メインメニューを開く

ミュンヘン空港 (ドイツ語: Flughafen München, 英語: Munich Airport) (正式名: フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港, ドイツ語: Flughafen München Franz Josef Strauß)は、ドイツ南部のバイエルン州ミュンヘン郊外(市内から北東約28km)のフライジング近くに位置する国際空港である。空港コードはMUC:IATA/EDDM:ICAOルフトハンザドイツ航空スターアライアンスハブ空港でもある。ルフトハンザドイツ航空に次いでエア・ドロミティの存在感が大きく、「イタリア最北の空港」[3]といわれるほどである。1992年5月に開港した。正式名称は、バイエルン州の州首相やドイツの連邦財務大臣を務めた政治家、フランツ・ヨーゼフ・シュトラウスの名を冠したものである。 2018年の旅客数は約4600万人で、ドイツでは2番目、ヨーロッパでは8番目に多い空港であった。イギリスの調査会社スカイトラックスによる「ワールド・エアポート・アワード2016」で、2014年・2015年に続き3年連続で世界第3位(ヨーロッパでは第1位)の空港に選ばれた。

ミュンヘン空港
Flughafen München
Munich Airport
Flughafen munchen logo.png
ターミナル1と管制塔。特徴的な屋根の部分がミュンヘンエアポートセンター
ターミナル1と管制塔。特徴的な屋根の部分がミュンヘンエアポートセンター
IATA: MUC - ICAO: EDDM
概要
国・地域 ドイツの旗 ドイツ
所在地 バイエルン州フライジング
母都市 ミュンヘン
運営者 ミュンヘン空港有限会社ドイツ語版
開港 1992年5月17日
ターミナル 2
拠点航空会社
敷地面積 1,618 ha
標高 448 m
座標 北緯48度21分14秒 東経11度47分10秒 / 北緯48.35389度 東経11.78611度 / 48.35389; 11.78611座標: 北緯48度21分14秒 東経11度47分10秒 / 北緯48.35389度 東経11.78611度 / 48.35389; 11.78611
公式サイト www.munich-airport.de
地図
バイエルン州の中での位置
バイエルン州の中での位置
MUC
バイエルン州の中での位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
08R/26L 4,000×60 コンクリート
08L/26R 4,000×60 コンクリート
ヘリパッド
番号 長さ (m) 表面
H 30 コンクリート
統計 (2018年)
旅客数 46,253,623人
貨物取扱量 368,377 t
発着回数 413,469回
出典: Passenger Traffic, ADV[1]
ドイツ航空路誌 at EUROCONTROL[2]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
市街地との位置関係

目次

位置編集

ミュンヘン空港はミュンヘンから北東へ28 km離れたフライジング近くに位置する。1618 haの敷地のうち、東半分はエルディング郡Oberding、西半分がフライジング郡Hallbergmoosde:Attachingなどに属している。12 km東にはエルディング航空基地がある。

歴史編集

1955年には既に旧ミュンヘン・リーム空港の滑走路を拡張する計画があったが、1960年に米軍輸送機が墜落した事故により55名が犠牲になり、郊外に新たな空港を建設する必要性が高まった。

1963年3月に新空港建設予定地の選定が始められ、3年後にHofoldingerの森林とErdinger Moosが適地として推薦された。

1974年ミュンヘン空港有限会社ドイツ語版(FMG:Flughafen München GmbH)は新空港計画を承認申請した。連邦行政裁判所で行われた5年間の公聴会を経て、1979年に連邦政府により滑走路3本からなる新ミュンヘン空港の計画が承認された。しかし、上述の事故の影響もあり、地域住民らによる異議申し立てがなされ、反対派住民5724人から5724件もの訴訟が出された[4]

行政裁判所で調停が続けられる中で、当局は1980年11月に着工に踏み切ったが、反対派住民らの上告を受けた裁判所が「認可手続きに問題あり」「空港規模が大きすぎる」として1981年4月に差し止めの裁定を下した[4]

そのため一時は空港の実現すら危ぶまれたが、日本の新東京国際空港(成田空港)建設にあたっての流血の事態が知れ渡り、「暴力による主張は双方の犠牲が大きな割に何も解決できない」との認識のもと、空港公団も反対派も「非暴力」による解決を目指した[4]

当局はごり押しの姿勢を捨て、地元の理解を得るために250回に及ぶ対話集会を4年間開催した。ケルン・ボン空港と同様、国際空港の需要バランスを良くするためミュンヘンアウクスブルクの間の地域人口を考慮し、上手く取り込めるよう双方の間で議論がなされた。これらの対話によって、空港規模は当初計画の2050ヘクタールから1387ヘクタールに、滑走路は将来計画を含めて4本から2本に縮小された、それによって反対派は空港建設に原則同意し、空港公団は1986年春までに約400人の土地所有者からの用地取得を実現した。その後、反対運動の争点は騒音問題に移り、騒音公害の防止と夜間飛行禁止が求められたが、1989年7月に裁判所の「夜間飛行は昼間の発着の5%とする」とした調停案を双方が受け入れた。同時に空港ターミナルビルのデザインについても対話の議題に取り上げられ、そこで出された方針に基づいてガラスと樹木を多用した明るく開放的で親しみやすいデザインが取り入れられた[4]

これらの25年もの取り組みを経て、ミュンヘン空港の完成は当初計画より7年遅れることとなったが、1992年5月に開港を実現する。反対運動が渦巻き厳戒態勢の中で開港した成田空港とは対照的に、地域社会が祝福する中での門出であった[4]1994年には成田空港問題円卓会議に参加する日本の運輸省新東京国際空港公団や住民団体などからなる調査団が現地で視察を行っている[5]

建設が始まった当時、Franzheimという村が空港予定地に存在したため、住民約500名が他の地域に移転した。ルフトハンザドイツ航空のメインハブ空港であるフランクフルト空港が飽和状態であるため、2018年現在、ミュンヘン空港はドイツ第2のハブ空港として機能している。

2003年6月に、ターミナル2がオープンし、ルフトハンザドイツ航空をはじめスターアライアンス各社が利用している。

施設編集

 
ミュンヘン空港全体図

滑走路編集

4000 mの滑走路を2本備えている。2300 m離して平行に配置されており、2つの滑走路を全く独立して運用することで、1時間当たり発着数は最大で90となっている。

 
ミュンヘンでの第3滑走路抗議デモ

さらなる発着機数の増加を見越して、北側に第3滑走路を建造する計画があるが、近隣住民から反対の声もあがっている[6]

管制塔編集

管制塔は高さ78 mで、飛行場管制と地上管制を行っている。東側エプロンはターミナル2の影になって見えないため、ターミナル2サテライトの位置に地上管制塔が建っていた。サテライト建設によってサテライトと一体化している。

旅客ターミナル編集

ミュンヘン空港には、開港時から供用されている西側のターミナル1と、2003年から供用されている東側のターミネル2の2つの旅客ターミナルがある。ターミナル内には、空港内の自家醸造所で造ったビールを飲むことができるエアブロイ(Airbräu)がある。なお、このエアブロイのビールは毎年、名古屋・中部国際空港にルフトハンザ・カーゴにより空輸され、同空港内の店舗で味わうことができる。ドイツ以外でエアブロイを飲めるのは、中部国際空港のみである。

ミュンヘンエアポートセンター(MAC)編集

2つの旅客ターミナルを繋ぐ位置にあり、いわば玄関口となっている。ターミナル1と同時に作られた地下部は商業施設となっており、Sバーンのホームがある。ターミナル2に合わせて拡張された部分には、MACフォーラムという部分的に透明でテントのような屋根がかけられた広い空間がある。冬季にはマーケットやスケートリンクが開設され、その他にもいろいろなイベントの会場として利用されている。

ターミナル1編集

ターミナル1はスターアライアンス以外の航空会社に加えて、例外的にターキッシュ エアラインズも利用している。

ターミナル1は1992年5月17日にオープンした。延床面積は198,000m2で、年間1700万人の旅客を取り扱うことができる。AからEの5つのモジュールに分かれており、それぞれにチェックインカウンター、保安検査場などがあってほぼ独立して機能できるようになっている。保安検査後のモジュール間の行き来は、トランジットに必要な場合だけに制限されている。AとDはシェンゲン域内、BとCはシェンゲン域外向け、Eは到着便のみの取扱いである。例外的にMACにチェックインカウンター(Z)がある場合もある。

ターミナルは延長1081mでボーディングブリッジは21あるが、うち2つはバス連絡用の待合室となっている。A380対応のブリッジが1ヶ所あり、通常はエミレーツ航空が使用している。西側エプロンに60機分の駐機場があり、なかにはエプロン用搭乗橋が備わっているものもある。これはバスで運ばれた乗客が天候の影響を受けずに搭乗できるというもので、ピープルムーバーで連絡したサテライトを作るより投資額を抑えられる。

Hall Fはターミナル2のそばにある独立した建物で、イスラエル行きの航空便が使用するために安全対策が強化されている。他の建物からは徒歩で移動する必要があり、入館時にドイツ連邦警察局、バイエルン州警察の下チェックされ、バスで駐機場へ向かう。

ターミナル2編集

ターミナル2はルフトハンザドイツ航空やスターアライアンス加盟航空会社、地域提携航空会社などが利用している。ミュンヘン空港有限会社とルフトハンザドイツ航空の合弁会社が運営している。

2003年6月29日より供用された。延床面積260,000m2で、年間2500万人の旅客を扱える設計である。モジュール構成のターミナル1とは異なり、全ての施設は中央部の周りに配置されて「ハブ」として機能しやすく設計されている。チェックインカウンターはレベル3とレベル4の2階に分かれている。

ターミナルの延長は980mで、ボーディングブリッジは24備えている。東側エプロンには75機分の駐機場があるが、場合によってはターミナル1を挟んだ西側エプロンまでバスで旅客を運ぶこともある。

保安検査場はレベル4にあり、シェンゲン域内向けの搭乗待合室に連絡している。シェンゲン域外へ出発する旅客は保安検査後にレベル5に上がり出国審査を受ける。搭乗口もそれぞれG(域内)とH(域外)で区別して案内される。もともと到着客と出発客の動線を分けていなかったが、EUの保安規則を確保するため、2009年1月15日以降、同等の規則を実施していない国からの旅客はレベル6の到着エリアを経由し保安検査を受けることになった。

ターミナル2サテライト編集

ターミナル2サテライトは東側エプロンにあった荷捌き場を拡張・増築したもので、延長609m、延床面積は125,000m2である[7]。ターミナル2と同様にシェンゲン内外の路線を階別で扱い、Kはシェンゲン域内、Lはシェンゲン域外向けである[8]。レストランやショップ、ラウンジなどがあるが[7]、チェックインカウンターなどはターミナル2にしかない。

ターミナル2との連絡はボンバルディア・トランスポーテーションピープルムーバーInnovia APM 300英語版を用いている。[9]。ターミナル2の建設当初より荷捌き場へ向けて未使用のトンネルが用意されており、そこを4両のピープルムーバー2編成が交互に走行している。4両のうち2両がシェンゲン域内扱いで、1両がシェンゲン域外扱い、1両はEUの保安基準を満たさない国からの到着客、というように区分されている。所要時間は1分。

ターミナル1の旅客数は余裕があったのに対し[10]、ターミナル2の旅客数は2013年に2750万人と計画を大きく超えており[11]、ターミナル2の拡張を必要としていた。サテライトの建設は2010年に承認され2012年に着工、2015年末に竣工した[12]。1月からボランティアの協力でテストを重ね[13]、2016年4月22日に開業式を行い[14]、26日より運用されている[15]。全体で6億5000万ユーロかかり、それは空港会社とルフトハンザが支出した[16]。これによって旅客容量は年間1100万人増えた[12]

貨物ターミナル編集

貨物取扱施設はターミナル1よりさらに西側にあり、2007年には国際間取引のための建物が増設された。

利用状況編集

 
前身空港を含めた利用の推移。青:旅客数(百万人)、赤:発着数(万回)、緑:貨物量(万t)
旅客数 貨物量(t) 発着回数
2018 46,253,623 368,377 413,469
2017 44,577,241 378,803 404,505
2016 42,261,309 353,650 394,430
2015 40,981,522 336,162 379,911
2014 39,700,515 309,361 376,678
2013 38,672,644 287,809 381,951
2012 38,360,604 290,301 398,039
2011 37,763,701 303,655 409,956
2010 34,721,605 274,729 389,939
2008 34,530,593 256,757 432,296
2005 28,619,427 202,844 398,838
2000 23,125,872 133,234 319,009
1995 14,867,922 70,519 213,951
1992 12,018,202 56,847 192,153
1990 11,423,838 61,221 191,856
1980 6,057,997 39,091 142,032
1970 3,550,929 31,943 102,907
1960 794,613 7,506 50,108
1950 69,044 1,273 5,332

就航路線編集

旅客編集

航空会社就航地ターミナル / ホール
  エア・アラビア・エジプト英語版 [チャーター便]: マルサ・アラム 1-B
  ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン/ヒースロー 1-B
  コンドル航空 アガディール、アンタルヤ、フエルテベントゥーラ、フンシャル、フルガダ、ランサローテラルナカ、コルフ、ラス・パルマス/グラン・カナリア、マラガ、マルサ・アラム、サンタクルーズ・デ・ラ・パルマ英語版、シャルム・エル・シェイク、テネリフェ南
[季節運航]: ブルガスダラマン英語版ジェルバ、ハンブルク、ハノーファー、イラクリオン、イビサ、コス島、パーダーボルン/リップシュタット英語版、パルマ・デ・マヨルカ、ロードス、サントリーニ英語版
1-B
  デルタ航空 アトランタ 1-B
  ロイヤル・エア・モロッコ マラケシュ 1-B
  ロイヤル・ヨルダン航空 アンマン [2012年4月19日まで運航] 1-B
  S7航空 モスクワ/ドモジェドヴォ 1-B
  チュニスエア ジェルバ、エンフィダ、チュニス 1-B
  ヤクーツク航空 イルクーツク 1-B
  アエロフロート モスクワ/シェレメーチエヴォ 1-C
  カイロ航空 チャーター便: フルガダ 1-C
  アトラスグローバル チャーター便: アンタルヤ 1-C
  カルパトエア ティミショアラ 1-C
  エミレーツ航空 ドバイ 1-C
  エティハド航空 アブダビ 1-C
  ヌーベル航空英語版 チャーター便: ジェルバ、エンフィダ 1-C
  オマーン・エア マスカット 1-C
  ペガサス航空 イスタンブール/サビハ・ギョクチェン 1-C
  ポーレット航空英語版 ヴォロネジ英語版 1-C
  ロシア航空 サンクトペテルブルク 1-C
  ルースライン英語版 クラスノダール英語版ヴォルゴグラード 1-C
  スカイ・エアラインズ英語版 アンタルヤ 1-C
  サンエクスプレス アンタルヤ、イスタンブール/サビハ・ギョクチェン、イズミル 1-C
  サンエクスプレス
運航は  サンエクスプレス・ドイツ
アダナ英語版ガズィアンテプ英語版、フルガダ、マルサ・アラム、シャルム・エル・シェイク 1-C
  テールウインド航空英語版 チャーター便: アンタルヤ 1-C
  タロム航空 ブカレストシビウ英語版 1-C
  ウクライナ国際航空 キエフ/ボルィースピリ [2012年5月27日から就航] 1-C
  ウラル航空 エカテリンブルク [2012年3月28日から就航] 1-C
  UTエアー チュメニ英語版 1-C
  エアリンガス コークダブリン 1-D
  エールフランス パリ/シャルル・ド・ゴール 1-D
  エールフランス
運航は  リージョナル航空英語版
パリ/シャルル・ド・ゴール 1-D
  エア・バルティック リガ 1-D
  アリタリア航空 ローマ/フィウミチーノ 1-D
  アリタリア航空 ローマ/フィウミチーノ 1-D
  フィンエアー ヘルシンキ 1-D
  イベリア航空 マドリード 1-D
  イベリア航空
運航は  エア・ノストラム
マドリード 1-D
  アイスランド航空 [季節運航]: レイキャヴィーク/ケプラヴィーク 1-D
  インタースカイ英語版 [季節運航]: エルバ 1-D
  OLTエキスプレス・リージョナル英語版 [季節運航]: ヘリングスドルフ英語版 1-D
  KLMオランダ航空 アムステルダム 1-D
  KLMオランダ航空
運航は  KLMシティホッパー
アムステルダム 1-D
  ノルウェー・エアシャトル オスロ/ガーデモエンストックホルム/アーランダ 1-D
  ブエリング航空 バルセロナ [2012年3月25日から就航] 1-D
  アルキア・イスラエル航空 [季節運航]: テルアビブ/ベン・グリオン 1-F
  エル・アル航空 テルアビブ/ベン・グリオン 1-F
  イズレール航空 [季節運航]: テルアビブ/ベン・グリオン 1-F
  サンドア国際航空英語版
運航は  エル・アル航空
[季節チャーター便]: テルアビブ/ベン・グリオン 1-F
  エア・トランザット [季節運航]: トロント 1-Z
  ブルガリアン・エアチャーター英語版 [季節運航]: ブルガス、ヴァルナ 1-Z
  イージージェット エディンバラロンドン/ガトウィックロンドン/スタンステッドマンチェスター 1-Z
  TUIフライ・ドイッチュラント ボア・ヴィスタ、フエルテベントゥーラ、フルガダ、ランサローテ、コルフ、ラス・パルマス/グラン・カナリア、マルサ・アラム、サル、シャルム・エル・シェイク、テネリフェ・スール
[季節運航]: アガディール、アンタルヤ、アラクソス/パトラ英語版、コルフ、ダラマン、エンフィダ、ファロ、イラクリオン、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ英語版、コス島、ルクソール、メノルカ、パルマ・デ・マヨルカ、ロードス、テルアビブ/ベン・グリオン、ウィーン
1-Z
  アストラ航空英語版 [季節運航]: テッサロニキ [2012年5月26日から就航] 未定
  ビン・エア英語版 マクデブルク/コッホシュタット英語版 GAT
  エア・カナダ トロント 2-3
  中国国際航空 アテネ北京/首都 2-3
  全日本空輸 東京/羽田 2-3
  タイ国際航空 バンコク/スワンナプーム 2-3
  ターキッシュ エアラインズ イスタンブール/アタテュルク、イズミル[2012年7月1日から就航] 2-3
  ユナイテッド航空 シカゴ/オヘアニューアークワシントン/ダレス 2-3
  アドリア航空 リュブリャナ、プリシュティナ 2-4
  エーゲ航空 アテネ、カラマタ英語版、テッサロニキ、ロードス
[季節運航]: イラクリオン
2-4
  マルタ航空 カターニア、マルタ 2-4
  オーストリア航空 ウィーン 2-4
  オーストリア航空
運航は  チロリアン航空
ウィーン 2-4
  シンバ・スターリング英語版 ビルン 2-4-
  クロアチア航空 スプリト英語版ザグレブ
[季節運航]: ザダル英語版
2-4
  エジプト航空 カイロ 2-4
  LOTポーランド航空 カトヴィツェ英語版ワルシャワ 2-4
  LOTポーランド航空
運航は  ユーロLOT
ポズナン英語版ヴロツワフ英語版 2-4
  ルフトハンザドイツ航空 アンカラ、アンタルヤ、アテネ、バルセロナ、北京/首都、ベルリン/テーゲル、ボストンブリュッセル、ブカレスト、ブダペスト、カイロ、シャーロット、シカゴ/オヘア、ケルン/ボン、デリー、デュッセルドルフ、ドバイ、フランクフルトジュネーヴ、ハンブルク、ハノーファー、ヘルシンキ、香港、イスタンブール/アタテュルク、イズミル、ジャカルタ/スカルノハッタジッダ、キエフ/ボルィースピリ、ラルナカ、リスボン、ロンドン/ヒースロー、ロサンゼルス、マドリード、マラガ、マンチェスター、メキシコ・シティ [2012年10月28日から就航]、ミラノ/マルペンサ、モントリオール/トルドー、モスクワ/ドモジェドヴォ、ムンバイ、ナポリ、ニューヨーク/JFK、ニューアーク、オスロ/ガーデモエン、パリ/シャルル・ド・ゴール、リヤド、ローマ/フィウミチーノ、サンクトペテルブルク、サンフランシスコサンパウロソウル/仁川上海/浦東シンガポールソフィア、ストックホルム/アーランダ、トビリシ、テルアビブ/ベン・グリオン、大阪/関西、東京/羽田、バレンシア [2012年3月31日から就航]、ヴェネツィア、ウィーン、ワシントン/ダレス、チューリッヒ
[季節運航]: バスティア英語版 [2012年5月5日から就航]、ブルサ英語版、カターニア、ダブリン、ファロ、マルタ、パレルモ、パルマ・デ・マヨルカ
2-4
  ルフトハンザ・リージョナル
運航は  エア・ドロミティ
アンコーナ英語版、バーリ、ボローニャ、カターニア、フィレンツェジェノヴァ、ミラノ/マルペンサ、ピサ、ローマ/フィウミチーノ、トリエステトリノ、ヴェネツィア、ヴェローナ英語版 2-4
  ルフトハンザ・リージョナル
運航は  アウクスブルク航空英語版
バーゼル/ミュールーズベオグラードブレーメン、ブダペスト、ブルサ、ケルン/ボン、ドレスデン、フィレンツェ、ジュネーヴ、ヨーテボリ/ランドヴェッテルグラーツクラクフライプツィヒ/ハレ、パーダーボルン/リップシュタット、マドリード、パリ/シャルル・ド・ゴール、ポズナン、プラハ、ソフィア、シュトゥットガルトタリン、トリノ、ウィーン、ワルシャワ、ヴロツワフ、ザグレブ、チューリッヒ
[季節運航]: ナポリ、プーラ英語版 [2012年5月5日から就航]
2-4
  ルフトハンザ・リージョナル
運航は  ルフトハンザ・シティーライン
アムステルダム、バーゼル/ミュールーズ、ベオグラード、ベルリン/テーゲル、ビルバオバーミンガム、ブレーメン、ブリュッセル、ブカレスト、ブダペスト、ブルサ、キシナウクルージュ=ナポカ英語版、ケルン/ボン、コペンハーゲンドネツィク、ドレスデン、デュッセルドルフ、フィレンツェ、グダニスク、ジュネーヴ、ハノーファー、クラクフ、ライプツィヒ/ハレ、ロンドン/シティルクセンブルクリヨンリヴィウ、マンチェスター、マルセイユ、ミュンスター/オスナブリュック、ニースニュルンベルク、オスロ/ガーデモエン、パーダーボルン/リップシュタット、パリ/シャルル・ド・ゴール、プラハ、ローマ/フィウミチーノ、ロストックサラエヴォ、シビウ、シュトゥットガルト、ティミショアラ、ティラナトゥールーズ、ウィーン、ワルシャワ、ズィルト、ザグレブ、チューリッヒ
[季節運航]: ドゥブロヴニク英語版モンペリエ英語版 [2012年3月31日から就航]、オルビア、スプリト、ザダル
2-4
  ルクスエア ルクセンブルク 2-4
  カタール航空 ドーハ 2-4
    スカンジナビア航空 コペンハーゲン、オスロ/ガーデモエン 2-4
  シンガポール航空 マンチェスター、シンガポール 2-4
  スイスインターナショナルエアラインズ
運航は  スイスヨーロピアンエアラインズ
チューリッヒ 2-4
  TAP ポルトガル航空 リスボン 2-4

貨物編集

航空会社就航地
  BAEシステムズ ウォートン英語版
  ビン・エア英語版 チャーター便のみ
  ブリティッシュ・エアウェイズ・ワールドカーゴ
運航は  グローバル・サプライ・システムズ英語版
バーレーン、デリー、香港、ロンドン/スタンステッド
  DHLアビエーション
運航は  ヨーロピアン・エア・トランスポート英語版
ライプツィヒ/ハレ
  フェデックス・エクスプレス フランクフルト、テルアビブ/ベン・グリオン
  ルフトハンザ・カーゴ ダカール、ムンバイ、深圳ヴィラコッポス/カンピーナス
  スター・エア英語版 アテネ、ケルン/ボン
  スウィフトエア バルセロナ
  ASL航空ベルギー ブリュッセル、ジュネーヴ、カトヴィツェ、リエージュ、リュブリャナ、オストラヴァ英語版
  ウエスト・エア・スウェーデン英語版 パリ/シャルル・ド・ゴール、シュトゥットガルト

過去に就航していた航空会社編集

など

空港アクセス編集

 
ミュンヘン国際空港周辺のアウトバーン
道路
アウトバーンA92号線と州道2584号線が接続している。ルフトハンザエクスプレスバスが15分おきにミュンヘン中央駅までの急行バスを運行している[17]。また都市間バスがドイツ各地と結んでいる。
鉄道
ミュンヘンSバーンのS1、S8系統が交互に10分おきに空港とミュンヘン中心部を結んでいる。午前2時から4時までは運行していない。ミュンヘン中央駅までの所要時間は約45分である。ランツフートを経由してレーゲンスブルクまでの快速列車も運行されている。

その他の情報編集

  • 空港内に水素ステーションがあり、VIP向けの水素自動車空港の周辺を走行している(一般人は使えない)。
  • 2005年2月に中部国際空港と姉妹空港提携を結んだが、2008年現在、直行便は設定されていない。
  • 着工を急ぐあまり、30年近くにわたって遺恨を残し、未だに完成していない成田国際空港(旧・新東京国際空港)の事例を反面教師として研究し、建設の決定から着工までに20年ほどかかったが、着工後はわずか5年ほどで完成した。そのため、ミュンヘン空港は大規模事業推進の模範例として注目された。
  • 建設にいたる話題性と建築様式のため、空港自体がミュンヘンの大きな観光資源にもなっている。
  • 両替システムが充実しており、UAEディルハムのような貨幣でも両替できる。

脚注編集

  1. ^ ADV passenger statistics and aircraft movements Archived 2010年11月30日, at the Wayback Machine.
  2. ^ EAD Basic
  3. ^ munich-airport.de: Template:Webarchiv (Stand: 4. April 2011)
  4. ^ a b c d e 杉浦一機 『空港ウォーズ―日本は「大航空時代」に生き残れるか』 中央書院、1999年、174-178頁。
  5. ^ 原口和久 (2000). 成田空港365日. 崙書房. pp. 130-131. 
  6. ^ “Munich airport gets clearance for third runway; environmentalists...” (英語). Reuters. (2015年7月15日). https://uk.reuters.com/article/uk-germany-airport-munich-idUKKCN0PP17820150715 2019年2月17日閲覧。 
  7. ^ a b munich-airport.de - Service und Gastronomie Archived 27 January 2016 at the Wayback Machine. retrieved 6 December 2015
  8. ^ Der Satellit ist gelandet”. www.ovb-online.de (2016年4月23日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  9. ^ munich-airport.de - Personentransportsystem Archived 2 February 2016 at the Wayback Machine. retrieved 6 December 2015
  10. ^ Erdinger Moos - Flughafen modernisiert Terminal 1”. Süddeutsche.de. 2015年6月2日閲覧。
  11. ^ munich-airport.de - Ein Satellit für das Terminal 2 Archived 19 December 2015 at the Wayback Machine. retrieved 6 December 2015
  12. ^ a b München installiert erste Fluggastbrücken am Satellitengebäude - FLUG REVUE”. FLUG REVUE (2015年4月2日). 2015年6月2日閲覧。
  13. ^ sueddeutsche.de - "Volunteers wanted for new satellite terminal" (German) 1 December 2015
  14. ^ aero.de - MUC celebrates T2 satellite opening (German) 22 April 2016
  15. ^ Munich Airport - New passenger facility at Munich Airport to open on April 26 2016”. 2016年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  16. ^ munich-airport.de - Daten und Fakten zum Satelliten Archived 23 October 2015 at the Wayback Machine. retrieved 6 December 2015
  17. ^ airportbus-muenchen”. Autobus Oberbayern. 2019年6月13日閲覧。

外部リンク編集