるオリジナルの短編作品では、ナレーションが入り、時々全編を通しているが、劇中で登場するキャラクターに話し掛けるように、解説のような語りが入るところが少なかった)。視聴者側に対しても特に子供に語りかけるような解説のような語りが印象的だった。語り手は主に山田栄子が担当し、ミッキーの声の演技とは見事に使い分けていて、その演技力を披露した。ポニー版・バンダイ版と同様、オリジナルの短編作品にナレーションが入る物はもちろん、ナレーションが無い作品でも必ずナレーションはされており、それが番組の特徴となっていた。
  • オープニングの冒頭に毎回、「中央児童福祉審議会 推薦」というテロップが出ていた(1986年の再放送ではテロップ無し)。

登場人物編集

  • ミッキーマウス
  • ドナルドダック他、ディズニーキャラクター多数

声の出演編集

日本語版台本&スタジオ:トランス・グローバル

各話リスト編集

話数 初回放送日 サブタイトル[1]
1 1984年
4月12日
トレーラーで行こう ほか
2 4月26日 つむじ風なんかこわくない ほか
3 5月10日 ドナルドの腕白時代 ほか
4 5月17日 捕鯨船西へ ほか
5 6月7日 名犬忠犬英雄犬 ほか
6 7月5日 ミッキーの造船所 ほか
7 7月12日 ミッキーの大演奏会 ほか
8 7月26日 ミッキーの夢物語 ほか
9 9月13日 ピーナツ大好き ほか
10 9月20日 ドナルドの汽車ごっこ ほか
11 9月27日 ミッキーとあらいぐま ほか
12 10月18日 ミッキーのブーメラン ほか
13 10月25日 ドナルドの朝食大好き ほか
14 11月1日 ミッキーのグランドオペラ ほか
15 11月8日 ミッキーの山登り ほか
16 11月15日 ミッキーの狩りは楽し ほか
17 11月22日 ドナルドのボートは楽し ほか
18 11月29日 ミッキーの大サーカス ほか
19 12月6日 ミッキーのおばけ退治 ほか
20 12月13日 ミッキーの海難救助隊 ほか
21 12月20日 ドナルドは赤ちゃん ほか
22 1985年
1月10日
ミッキーのハワイ旅行 ほか
23 1月17日 ドナルドとアリ軍団 ほか
24 1月24日 ミッキーの冬休み ほか
25 1月31日 ミッキーの誕生日 ほか
26 2月7日 ドナルドのホテル学入門 ほか
27 2月14日 ミッキーの巨人退治 ほか
28 2月21日 ミッキーのわくわくデート ほか
29 2月28日 ミッキーと小象ボーボー ほか
30 3月7日 プルートとカメくん ほか
31 3月14日 ミッキーの引越し ほか
32 3月21日 ミッキーの弱虫追い出せ ほか
33 4月11日 ミッキーのゴルフ ほか
34 5月9日 プルートといたずらっ子 ほか
35 5月23日 ミッキーのむかしむかし ほか
36 6月20日 ミッキーの消防隊 ほか
37 7月25日 ドナルドの日射病 ほか
38 9月19日 ドナルドのゲームは楽し ほか

ネット局編集

放送当時の日本テレビ系列局は非マストバイ局やクロスネット局が多かったため、本番組の同時ネットを行っていたのはほぼマストバイ局のみであった。遅れネット局でも、途中で打ち切られた地域もあった。

同時ネット局は1985年2月時点、放送系列は放送当時のものとする[2]

放送地域 放送局 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 木曜 19:00 - 19:30 日本テレビ系列 キー局
北海道 札幌テレビ 同時ネット
宮城県 ミヤギテレビ
福島県 福島中央テレビ
新潟県 テレビ新潟
山梨県 山梨放送
静岡県 静岡第一テレビ
中京広域圏 中京テレビ
近畿広域圏 よみうりテレビ
岡山県・香川県 西日本放送
広島県 広島テレビ
福岡県 福岡放送
熊本県 くまもと県民テレビ
長野県 テレビ信州 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
青森県 青森放送 放送日時不詳
鳥取県島根県 日本海テレビ
山口県 山口放送
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列
秋田県 秋田放送
福井県 福井放送
徳島県 四国放送
愛媛県 南海放送 日曜 10:00 - 10:30
(1987年10月頃)
木曜 10:00 - 10:30
(1988年6月頃)
本放送終了後の1987年頃 - 1988年頃に放送[3]
高知県 高知放送 放送日時不詳
長崎県 テレビ長崎 日本テレビ系列
フジテレビ系列
大分県 テレビ大分 日本テレビ系列
フジテレビ系列
テレビ朝日系列
宮崎県 テレビ宮崎
鹿児島県 鹿児島テレビ 日本テレビ系列
フジテレビ系列
山形県 山形テレビ フジテレビ系列 [4]
富山県 富山テレビ 日曜 8:30 - 9:00[5] 本放送終了後の1986年頃に放送[6]
石川県 北陸放送 放送日時不詳 TBS系列
沖縄県 琉球放送

ディズニー・チャンネル版編集

2003年に日本でディズニー・チャンネルが開局された時にはこの番組も放送されたが、吹き替え版はディズニー・チャンネル版で、各キャラクターの声は現在の声優陣によって新たに収録された別バージョン。また、映像にも一部編集や差し替えが施されており、日本テレビで放送時のようなアイキャッチも挿入されていない。

キャスト(声の出演)

脚注編集

  1. ^ テレビ欄記載のもののみ
  2. ^ アニメージュ 1985年3月号』 1985年、徳間書店、全国放映リスト(126 - 127頁)
  3. ^ アニメージュ』1987年11月号(徳間書店)全国縦断放映リスト(110頁)および、『アニメージュ』1988年7月号(徳間書店)全国縦断放映リスト(118頁)
  4. ^ 本来の系列局である山形放送がテレビ朝日系列とのクロスネットで編成に余裕が無い事から、系列外の山形テレビで放送された(放送時期不詳)。
  5. ^ 北國新聞 1986年3月30日付朝刊テレビ欄より
  6. ^ 本来の系列局である北日本放送では放送されなかった。

関連項目編集

日本テレビ 木曜19時台前半枠
【当番組までアニメ枠
前番組 番組名 次番組
ミッキーマウスと
ドナルドダック
木曜スペシャル
(19:00 - 20:54)
【30分拡大】