メインメニューを開く

ミノファーゲン製薬

日本の東京都新宿区にある製薬会社

株式会社ミノファーゲン製薬(-せいやく)は、東京都新宿区にある医薬品総合メーカーである。創業者は名門武家諫早宇都宮氏の末裔であり戦後に自由民主党内で護憲最強硬派と言われた政治家宇都宮徳馬

株式会社ミノファーゲン製薬
Minophagen Pharmaceutical Co., LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
160-0023
東京都新宿区西新宿3-2-11
新宿三井ビルディング二号館6階
設立 1938年5月
業種 製造業
法人番号 7011101060041
事業内容 医薬品製造販売業
代表者 代表取締役社長 宇都宮徳一郎
資本金 3000万円
売上高 67.8億円(2018年3月期)
純利益 5億0288万8000円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 60億4127万1000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 118億2624万4000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 145人(2018年3月現在)
決算期 3月31日
関係する人物 宇都宮徳馬
テンプレートを表示

目次

会社概要編集

1938年に「合資会社ミノファーゲン製薬本舗・蓑内免疫薬理研究所」としてスタート。“ミノファーゲン”の名は社の主力製品を研究・開発した研究員、簑内収医学博士)の姓と、ファーゴジトス(Phagozytose=貪食作用)を組み合わせた造語である。

1997年に現在の「株式会社ミノファーゲン製薬」となる。本社は長年東京都港区赤坂にあったが、2011年新宿区西新宿へ移転。

商品編集

年間売上編集

  • 強力ネオミノファーゲンシー 44億53百万円/グリチロン錠 13億3百万円(2008年 鳥居薬品ベース)
  • 強力ネオミノファーゲンシー/グリチロン錠 53億円 (中国市場のみ)(2013年 エーザイベース)
  • 売上高 66.8億円(2013年3月期決算)、57.8億円(2015年3月期決算)

事業所編集

神奈川県座間市に研究所・工場がある。

提供スポンサー番組(全て過去)編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集