メインメニューを開く

ミナルディ・M198Minardi M198)は、ミナルディ1998年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。デザイナーはグスタフ・ブルナープロスト・グランプリから移籍した中野信治と、ルーキーのエステバン・トゥエロがドライブした。

ミナルディ・M198
中野信治がドライブするM198、スペイングランプリ
中野信治がドライブするM198、スペイングランプリ
カテゴリー F1
コンストラクター ミナルディ
デザイナー グスタフ・ブルナー
先代 ミナルディ・M197
後継 ミナルディ・M01
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド トーションバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド トーションバー
エンジン フォード ゼテック-R 72度 V10 NA
トランスミッション ミナルディ製 6速 縦置き セミAT
燃料 エルフ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム フォンドメタル・ミナルディ フォード
ドライバー 22. 中野信治
23. エステバン・トゥエロ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1998年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

M198はフォードV10エンジンを搭載し、前年までのV8エンジンに比べるとパワー面での改善が大きかったが、シャシーコンポーネントのデザインは前年型と大きく変わるところも無かった。デザイナーのグスタフ・ブルナーはチームに再加入すると、一月もたたないうちに1999年用マシンのM01の開発に注力するよう促し、M198の開発は滞ることとなった。こういった問題にもかかわらず、チームはシーズンを戦い当面のライバルであったティレルをしばしば打ち破ることができた。

しかしながら、チームは1ポイントも獲得することができなかった。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1998年 ミナルディ フォード V10 B AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
AUT
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
LUX
 
JPN
 
0 NC
中野信治 Ret Ret 13 Ret 14 9 7 17 8 11 Ret 15 8 Ret 15 Ret
エステバン・トゥエロ Ret Ret Ret 8 15 Ret Ret Ret Ret Ret 16 Ret Ret 11 Ret Ret

参照編集