メインメニューを開く

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント(ミヤギテレビはいダンロップじょしオープンゴルフトーナメント)とは、日本女子プロゴルフ協会公認の女子ゴルフトーナメント・ツアーの1つである。毎年9月第4週に、ミヤギテレビ主催、住友ゴム工業の特別協賛(1998年より)[注 1]により宮城県を舞台に開催されている。

Golf pictogram.svgミヤギテレビ杯
ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 1973年昭和48年)
(松島国際女子オープンとして)
開催地 宮城県
開催コース 利府ゴルフ倶楽部(2003年 - )
基準打数 Par72(2018年)[1]
ヤーデージ 6534Yards(2018年)[1]
主催 株式会社宮城テレビ放送
ツアー 日本女子プロゴルフ協会
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 7000万円(2018年)[1]
開催月 9月
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
日本の旗 大江香織(2018年)[1]
テンプレートを表示

2018年(平成30年)現在、賞金総額7000万円、優勝賞金1260万円[1]

目次

概要編集

1973年昭和48年)にミヤギテレビの開局3周年を記念して「松島国際女子オープン」との名称で初開催され[2]、何度か大会名の変更がありながらも続けられている。例年、仙台都市圏北部にあるゴルフ場で開催されており、2003年平成15年)からは松島丘陵にある利府ゴルフ倶楽部(宮城県宮城郡利府町)で行われている。大会は3日間の会期で行われるが、1977年(昭和52年)から1980年(昭和55年)までの間は2日間の会期で開催されていた[3]

1992年(平成4年)、福嶋晃子がこの大会でプロデビューを果たした。2003年(平成15年)の大会では、当時、東北高校3年生だった宮里藍が優勝した。このとき宮里はアマチュアだったため、優勝したものの賞金は0円であった[4]。この優勝を機に宮里はプロ宣言を行い、史上初の高校生プロゴルファーとなった。2005年(平成17年)には、横峯さくらがプロ入りして2度目のツアー勝利を決めている。2006年(平成18年)には、宮里藍が本大会2度目、かつ、日本ツアー出場3試合連続優勝を成し遂げた(福嶋晃子以来史上2人目)。2009年(平成21年)には、東北高校出身の有村智恵が優勝した。

チャリティー面では、第28回(2000年)から宮城県立こども病院の支援活動を、第39回(2011年)からは東日本大震災の復興支援を行っている[5]

2018年12月、2019年以降の放映権を巡って交渉が決裂したとして日本テレビ系列が主催する大会について撤退を発表[6]。これに同調する形でミヤギテレビも一旦は大会取り止めを発表したが、試合の開催を求める声が続出したため同局が同月26日にLPGAに対して開催へ向けた協議の再開を申し入れ[7]、LPGAも2019年に入り開催を目指して再交渉を実施[8]。その後同年1月25日に大会の開催継続が決定した[9]

テレビ放送は例年、1日目と2日目はミヤギテレビ単独で、最終日は日本テレビ系列(マストバイ22局と秋田放送(ABS)を含む23局)で全国放映される。また、2011年には、ゴルフネットワークとことん1番ホール生中継」第5弾として2日目・最終日の1番ホールのみを放送した。

歴代優勝者編集

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント
回数 開催年 優勝者名 開催ゴルフ場
第46回 2018年   大江香織[1] 利府ゴルフ倶楽部
宮城郡利府町
第45回 2017年   畑岡奈紗[10]
第44回 2016年   李知姫PO[11]
第43回 2015年   表純子[12]
第42回 2014年   酒井美紀[13]
第41回 2013年   イ・ナリ[14]
第40回 2012年   森田理香子[15]
第39回 2011年   フォン・シャンシャン[16]
第38回 2010年   イム・ウナ
第37回 2009年   有村智恵
第36回 2008年   上田桃子
第35回 2007年   三塚優子
第34回 2006年   宮里藍
第33回 2005年   横峯さくら
第32回 2004年   山岸陽子
第31回 2003年   宮里藍[4][17]
第30回 2002年   高橋美保子 レインボーヒルズゴルフクラブ
黒川郡富谷町(現・富谷市))
第29回 2001年   木村敏美
第28回 2000年   具玉姫
第27回 1999年
第26回 1998年   福嶋晃子
ミヤギテレビ杯女子オープンゴルフトーナメント
回数 開催年 優勝者名 開催ゴルフ場
第25回 1997年   服部道子 花の杜ゴルフクラブ
(黒川郡大衡村
第24回 1996年   久保樹乃
第23回 1995年   野呂奈津子
第22回 1994年   元載淑(ウォン・ジェスク)
第21回 1993年   永田富佐子
第20回 1992年   大城あかね 松島チサンカントリークラブ
(宮城郡松島町
第19回 1991年   中野晶
第18回 1990年   森口祐子
第17回 1989年   平瀬真由美
第16回 1988年   高須愛子
第15回 1987年   金萬壽(キム・マンス)
第14回 1986年   中島恵利華
第13回 1985年   森口祐子
第12回 1984年   祭麗香
第11回 1983年   小林洋子
第10回 1982年   涂阿玉
第9回 1981年   岡本綾子
第8回 1980年   祭麗香
第7回 1979年   荒川百合子
第6回 1978年   森口祐子
第5回 1977年   岡田美智子
第4回 1976年   樋口久子
松島国際女子オープン
回数 開催年 優勝者名 開催ゴルフ場
第3回 1975年   大迫たつ子 松島国際カントリークラブ
(黒川郡大郷町
第2回 1974年   鳥山由紀子
第1回 1973年   樋口久子
  • PO プレーオフでの決着

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2017年まではダンロップスポーツの社名で特別協賛。同社は2018年1月1日付で住友ゴム工業に吸収合併され消滅した。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 大江香織2年ぶり優勝、香妻琴乃は20位に終わる - 日刊スポーツ、2018年9月23日配信、同日閲覧
  2. ^ ミヤギテレビ開局30周年記念委員会総務広報小委員会 企画・編集 『ミヤギテレビ30年のあゆみ』 宮城テレビ放送、2000年、39頁。 
  3. ^ ミヤギテレビ開局30周年記念委員会総務広報小委員会 企画・編集 『ミヤギテレビ30年のあゆみ』 宮城テレビ放送、2000年、40頁。 
  4. ^ a b 2003年度 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 成績表社団法人日本女子プロゴルフ協会)… 優勝賞金は1080万円だが、優勝した宮里藍はアマチュアのため賞金0円。単独2位は本来528万円、2位タイが2人なら1人474万円だが、優勝賞金が0円だったため、当大会では2位タイ2人で1人あたり804万円となった。
  5. ^ 第39回ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント(宮城テレビ放送)
  6. ^ 放映権決裂で日テレ撤退 女子ゴルフ11年ぶり試合減 ゴルフダイジェスト・オンライン 2018年12月19日
  7. ^ “女子ゴルフ中止3大会 再度開催要請へ 年明けにも協議”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2018年12月28日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/12/28/kiji/20181227s00043000381000c.html 2019年1月25日閲覧。 
  8. ^ “中止発表した来季3大会主催者がLPGAと交渉再開”. 日刊スポーツ. (2019年1月11日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201901110000809.html 2019年1月11日閲覧。 
  9. ^ “女子ゴルフ3大会の継続を発表 小林会長「放映権の考え方について合意」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年1月25日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/01/25/kiji/20190125s00043000157000c.html 2019年1月25日閲覧。 
  10. ^ 畑岡奈紗プロ初優勝 アマで日本女子オープンV以来 - 日刊スポーツ、2017年9月24日閲覧
  11. ^ 李知姫が通算21勝 外国人初10億円プレーヤーに - 日刊スポーツ、2016年9月25日閲覧
  12. ^ 表純子が今季初優勝 勝みなみはアマ2勝目ならず - ゴルフダイジェスト・オンライン(2015年9月27日)※2015年9月29日閲覧
  13. ^ 酒井美紀が通算2勝目「本当にうれしい」 - 日刊スポーツ、2014年9月28日掲載、2016年9月25日閲覧
  14. ^ 初Vのイ・ナリ「夢みたい」/女子ゴルフ - 日刊スポーツ、2013年9月29日掲載、2016年9月25日閲覧
  15. ^ 森田通算2勝目に歓喜の涙/女子ゴルフ - 日刊スポーツ、2012年9月23日掲載、2016年9月25日閲覧
  16. ^ 馮が逆転、ツアー通算2勝目/女子ゴルフ - 日刊スポーツ、2011年9月25日掲載、2016年9月25日閲覧
  17. ^ 当時、高校生

関連項目編集

外部リンク編集