ミュークルドリーミー

ミュークルドリーミー』は、サンリオが開発したキャラクターグッズ用キャラクター群。デザイナーは栁田真弓[1]

ミュークルドリーミー
Mewkledreamy
モチーフ
発売年 2017年
デザイナー 栁田真弓
キャラクター大賞順位 24位(第34回)
愛称 みゅーちゃん
関連キャラクター すう
ぺこ
公式サイト ミュークルドリーミー キャラクター紹介
テンプレートを表示

2019年8月30日開催の「SANRIO EXPO 2019」にて、テレビアニメ化、雑誌連載などがされることが発表された[2]。アニメのエグゼクティブプロデューサーは皆川真穂。

登場キャラクター編集

原則として、アニメ版の設定に沿って記載する。

猫キャラクター編集

一部を除き、空の上にあるミラクルドリーミー王国の妖精達によって作られた子猫の姿のぬいぐるみである。本来は完成次第、各々のドリームパートナーの元へ送られる手筈となっている。

みゅー
- 豊崎愛生[3]
猫キャラクター側の主人公。淡いすみれ色の子猫のぬいぐるみ性別。誕生日は9月2日[4]
ほんわか優しい性格。好きなものはホットミルク、ひみつのおしゃべり。苦手なものは犬。一人称は「みゅー」で口癖は「~みゃ」。相手の夢の中に入れる「ユメシンクロ」という能力を持つ。
地上へ落下した際、ゆめに拾われて以降、ゆめのドリームパートナーになって、ドリーミーストーンを集めることになる。
ぺこ
声 - 久保ユリカ[3]
薄い黄色の子猫[5]。性別は。誕生日は12月3日[6]
食べることと皆を笑わせることが好き。自分のことをイケメンだと思っている。
第1期第3話で初登場し、まいらに拾われ、第4話でまいらのパートナーとなった。一人称を「ぺこ」と言い、まいらと同じ関西弁で話し自己紹介の場面では「ぺこやでー!」と言う。
猫キャラクターの中ではボケ役になることが多く、まいらと「あぽーん」と言って締めるのがお約束。
すう
声 - 金元寿子[3]
水色の子猫。性別は雌。誕生日は1月25日[7]
青い眼鏡をかけていて[5]、頭が良くて頼りになる。一人称を「私」(初期だけ)、「すぅ」と言い、「〜です」が口癖。眼鏡でブラックアビスなど[注 1]を検出できる「肉球認証」という能力を持ち、使用する際は「肉球認証 ポッチーンです」と言う。眼鏡には、時間を巻き戻し、過去に起こった出来事を再生する能力もある。
第5話でことこの家の屋根に引っかかっている形で初登場し、第6話でことこのパートナーとなる。
ねね
声 - 高野麻里佳[3]
桃色の子猫。性別は雌。誕生日は3月29日[8]
優しいお姉さん的存在。好きなものはお花。特技は夢占い、歌。一人称を「ねね」と言い、女性語を使う。
第1期第8話で初登場し、ときわが以前住んでいた町の近くの山の川に流れていたところをときわに拾われ、第13話でときわのパートナーになる。
れい
声 - 田村睦心[3]
白い子猫。性別は雄。本名はレイ・ド・リシャール。誕生日は7月6日[9]
「愛の国の王家出身の王子」と称するだけに高貴な振る舞いを取り、フランス語を交えて喋る。一人称は「僕」または「れい」。
夏合宿を終えて帰宅した朝陽に拾われ、ミュークルステッキの力なく会話できるようになり、朝陽のパートナーになる。ちょっとキザだが、根は優しくいつも奥手な朝陽の背中を押す存在。
みゅーと同様にパートナーとユメシンクロすることができる。
ちあ
声 - 市ノ瀬加那[10]
桃色の子猫の赤ちゃん。性別は雌。誕生日は4月25日[11]
当初は「ばぶー!」としか喋れなかったが、後に「ちあー!」と喋れるようになり、第21話では人間キャラ達の名前を片言で呼べるようになった。
ゆに
声 - 釘宮理恵[3][注 2]
黒い子猫。性別は雄。誕生日は5月30日[12]
いたずら好きで他人を困らせるのが大好きな性格だがドジで憎めない一面も持つ。一人称は「オレっち」で口癖は「~にゅい」。好物はあんまんとブラックコーヒー。
お空の上の黒い妖精達によって作られたぬいぐるみであり、何らかの形で地上へと落下するも、誰にも見向きもされずに放置されていたところを見かねたライによって命を与えられて誕生した。橋の下のダンボールハウスをアジトとしていたが、ライラの計らいによってとある家の中のハウスへと引っ越している。第24話終盤以降は杉山家で暮らしている。
本作の黒幕であるライラの命令により、ブラックアビスを用いて、人の夢の状態を悪化させる悪事を行っている。三日月のようなステッキを持っており、これでブラックアビスを放ったり、他人の悪夢の扉を見つけて入り込んだり、ドリーミーメイトのぬいぐるみを探知したりすることができるが、孫の手やうちわのようにして使ったこともある。ブラックアビスを使用する際には「ナイナイナイト」と叫びながらステッキを振るう。黒いUFOのような乗り物を移動手段として使用する。時には「ゆにっちアピス」というダンボール素材のような似たものでいたずらをすることも。こちらを使うときは「バチバチナイナイナイト」と叫びながらステッキを振るう。
第1期第24話で遼仁がパートナーとなった。
第1期の終わりにもういたずらはしないと約束したが、第2期では再びゆにっちアビスを使っていたずらするようになった。第2期では亮仁がパートナーとなっている。
つぎ
声 - 久野美咲[3]
灰色の子猫。性別は雌。誕生日は2月8日[13]
ゆにが作った左耳がパッチワーク(つぎはぎ)のぬいぐるみで彼の子分の1人。頭にリボンをつけている。一人称と語尾は「~つぎ」。
はぎ
声 - 藤原夏海[3]
灰色の子猫。性別は雄。誕生日は2月8日[13]
ゆにが作った右耳がパッチワーク(つぎはぎ)のぬいぐるみで彼の子分の1人。首にリボン型蝶ネクタイを着用している。一人称と語尾は「〜はぎ」。

人間編集

主要人物編集

日向 ゆめ(ひなた ゆめ)
声 - 村上奈津実[2]
人間側の主人公。みゅーのパートナーで第1期では中学1年生、第2期では2年生(以下年齢は特記無き者は全て第1期)。誕生日は8月16日[14]
明るくて元気一杯。嫌いなものはプチトマト。勉強は苦手。中学ではチア部と女子テニス部のどちらに入ろうか迷っていた末にチア部に入部。2年生の夏より副部長に就任する。一人称は「私」。
偶然みゅーを拾ったことで彼女のドリームパートナーになって、ドリーミーストーンを集めることになる[2]
月島 まいら(つきしま まいら)[5]
声 - 伊藤彩沙[3]
ぺこのパートナーで中学1年生、第2期では2年生。誕生日は10月18日[15]
京都生まれで人気雑誌『プチストロベリー』の読者モデル。陽気な性格でお笑い好きで関西弁で話す。一人称を「うち」と言い、口癖は「まいらぶ」。将来の夢はお笑い芸人。好物は牛乳だが仕事の都合で対外的にはイチゴパフェとしている。ゆめ同様、勉強は得意ではない。
読者モデルになったのはたまたま募集したショーの司会が好きなお笑い芸人コンビだったため。クラスメイトとは内心距離を置いていたが、たまたま自分の夢を覗いて、本来のお笑い好きを知ったゆめと仲良くなり、学校にお笑い研究部を立ち上げようとする。
ぺこを拾い、彼と意気投合して「だっし♡ふんにゅう」というコンビを結成。
今井 ことこ(いまい ことこ)[5]
声 - 幸村恵理[3]
すうのパートナーで中学3年生、第2期では高校1年生。誕生日は3月12日[16]
成績は学園1位でパソコン部の部長。勉強するときは眼鏡をかける。面倒見が良くて、ゆめとまいらの姉役で勉強が苦手な2人に勉強を教えることも多い。まいらのギャグには冷ややかな反応を示す。一人称は「私」、女性語を使う。
人間とロボットが共存する社会を夢見ており、日夜ロボットを製作しているため、パソコン部は彼女が初めて作ったロボット「コトコト」をはじめ、多数のロボットを所有している。
第1期第5話でゆにの仕業でコトコトが巨大化して暴走するという悪夢にうなされるがゆめたちに助けられる。その次の第6話ですうを拾うもゆめの力ですうがしゃべり出すと気絶し、その影響で夢の中でロボットと化してしまうがすうの説得で目を覚まし、すうのパートナーになる。
第30話では文化祭で作った人の心理を読み取るロボット「ヨミー」がコンテストで最優秀賞を受賞し、ロボットの名門クレバー高校への推薦を受けるが辞退した。
第43話で一五高校に合格した。
安西 ときわ(あんざい ときわ)
声 - ファイルーズあい[17]
ねねのパートナーで中学1年生、第2期では2年生。誕生日は4月30日[18]
一人称は「私」。さばさばした性格で語尾に「だぞ」を付けることが多い。運動神経抜群でピアノも得意で天文学や生物にも詳しい。山梨県出身の転校生であり、以前の中学では天文部に所属し、一五学園では合唱部に所属。
ゆめたちとは山梨県に林間学校で訪れた際に出会っている。ゆめたちの学校に転校した当初、環境が変わったことによる不安から毎日のように悪夢を見せられて寝不足に陥っており、そこをゆににブラックアビスを打ち込まれてしまうことに。その後は、ねねのドリーミーメイトとなり、ゆめたちとも親しくなった。ゆめとまいら程ではないが得意分野以外の勉強は得意ではなく、特に社会が苦手。
南川 朝陽(みなみかわ あさひ)
声 - 小林裕介[3]
れいのパートナーで中学1年生、第2期では2年生。ゆめの隣に住んでいる幼馴染。誕生日は11月15日[19]。ドリームパートナーでは唯一の男子。一人称は「俺」。
運動が得意でテニス部に入部し、2年生の夏から部長を務める。勉強もこなせて、成績も良好。夜にゆめに用があるときにはゆめの部屋の窓に向かって弓矢を放っている。
第1期第7話では、初めての試合の緊張でブラックスキーマが生まれてしまい、ゆににブラックアビスを打ち込まれてしまった。
第19話でれいを拾い、次の第20話でパートナーに任命される。続く第25話で、他のドリームパートナーたちと合流し仲間に加わる。その後も当初はゆめたち4人と別行動をしていることもあったが、第二期からは5人で一緒に行動することが多くなった。
第46話でプリンスストーンを用いてれいとともにユメシンクロに成功。お空の上の女王様をゆめと悪夢の女王様のもとへ連れて行った。
ゆめに対して思いを寄せていて、なかなか踏み込めないでいるものの、れいとパートナーになってからは、自分の気持ちに素直になり始めている。
杉山 遼仁(すぎやま はるひと)
声 - 小越勇輝[10]島袋美由利(幼少期)
中学3年生。誕生日は11月15日[20]
男子テニス部の部長で生徒会長。学園ではファンクラブがある人気者。ゆめの憧れの人でもある。
実は弟へのコンプレックスがあり、そこをライラに共感されている。その思いから第24話以降はライラに加担している。同話で仮面と黒い衣装[注 3]で正体を隠した状態で青井のブラックアビス浄化を早速妨害している。ゆにたちに関してはドジぶりに呆れることもあるが嫌ってはおらず、愛情を抱き、ゆにたちからも慕われている。
第1期第37話でライラに忠誠を誓ってしまう。
第43話では高校が決まったことにより、悪夢を広げる活動を本格化させる。第45話にてゆにの失言により悪夢活動に加担していることがゆめにばれてしまい、仮面を取って正体を明かした。
第46話以降は一人称が「ボク」から「オレ」に変わり、ゆめに敵意を見せるようになる。
亮仁へのコンプレックスと百合との楽しかった記憶との間で揺れ動き苦しみ出すが、ゆめが百合を呼び出したことにより救われ、仮面が壊れて悪夢から解放された。
第2期では高校に進学。亮仁とゆにが付き合っていることは知っており、時々怪しんでいる描写がある。
杉山 亮仁(すぎやま あきひと)
声 - 藤井ゆきよ[21]
遼仁の弟。愛称は「アッキー」。一人称「僕」、「俺」(兄と話す際)。小学6年生の年齢だが、遼仁を超える天才少年であり、アメリカに留学していたが、後に帰国している。
第2期ではレギュラー入りする。一五中学校に急遽入学することになり、1年生にしてパソコン部の部長を務めている。経緯は不明だがゆにとパートナーになりアクムーに加担している。ゆにには「ボス」と呼ばれている。
花火大会の時にゆめに一目惚れに近いものの、恋をしてしまう。

一五学園中等部編集

沢村 百合(さわむら ゆり)
声 - 市ノ瀬加那[10]
中学3年生で、遼仁のクラスメイトで幼馴染。書道部の部長で生徒会副会長。
遼仁がライラに洗脳されて以降、遼仁の様子がおかしいことに気づいており、ゆめに様子を探らせるようになる。
悪夢に囚われた遼仁を救う際にゆめに呼び出され、遼仁を助け出すキーパーソンとなった。
第2期ではロンドンに留学。一時帰国した際はちあに懐かれる。亮仁がゆめに恋していることを見抜き、アドバイスする。
緑野 わかば(みどりの わかば)
声 - 広瀬ゆうき[10]
中学1年生で、ゆめの小学校からの友達。ゆめと一緒にチア部に入部。同じクラスの翔平のことが好き。
赤名 かえで(あかな かえで)
声 - 真野あゆみ[10]
中学1年生で、ゆめの小学校からの友達。恋話と噂話好きな情報通。テニス部に入部。
青井に憧れを持っている。
白石 はな(しらいし はな)
声 - 貫井柚佳[10]
中学1年生で、ゆめの小学校からの友達。絵描きが好きで、美術部に入部。
漫画を描くという夢があり、雑誌の漫画コンクールに応募しているが何度も落選している。
第23話では先述の悩みでブラックスキーマが生まれ、公園でボス猫にいつもけんかで負けていた黒猫(声 - 島崎信長)ともどもブラックアビスを打ち込まれる。ゆめに助けられた後黒猫にお礼を言い、家に迎える。
青井(あおい)
声 - 興津和幸
ゆめ達のクラスの担任の教師。ノリの良い性格。
第24話では恋人のみーたん(声 - 長縄まりあ)にふられてブラックスキーマができてしまい、ゆにに付け込まれて文化祭を滅茶苦茶にしてしまう。遼仁の妨害により一度は失敗したが、続く第25話にて、ドリーミーメイト全員の力でようやく浄化される。
北田 翔平(きただ しょうへい)
声 - 古川慎
中学1年生で、ゆめの小学校からの友達。朝陽と仲が良い。わかばとは恋人同士。
赤名 もみじ(あかな もみじ)
声 - 大地葉
かえでの姉。女子テニス部の部長。
美咲(みさき)
声 - M・A・O
チア部の部長。第2話では見学に来たゆめを歓迎した。
藍田 結衣(あいだ ゆい)
声 - 田中沙耶
チア部の部員。
押尾(おしお)
声 - 峯田茉優
杉山ファンクラ部の部長。
丸山 ヨシオ(まるやま よしお)
声 - 千葉翔也
生徒会員。丸い眼鏡をかけている。第23話の文化祭終了をもって、副会長を引き継いだ。
第1期第26話では成績が悪かったことでブラックスキーマが発生し、ゆににブラックアビスを打ち込まれた。
角本 スズ子(かくもと すずこ)
声 - 澤田真里愛
生徒会員。四角い眼鏡をかけている。第1期第23話の文化祭終了をもって、会長を引き継いだ。
小沢 圭吾(こざわ けいご)
声 - 坂田将吾
男子テニス部の部員。
長谷川(はせがわ)
声 - 川井田夏海
合唱部の部長。
第1期第14話では伴奏者がいないため、一生懸命ピアノの練習をしていたところをゆににブラックアビスを使用されて妨害されるが、ゆめとみゅー達に救われる。
黒沢 衿人(くろさわ えりと)
声 - 市川蒼
元パソコン部の男子生徒。
ことこがパソコン部を立ち上げる際に副部長となってアドバイスをしたが、クレバー高校受験のために退部した。退部後もロボットを作っており、自分の作った人の怒りを読み取るロボット「ムッキー」(声 - 河村梨恵)がことこのヨミーに敗れて悔しがっていた。このことでブラックスキーマが生まれ、ゆににつけ込まれたが、本当はことこのことが好きであった。
結局クレバー高校は不合格だったが、ことこと同じ高校に決まりうれしがっていた。
白玉 すあま(しらたま すあま)
声 - 川井田夏海
ゆめのクラスメイトで和菓子屋の娘。祖父(声 - 菊池正美)も和菓子職人をしている。

主要人物の家族編集

日向 はるな(ひなた はるな)
声 - 寺崎裕香
ゆめの母親で会社員。社内での役職は課長。子供の頃は椎茸が嫌いだった。
家事や職務で多忙であり、切羽詰まった状況になっていた為、ゆににブラックアビスの最初の使用対象とされた。
ゆめパパ
声 - 竹本英史
石マニア。第1期第39話ではオークションで買った石をゆにっちアビスにすり替えられ、暴走してしまう。夢の中では石たちと「ロック・ペプル&ストーンズ」というバンドを組み、「ロック!ロック!ロック!」という歌を歌っていた。
朝陽ママ
声 - 大原さやか
れいを見つけたことがあり、その際は「朝陽もかわいい趣味があるのね」と言っていた。
朝陽パパ
声 - 浜田賢二
ことこ母
声 - 川澄綾子
ことこの母親。穏やかな性格。
ことこ父
声 - 新垣樽助
教師。教育について熱い持論があり、夕食時はいつも語ってしまう癖がある。
今井 石集斎(いまい せきしゅうさい)
声 - 斧アツシ
ことこの祖父で元教師。ことこの父と同じく教育についての持論があり「教育」という言葉が嫌いである。
第1期第42話のことこの発言によると、ことこの影響でパソコンに興味を持ってホームページを始めた模様。
名前は第42話で判明。戦術のホームページは石についての内容であり、第42話で石クイズを出していた。ゆめたちが全問正解し、ゆめパパは会えて感動していた。
第46話ではいちご石を割り、プリンスストーンを出現させて朝陽に手渡した。
ことこ祖母
声 - 所河ひとみ
今井 律(いまい りつ)
声 - 田丸篤志
ことこの兄で、亮仁が留学していた際のクラスメイト。
第2期では亮仁のシーンでたびたび登場している。
安西 寛太(あんざい かんた)
声 - 藍原ことみ
ときわの弟で、双子の兄。一人称「僕」。よく弟とケンカを繰り広げている。カッパを怖がって水泳を嫌っていたが克服を遂げる。
安西 健太(あんざい けんた)
声 - 関根有咲
ときわの弟で、双子の弟。一人称「僕」。よく兄とケンカを繰り広げる。
ときわママ
声 - 森なな子
ときわパパ
声 - 松本忍
ときわのおばあちゃん
声 - 八百屋杏
まいら父
声 - 中井和哉
まいら同様関西弁で喋り、ギャグをよく言う。
まいら母
声 - 植田佳奈
2年前のまいらの誕生日に、病気で逝去している。

その他の人物編集

阿本 姫香
声 - 鈴代紗弓
牧場の娘。父の太郎(声 - 中村和正)、母の花子(声 - 桜木可奈子)と暮らしている。

ミラクルドリーミー王国の住人編集

ルシア
声 - 井上喜久子[10]
ミラクルドリーミー王国の女王様。ゆめの夢に現れ、みゅーと一緒にドリーミーストーンをいっぱい集めると夢一つを叶えてくれると告げていた。
第1期第27話では悪夢の城に入ろうとするゆめ達5人を止め、ミラクルドリーミー王国に招待した。
第45話ではライラが動き出していることをうすうす感じ取っていた模様。
ライラ
声 - 久川綾
ゆに達に指示を与えている悪夢の女王様。当初は目のみ出ていた。
ゆにに命を与えてくれた恩人でもあり、失態ばかりを犯す彼に厳しい言葉を投げかけることが多いが、彼のパフォーマンスを向上させるために衣食住を与えるなど、なんだかんだで気は使っている模様。ドリーミーメイトが増えることを危惧しており、ゆに達にブラックアビスを蔓延させて闇に染めようと目論んでいる。
第1期第23話で失態続きのゆに達だけに任せておけないと判断し、続く24話で遼仁をゆにのパートナーにした。第25話では遼仁にブラックアビスを広げるだけでなくドリーミーストーンを奪うように命じ、ゆにの取扱説明書を本格的なものにパワーアップさせた。
第46話にて、ミラクルドリーミー王国出身であり、ルシアの姉であることが判明。勤勉な性格だったが、マイペースなルシアの方に妖精が集まったことにショックを受け、あるとき干していた大根を全て捨てられたことによってミラクルドリーミー王国を後にしてしまう。
同じく弟にコンプレックスを抱えていた遼仁には共感しており、遼仁には悪夢の種を植えていた。
たくあんが好物である模様。

その他編集

きゅうちゃん
声 - 泊明日菜
ゆめの愛犬である雄犬。当初は犬が嫌いなみゅーに恐れられていた。
第1期第9話では気分が落ち込むため、原因を調べるべくゆめとみゅー達が夢の中に入る。夢の中では男の子の姿になっており、人間の言葉を話していた。一人称を「僕」となっていた。ここでみゅーと仲良くなりたいと告白したことにより、みゅーはきゅうちゃんのみ平気になる。

みっくす!からの登場人物編集

アクムー
声 - 高橋美佳子
第1期終盤に影として登場し、第2期から活動する謎の少女。亮仁やゆに達が悪夢を広げることで「アクムーランド」というテーマパークを設立するのが夢。

用語編集

ユメシンクロ[5]
みゅーが持っている能力。相手の夢の中に入ることが出来る。
夢の中に入れるのは、初回放送から第1期第45話まではみゅーとゆめ、およびドリーミーメイトであり、ゆめ以外のドリームパートナーは夢に入ることはできなかったが、第1期46話から朝陽も夢に入れるようになり、第2期よりユメシンクロがパワーアップしたことで、まいら、ことこ、ときわも夢に入れるようになった(一部を除く)。また、ゆめが悪夢に侵された場合はユメシンクロができなくなるリスクが存在する。
ドリームパートナー
子猫と人間のパートナー関係のこと。
ゆめはみゅーと心を通わせるとユメシンクロが出来る。その際には妖精風のコスチュームに変わるが、第1期第27話で他のドリームパートナーも女王さまから同様のコスチュームを貸し出された。なお、男の子用もあり、朝陽が着用した。
第1期第46話から朝陽もれいと心を通わせてユメシンクロできることが判明。その際は王子風のコスチュームに変わったが、第2期では妖精風のコスチュームに戻っている。
第2期からまいら、ことこ、ときわもユメシンクロできるようになり、コスチュームは第1期第27話と同じ妖精風のコスチュームに変わる。
ドリーミーメイト
子猫同士の仲間関係のこと。子猫のパートナーとなる人間には他の子猫の正体を知られても問題はない(第1期最終話でゆめたちの正体を知った杉山遼仁と百合は例外で、正体を知られることは特別に許されている)。
殆どの個体は動けるようになるのにミュークルステッキの力が必要だったが、みゅーとれいはそれぞれのドリームパートナーに拾われた瞬間会話可能となった。
ドリーミーストーン[5]
ブラックスキーマが消されて、人の心に新しい夢が生まれると現れる宝石。
ドリーミーコンパクト
ゆめの胸に付けていて、ミュークルキーをさして開くと夢の中に入ることが出来る。
ドリーミーコンパス
ミュークルキー
みゅーの左耳の星から現れ、ドリーミーコンパクトを開くことが出来る。
ミュークルステッキ
魔法のステッキで、主にブラックアビスを消すことが出来る。1回のユメシンクロにつき1回しか使用できない。
第1期第25話からはドリーミーストーンをセットすることでパワーアップする。
ミュークルレインボウ
ドリーミーボックス
ドリーミーストーンを入れる宝石箱。ドリーミーストーンでいっぱいにすると女王様が夢一つを叶えてくれる。
ブラックスキーマ
ネガティブな感情から生まれた暗い心のスキーマ。
ブラックアビス
ブラックスキーマを埋める黒い石。これを用いると人は悪い状態になり暴走してしまう。暴走させる対象は人間に限らず、ロボットなどの無生物でも可能。
ミラクルドリーミー王国[5]
みゅー達の出身地、空の上にある世界。
プリンスストーン
朝陽とれいがユメシンクロする際に必要となるアイテム。第46話にてことこの家にあるいちご石から出現した。
ミュークルスター

テレビアニメ編集

ミュークルドリーミー
ジャンル 少女向けアニメ魔法少女
ファンタジーラブコメディ[22]
アニメ:ミュークルドリーミー(第1期)
ミュークルドリーミー みっくす!(第2期)
原作 サンリオ
監督 桜井弘明
シリーズ構成 金杉弘子
キャラクターデザイン 古木舞
音楽 川田瑠夏
アニメーション制作 J.C.STAFF
製作 テレビ東京ADKエモーションズ
J.C.STAFF
放送局 テレビ東京系列ほか
発表期間 第1期:2020年4月5日 - 2021年4月4日
第2期:2021年4月11日 -
話数 第1期:全48話
漫画
作者 サンリオ
出版社 講談社
掲載誌 おともだちたのしい幼稚園
発表号 2020年4月号 -
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画

2020年4月5日から2021年4月4日までテレビ東京系列ほかにて第1期が放送された[3][23]。なお、本作は同時間帯のアニメとしては『ライブオン CARDLIVER 翔』以来10年6か月ぶりの完全新作アニメ[注 4] となり、ネットワークセールス移行後及び新作アニメでのハイビジョン制作としては初となる。また、テレビ東京系列でサンリオ原作のアニメが放映されるのは『リルリルフェアリル〜魔法の鏡〜』以来となる。

次回予告の後には、マリィ・プリマヴェラによる夢占いのコーナーが挿入されている。当初はみゅー役の豊崎が読み上げていたが、後に夢占いが特技であるねね役の高野が読み上げるようになった。

新型コロナウイルスによる感染拡大を受けて、2020年4月26日放送の第4話を持って放送を一時中断となり、翌週5月3日からは第1話から再放送し[24]、5月31日より第5話以降の放送を再開した[25]。再開以降のエピソードは遅くとも第40話まで実際の放送時期と季節のずれが生じている[注 5]

2021年4月11日からは『ミュークルドリーミー みっくす!』と改題したうえで第2期が放送中[26][27][28][29]。第1期にあった夢占いに代わり、主題歌担当のいっちーなる及び着ぐるみのみゅーによるミニコメントパートが挿入されるほか、不定期で本編を放送休止して、前半パートをこれまでのエピソードの総集編、後半パートをいっちーとなる、みゅーによる実写パートで構成された特別回を挟むことがある。

スタッフ編集

  • 原作 - サンリオ[3]
  • 監督 - 桜井弘明[3]
  • シリーズ構成 - 金杉弘子[3]
  • キャラクター・プロップデザイン - 古木舞[3]
  • 美術監督 - 水谷利春
  • 美術設定 - 水谷利春、真村躍(第1期第5話以降)、中島美佳(第1期第6話以降)
  • 色彩設計 - 日野亜朱佳
  • 撮影監督 - KIL SOUNG-JU
  • 編集 - 山岸歩奈実
  • 音楽 - 川田瑠夏[3]
  • 音楽制作 - MASTERHOOD[3]
  • 音響監督 - 明田川仁[30]
  • プロデューサー - 矢本夏子(第1期)、福田浩平、原直輝、小浜匠(第1期)、団野喜人(第1期第29話まで)→青木美菜子(第1期第30話 - 第48話)→西浦陽一(第2期)、松倉友二、田口由香子(第1期)、細川修
  • アニメーションプロデューサー - 松倉友二[31]
  • アニメーション制作 - J.C.STAFF[3]
  • 製作 - テレビ東京ADKエモーションズ、J.C.STAFF[注 6]

主題歌編集

オープニングテーマ編集

「ミライくるくるユメくるる!」[33]
澤田真里愛による第1期オープニングテーマ。作詞は畑亜貴、作曲・編曲はEFFY
第14話から映像が一部変更され、ときわとねねが登場するようになった。
第27話で再び映像が一部変更され、朝陽とれいの登場シーンが増えた。
「フレー!フレー!ドリーミージャンプ」[28]
いっちー&なるによる第2期オープニングテーマ。作詞は畑亜貴、作曲・編曲は髙田暁。

エンディングテーマ編集

「トキメキコレクター」[33]
澤田真里愛による第1期エンディングテーマ。作詞は畑亜貴、作曲・編曲はMotokiyo、プラスアレンジは菊谷知樹。ダンスの振付は野村莉容子[31]
アニメーションは3DCGによるトゥーンレンダリング描写となっている。
ダンスを披露しているのはゆめ、まいら、ことこの3人。後方で朝陽が応援しているほか、みゅー、ぺこ、すうもステージで踊っている。
第27話からはときわと朝陽、ねね、れいを加えた10人で披露しているため、映像が一部変更されているほか、後方で朝陽が応援する演出は無くなった。
第48話ではED兼挿入歌として使用。
「ダイスキセカイ」[28]
いっちー&なるによる第2期エンディングテーマ。作詞は畑亜貴、作曲・編曲は三好啓太。
ミュークルレインボウを持ったゆめ、中学生時代のまいら、ときわ、朝陽、高校生になったことこ、みゅー、ぺこ、すう、ねね、れいの10人がダンスを披露しているため、ステージの場面も変更されている。

挿入歌編集

「ロック!ロック!ロック!」
ロック・ペブル&ストーンズによる第39話挿入歌。作詞は金杉弘子、作曲・編曲は川田瑠夏

各話リスト編集

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督初放送日
第1期『ミュークルドリーミー』
第1話はじまりのストーリー 金杉弘子
  • 石田美由紀
  • 今千秋
  • 佐藤嵩光
  • 坂本哲也
  • 迫由里香
古木舞2020年
4月5日
第2話ユメシンクロで仮入部
  • 海宝興蔵
  • 今千秋
  • 橋詰力
  • 前田ゆり子
  • 迫由里香
4月12日
第3話先輩の夢に入っちゃお 大地丙太郎冨永恒雄
  • 松本文男
  • 小倉恭平
4月19日
第4話もう一人のドリーミーメイト? 冨永恒雄4月26日
第5話ことことコトコト 水上清資宮崎なぎさ森田侑希
  • 川島明子
  • 関本美穂
藤井昌宏5月31日
第6話はじめての中間テスト 金杉弘子川島宏石田美由紀大木良一古木舞6月7日
第7話フレッ!フレッ!おさななじみ 大場小ゆりきむらひでふみ村山靖
  • 松本文男
  • 小倉恭平
  • 岡辰也
  • 阿形大輔
藤井昌宏6月14日
第8話林間学校で大ゲンカ!? 金杉弘子冨永恒雄
  • 藤井昌宏
  • 古木舞
6月21日
第9話きゅうちゃんのゆううつ 水上清資
海宝興蔵坂本哲也古木舞6月28日
第10話雨ふりねぶそくゆめちゃん
  • 今千秋
  • 稲葉央明
髙木啓明
  • 松本文男
  • 小倉恭平
  • 阿形大輔
藤井昌宏7月5日
第11話ななちゃんとあそぼ 大場小ゆり宮崎なぎさ
  • 本間修
  • 森田侑希
  • 川島明子
  • 関本美穂
7月12日
第12話オレっちが先に見つけるにゅい 金杉弘子きむらひでふみ村山靖
  • Park Ji-Seung
  • 松本文男
  • 小倉恭平
7月19日
第13話転校生ときわちゃん 島崎奈々子石田美由紀佐藤嵩光-7月26日
第14話ときわちゃん大争奪 大場小ゆり冨永恒雄
  • 小倉恭平
  • 松本文男
  • 岡辰也
藤井昌宏8月2日
第15話ドキドキ花火大会 金杉弘子宮崎なぎさ海宝興蔵坂本哲也-8月9日
第16話私はやっぱりチアっちゃお! 大場小ゆり桜井弘明村山靖
  • 小倉恭平
  • 松本文男
  • Park Ji-Seung
  • 阿形大輔
  • 岡辰也
藤井昌宏8月16日
第17話恐怖のプチトマトマン 横谷昌宏大地丙太郎
  • 石田美由紀
  • 森田侑希
  • 川島明子
  • 関本美穂
8月23日
第18話岬に行ってはいけないよ 水上清資冨永恒雄
  • 小倉恭平
  • 松本文男
  • Park Ji-Seung
8月30日
第19話お誕生日ゆめちゃん合宿中 金杉弘子鈴木行海宝興蔵坂本哲也-9月6日
第20話ボンジュール!れいくん 髙木啓明
  • 小倉恭平
  • 松本文男
  • 岡辰也
  • 藤井昌宏
  • 古木舞
9月13日
第21話寛太と健太のユメシンクロ 横谷昌宏湖山禎崇石田美由紀佐藤嵩光古木舞9月20日
第22話スギヤマ☆パラダイス 大場小ゆり渡部高志村山靖
  • 福世孝明
  • 古澤貴文
  • Park Ji-Seung
  • 岡辰也
  • 阿形大輔
  • 松本文男
松本文男9月27日
第23話はなちゃんの夢 中村能子宮崎なぎさ
  • 海宝興蔵
  • 森田侑希
  • 坂本哲也
  • 川島明子
  • 関本美穂
藤井昌宏10月4日
第24話パワーアップな文化祭 金杉弘子きむらひでふみ冨永恒雄
  • 福世孝明
  • 小倉恭平
  • 古澤貴文
  • 岡辰也
  • 松本文男
松本文男10月11日
第25話ドリーミーメイトだよ全員集合!
  • 大地丙太郎
  • 今千秋
  • 冨永恒雄
  • 今千秋
  • 小倉恭平
  • 古澤貴文
  • 福世孝明
  • Park Ji-Seung
  • 松本文男
  • 古木舞
  • 松本文男
  • 古木舞
10月18日
第26話おさななじみにはわかるの? 桜井弘明海宝興蔵佐藤嵩光-10月25日
第27話ようこそ!お空の上のお城へ 大場小ゆり大地丙太郎村山靖
  • 古澤貴文
  • 小倉恭平
  • 福世孝明
  • Park Ji-Seung
  • 岡辰也
松本文男11月1日
第28話まいらマイラブ♡ 金杉弘子桜井弘明石田美由紀
  • 大木良一
  • 坂本哲也
  • 古木舞
-11月8日
第29話こわがりのカボチャさん 横谷昌宏冨永恒雄
  • 古澤貴文
  • 福世孝明
  • 小倉恭平
  • 岡辰也
  • 阿形大輔
  • 松本文男
松本文男11月15日
第30話ヨミーとムッキー 大場小ゆり鎌倉由実
  • 海宝興蔵
  • 森田侑希
  • 川島明子
  • 関本美穂
藤井昌宏11月22日
第31話デートでドキドキゆめちゃん 中村能子髙木啓明
  • 小倉恭平
  • 福世孝明
  • 古澤貴文
  • 岡辰也
  • 阿形大輔
  • 松本文男
松本文男11月29日
第32話誕生日はワンワンいちごー! 金杉弘子島崎奈々子海宝興蔵佐藤嵩光-12月6日
第33話届くといいな ドリーミーチャーム 大場小ゆり冨永恒雄村山靖
  • 古澤貴文
  • 小倉恭平
  • 福世孝明
  • 南伸一郎
松本文男12月13日
第34話まいらちゃんと牧場へ 中村能子宮崎なぎさ石田美由紀坂本哲也-12月20日
第35話流れ星にお願い☆ 横谷昌宏きむらひでふみ冨永恒雄
  • 小倉恭平
  • 古澤貴文
  • 岡辰也
  • 松本文男
松本文男12月27日
第36話年末年始はみんなでハッピー! 金杉弘子大地丙太郎
  • 海宝興蔵
  • 森田侑希
  • 川島明子
  • 関本美穂
藤井昌宏2021年
1月10日
第37話杉山先輩のひみつ 渡部高志冨永恒雄
  • 古澤貴文
  • 小倉恭平
  • 福世孝明
  • 岡辰也
  • 松本文男
松本文男1月17日
第38話みゅーちゃんを離さない! 島崎奈々子石田美由紀佐藤嵩光-1月24日
第39話ロック・ぺブル&ストーンズ 水上清資冨永恒雄村山靖
  • 小倉恭平
  • 古澤貴文
  • 岡辰也
  • 松本文男
松本文男1月31日
第40話雪だるまさん溶けないで 中村能子鎌倉由実海宝興蔵坂本哲也-2月7日
第41話バレンタイン和菓子配っちゃお! 横谷昌宏髙木啓明
  • 小倉恭平
  • 古澤貴文
  • 岡辰也
  • 福世孝明
  • 松本文男
松本文男2月14日
第42話おたから石は突然に! 大場小ゆり宮崎なぎさ
  • 海宝興蔵
  • 森田侑希
  • 川島明子
  • 関本美穂
藤井昌宏2月21日
第43話先輩たちにチアっちゃお! 渡部高志村山靖
  • 古澤貴文
  • 福世孝明
  • 南伸一郎
  • 岡辰也
  • 松本文男
松本文男2月28日
第44話アッキーが帰って来た! 金杉弘子
  • 石田美由紀
  • 今千秋
  • 佐藤嵩光
  • 古木舞
-3月7日
第45話悪夢のお城だったかも? 大場小ゆりきむらひでふみたかぎひろあき
  • 古澤貴文
  • 福世孝明
  • 岡辰也
  • 松本文男
松本文男3月14日
第46話女王さまと女王様 金杉弘子島崎奈々子海宝興蔵坂本哲也-3月21日
第47話ゆめちゃんの夢 大地丙太郎冨永恒雄
  • 古澤貴文
  • 岡辰也
  • 南伸一郎
  • 阿形大輔
  • 松本文男
  • 松本文男
  • 古木舞
3月28日
第48話卒業入学おめでとう!
  • 鎌倉由実
  • 桜井弘明
  • 石田美由紀
  • 海宝興蔵
佐藤嵩光-4月4日
第2期『ミュークルドリーミー みっくす!』[34]
第1話ユメシンクロできちゃった! 金杉弘子桜井弘明
  • 海宝興蔵
  • 石田美由紀
  • 長﨑千穂
  • 篠原佐代子
  • 坂本哲也
  • 高橋みか
  • 坂本哲也
  • 高橋みか
4月11日
第2話ゆにくんは風まかせ 冨永恒雄
  • 森田侑希
  • 石田美由紀
  • 川島明子
  • 関本美穂
藤井昌宏4月18日
第3話ハッピーバースデイときわちゃん 髙木啓明粟井重紀
  • 高橋こう平
  • 粟井重紀
  • 新城真
  • セブンシーズ
  • 寿門堂
4月25日
第4話
(特別編)
いっちー&なるがやってきた! (前半:総集編、後半:実写パート)5月2日
第5話ちあちゃんばぶー♡ 金杉弘子島崎奈々子海宝興蔵
  • 佐藤嵩光
  • 篠原佐代子
佐藤嵩光5月9日
第6話赤ちゃんがいっぱい 大場小ゆり冨永恒雄
  • 松本文男
  • 横山悦子
  • 齋藤和広
藤井昌宏5月16日
第7話たのしもうよ朝陽 横谷昌宏宮崎なぎさ石田美由紀
  • 高橋みか
  • 長﨑千穂
高橋みか5月23日
第8話
(特別編)
いちなると切り絵に挑戦! (前半:総集編、後半:実写パート)5月30日
第9話お笑いグランプリ出場するで! 大場小ゆり岩崎良明中川根みよし
  • YU BONG HYUN
  • LEE JUNG NAM
  • PACK MA GANG
  • 藤井昌宏
  • 古木舞
6月6日
第10話アウトドアって楽しい! 中村能子島崎奈々子
  • 森田侑希
  • 海宝興蔵
  • 川島明子
  • 関本美穂
6月13日
第11話パーティやっちゃうにゅい! 金杉弘子
  • 冨永恒雄
  • 髙木啓明
  • 髙木啓明
  • 松本文男
  • 橋本久美
  • 今井恵
-6月20日
第12話
(特別編)
いちなるとお絵描きに挑戦! (前半:総集編、後半:実写パート)6月27日
第13話天の川はワクワクキラキラ! 金杉弘子山岡実海宝興蔵
  • 佐藤嵩光
  • 篠原佐代子
佐藤嵩光7月4日
第14話空がキラキラ花火大会 大場小ゆり宮崎なぎさ
  • 石田美由紀
  • 海宝興蔵
  • 新城真
  • 吉田肇
  • 栗井重紀
  • 古木舞
  • 藤井昌宏
  • 佐藤嵩光
7月11日
第15話大そうじでピカピカハッピー! 横谷昌宏佐藤竜雄石田美由紀
  • 高橋みか
  • 長﨑千穂
高橋みか7月18日
第16話
(特別編)
いちなるとチアふるに挑戦! (前半:総集編、後半:実写パート)7月25日
第17話お久しぶりです百合先輩 金杉弘子冨永恒雄
  • 松本文男
  • 齋藤和広
  • 横山悦子
  • 今井恵
  • 橋本久美
-8月1日
第18話
(特別編)
いちなるとミュークルドリーミー みっくす! (実写)8月8日
第19話今年もお誕生日ゆめちゃん合宿中 中村能子島崎奈々子
  • 森田侑希
  • 石田美由紀
  • 川島明子
  • 関本美穂
  • 藤井昌宏
  • 古木舞
8月15日
第20話
(特別編)
いちなると粘土細工に挑戦! (実写)8月22日
第21話僕もプレゼントあげたいなぁ 金杉弘子宮崎なぎさ海宝興蔵
  • 佐藤嵩光
  • 篠原佐代子
佐藤嵩光8月29日
第22話一五町スウィーツコンテスト 大場小ゆり
  • 冨永恒雄
  • 髙木啓明
  • 髙木啓明
  • 松本文男
  • 今井恵
  • 橋本久美
  • 齋藤和広
  • 横山悦子
  • RadPlus
  • ワンオーダー
  • スタジオグラム
  • 古木舞
-9月5日
第23話川のほとりでドンシャガラン! 横谷昌宏大地丙太郎石田美由紀
  • 高橋みか
  • 長﨑千穂
高橋みか9月12日
第24話お空の上のヒミツのお部屋 中村能子宮崎なぎさ
  • 石田美由紀
  • 千葉大輔
  • 新城真
  • 粟井重紀
  • 大西陽一
  • 南伸一郎
  • 吉田肇
  • Revival
  • ワンオーダー
  • ラッドプラス
  • セブンシーズ
  • 古木舞
  • 藤井昌宏
  • 佐藤嵩光
9月19日

放送局編集

日本国内 テレビ / 第1期 放送期間および放送時間[23]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [35] 備考
2020年4月5日 - 2021年4月4日 日曜 10:30 - 11:00 テレビ東京製作局)をはじめとする
テレビ東京系列全6局
日本国内[注 7]
2020年4月10日 - 12月25日
2021年1月5日 - 4月6日
金曜 0:00 - 0:30(木曜深夜)
火曜 22:00 - 22:30
AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり[36]
2020年5月31日 - 2021年5月30日 日曜 11:00 - 11:30 キッズステーション 日本全域 CS放送[37]
2020年8月17日 - 月曜 17:00 - 17:30 テレビ和歌山 和歌山県 [38]
テレビ東京系列の地上波6局・キッズステーションでは字幕放送を実施。
日本国内 インターネット / 第1期 放送期間および放送時間[23]
配信開始日 配信時間 配信サイト
2020年4月5日 日曜 12:00 更新
2020年4月10日 金曜 12:00 配信開始 YouTube(第1話)[39]
金曜 12:00 更新
2020年4月11日 土曜 0:00(金曜深夜) 更新
日本国内 テレビ / 第2期 放送期間および放送時間[29]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [35] 備考
2021年4月11日 - 日曜 10:30 - 11:00 テレビ東京(製作局)をはじめとする
テレビ東京系列全6局
日本国内[注 7]
2021年6月19日 - 土曜 7:30 - 8:00 キッズステーション 日本全域 CS放送[40]
2021年7月19日 - [41] 月曜 17:00 - 17:30 テレビ和歌山 和歌山県 [42]
2021年8月27日 - 金曜 20:00 - 20:30 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
アニメーション話数のみ放送[43]
テレビ東京系列の地上波6局・キッズステーションでは字幕放送を実施[44]
海外 テレビ / 第1期 放送期間および放送時間
国・地域 放送・配信期間 放送・配信時間 放送局・配信サイト 備考
台湾 2021年3月27日 - 土曜 8:30 - 9:00 東森幼幼台 『萌可魯玩偶貓』というタイトルにて放送[45]
香港 2021年4月13日 - 10月12日 火・水曜 17:20 - 17:50 無綫電視翡翠台 『夢夢貓』というタイトルにて放送
テレビ東京系列 日曜 10:30 - 11:00
前番組 番組名 次番組
朝の!さんぽ道(再放送)
【ここのみ旅番組】

つなぎ番組
ミュークルドリーミー
【ここから再びアニメ枠】

ミュークルドリーミー みっくす!
-

BD / DVD編集

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
第1期
1[46][47] 2020年10月28日 第1話 - 第12話 MJHX-02013 MJHD-05013
2[48][49] 2020年12月23日 第13話 - 第24話 MJHX-02014 MJHD-05014
3[50][51] 2021年3月24日 第25話 - 第36話 MJHX-02015 MJHD-05015
4[52][53] 2021年6月23日 第37話 - 第48話 MJHX-02016 MJHD-05016
第2期
1[54][55] 2021年11月24日予定 第1話 - 第12話 MJHX-02017

雑誌連載編集

アニメ化に合わせ、2020年4月号より、おともだちたのしい幼稚園(以上、講談社)にて連載開始[2]

パッケージイベント編集

「みゅーちゃん・ドリーミーランド(仮)」として2019年秋より全国の主要の商業施設などにて登場予定[2]。フォトスポットやデジタルゲーム、ふわふわボールプール、プレイコーナー、プレイスクールなどが展開される[5]

サンリオキャラクター大賞の順位編集

『いちご新聞』の読者投票企画「サンリオキャラクター大賞」では第34回(2019年)の24位が歴代最高である。 2018年の第33回サンリオキャラクター大賞に初参加。総合順位で19位にランクインした他、新人賞をまるもふびよりこぎみゅんとともに獲得した[56]

2020年は、コロナ関連によるサンリオショップの臨時休業が相次ぎ、思うようにサンリオショップ店頭からの投票(チップde投票)が出来なかったため、サンリオキャラクター大賞終了後の6月12日から30日にかけて、スピンアウト企画の 「チップde投票リターンズ」がサンリオショップ各店舗で開催され[57]、サンリオショップのひとつのハーモニーランドにおいての結果は「ミュークルドリーミー」は13位であった[58](この回の票は、公式にはサンリオキャラクター大賞本戦の結果には反映されない)。

  • 2018年サンリオキャラクター大賞37位(いちご新聞53位[59])。
  • 2019年サンリオキャラクター大賞24位(いちご新聞31位[60])。
  • 2020年サンリオキャラクター大賞38位(いちご新聞30位[61])。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 第1期第45話ではまいらたちが悪夢に閉じこめられたことを眼鏡で認証した。
  2. ^ 第1話のみ「??」名義でクレジット。
  3. ^ この姿では「ナイト仮面」と名乗っている。
  4. ^ アニメ枠自体は2019年9月まで放送された『ヘーベルハウス劇場』「ふるさと 日本の昔ばなしセレクション」以来。
  5. ^ ゆめ、まいら、朝陽・杉山の誕生日に関するエピソードや、ハロウィンふたご座流星群クリスマスのエピソード等は、いずれも現実の該当日を過ぎてから放送された。第41話のバレンタインデーのエピソードで、ようやく実際の放送時期と季節が元通りに一致して放送されるようになった。
  6. ^ オープニング・エンディングでのクレジットによる。公式でのプレスリリース等ではサンリオ、テレビ東京、ADKエモーションズ、マーベラス、ジェー・シー・スタッフ、丸井グループで構成される「ミュークルドリーミー製作委員会」製作と発表されている[32]
  7. ^ a b 北海道関東広域圏愛知県大阪府岡山県香川県福岡県(遠距離受信及びCATVによる区域外再放送は含めず)。

出典編集

  1. ^ サンリオ「ミュークルドリーミー」を10人にプレゼント!誕生秘話も”. ぎゅって(こどもりびんぐ) (2019年2月19日). 2020年10月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e “サンリオキャラ「ミュークルドリーミー」2020年春TVアニメ化、制作はJ.C.STAFF”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年8月30日). https://natalie.mu/comic/news/345625 2019年8月31日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s “サンリオ新作アニメ「ミュークルドリーミー」追加キャストに豊崎愛生、釘宮理恵ら”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年1月31日). https://natalie.mu/comic/news/365368 2020年1月31日閲覧。 
  4. ^ みゅー<ミュークルドリーミー> - YouTube
  5. ^ a b c d e f g h “サンリオの『ミュークルドリーミー』2020年春TVアニメ化決定! 制作はJ.C.STAFF、監督は今千秋氏に”. アニメイトタイムズ. (2019年8月30日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1567156215 2019年8月31日閲覧。 
  6. ^ ぺこ<ミュークルドリーミー> - YouTube
  7. ^ すう<ミュークルドリーミー> - YouTube
  8. ^ ねね<ミュークルドリーミー> - YouTube
  9. ^ れい<ミュークルドリーミー> - YouTube
  10. ^ a b c d e f g “サンリオ新作アニメ「ミュークルドリーミー」小越勇輝がTVアニメ声優に初挑戦”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年2月27日). https://natalie.mu/comic/news/368825 2020年2月27日閲覧。 
  11. ^ ちあ<ミュークルドリーミー> - YouTube
  12. ^ ゆに<ミュークルドリーミー> - YouTube
  13. ^ a b つぎ はぎ<ミュークルドリーミー> - YouTube
  14. ^ 日向ゆめ<ミュークルドリーミー> - YouTube
  15. ^ 月島まいら<ミュークルドリーミー> - YouTube
  16. ^ 今井ことこ<ミュークルドリーミー> - YouTube
  17. ^ “「ミュークルドリーミー」新キャラクターの転校生役でファイルーズあい出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年6月14日). https://natalie.mu/comic/news/383207 2020年6月19日閲覧。 
  18. ^ 安西ときわ<ミュークルドリーミー> - YouTube
  19. ^ 南川朝陽<ミュークルドリーミー> - YouTube
  20. ^ 杉山遼仁<ミュークルドリーミー> - YouTube
  21. ^ 「ミュークルドリーミー」杉山先輩の弟・アッキー役に藤井ゆきよ、IQ250の超天才児”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年1月16日). 2021年1月16日閲覧。
  22. ^ “小林裕介、中1男子役に「若く楽しくがんばりたい」サンリオEXPOにアグモンやまる子も登場”. マイナビニュース (マイナビ). (2020年1月31日). https://news.mynavi.jp/article/20200131-964939/ 2021年4月15日閲覧。 
  23. ^ a b c おしらせ&イベント”. ミュークルドリーミー(テレビアニメ公式サイト). 2021年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月15日閲覧。
  24. ^ 5月3日のTVアニメ「ミュークルドリーミー」は1話「はじまりのストーリー」の再放送になります。”. ミュークルドリーミー. 2020年4月26日閲覧。
  25. ^ 次回は第5話を放送”. ミュークルドリーミー. 2020年5月24日閲覧。
  26. ^ “TVアニメ『ミュークルドリーミー みっくす!』よりキービジュアル・新キャラクター設定が公開”. moca-モカ- (モカニュース). (2021年2月21日). https://moca-news.net/article/20210221/2021022111000a_/01/ 2021年2月21日閲覧。 
  27. ^ mewkle_aの2020年12月4日10:00のツイート2021年2月7日閲覧。
  28. ^ a b c 「ミュークルドリーミー みっくす!」は4月11日から、ゆめとみゅーがちあのお世話に奮闘”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年3月8日). 2021年3月8日閲覧。
  29. ^ a b おしらせ&イベント”. ミュークルドリーミーみっくす. 2021年4月15日閲覧。
  30. ^ ミュークルドリーミー”. MIRAIL 公式動画配信サービス(ミレール). 2020年3月25日閲覧。
  31. ^ a b キャスト&スタッフ”. ミュークルドリーミー - 夢の世界にみちびいて!サンリオ発ドリーミーファンタジー. 2020年1月31日閲覧。
  32. ^ “新作TVアニメ「ミュークルドリーミー」製作委員会に、丸井グループが参加いたします”. PR TIMES (PR TIMES、丸井グループ). (2020年4月3日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002418.000003860.html 2020年6月3日閲覧。 
  33. ^ a b “サンリオのTVアニメ『ミュークルドリーミー』村上奈津実さん・豊崎愛生さん・釘宮理恵さんら出演声優を一挙公開! テレビ東京系列にて2020年4月放送スタート”. アニメイトタイムズ. (2020年1月31日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1580472593 2020年1月31日閲覧。 
  34. ^ エピソード”. ミュークルドリーミー みっくす!|テレビ東京アニメ公式. 2021年6月6日閲覧。
  35. ^ a b テレビ放送対象地域の出典:
  36. ^ ミュークルドリーミー”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2021年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月1日閲覧。
  37. ^ ミュークルドリーミー”. キッズステーション. キッズステーション. 2020年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月15日閲覧。
  38. ^ mewkle_aの2020年8月9日11:00のツイート2020年9月20日閲覧。
  39. ^ “【公式】ミュークルドリーミー第1話「はじまりのストーリー」無料視聴”. YouTube、ミュークルドリーミー. (2020年4月10日). https://www.youtube.com/watch?v=YRFkAiiwjfU 2020年7月15日閲覧。 
  40. ^ ミュークルドリーミー みっくす!”. キッズステーション. キッズステーション. 2021年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月1日閲覧。
  41. ^ 週間番組表”. テレビ和歌山. 2021年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月5日閲覧。
  42. ^ テレビ和歌山 番組表(2021年8月29日閲覧)
  43. ^ ミュークルドリーミー みっくす!”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2021年7月1日閲覧。
  44. ^ ミュークルドリーミーみっくす!「ユメシンクロできちゃった!」”. テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式). テレビ東京. 2021年4月15日閲覧。
  45. ^ 萌可魯玩偶貓”. 東森幼幼. 東森電視. 2021年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月13日閲覧。
  46. ^ 『ミュークルドリーミー』 Blu-ray&DVD dream.01”. マーベラス公式ウェブサイト - MARVELOUS!. マーベラス. 2020年10月30日閲覧。
  47. ^ mewkle_aの2020年10月28日12:45のツイート2021年2月7日閲覧。
  48. ^ 『ミュークルドリーミー』 Blu-ray&DVD dream.02”. マーベラス公式ウェブサイト - MARVELOUS!. マーベラス. 2021年2月7日閲覧。
  49. ^ mewkle_aの2020年12月23日12:00のツイート2021年2月7日閲覧。
  50. ^ 『ミュークルドリーミー』 Blu-ray&DVD dream.03”. マーベラス公式ウェブサイト - MARVELOUS!. マーベラス. 2021年2月18日閲覧。
  51. ^ mewkle_aの2021年2月16日11:53のツイート2021年2月18日閲覧。
  52. ^ 『ミュークルドリーミー』 Blu-ray&DVD dream.04”. マーベラス公式ウェブサイト - MARVELOUS!. マーベラス. 2021年6月4日閲覧。
  53. ^ mewkle_aの2021年5月20日13:00のツイート2021年6月4日閲覧。
  54. ^ 『ミュークルドリーミー みっくす!』 Blu-ray dream.01”. マーベラス公式ウェブサイト - MARVELOUS!. マーベラス. 2021年9月5日閲覧。
  55. ^ mewkle_aの2021年8月29日11:00のツイート2021年9月5日閲覧。
  56. ^ シナモロール連覇!YOSHIKITTYも健闘!2018年サンリオキャラクター大賞”. ウォーカープラス(KADOKAWA) (2018年7月2日). 2020年10月22日閲覧。
  57. ^ 2020年サンリオキャラクター大賞スピンアウト企画 チップde投票リターンズ開催☆”. サンリオ (2020年6月9日). 2020年6月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年11月25日閲覧。
  58. ^ キャラクター大賞スピンアウト企画 チップで投票リターンズ 結果発表!!”. ハーモニーランド. 2020年11月25日閲覧。
  59. ^ 『いちご新聞』2018年9月号(607号) 8-19頁。
  60. ^ 『いちご新聞』2019年8月号(618号) 8-19頁。
  61. ^ 『いちご新聞』2020年8月号(630号) 8-25頁。

外部リンク編集