ミヒール・テン・ホーフェ

ミヒール・テン・ホーフェオランダ語: Michiel ten Hove1640年2月24日 デン・ハーグ - 1689年3月24日 デン・ハーグ)は、ネーデルラント連邦共和国の法律家、政治家。1688年から1689年まで、ホラント州の暫定法律顧問英語版を務めた。

ミヒール・テン・ホーフェ、1670年代。

生涯編集

ニコラース・テン・ホーフェ(Nicolaas ten Hove)とコルネリア・ファーヘル(Cornelia Fagel)の息子として生まれた、1664年よりオランダ西インド会社の弁護士を務め[1]、1672年よりハールレム市の法律顧問を務めた。1688年に死去するまでホラント州法律顧問英語版を務めたガスパール・ファーヘル英語版のいとこであり、オラニエ公ウィレム3世から高く評価されていたため、翌1689年に死去していなければ正式に法律顧問を務めることができたとされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

公職
先代
ガスパール・ファーヘル英語版
ホラント州法律顧問英語版(暫定)
1688年 - 1689年
次代
アントニー・ヘインシウス