ミトリダテス3世 (コンマゲネ)

ミトリダテス3世・アンティオコス・エピファネス(Mithridates III Antiochus Epiphanes、ギリシア語: Μιθριδάτης Ἀντίοχος ὀ Ἐπιφανής)は、 コンマゲネ王に君臨した王子。

ミトリダテス3世

在位期間
紀元前20年 – 紀元前12年
(8年)
次代 アンティオコス3世

死亡 紀元前12年
配偶者 アイオータパ
子女
アンティオコス3世
アイオータパ
テンプレートを表示

生涯編集

彼はイラン系民族[1]ギリシャ人の子孫だった。

参考文献編集

出典編集

  • Babaie, Sussan; Grigor, Talinn (2015). Persian Kingship and Architecture: Strategies of Power in Iran from the Achaemenids to the Pahlavis. I.B.Tauris. pp. 1–288. ISBN 9780857734778 
  • Erskine, Andrew; Llewellyn-Jones, Lloyd; Wallace, Shane (2017). The Hellenistic Court: Monarchic Power and Elite Society from Alexander to Cleopatra. The Classical Press of Wales. ISBN 978-1910589625 
  • Garsoian, Nina (2005). "Tigran II". Encyclopaedia Iranica.
  • Marciak, Michał (2017). Sophene, Gordyene, and Adiabene: Three Regna Minora of Northern Mesopotamia Between East and West. BRILL. ISBN 9789004350724 
  • Sartre, Maurice (2005). The Middle East Under Rome. Harvard University Press. ISBN 9780674016835