メインメニューを開く
茹でて千切りにしたミミガー
ミミガー料理

ミミガー(耳皮)は沖縄料理のひとつで、耳介を使った料理である。

中華料理で「猪耳」と呼ばれているものに相当する。

概要編集

材料は毛を直火で焼いて除去した豚の耳介で、これを茹でるか蒸したものを千切りにする。

酢の物にしたり、ポン酢、酢味噌ピーナッツ味噌、などを付けたりして食べる。

軟骨のコリコリとした、クラゲを硬くしたような食感が特徴。コラーゲンが多く健康や美容に良いとされている。

生ではなく必ず下茹でしてから用いるが、冷製として食べる場合は「ミミガーの刺身」と呼ばれることも多い。

野菜などと一緒に炒めたものを「ミミガーイリチー」という。こりこりした食感で、歯ごたえがあり、また違った風味が味わえる。

燻製にしたものや、ミミガーを乾燥させた「ミミガーチップス」も販売されている。

脚注編集

外部リンク編集

  • 大阪すばワールド:壁にミミガー(大阪市内の沖縄料理店のミミガー写真集、archive.isによるアーカイブ)