ミナリ

2020年公開のアメリカ映画

ミナリ』(原題:Minari)は2020年アメリカ合衆国ドラマ映画。監督はリー・アイザック・チョン、出演はスティーヴン・ユァンハン・イェリユン・ヨジョンなど。韓国系の移民二世で、アメリカの田舎町で育ったチョン監督が、自らの体験をもとに[5]アーカンソー州に移住した韓国系の一家とその祖母の喜怒哀楽を描いたホームドラマ[6]

ミナリ
Minari
監督 リー・アイザック・チョン
脚本 リー・アイザック・チョン
製作 ジェレミー・クライナー
デデ・ガードナー
クリスティーナ・オー
製作総指揮 ブラッド・ピット
スティーヴン・ユァン
ジョシュ・バーチョフ
出演者 スティーヴン・ユァン
ハン・イェリ
アラン・キム英語版
ノエル・ケイト・チョー
ユン・ヨジョン
音楽 エミール・モッセリ英語版
撮影 ラクラン・ミルン英語版
編集 ハリー・ユーン英語版
製作会社 A24
プランBエンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 A24
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2020年12月11日(限定公開)
日本の旗 2021年3月19日
上映時間 115分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
朝鮮語
製作費 $2,000,000[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $3,110,580[3]
日本の旗 2億円[4]
世界の旗 $15,322,552[3]
テンプレートを表示

第93回アカデミー賞ではユン・ヨジョンが韓国出身の俳優として史上初、アジア人としては1957年の映画サヨナラ』のナンシー梅木以来、63年ぶり2人目となる助演女優賞を受賞した[7]

原題の「Minari(미나리)」は朝鮮語でセリを意味する語である。公式サイトの説明によると「たくましく地に根を張り、2度目の旬が最もおいしいことから、子供世代の幸せのために、親の世代が懸命に生きるという意味が込められている」という[8]

ストーリー編集

1980年代のアメリカ合衆国。韓国系の移民のジェイコブ・イは一攫千金の夢を掴むべく、妻のモニカと長女のアンと長男のデビッドを引き連れてアーカンソー州の田舎町へと移住する。ジェイコブは一から農地を開拓して大農場主に成り上がろうとしていたが、モニカはそんな夫を冷ややかな目で見ている。ほどなくして、モニカの母スンジャが幼い子供たちの世話をするために韓国からやってきて一家と同居することになる。スンジャは並々ならぬ毒舌家だったが、どこか憎めないところもあり、一家の生活(特にデビッド)に刺激をもたらすことになる。

その一方で、農場経営は一向に軌道に乗らず、家計は火の車であった。様々な困難に直面したジェイコブは挫けるどころか、却って成功への意欲を燃やす。そして、全てを犠牲にする勢いで経営に没頭していったが、そのためにジェイコブとモニカの夫婦仲は険悪なものとなる。そんなある日、スンジャが脳梗塞で倒れ、右半身に障害が残ってしまう。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替。

製作編集

2019年7月11日、本作の主要キャストが発表された[9]。同月、本作の主要撮影が始まった[10]。12月13日、エミール・モッセリが本作で使用される楽曲を手がけるとの報道があった[11]

公開・マーケティング編集

2020年1月26日、本作はサンダンス映画祭でプレミア上映され[12]、審査員賞と観客賞の双方でグランプリに輝いた[13]。9月30日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[14]

ゴールデングローブ賞におけるカテゴライズをめぐる批判編集

2020年12月22日、ゴールデングローブ賞を主催するハリウッド外国人映画記者協会は台詞の半分以上が朝鮮語であることを理由に、本作を作品賞の候補作から除外した[15]。こうした措置に対し、アジア系の映画人を中心に批判の声が上がった[16]ルル・ワン英語版は「今年、私が見た映画の中で『ミナリ』以上にアメリカ的な映画はありませんでした。同作は移民一家についての物語です。彼らはアメリカで、アメリカン・ドリームを掴もうとしていたのです。アメリカ人は英語しか話さないという古くさい定義を変えなければなりません」と述べた[17]。また、ハリー・シャム・ジュニアは『イングロリアス・バスターズ』(台詞の約7割が非英語)が作品賞にノミネートされたことを引き合いに出し、本作の除外に疑義を呈した[18]

評価編集

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには65件のレビューがあり、批評家支持率は100%、平均点は10点満点で8.6点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「スティーヴン・ユァンとハン・イェリの魅力溢れる演技のお陰で、『ミナリ』は1980年代のアメリカにおける家族と同化の物語―それは胸が痛むほど切実なものだが、優しさも確かにある―を描ききった。」となっている[19]。また、Metacriticには14件のレビューがあり、加重平均値は88/100となっている[20]

受賞・ノミネート一覧編集

発表日 カテゴリ 対象者 結果 出典
サンダンス映画祭 2020年2月1日 グランプリ(審査員大賞:ドラマ部門) リー・アイザック・チョン 受賞 [21]
グランプリ(観客賞:ドラマ部門) 受賞
ボストン映画批評家協会賞 2020年12月13日 助演女優賞 ユン・ヨジョン 受賞 [22]
作曲賞 エミール・モッセリ 受賞
アンサンブル・キャスト賞 次点
ロサンゼルス映画批評家協会賞 2020年12月20日 助演女優賞 ユン・ヨジョン 受賞 [23]
シカゴ映画批評家協会賞 2020年12月21日 主演男優賞 スティーヴン・ユァン ノミネート
助演女優賞 ユン・ヨジョン ノミネート
有望監督賞 リー・アイザック・チョン ノミネート
フロリダ映画批評家協会賞 2020年12月21日 作品賞 次点
監督賞 リー・アイザック・チョン ノミネート
助演女優賞 ユン・ヨジョン 次点
脚本賞 リー・アイザック・チョン 受賞
アンサンブル演技賞 ノミネート
外国語映画賞 次点
オクラホマ映画批評家協会賞 2021年1月6日 作品賞 受賞 [24]
助演女優賞 ユン・ヨジョン 受賞
ゴッサム・インディペンデント映画賞 2021年1月11日 女優賞 ユン・ヨジョン ノミネート [25][26]
サンフランシスコ映画批評家協会賞 2021年1月18日 作品賞 ノミネート [27]
監督賞 リー・アイザック・チョン ノミネート
主演男優賞 スティーヴン・ユァン ノミネート
助演女優賞 ユン・ヨジョン 受賞
脚本賞 リー・アイザック・チョン 受賞
作曲賞 エミール・モッセリ ノミネート
オンライン映画批評家協会賞 2021年1月25日 作品賞 ノミネート [28][29]
主演男優賞 スティーヴン・ユァン ノミネート
助演女優賞 ユン・ヨジョン ノミネート
オリジナル脚本賞 リー・アイザック・チョン ノミネート
作曲賞 エミール・モッセリ ノミネート
外国語映画賞 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2021年1月26日 作品賞トップ10 入選 [30]
助演女優賞 ユン・ヨジョン 受賞
オリジナル脚本賞 リー・アイザック・チョン 受賞
ニューヨーク映画批評家オンライン賞 2021年1月26日 作品賞 受賞 [31]
助演女優賞 ユン・ヨジョン 受賞
外国語映画賞 受賞
ユタ映画批評家協会賞 2021年2月13日 作品賞 受賞 [32]
監督賞 リー・アイザック・チョン 次点
主演男優賞 スティーヴン・ユァン 次点タイ
助演女優賞 ユン・ヨジョン 次点
ゴールデングローブ賞 2021年2月28日 外国語映画賞 受賞 [33][34]
放送映画批評家協会賞 2021年3月7日 作品賞 ノミネート [35][36]
監督賞 リー・アイザック・チョン ノミネート
主演男優賞 スティーヴン・ユァン ノミネート
助演女優賞 ユン・ヨジョン ノミネート
若手俳優賞 アラン・キム 受賞
アンサンブル演技賞 ノミネート
オリジナル脚本賞 リー・アイザック・チョン ノミネート
作曲賞 エミール・モッセリ ノミネート
撮影賞 ラクラン・ミルン ノミネート
外国語映画賞 受賞
全米映画俳優組合賞 2021年4月4日 キャスト賞 アラン・キム、ノエル・ケイト・チョー、ハン・イェリ、ユン・ヨジョン、スティーヴン・ユァン、スコット・ヘイズ、ウィル・パットン ノミネート [37][38]
主演男優賞 スティーヴン・ユァン ノミネート
助演女優賞 ユン・ヨジョン 受賞
アカデミー賞 2021年4月25日 作品賞 クリスティーナ・オー ノミネート [39]
監督賞 リー・アイザック・チョン ノミネート
主演男優賞 スティーヴン・ユァン ノミネート
助演女優賞 ユン・ヨジョン 受賞
脚本賞 リー・アイザック・チョン ノミネート
作曲賞 エミール・モッセリ ノミネート

出典編集

  1. ^ ミナリ”. 映画.com. 2020年12月24日閲覧。
  2. ^ Minari (2020) - Financial Information” (英語). The Numbers. 2022年1月24日閲覧。
  3. ^ a b Minari” (英語). Box Office Mojo. 2022年1月24日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報』 2022年3月下旬特別号 p.37
  5. ^ ミナリ - allcinema
  6. ^ ミナリ”. WOWOW. 2022年1月24日閲覧。
  7. ^ 小松芙未 (2021年4月26日). “韓国人初の快挙!『ミナリ』ユン・ヨジョンが助演女優賞”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0123109 2022年1月24日閲覧。 
  8. ^ 映画『ミナリ』公式サイト”. 映画『ミナリ』公式サイト. 2021年3月16日閲覧。
  9. ^ Sun, Rebecca (2019年7月11日). “Steven Yeun to Star in and Exec Produce A24 Immigrant Drama (Exclusive)” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/steven-yeun-star-exec-produce-a24-immigrant-drama-1223931 2020年12月24日閲覧。 
  10. ^ Sneider, Jeff (2019年7月11日). “Steven Yeun to Star in Korean Immigrant Drama 'Minari' for A24” (英語). Collider. https://collider.com/steven-yeun-minari-a24-movie/ 2020年12月24日閲覧。 
  11. ^ “Emile Mosseri Scoring Lee Isaac Chung’s ‘Minari’” (英語). Film Music Reporter. (2019年12月13日). https://filmmusicreporter.com/2019/12/13/emile-mosseri-scoring-lee-isaac-chungs-minari/ 2020年12月24日閲覧。 
  12. ^ Siegel, Tatiana (2019年12月4日). “Sundance Unveils Female-Powered Lineup Featuring Taylor Swift, Gloria Steinem, Abortion Road Trip Drama” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/sundance-2020-unveils-female-powered-lineup-taylor-swift-gloria-steinem-films-1259538 2020年12月24日閲覧。 
  13. ^ Hipes, Patrick (2020年2月1日). “Sundance Film Festival Awards: ‘Minari’ Scores Double Top Honors – The Complete Winners List” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2020/02/sundance-film-festival-awards-2020-winners-1202848900/ 2020年12月24日閲覧。 
  14. ^ Minari Official Trailer HD A24” (英語). YouTube. A24 (2020年9月30日). 2020年12月24日閲覧。
  15. ^ Davis, Clayton (2020年12月22日). “Golden Globes Switch ‘Promising Young Woman’ to Drama; ‘Minari’ Remains in Foreign Language Category (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. https://variety.com/2020/film/news/promising-young-woman-golden-globes-drama-1234871836/ 2020年12月24日閲覧。 
  16. ^ Lee, Janet W. (2020年12月23日). “Hollywood Slams Golden Globes for Categorizing ‘Minari’ as Foreign Language Film: ‘Enough of This Nonsense’” (英語). Variety. https://variety.com/2020/film/news/minari-foreign-language-film-golden-globes-1234874332/ 2020年12月24日閲覧。 
  17. ^ Lulu Wang [@thumbelulu]. "午後1:48 · 2020年12月23日" (ツイート) (英語). Twitterより2020年12月24日閲覧
  18. ^ Harry Shum Jr [@HarryShumJr]. "午前0:15 · 2020年12月24日" (ツイート) (英語). Twitterより2020年12月24日閲覧
  19. ^ Minari” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年12月24日閲覧。
  20. ^ "Minari" (英語). Metacritic. 2020年12月24日閲覧。
  21. ^ Hipes, Patrick (2020年2月1日). “Sundance Film Festival Awards: ‘Minari’ Scores Double Top Honors – The Complete Winners List” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2020/02/sundance-film-festival-awards-2020-winners-1202848900/ 2020年12月24日閲覧。 
  22. ^ Davis, Clayton (2020年12月13日). “‘Nomadland’ Named Best Picture at Boston Society of Film Critics Awards, Paul Raci and Yuh-jung Youn Among Winners” (英語). Variety. https://variety.com/2020/film/awards/boston-film-critics-awards-2020-nomadland-paul-raci-1234852623/ 2020年12月13日閲覧。 
  23. ^ Haring, Bruce; Ramos, Dino-Ray (2020年12月20日). “L.A. Film Critics Association Names ‘Small Axe’ As Best Picture Of 2020; Carey Mulligan, Chadwick Boseman Honored With Acting Awards” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2020/12/los-angeles-film-critics-2020-winners-movies-1234659451/ 2020年12月20日閲覧。 
  24. ^ 2020 AWARDS” (英語). Oklahoma Film Critics Circle. 2021年1月6日閲覧。
  25. ^ Sharf, Zack (2020年11月12日). “Gotham Award Nominations 2020: ‘First Cow,’ ‘Nomadland,’ and All Best Picture Noms by Women” (英語). Indiewire. https://www.indiewire.com/2020/11/gotham-award-nominations-2020-1234598012/ 2020年12月24日閲覧。 
  26. ^ Davis, Clayton (2021年1月11日). “‘Nomadland’ Wins Best Feature at the Gothams, Ahmed and Beharie Upset in Acting Categories” (英語). Variety. https://variety.com/2021/film/awards/gotham-awards-2020-winners-1234882987/ 2021年1月19日閲覧。 
  27. ^ SFBAFCC 2020 AWARDS” (英語). SFBAFCC (2021年1月18日). 2021年1月19日閲覧。
  28. ^ OFCS PRESENTS: 24TH ANNUAL NOMINATIONS FOR 2020” (英語). Online Film Critics Society (2021年1月19日). 2021年1月30日閲覧。
  29. ^ OFCS PRESENTS: 24TH ANNUAL AWARDS FOR 2020” (英語). Online Film Critics Society (2021年1月25日). 2021年1月30日閲覧。
  30. ^ 2020 Award Winners” (英語). National Board of Review. 2021年1月27日閲覧。
  31. ^ Davis, Clayton (2021年1月26日). “‘Minari’ Tops New York Film Critics Online Awards, Ellen Burstyn and Yuh-Jung Youn Tie for Supporting Actress (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. https://variety.com/2021/awards/awards/new-york-film-critics-online-winners-minari-ellen-burstyn-1234892719/ 2021年2月4日閲覧。 
  32. ^ 2020” (英語). Utah Film Critics Association. 2021年2月14日閲覧。
  33. ^ “【ゴールデングローブ賞】映画部門でNetflixが圧勝 「Mank マンク」が最多6部門ノミネート”. 映画.com. (2021年2月4日). https://eiga.com/news/20210204/21/ 2021年2月4日閲覧。 
  34. ^ “ゴールデン・グローブ賞『ノマドランド』が作品賞!受賞結果全リスト”. シネマトゥデイ. (2021年3月1日). https://www.cinematoday.jp/news/N0121984 2021年3月1日閲覧。 
  35. ^ Davis, Clayton (2021年2月8日). “Critics Choice Awards: ‘Mank’ Leads With 12 Nominations, Netflix Makes History With Four Best Picture Nominees” (英語). Variety. https://variety.com/2021/film/awards/critics-choice-nominations-2021-mank-netflix-1234902895/ 2021年3月30日閲覧。 
  36. ^ Fernández, Alexia (2021年3月7日). “Critics Choice Awards 2021: The Complete Winners List” (英語). People. https://people.com/movies/critics-choice-awards-2021-the-complete-winners-list/ 2021年3月30日閲覧。 
  37. ^ Oganesyan, Natalie; Moreau, Jordan (2021年2月4日). “2021 SAG Awards: The Complete Nominations List” (英語). Variety. https://variety.com/2021/awards/news/2021-sag-nominations-list-nominees-screen-actors-guild-awards-1234897816/ 2021年4月5日閲覧。 
  38. ^ Ferme, Antonio (2021年4月4日). “SAG Awards 2021: The Complete Winners List” (英語). Variety. https://variety.com/2021/awards/news/sag-awards-2021-winners-list-screen-actors-guild-1234941605/ 2021年4月5日閲覧。 
  39. ^ 2020年 第93回 アカデミー賞”. allcinema. 2022年1月24日閲覧。

外部リンク編集