メインメニューを開く

ミナルディ・M191Minardi M191)は、アルド・コスタが設計したF1マシンで、1991年から1992年にかけてミナルディチームによって使用された。

ミナルディ・M191 / M191B
Minardi M191 Musée Lamborghini.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター イタリアの旗 ミナルディ
デザイナー イタリアの旗 アルド・コスタ
先代 ミナルディ・M190
後継 ミナルディ・M192
主要諸元
エンジン 1991年: フェラーリ 037 - 3.5リットル、710馬力、65度 V型12気筒
1992年: ランボルギーニ 3512 - 3.5リットル、640馬力、80度 V型12気筒 NA ミッドエンジン
トランスミッション ミナルディ製 MR108 前進6速 + 後進1速 MT
重量 505kg
燃料 アジップ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム SCM ミナルディF1チーム
ドライバー イタリアの旗 ピエルルイジ・マルティニ
イタリアの旗 ジャンニ・モルビデリ
イタリアの旗 ロベルト・モレノ
ブラジルの旗 クリスチャン・フィッティパルディ
初戦 アメリカ合衆国の旗 1991年アメリカグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
20 0 0 0
テンプレートを表示

目次

M191編集

前年型ミナルディ・M190の後継モデルとして開発された。コスワースDFRに代わって、門外不出といわれたフェラーリV12エンジンを獲得。シーズン当初は型落ちのTipo 036、シーズン途中より最新スペックTipo 037の供給を受けた。ギアボックスは本家は7速セミAT(パドルシフト)だが、ミナルディは6速MT(レバーシフト)だった。タイヤはピレリに代わってグッドイヤーを装着。

ドライバーはピエルルイジ・マルティニと、昨年の日本グランプリから加入したジャンニ・モルビデリを起用。モルビデリはフェラーリのテストドライバーも兼務し、日本グランプリ後に解雇されたアラン・プロストの代役として最終戦はフェラーリをドライブしたため、代わってシートを失っていたロベルト・モレノが起用された。

フェラーリエンジンを搭載したことで予選・決勝と上位に食い込んだが、コスワースよりも重量が重く、マシンバランスを崩すというマイナス面もあった。ときには本家の成績を上回り、マルティニが2度4位入賞を果たして、コンストラクターズも過去最高となる7位を記録した。しかし、エンジンの使用料があまりにも高く、シーズン終了後にチームの財政が悪化したことで、1年で手放す事となった。

1992年シーズンは新型ミナルディ・M192が投入されるまでは、前年の改良型M191B(第4戦のみM191L)を使用した。エンジンはフェラーリからランボルギーニV12に変更、タイヤはグッドイヤー。ドライバーはモルビデリと前年の国際F3000チャンピオンのクリスチャン・フィッティパルディを起用した。

スペック編集

M191編集

シャシ
  • シャシ名 M191
  • タイヤ グッドイヤー
エンジン
  • エンジン名 フェラーリTipo036、037
  • 気筒数・角度 V型12気筒・65度
  • 排気量 3,500cc

M191B編集

シャシ
  • シャシ名 M191B
  • タイヤ グッドイヤー
エンジン
  • エンジン名 ランボルギーニ3512
  • 気筒数・角度 V型12気筒・80度
  • 排気量 3,493cc

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

Сезон シャシ エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1991年 M191 フェラーリ 037
3.5リットルV型12気筒
G USA
 
BRA
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
MEX
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
6 7位
23   ピエルルイジ・マルティニ 9 Ret 4 12 7 Ret 9 9 Ret Ret 12 Ret 4 13 Ret Ret
24   ジャンニ・モルビデリ Ret 8 Ret Ret Ret 7 Ret 11 Ret 13 Ret 9 9 Ret Ret
24   ロベルト・モレノ 16
1992年 M191B ランボルギーニ
3512
3.5リットルV型12気筒
G RSA
 
MEX
 
BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
AUS
 
1[1] 11位
23   クリスチャン・フィッティパルディ Ret Ret Ret 11
24   ジャンニ・モルビデリ Ret Ret 7 Ret
1991年
  • コンストラクターズ7位。
  • ドライバーズランキング-位:ピエルルイジ・マルティニ(予選最高位7位1回 決勝最高位4位2回)
  • ドライバーズランキング-位:ジャンニ・モルビデリ(予選最高位8位1回 決勝最高位7位1回)第15戦まで参戦
  • ドライバーズランキング-位:ロベルト・モレノ(予選最高位18位1回 決勝最高位16位1回)最終戦のみ参戦
1992年(第4戦までの成績)
  • コンストラクターズ-位。
  • ドライバーズランキング-位:クリスチャン・フィッティパルディ(予選最高位17位1回 決勝最高位11位1回)
  • ドライバーズランキング-位:ジャンニ・モルビデリ(予選最高位19位1回 決勝最高位7位1回)

参照編集

  1. ^ ミナルディ・M192でのポイントも含む。