メインメニューを開く

ミュルグレス(MurgleysもしくはMurgleys、おそらく「死の剣」の意[1]) は、フランス叙事詩ローランの歌』の登場人物でフランク王シャルルマーニュの騎士であったが、後に反逆する宿敵ガヌロン伯の剣となる[1]

フランス語版によると、金の柄頭[2]聖遺物を仕込んでいる[3]中高ドイツ語版ではMulagirと呼ばれ、レーゲンスブルクに住むMadelgerという鍛冶師が鍛えた『フランス随一のスクラマサクス』といわれる剣で、柄頭にはカーバンクルの輝きを持つと記載されている。[4]

語源編集

『ローランの歌』の翻訳者であるドロシー・L・セイヤーズによれば、剣の名前は「死の剣」を示唆していると指摘し[1](下記に示す、似た名前の剣参照)、ベルギーの学者リタジューヌは「ムーア人の剣」の意味であるとしている[5]。一方、ミシガン大学アラビア語文学のジェームズ·ベラミー名誉教授はアラビア語で「雄々しい穿刺」を意味する「māriq ʾalyas」が語源だと主張している[6]

似た名前の剣編集

Murglaieという名前の3振りの剣は、その他の武勲詩でも登場している。[7]

  • 第一次十字軍にまつわる武勲詩白鳥の騎士に登場するエリアスの剣
  • 十字軍に敵対したイスラム教のエルサレム王コルニュマランが所持し、ボードゥアン1世が手に入れた剣(武勲詩エルサレム王ボードゥアン1世の歴史)
  • ハンプトンのビーヴェス卿の剣、モーグレイ(Morglay)としても良く知られている。

これらの語源は、フランス語のmorte(死)+グレイブ[8]で、セイヤーズの主張と一致する。[1]

参考文献編集

  1. ^ a b c d Sayers, Dorothy L., translator (1957) (preview). The Song of Roland. Hammondsworth, Middlesex, England: Penguin Books. p. 38. ISBN 0-14-044075-5. http://books.google.co.jp/books?id=_A9XFU8_088C&pg=PA38. 
  2. ^ Song of Roland, v. 466
  3. ^ Song of Roland, v. 607
  4. ^ Rolandslied vv. 1585–8; Thomas, J. W. (translator) (1994), Priest Konrad's Song of Roland / translated and with an introduction by, Columbia, S.C.: Camden House 
  5. ^ Lejeune, Rita (1950), Les noms d'épées dans la Chanson de Roland, , Mélanges de linguistique et de littérature Romances, offerts à Mario Roques: p. 163 , cited (and given in English) by Bellamy 1987, p. 274, note 34
  6. ^ Bellamy, James A. (1987), “Arabic names in the Chanson de Roland: Saracen Gods, Frankish swords, Roland horse, and the Olifant”, Journal of the American Oriental Society 197 (2): 274, http://www.jstor.org/stable/602835 
  7. ^ Langlois, Ernest, ed. (1904), Table des noms, Paris: Emile Bouillon 
  8. ^ Bailey, Nathan (1731), An Universal Etymological English Dictionary