メインメニューを開く

ミナルディ・M186 (Minardi M186 ) は、ミナルディ1986年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。デザイナーはジャコモ・カリーリ

ミナルディ・M186
カテゴリー F1
コンストラクター イタリアの旗 ミナルディ
デザイナー イタリアの旗 ジャコモ・カリーリ
先代 ミナルディ・M185B
後継 ミナルディ・M187
主要諸元
シャシー カーボンファイバーモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン
エンジン モトーリ・モデルニ Tipo 615-90, 1.5リッター, 780馬力, 90度 V6, t/c, ミッドエンジン
トランスミッション ミナルディ M101, 5速, MT
重量 550kg
燃料 アジップ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ミナルディ・チーム
ドライバー イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス
初戦 ハンガリーの旗 1986年ハンガリーグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
6 0 0 0
テンプレートを表示

開発と経緯編集

M186は昨年のM185の改良型であった。1986年シーズン中盤のハンガリーGPで1台のみ投入され、アンドレア・デ・チェザリスがドライブした。チェザリスはM185Bでは完走することができなかったが、このM186では第15戦のメキシコGPで完走、8位となった。その他のレースはすべてリタイアとなり、ポイントを獲得することはできなかった。


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1986年 M186 モトーリ・モデルニ
Tipo 615-90

1.5, V6T
P BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
MEX
 
AUS
 
0 -
23   アンドレア・デ・チェザリス Ret Ret Ret Ret 8 Ret

参照編集