ミナルディ・M01Minardi M01)は、ミナルディ1999年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。デザイナーはグスタフ・ブルナー。車名はチームの新たな始まりを示し、01と名付けられた。ドライバーは1995年に在籍しおり、フェラーリのテストドライバーを務めていたルカ・バドエル、スペイン人のルーキー、マルク・ジェネであった。バドエルがテストドライブでケガをした際は、プロストのテストドライバーであったステファン・サラザンが代役を務めた。

ミナルディ・M01
Minardi M01.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ミナルディ
デザイナー グスタフ・ブルナー (テクニカルディレクター)
ガブルエル・トレドッツィ (チーフエンジニア)
ジョージ・ライトン (チーフデザイナー)
ジャン=クロード・ミジョー (空力チーフ)
先代 M198
後継 M02
主要諸元
シャシー カーボンファイバー,複合コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, トーションバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン フォード Zetec-R, 72度 V10
トランスミッション ミナルディ製6速 シーケンシャル セミオートマ
出力 735 hp @ 16,000 rpm[1]
燃料 エルフ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム フォンドメタル・ミナルディチーム
ドライバー 20. イタリアの旗 ルカ・バドエル
20. フランスの旗 ステファン・サラザン
21. スペインの旗 マルク・ジェネ
コンストラクターズタイトル 0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1999年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
16000
テンプレートを表示

ミナルディのような少額予算のチームにとって、この車は大きな前進であったが、シーズンを通してアロウズとグリッドの後方を争った。チームは風洞を長時間使用する余裕が無かったため、ブルナーはM01の最大の欠点をエアロダイナミクスだと認識していた。

しかしながら、ニュルブルクリンクでジェネが6位でフィニッシュし、チームは4年ぶりのポイントを獲得した。これはバドエルが4位を走行していたもののギアボックストラブルのため残り13周でリタイアした後のことであった。このポイントでチームはコンストラクターズランキング10位となった。チームはアロウズと同ポイントであったが、アロウズはペドロ・デ・ラ・ロサの6位の次に高かった順位は高木虎之介の7位であり、ミナルディはジェネの6位の次に高い順位は、ジェネ、バドエル共に8位であったため、アロウズがランキングで上になった。しかし、潤沢な予算をもつブリティッシュ・アメリカン・レーシングよりも好成績を収めた。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1999年 ミナルディ フォード V10 B AUS
 
BRA
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
AUT
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
EUR
 
MAL
 
JPN
 
1 10位
ルカ・バドエル Ret 8 Ret Ret 10 10 Ret 13 10 14 Ret Ret Ret Ret Ret
ステファン・サラザン Ret
マルク・ジェネ Ret 9 9 Ret Ret 8 Ret 15 11 9 17 16 Ret 6 9 Ret

参照編集

  • AUTOCOURSE 1999-2000, Henry, Alan (ed.), Hazleton Publishing Ltd. (1999) 1-874557-34-9

外部リンク編集