ミニュアデス古希: Μινυάδες, Minyades)は、ギリシア神話に登場する女性たちである。彼女たちはボイオーティア地方の都市オルコメノスの王ミニュアースの3人の娘で、神話によるとと狂乱の神ディオニューソスに対して不敬であったので、神罰を受けて鳥あるいはコウモリに変身したと伝えられている。

ミニュアデスが暮らしたとされるオルコメノス。

系譜編集

娘たちの父親はミニュアースで一致している。彼女たちの名前はプルータルコスによるとレウキッペーアルシノエー、アルカトエー[1][2]アイリアーノスアントーニーヌス・リーベラーリスによると、レウキッペー、アルシッペー、アルキトエーである[3][4]オウィディウスの『変身物語』ではアルキトエー[5]、レウコノエーの名前が挙げられている[6]。またプルタルコスやアントーニーヌス・リーベラーリスではレウキッペーの息子ヒッパソスの名前を伝えている[1][2][4]

文献順
名前
綴り(el)
綴り(la)
Plu
Aili
Ant
Ovi
順-01 アルカトエー Ἀλκαθόη Alkathoē
順-02 アルキトエー Ἀλκιθόη Alkithoē
順-03 アルシッペー Ἀρσίππη Arsippē
順-04 アルシノエー Ἀρσινόη Arsinoē
順-05 レウキッペー Λευκίππη Leukippē
順-06 レウコノエー Λευκονόη Leukonoē

神話編集

プルータルコス編集

プルータルコスの「ギリシアの諸問題」38によると、ミニュアースの娘たちは狂気に憑りつかれて人肉を欲し、3人でを引き、当りを引いたレウキッペーの息子ヒッパソスを引き裂いて殺した。彼女たちの夫は悲しみに暮れるあまり薄汚れた姿をしていたので、プソロエイスψολόεις, Psoloeis,「すすまみれの人々」)と呼ばれた。また彼女たちはオレイアイὀλεῖαι, oleiai, 「殺人女」)と呼ばれ、オルコメノス人たちは彼女たちの子孫をも同じくオレイアイと呼んだ[1][2]

オウィディウス編集

オウィディウスの『変身物語』において、4巻の物語の冒頭部分をリードするのはミニュアースの娘たちである。娘の1人アルキトエーはディオニューソスの祭祀を認めず、ゼウスの息子ではないとさえ主張した。また他の姉妹も彼女と同じ考えだった。彼女たちは家で機織りに勤しんでいる間、たがいに様々な物語を語って聞かせることにした。そこで姉妹のうちアルキトエーとレウコノエーはピューラモスとティスベーアレースアプロディーテーレウコトエークリュティエーサルマキスヘルマプロディートスといった物語を話した。しかし彼女たちの話が終わったとき、様々な楽器の音が鳴り響き、機が緑色に変わり、織られた布が木蔦の葉を出したり、葡萄の木に変わったり、糸が若木の枝に変わった。また家が揺れたかと思うと、火の光で輝くなどの異変が起きた。煙に巻かれたように感じた彼女たちが家の中を逃げまどっていると、やがて体が小さくなり、手足に被膜ができて、コウモリになった[7]

アイリアーノス編集

アイリアーノスによると、ミニュアースの娘たちは夫を慕っていたことを理由にディオニューソスの祭祀を拒んだ。彼女たちが一心不乱に機織りに勤しんでいると、ディオニューソス神の怒りによって、機に木蔦や葡萄の蔓が絡みつき、糸篭の中にが入り込み、天井からワインや乳がしたたり落ちるなどの異変が起きた。しかしそれでも入信を拒んだために彼女たちは狂気に陥り、レウキッペーの幼児を引き裂いて殺し、ディオニューソスの信女たち(マイナデス)の一群に加わった。しかし幼児殺しの罪のために信女たちからも追われた彼女たちは、最後にカラス、コウモリ、フクロウになった[3]

アントーニーヌス・リーベラーリス編集

アントーニーヌス・リーベラーリスによると、ミニュアースの娘たちは非常に勤勉な女性たちばかりで、他の女たちがディオニューソスの祭祀のために家を出て、山中で生活することを散々に非難した。そこでディオニューソス神は少女の姿に変身し、彼女たちにディオニューソスの祭祀に参加するように勧めた。しかし彼女たちは神の言葉を聞こうとしなかったので、ディオニューソスは怒り、少女の姿からライオンへと変身した。また彼女たちが機を織るために握っていた横木からネクタルと乳が流れ出た。これらの神秘的な異変を目の当たりにした彼女たちは恐怖し、籤を引いて、当りを引いたレウキッペーは神に捧げる生贄として息子ヒッパソスを姉妹とともに引き裂いて殺した。そして彼女たちはミニュアースの家を出て、ディオニューソスの祭祀に加わったが、最後にヘルメースが杖で触れ、太陽の光を嫌う3つの鳥、コウモリ、フクロウ、ワシミミズクに変えた[4]

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
アトラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シーシュポス
 
メロペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テルサンドロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オルニュティオーン
 
 
 
 
 
 
 
ニーソス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハルモス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コローノス
 
ハリアルトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポーコス
 
トアース
 
ポセイドーン
 
エウリュノメー
 
グラウコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレース
 
クリューセー
 
 
 
ポセイドーン
 
クリューソゴネイア
 
 
 
ダーモポーン
 
 
 
ベレロポーン
 
 
 
ピロノエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレギュアース
 
 
 
 
 
 
 
クリューセース
 
 
 
 
 
プロポダース
 
 
 
イーサンドロス
 
ヒッポロコス
 
ゼウス
 
ラーオダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アポローン
 
コローニス
 
イスキュス
 
 
 
ミニュアース
 
 
 
ドーリダース
 
ヒュアンティダース
 
 
 
 
 
グラウコス
 
 
 
サルペードーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスクレーピオス
 
 
 
オルコメノス
 
ピュラコス
 
クリュメネー
 
イーアソス
 
ミニュアデス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マカーオーン
 
ポダレイリオス
 
 
 
 
 
イーピクロス
 
アルキメデー
 
アタランテー
 


脚注編集

  1. ^ a b c プルタルコス「ヘラス設問集」38。”. バルバロイ!. 2019年11月17日閲覧。
  2. ^ a b c Plutarch, Quaestiones Graecae 38.”. Perseus Digital Library. 2022年2月6日閲覧。
  3. ^ a b アイリアーノス、3巻42。
  4. ^ a b c アントーニーヌス・リーベラーリス、10話。
  5. ^ オウィディウス『変身物語』4巻1行。
  6. ^ オウィディウス『変身物語』4巻168行。
  7. ^ オウィディウス『変身物語』4巻1行以降。

参考文献編集

関連項目編集