ミニ・ネプチューン

ミニ・ネプチューン: Mini-Neptune)、あるいはサブ・ネプチューン: Sub-Neptune)は、10地球質量程度(スーパーアース)から海王星質量程度以下の質量を持つ惑星の分類である。このタイプの惑星は水素ヘリウムのからなる厚い大気を持ち、氷や岩石による厚い層を持つか、あるいは深い海を持っていると考えられている。内部の成分は、アンモニアやその混合物、その他の重い揮発性物質と予想される。大気がない場合は、海洋惑星に分類される[1]

海王星の内部構造

ミニ・ネプチューンに関する理論的な研究は、おおむね天王星海王星の知識にもとづいている。岩石惑星かガス惑星かを分けるサイズ境界は、1.6-2.0地球半径にあると推定されている[2][3]。大きな半径を持ち質量が測定されている惑星は大部分が低密度であり、その半径と質量を説明するためには分厚い大気が存在している必要がある。観測的には、半径がおよそ1.6地球半径よりも大きな惑星(質量ではおよそ6地球質量よりも重いもの)は大量の揮発性物質か、水素とヘリウムからなる外層を持っていると考えられる。

太陽系に置いて海王星型惑星には生命は存在しないと考えられているが、太陽系外惑星においては主星の大きさや距離の条件を満たせば、地球の海中に近い条件の海を持つ可能性が指摘されている。そうした生命が存在する可能性を持つミニ・ネプチューンには、ハイセアン惑星という呼称も提唱されている。[4]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Optical to near-infrared transit observations of super-Earth GJ1214b: water-world or mini-Neptune?, E.J.W. de Mooij (1), M. Brogi (1), R.J. de Kok (2), J. Koppenhoefer (3,4), S.V. Nefs (1), I.A.G. Snellen (1), J. Greiner (4), J. Hanse (1), R.C. Heinsbroek (1), C.H. Lee (3), P.P. van der Werf (1),
  2. ^ Architecture of Kepler's Multi-transiting Systems: II. New investigations with twice as many candidates, Daniel C. Fabrycky, Jack J. Lissauer, Darin Ragozzine, Jason F. Rowe, Eric Agol, Thomas Barclay, Natalie Batalha, William Borucki, David R. Ciardi, Eric B. Ford, John C. Geary, Matthew J. Holman, Jon M. Jenkins, Jie Li, Robert C. Morehead, Avi Shporer, Jeffrey C. Smith, Jason H. Steffen, Martin Still
  3. ^ When Does an Exoplanet’s Surface Become Earth-Like?, blogs.scientificamerican.com, 20 June 2012
  4. ^ 大気と海があり生命存在の可能性がある「系外惑星」の新しい分類が登場”. Sorae (2021年9月3日). 2021年9月5日閲覧。

外部リンク編集