ミドル島 (ウォーナンブール)

ミドル島 (ウォーナンブール) (ミドルとう : Middle Island) はオーストラリアビクトリア州の南西地域の拠点の街・ウォーナンブール (ビクトリア州)の浜辺近くのわずか2ヘクタールの小さな島で、全島が鳥獣保護区である。コガタペンギンハシボソミズナギドリの繁殖コロニーがあり、人間は立ち入り禁止である。

ミドル島(ウォーナンブール)。手前の砂浜から干潮時の浅瀬を渡れる
コガタペンギン。ミドル島で生息している

マレンマ計画(Maremma Project)編集

オーストラリアは、ヨーロッパから導入したアカギツネが、2012年には720万頭と増えすぎて、家畜や野生動物を襲うオーストラリアのアカギツネ英語版問題が生じている[1][2]

ミドル島は沿岸のすぐ近くにあるため、干潮時にはアカギツネが浅瀬を渡り、コガタペンギンを襲う。その結果、ミドル島のコガタペンギンの生息数は1999年に推定600羽だったのが、2005年に10つがいになってしまった。それで、ヨーロッパで羊をアカギツネから守るために飼われているマレンマ・シープドッグで、ペンギンを守ろうと、2006年、ミドル島にマレンマ・シープドッグを導入した。マレンマ・シープドッグで鳥を保護する試みは世界で最初である。その結果、2010年には、コガタペンギンの生息数は140羽までに回復した[3][4][5]

引用文献編集

  1. ^ Impacts of Feral Animals”. Game Council of New South Wales. 2012年4月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月24日閲覧。
  2. ^ (PDF) Threat Abatement Plan for Predation by the Red Fox (Vulpes vulpes) (Report). NSW National Parks and Wildlife Service. (2001). ISBN 0731364244. http://www.environment.nsw.gov.au/resources/pestsweeds/RedfoxApproved.pdf. 
  3. ^ Tina, Liptai (2008年11月13日). “Puppy power is penguins' saviour”. The Age. 2014年3月25日閲覧。
  4. ^ Middle Island Maremma Project”. Warrnambool. Warrnambool City Council. 2012年8月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月24日閲覧。
  5. ^ Oskin, Becky (2013年6月3日). “Sheepdogs Save Australia's Endangered Penguins”. LiveScience. 2014年3月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

動画編集

座標: 南緯38度24分13秒 東経142度28分19秒 / 南緯38.40361度 東経142.47194度 / -38.40361; 142.47194