メインメニューを開く

ミッシャ・レヴィツキ(Миша Левицкий; ラテン文字転写例:Mischa Levitzki 1898年5月25日 クレメンチュク - 1941年1月2日 ニュージャージー州エイヴォン=バイ=ザ=シー)は、ウクライナ生まれのロシア系アメリカ人ピアニスト。ミッシャ・レヴィツキー、ミーシャ・レヴィツキなどとも表記される。

ミッシャ・レヴィツキ
生誕 (1898-05-25) 1898年5月25日
出身地  ウクライナ クレメンチュクアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 (1941-01-02) 1941年1月2日(42歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

経歴編集

ワルシャワアレクサンデル・ミハウォフスキピアノを師事し、8歳でアントウェルペンにてデビューを果たす。次いで渡米して1906年から1911年までニューヨークの音楽芸術学校(ジュリアード音楽院の前身)に学び、ジグムント・ストヨフスキに師事した。1915年には、ベルリン高等音楽学校にてエルンスト・フォン・ドホナーニに師事し、メンデルスゾーン賞を得てピアノの研修期間を終える。この頃までにはヨーロッパ大陸スカンジナビアを巡って演奏活動を行なっていた。1916年10月17日ニューヨークにおいて米国デビューを果たし、間もなく米国に居を構える。後に市民権を得てアメリカ合衆国帰化した。没年の1941年まで世界中で演奏活動を行なった。

ピアノ用に数多くの編曲を遺すとともに、ベートーヴェンの《ピアノ協奏曲 第3番》のために独自のカデンツァを作成した。また、《ワルツ イ長調(Valse in A)》や《ガヴォット》、《ジプシー風ワルツ(Valse tzigane)》、《ユーモレスク》などのピアノ曲も残した。

参考文献編集

  • David Ewen, Encyclopedia of Concert Music. New York; Hill and Wang, 1959.

外部リンク編集

脚注編集