ミハイン・ロペス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロペス第二姓(母方の)はヌネスです。(Template:スペイン語圏の姓名

ミハイン・ロペス・ヌネス(Mijaín López Núñez、1982年8月20日 - )は、キューバピナール・デル・リオ出身のレスリング・グレコローマンスタイルの選手。階級は130kg級。身長195cm。兄のミチェル・ロペスもアテネオリンピックボクシングスーパーヘビー級で銅メダルを獲得している[1]

獲得メダル
 キューバ
男子 レスリング・グレコローマンスタイル
オリンピック
2008 北京 120kg級
2012 ロンドン 120kg級
2016 リオデジャネイロ 130kg級
2020 東京 130kg級
レスリング世界選手権
2005 ブダペスト 120kg級
2007 バクー 120kg級
2009 ヘアニング 120kg級
2010 モスクワ 120kg級
2014 タシュケント 130kg級
2006 広州 120kg級
2011 イスタンブール 120kg級
2015 ラスベガス 120kg級
左がロペス・ヌネス

来歴編集

ロペスは11歳の時にレスリングを始め、2002年以来、パンナム選手権では計10回優勝している。パンナム競技大会では3連覇を達成した。世界選手権120kg級では2005年と2007年に優勝すると、2008年の北京オリンピックでも優勝を飾った[1]。さらに2009年と2010年の世界選手権でも優勝した。2012年ロンドンオリンピックでは2連覇を達成した[1]。2014年の世界選手権130kg級では5度目の優勝を飾り、これでオリンピックを含めた世界大会では7度目の優勝となった[2][3]。 2016年のリオデジャネイロオリンピックでも金メダルを獲得し、オリンピックを含めた世界大会では8度目の優勝を飾った。2021年に開催された2020年東京オリンピックでも優勝し、近代オリンピック7人目となる個人4連覇を達成した[注釈 1]

主な戦績編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ それまでの達成者はセーリングファイアフライ級・フィン級のポール・エルブストロム(1948-1960)、陸上円盤投げのアル・オーター(1956-1968)、陸上走り幅跳びのカール・ルイス(1984-1996)、セーリングレーザー級・フィン級のベン・エインズリー(2000-2012)、競泳200m個人メドレーのマイケル・フェルプス(2004-2016)、レスリング女子63kg級の伊調馨(2004-2016)の6人。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集