メインメニューを開く

ミッションコントロールセンター

NASAのミッションコントロールセンター

ミッションコントロールセンター: Mission Control Center; MCC)とは宇宙機を地上から管理・運営する施設。国の宇宙機関航空宇宙企業が保有している。運用管制室と呼ばれることもあるが、定訳はないようである[1]

MCCの主な役割は打ち上げから着陸、もしくは任務の終了までミッションを管理することである。フライトコントローラーのスタッフや他の人員は遠隔測定法を用いてミッションの状況を監視し、地上局を用いて宇宙機にコマンドを送る。

目次

アメリカ合衆国編集

アメリカ航空宇宙局のミッションコントロールセンター(MCC-H)はヒューストンジョンソン宇宙センターにあり、国際宇宙ステーション(ISS)のアメリカ担当部分やスペースシャトルを含め、NASAの全ての有人宇宙飛行を担当している。

ロシア編集

 
ロシアのISS管制ルーム

ロシア連邦宇宙局(ロスコスモス)のミッションコントロールセンター「ツープ(ЦУП)」はRKK エネルギアプラント近くのコロリョフ市に位置する。ISSの制御室が現在使用されている。またかつて使用されていたミールの制御室も記念として残されており、ミールが大気圏に突入する最後の数軌道がディスプレイに表示されている。

中国編集

北京航天飛行制御センター神舟ミッションを含めた中国の宇宙開発の指令センターである。北京の北近郊に位置する。

その他編集

 
ISSに関係のある宇宙センター

関連項目編集

参考文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ 本項目名はJAXAの略語集に準じた。
  2. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月17日閲覧。
  3. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月17日閲覧。
  4. ^ アーカイブされたコピー”. 2009年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月17日閲覧。

外部リンク編集