メインメニューを開く

開発と経緯編集

1992年、フェラーリエンジンの供給が停止され、チームはフォードV8とランボルギーニV12の中からランボルギーニを選択した。シャーシ側ではノーズ先端をやや持ち上げて、ジョーダン・191風のトーショナルウィングを装着したのが特徴である。

シーズン序盤はM191Bを投入し、M192のデビュー戦は第5戦サンマリノGPとなった。ジャンニ・モルビデリと新人のクリスチャン・フィッティパルディがドライブしたが、両名ともリタイアした。その後はコンスタントに完走を重ね、フィッティパルディは日本GPで6位に入り1ポイントを獲得した。フィッティパルディは第8戦GP予選中に首を痛めて負傷欠場し、第9戦から11戦までアレッサンドロ・ザナルディが代役として出場したが、予選落ち2度にリタイア1度といずれも完走することはできなかった。

チームの獲得ポイントはフィッティパルディの1ポイントで、コンストラクターズランキング11位でシーズンを終えた。


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1992年 ランボルギーニ
3512
3.5 V12
G RSA
 
MEX
 
BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
AUS
 
1 11位
23   クリスチャン・フィッティパルディ Ret 8 13 DNQ DNQ DNQ 12 6 9
24   ジャンニ・モルビデリ Ret Ret 11 8 17 12 DNQ 16 Ret 14 14 10
23   アレッサンドロ・ザナルディ DNQ Ret DNQ

デモラン編集

2012年3月に行われた鈴鹿サーキット開業50周年感謝イベントでは、ミナルディに在籍したことのある中野信治がM192をドライブして、鈴鹿サーキット東コースでデモンストレーション走行を行った[1]

参照編集

  1. ^ "アレジがF1マシンで走った「鈴鹿サーキット50周年ファン感謝デー」 ". CarWatch.(2012年3月6日)2013年5月12日閲覧。