ミュージックてれびくん

ウィキメディアの一覧記事

ミュージックてれびくん(Music Terebi Kun、略称MTK)はNHK教育テレビジョン(NHK Eテレ)テレビ番組天才てれびくん』で1998年4月6日から放送されている音楽コーナー。

概要 編集

ミュージック・ビデオをメインコンテンツとする音楽専門チャンネル「MTV」のオマージュであり、コーナー略称「MTK」や1998年度から2004年度にかけての洋楽カバーもMTVを意識したものである。

1998年4月から2014年3月まで16年間放送されたのち、2022年2月より8年ぶりに放送再開。2022年度と2023年度は9月から新作を放送している。

作品番号「MTK No.」を『天才てれびくん10周年スペシャル「COUNT UP MTK」』および『MTKスーパーライブ2003』で公表している。しかし、2003年4月以降は「MTK No.」を公表していない。

1998年度から2003年度まではMTKロゴの下部に日本語「ミュージックてれびくん」が極小表記されていたが、2005年度以降は省略されている(2004年度は新旧ロゴを併用)。

2005年度以降、日本語表記「ミュージックてれびくん」が番組本編で字幕表示されることが極めて少なく、ナレーションによるコーナー呼称も略称であるMTKを強調している。

楽曲一覧 編集

No. 曲名 初回放送日
001 8cm 1998年04月06日
002 恋はあせらず YOU CAN'T HURRY LOVE 1998年05月11日
003 YAKINIC GO GO 1998年06月15日
004 YOU ARE MY DREAM 1998年09月07日
005 JUMP 1998年10月12日
006 極楽はどこだ 1998年11月16日
007 恋のギルティー Love in the first degree 1999年04月05日
008 空にまいあがれ 1999年04月19日
009 Can do it! 1999年05月10日
010 ゴォ! 1999年05月24日
011 恋は早いもの勝ち 1999年06月14日
012 スリラー 1999年06月28日
013 ハッピーマン 1999年09月06日
014 ママ・ミア Mamma Mia 1999年09月20日
015 君の声がする 1999年10月11日
016 カーマは気まぐれ Karma Chameleon 1999年10月25日
017 運命'99 1999年11月15日
018 はるかな旅へ Where'll we go from now 1999年11月29日
019 The Longest Time 2000年01月10日
020 世界中の全ての色 2000年01月31日
021 Roam 〜愛があれば〜 2000年04月03日
022 たんぽぽ 2000年04月17日
023 ダイナマイト Dynamite 2000年05月08日
024 おかしな午後 2000年05月22日
025 走れRUN2! 2000年06月12日
026 ラッキー・ラブ I should be so lucky 2000年09月04日
027 わかってナイ! 2000年09月18日
028 I LIKE YOU 2000年10月09日
029 HONEY BEAT 2000年10月23日
030 www.access.me 2000年10月23日
031 SUPERGIRL 2000年11月13日
032 Angel snow 2000年11月27日
033 愛はきらめきの中に How deep is your love? 2001年01月08日
034 歩いていこう 2001年01月29日
035 君のそばにいたい I only want to be with you 2001年04月09日
036 本当は何になりたいんだろう 2001年04月23日
037 元気を出して Gotta Pull Myself Together 2001年05月14日
038 きれいな水 2001年05月28日
039 本日晴天 2001年06月18日
040 VACATION 2001年07月02日
041 Everything You Do 2001年09月03日
042 花のランランパワー 2001年09月17日
043 BIG SMILE BABIES 2001年10月08日
044 Twilight 2001年10月22日
045 Jump in the Line 2001年11月12日
046 Be My Friend 2001年11月26日
047 クレマチス 2002年01月07日
048 Material Girl 2002年01月28日
049 空になりたい 2002年02月11日
050 1-2-3 2002年04月08日
051 僕であるために 2002年04月22日
052 クエスチョン 2002年05月13日
053 BYE BYE DAYS 2002年05月27日
054 スピリチュアル 2002年06月17日
055 STEADY BOYS 2002年07月01日
056 星の軌跡 2002年09月02日
057 あこがれ acoustic version 2002年09月16日
058 あこがれ hip-hop version 2002年09月23日
059 BE HAPPY DAY 2002年10月07日
060 恋にメリーゴーラウンド In for a penny,In for a pound 2002年10月21日
061 ルーキー 2002年11月11日
062 地図 2002年11月25日
063 ぼくらのロック・シティ We built this city 2003年04月07日
064 サンデーモーニング 2003年04月21日
065 虹の都へ 2003年05月12日
066 泣けちゃうの You caught me out 2003年05月27日
067 Go!Go!たまご丼 2003年06月16日
068 それっきゃないかもね 2003年06月30日
069 JUNGLE FUTURE 2003年09月01日
070 BAKAはここにいる 2003年09月15日
071 旅人は星を数える Days Are Numbers 2003年10月06日
072 Together Forever 2003年10月20日
073 カンペキ 2003年11月10日
074 星と月の仲間 2003年11月24日
075 モンキーマジック 2004年01月12日
076 水玉 2004年03月15日
077 ラジオスターの悲劇 Video killed the radio star 2004年04月05日
078 明日への叫び SHOUT IT OUT LOUD 2004年04月19日
079 誕生日のうた 2004年05月24日
080 未来船ゴー 2004年06月14日
081 MARCH 2004年09月20日
082 きみのとなりで 2004年10月11日
083 ココロ磁石 2004年10月26日
084 ホーリー&ブライト 2004年11月15日
085 ダンシング・シスター 2004年11月29日
086 ヴォヤージュ± 2005年01月10日
087 僕らのハーモニー 2005年04月04日
088 さかさまさかさ 2005年05月23日
089 ムカつくけれど…スキ! 2005年09月05日
090 僕はドライブ 2005年10月24日
091 ダンゼン!未来 2006年04月03日
092 ユウキスイッチ 2006年05月22日
093 誕生日のうた2006 2006年09月04日
094 Friends&Dreams 2006年10月10日
095 冬のアゲハ 2006年12月04日
096 約束の場所へ〜シークレッツ・ユートピア〜 2007年04月02日
097 チャチャマンボでおどろうよ 2007年05月14日
098 オレンジ 2007年06月18日
099 空宙ブランコ 2007年09月03日
100 はちみつ(HONEY CHEEKS) 2007年11月05日
101 冬のキャンドル 2008年01月14日
102 コノユビトマレ! 2008年02月25日
103 セカイをまわせ!〜ぼくらのカーニバル〜 2008年03月31日
104 勇気は時を超える 2008年04月22日
105 ラズベリー・パンチ♪ 2008年05月12日
106 スピードスター SPEEDSTER 2008年06月23日
107 Forever the Moment〜永遠の一瞬〜 2008年06月25日
108 ひまわり 2008年09月01日
109 ほんとはあの娘が好きなのに… 2009年01月05日
110 Sing for You〜ボクらの未来へ〜 2009年02月23日
111 Happy★Life 2009年03月30日
112 MY WINGS 2009年05月04日
113 ダン!ドン! 2009年06月08日
114 結の歌 2009年06月29日
115 夢のチカラ ライブバージョン 2009年09月22日
116 I don't obey〜僕らのプライド〜 2009年10月05日
117 愛のトライアングル 2009年11月09日
118 Let me dream 2009年11月30日
119 太陽と流星群 2010年01月11日
120 さぁーいこー 2010年01月11日
121 タビダチノウタ 2010年02月03日
122 きっと、大丈夫 2010年02月08日
123 夢のチカラ オリジナルバージョン 2010年03月01日
124 セカイカラー☆LOVE! レッドバージョン 2010年03月29日
125 セカイカラー☆LOVE! ブルーバージョン 2010年03月30日
126 セカイカラー☆LOVE! グリーンバージョン 2010年04月01日
127 SWEET♥ROSES 2010年05月03日
128 Kick the EARTH 2010年06月07日
129 絶対 Catch A Dream 2010年06月30日
130 僕らのナツ!! 2010年08月02日
131 アオゾラララ 2010年09月06日
132 ささやきの天使 2010年10月04日
133 じかん のびちぢみ 2010年11月08日
134 恋のダイヤル6700 2010年12月06日
135 二人授業 2011年01月04日
136 恋してたいの 2011年01月31日
137 ホントの自分 2011年02月28日
138 カラフル! 2011年04月11日
139 英雄キッド 2011年05月16日
140 風の自転車 2011年06月20日
141 ロケット・モグラーに乗って 2011年08月01日
142 Start line 2011年08月22日
143 こんなもんじゃないブルース 2011年09月12日
144 スパイラルな日々と夢 2011年10月10日
145 優しい武器 2011年11月14日
146 ギャラクシー刑事 2012年01月09日
147 風の自転車 エレクトロニカVer. 2012年02月06日
148 荒野のひとしずく 2012年03月05日
149 ハイフライングガール 2012年04月02日
150 冒険少年R 2012年05月07日
151 空と海の光 2012年06月11日
152 パタタピテ ポタツピテ 2012年07月16日
153 世界のからくりと僕のゆびさき 2012年09月03日
154 公共電波にのっかって 2012年10月08日
155 僕んとこ来いブルース 2012年11月12日
156 街は冬に踊る 2012年12月06日
157 Revolution Perfect Game 2013年01月07日
158 アナコンダ・ラヴ♡ 2013年02月11日
159 Bound, Go Ahead! 2013年03月04日
160 背中で美学 2013年04月01日
161 水晶庭園 2013年04月15日
162 WARU WARU WORLDS ψ(`∇´)ψ! 2013年06月10日
163 マジックアワー 2013年06月24日
164 奇跡の子 2013年08月05日
165 ダークマター 2013年09月02日
166 ゆーやけあきいろ 2013年09月16日
167 Wonderful Charm 2013年11月11日
168 Jump'n'Jive 踊れ! 2013年11月25日
169 クール・ジャパンでエエじゃないか! 2014年01月06日
170 宝のアリカはQuestion 2014年02月10日
171 圧倒的 2022年02月09日
172 光の鍵 2022年09月05日
173 Be The World 2022年10月06日
174 七人だからレインボー 2023年01月26日
175 Be The World sustainable ver. 2023年09月06日

1998年度 編集

新作6曲。1曲2分サイズで制作[1]。MTKロゴを画面右下に表示。

8cm 編集

8cm

恋はあせらず 編集

恋はあせらず YOU CAN'T HURRY LOVE

YAKINIC GO GO 編集

YAKINIC GO GO(ヤキニック・ゴー・ゴー)[1]

  • MTK No.003
  • 初回放送日:1998年06月15日[1]
  • 歌:松川佳以
  • 作詞・作曲・編曲:種ともこ
  • Programming:松林正志[1]
  • ギター:尾上サトシ[1]
  • 振付:まりぞう[1]
  • PV出演:グルグル/プリン/ブー/ペペロンチーノ/ストレッチマン/ゆかちゃん/ポッケ/海道亮平/田中樹里/橋田紘緒[1]
  • ロケ地:大阪・アジヨシ九条店ほか[1]
  • 録音:1998年5月10日[1]
  • 撮影:1998年5月30日[1]
  • 備考
    MTK初の書き下ろし作品。PVではNHK大阪放送局が制作の教育テレビ番組キャラクター大集合が話題を集める[1]。大阪オールスターズ(松川佳以、海道亮平、田中樹里、橋田紘緒)の4人組と、NHK大阪放送局が制作の教育番組の『グルグルパックン』と『いってみよう やってみよう』の人気キャラクターが焼肉屋で出会う。PVには『グルグルパックン』からグルグル、プリン(沖埜楽子)、ブー(操演:五味美恵子)、ペペロンチーノ(井之上チャル)、ストレッチマン(宇仁菅真)が、『いってみよう やってみよう』からはお姉さんのゆかちゃん(米田裕香里)とお猿のポッケ(操演:五味美恵子)が出演[1]。正確にはブー操演者の塩川雅子がロケ不参加の為、お猿のポッケ操演者の五味美恵子がブー操演者との兼任をしている[1]

YOU ARE MY DREAM 編集

YOU ARE MY DREAM

  • MTK No.004
  • 初回放送日
    • 1998年09月07日 - 通常版
    • 1999年01月15日 - 公園デート Ver.
  • 歌:佐久間信子中田あすみ[1]
  • 作詞・作曲:タケカワユキヒデ[1]
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise[1]
  • 演奏:That's on Noise
  • コーラス:タケカワユキヒデ[1]
  • 振付:T-ASADA[1]
  • PV出演:TTKダンスプロジェクト(松浦顕一郎、安藤奏谷口紗耶香前泊理花[1]
  • ロケ地:国営昭和記念公園[1]
  • 録音:1998年8月17日,30日[1]
  • 撮影:1998年8月14日,23日[1]
  • 備考
    タケカワユキヒデの書き下ろし曲[1]。PV当初のプランは、昭和記念公園でのロケ映像のみで制作というもので、一度はそのプラン通りに編集されたが、試写の結果、急遽CT-415スタジオを撮り足すことになった[1]。他コーナーの収録終了後のCT-415スタジオを使用し突貫作業で撮影し、背景の合成は全て編集室で行う[1]。PVオリジナル・公園デートバージョン(当初のプランに基づいて制作された幻のバージョン。初回放送日:1999年1月15日「新春MTKカラオケ大会」[1]

JUMP 編集

JUMP

極楽はどこだ 編集

極楽はどこだ

  • MTK No.006
  • 初回放送日:1998年11月16日[1]
  • 歌:ザ・フルース・フラザース(海道亮平、橋田紘緒)
  • 作詞・作曲:小宮山雄飛
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • ロケ地:大阪[1]
  • 録音:1998年10月31日[1]
  • 撮影:1998年10月24日,25日[1]
  • 原曲:極楽はどこだ/ホフディラン[1]
  • 備考
    1998年度版最終曲[1]。映像面では、海道と橋田の大阪コンビを「ザ・フルースフラザース」に仕立てる事を決定した時点でほぼプランは出来上がっていた[1]。前作の「JUMP」に制作上の手間がかかり過ぎた反省から、徹底的にシンプルに制作することにこだわった[1]。デジカムでの全撮影で、映像加工もほとんどが撮影段階で済んでいた[1]。それほどコスト削減を図ったわりに、1泊2日の大阪でのロケを行った[1]

1999年度 編集

新作14曲。1曲3分サイズで制作。MTKロゴを画面右下に表示。

恋のギルティー 編集

恋のギルティー Love in the first degree

  • MTK No.007
  • 初回放送日:1999年04月05日
  • 歌:モンキークイーン(ジャスミン・アレン佐久間信子、モニーク・ローズ)
  • 作詞:Mike Stock/Matt Aitken/Peter Waterman/Sarah Dallin/Siobhan Fahey/Keren Woodward
  • 作曲:Matt Aitken/Mike Stock/Peter Waterman
  • 訳詞:タケカワユキヒデ
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • 振付:T-ASADA[1]
  • PV出演:シンパンマン[1]
  • 録音:1999年3月22日[1]
  • 撮影:1999年3月19日[1]
  • VJ:ウエンツ瑛士
  • 原曲:Love In The First Degree(第一級恋愛罪)/バナナラマ
  • 備考
    邦題での「第一級恋愛罪」では小さい子が聞いても発音できないのではとの理由で、番組での邦題を「恋のギルティー」に変更[1]。「女子3人ユニット」「T-ASADA振付の洋楽ダンスナンバー」「CGセット」の3拍子に揃ったプロットタイプがMTKの定番となった[1]。この曲での専用に制作されたCGセットはなく、番組内のコーナー「TTK裁判所」「TTKダンスプロジェクト」「ザ・ゴーストカンパニー」からの流用[1]当時はモンキークイーンというユニット名はまだ付けられていなかった[1]。後で再放送時には正式に「モンキークイーン」と表示。

空にまいあがれ 編集

空にまいあがれ

  • MTK No.008
  • 初回放送日:1999年04月19日[1]
  • 歌:伊藤俊輔
  • 作詞・作曲:倉持陽一
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • ブルースハープ:吉田一休[1]
  • PV出演:吉田一休(ドミンゴス)、森田彩華[1]
  • 録音:1999年3月22日[1]
  • 撮影:1999年4月4日,5日[1]
  • 原曲:空にまいあがれ(アルバム『GREAT ADVENTURE』より)/真心ブラザーズ[1]
  • 備考
    ビデオクリップの終盤に、NGテイクがそのまま採用されたシーンがある[1]

Can do it! 編集

Can do it!

  • MTK No.009
  • 初回放送日:1999年05月10日[1]
  • 歌:ウエンツ瑛士、山元竜一、福田亮太、Gofull-sun
  • 作詞:坂田和子
  • 作曲:MASAKI
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • 振付:T-ASADA
  • 背景イラスト:古澤純也
  • 録音:1999年4月23日,30日[1]
  • 撮影:1999年4月25日[1]
  • 原曲:Can do it!/Gofull-sun(シンガーソングライター合津知里と漫画家古澤純也のユニット)[1]

ゴォ! 編集

ゴォ!

  • MTK No.010
  • 初回放送日:1999年05月24日[1]
  • 歌:棚橋由希
  • 作詞:サエキけんぞう
  • 作曲:奥田民生
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • コーラス:饗場詩野[1]
  • PV出演:Friends of Turner(ターナーと共演した歴代のてれび戦士)
  • 録音:1999年4月23日,30日[1]
  • 撮影:1999年5月8日[1]
  • VJ:ウエンツ瑛士[1]
  • 原曲:ゴォ!(アルバム『親指姫』より)/山瀬まみ[1]
  • 備考
    1番目のサビの前で、女性の笑い声が聞こえる[1]。これは収録時に棚橋がつい笑ってしまったものをそのまま活かすことにしたため[1]

恋は早いもの勝ち 編集

恋は早いもの勝ち

  • MTK No.011
  • 初回放送日:1999年06月14日[1]
  • 歌:大沢あかね中田あすみ
  • 作詞:岡部真理子
  • 作曲:藤生善一
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • 振付:T-ASADA[1]
  • ロケ地:原宿[1]
  • 録音:1999年5月30日,6月7日[1]
  • 撮影:1999年5月29日,6月5日[1]
  • 原曲:恋は早いもの勝ち/YOYOYO[1]
  • 備考
    新人・大沢初のMTK[1]。ビデオ作成時、2人の興味は「いつクレープが食べられるのか」だった[1]
    2009年度の夏イベにて、この2人によるステージが披露された。

スリラー 編集

スリラー

  • MTK No.012
  • 初回放送日:1999年06月28日
  • 歌:ジェームス・マーティンダーブロウ有紗伊藤俊輔ジャスミン・アレン
  • 作詞・作曲:Rod Temperton
  • 訳詞:タケカワユキヒデ
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • 振付:T-ASADA
  • PV出演:笑福亭松之助/豊田眞唯/てれび戦士1999
  • 録音:1999年5月30日
  • 撮影:1999年6月10日
  • VJ:ウエンツ瑛士
  • 原曲:Thriller/マイケル・ジャクソン
  • 備考
    PVには歌を歌うてれび戦士4人の他に、ミステリーやホラーの登場人物を演じる1999年度のてれび戦士14人と『学校の怪談4』(1999年7月10日、東宝)の笑福亭松之助と豊田眞唯がゲスト出演。ビデオクリップバージョンでは、特別出演の笑福亭松之助が歌うソロパートがある。
    アルバム収録バージョン(録音:2000年4月11日,18日)ではジェームス・マーティンを除く3人で行った。前奏が長い、ビデオクリップで笑福亭松之助が歌っていたソロパートを伊藤俊輔が歌うなど、ビデオクリップバージョンと少し異なる。

ハッピーマン 編集

ハッピーマン

  • MTK No.013
  • 初回放送日:1999年09月06日[1]
  • 歌:石部里紗
  • 作詞・作曲:奥居香
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • コーラス:モンキークイーン(ジャスミン・アレン佐久間信子、モニーク・ローズ)
  • ロケ地:静岡県浜松市 中田島砂丘[1]
  • 録音:1999年8月4日,10日[1]
  • 撮影:1999年8月6日[1]
  • 原曲:ハッピーマン/奥居香[1]
  • 備考
    レコーディングは「ママ・ミア」と同時に行われていた為、コーラスのモンキークイーンにユニット名が付いたのはこの曲だったが、「ママ・ミア」が放送されるまでは非公開[1]
    石部里紗が矢嶋里紗に改名した2001年以降は歌手名が表記変更されている。

ママ・ミア 編集

ママ・ミア Mamma Mia

  • MTK No.014
  • 初回放送日:1999年09月20日
  • 歌:モンキークイーン(ジャスミン・アレン佐久間信子、モニーク・ローズ)
  • 作詞・作曲:Benny Andersson/Stig Anderson/Bjorn Ulvaeus
  • 訳詞:タケカワユキヒデ
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • ヴァイオリン:佐藤ふくみ
  • 振付:T-ASADA
  • PV出演:シンパンマン/T-ASADA
  • 録音:1999年8月4日
  • 撮影:1999年8月6日
  • VJ:ウエンツ瑛士
  • 原曲:Mamma Mia/ABBA
  • 備考
    モンキークイーンという名前は佐久間が叫んだ一言から[1]。ちなみに、「モンキークイーン」の名前がテロップについたのは、「ハッピーマン」のコーラスから[1]

君の声がする 編集

君の声がする

カーマは気まぐれ 編集

カーマは気まぐれ Karma Chameleon

運命'99 編集

運命'99

  • MTK No.017
  • 初回放送日:1999年11月15日[1]
  • 歌:悪魔なエンジェル(大沢あかね中田あすみ、徐桑安、安齊舞
  • 作詞:森若香織
  • 作曲:黒沢健一
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • 振付:T-ASADA[1]
  • PV出演:ウエンツ瑛士/福田亮子/シンパンマン[1]
  • 録音:1999年10月22日,30日[1]
  • 撮影:1999年10月31日[1]
  • 原曲:運命'95/Melody
  • 備考
    子供でも歌えるように作って欲しいと歌詞は作詞者の手でMTK用に改変されている[1]。ウェディングドレスのシーンでは、大沢は撮影するまで熊の着ぐるみを着て踊るのだと信じていた[1]

はるかな旅へ 編集

はるかな旅へ Where'll we go from now

The Longest Time 編集

The Longest Time

世界中の全ての色 編集

世界中の全ての色

2000年度 編集

新作14曲。1曲3分サイズで制作。MTKロゴを画面右下に表示。

Roam 〜愛があれば〜 編集

Roam 〜愛があれば〜

  • MTK No.021
  • 初回放送日:2000年04月03日[2]
  • 歌:ワイルドベリーズ(ダーブロウ有紗、モニーク・ローズ)[3]
  • 作詞:Robert Waldrop[3]
  • 作曲:Catherine Pierson/Fred Schneider/Keith Strickland/Cynthia Wilson/Robert Waldrop[3]
  • 訳詞:タケカワユキヒデ[2]
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise[2]
  • 演奏:That's on Noise[2]
  • 振付:T-ASADA[2]
  • 録音:2000年3月9,21日[2]
  • 撮影:2000年3月26日[2]
  • 演出:大島純[2]
  • CGセット:伊原玄一[2]
  • 映像効果:中田一則[2]
  • 原曲:Roam/The B-52's[2]
  • 備考
    MTKの女王であるジャスミン・アレンの卒業に伴い、年度初めは誰に歌わせるか有紗とモニークを外す事は考えられなかった[2]

たんぽぽ 編集

たんぽぽ

  • MTK No.022
  • 初回放送日:2000年04月17日[2]
  • 歌:福田亮太[2]
  • 作詞・作曲:つじあやの[2]
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise[2]
  • 演奏:That's on Noise[2]
  • 鍵盤ハーモニカ:新谷キヨシ[2]
  • PV出演:新谷キヨシ/安齊舞[2]
  • 録音:2000年3月9日,21日[2]
  • 撮影:2000年4月1日,3日[2]
  • 原曲:たんぽぽ/つじあやの[2]
  • 備考
    PVには、福田亮太が撮影した安齊舞とのデートシーンが使われている[2]

ダイナマイト 編集

ダイナマイト Dynamite

  • MTK No.023
  • 初回放送日:2000年05月08日[2]
  • 歌:ザ・ヤマチーズ(山元竜一、村田ちひろ[2]
  • 作詞・作曲:Rod Stewart/Andy Taylor[2]
  • 日本語訳:桑原永江[2]
  • 編曲・演奏:タケカワユキヒデとThat's on Noise[2]
  • コーラス:伊藤俊輔/安齊舞[2]
  • 録音:2000年4月11日,18日[2]
  • 撮影:2000年4月22日[2]
  • 原曲:Dynamite/ロッド・スチュワート
  • 備考
    伊藤俊輔と安齊舞のコーラス入り(伊藤俊輔はアルバム「スリラー」の追加レコーディング、安齊舞は「おかしな午後」の録音。)[2]

おかしな午後 編集

おかしな午後

  • MTK No.024
  • 初回放送日:2000年05月22日[2]
  • 歌:安齊舞
  • 作詞:小川美潮
  • 作曲:板倉文
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • コーラス:タケカワゆい
  • 演出:川崎郷太[2]
  • 録音:2000年4月11日,18日[2]
  • 撮影:2000年4月26日,27日[2]
  • ロケ地:横浜市「こどもの国」[2]
  • 原曲:おかしな午後/小川美潮
  • 備考
    振付は自分で考えたものと言っていたが、後にビデオ収録時のスタイリストが案を出していたことが判明[2]
    安齊舞は史上最年少(小学4年)でMTKのソロを歌った。

走れRUN2! 編集

走れRUN2!

  • MTK No.025
  • 初回放送日:2000年06月12日[2]
  • 歌:ランランズ(徐桑安、須田泰大俵有希子、ローブリィ翔)
  • 作詞・作曲:森若香織
  • 編曲・演奏:KANAME、タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • CGアニメーション:スティーヴ・エトウ[2]
  • ロケ地:渋谷[2]
  • 録音:2000年5月13日,17日[2]
  • 撮影:2000年5月[2]

ラッキー・ラブ 編集

ラッキー・ラブ I should be so lucky

  • MTK No.026
  • 初回放送日:2000年09月04日[2]
  • 歌:スウィート・ピクルス(佐久間信子ダーブロウ有紗俵有希子
  • 作詞・作曲:Matt Aitken/Mike Stock/Peter Waterman
  • 訳詞:タケカワユキヒデ
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • 振付:T-ASADA[2]
  • PV出演:げんしじん/ローブリィ翔(お金持ちの御曹司役)[2]
  • ロケ地:渋谷[2]
  • 録音:2000年7月4日,10日[2]
  • 撮影:2000年7月31日,8月3日[2]
  • 原曲:I Should be so Lucky/カイリー・ミノーグ
  • 備考
    スウィート・ピクルスの名付け親は、ダーブロウ有紗の母親[2]
    この年の新人の俵有希子はMTKを2曲連続歌唱[2]。また、ローブリィ翔は、夏休みを挟んで2曲連続出演[2]

わかってナイ! 編集

わかってナイ!

  • MTK No.027
  • 初回放送日:2000年09月18日[2]
  • 歌:水ふうせん(福田亮太、逵優希)[2]
  • 作詞・作曲:種ともこ[2]
  • 編曲:松林正志、タケカワユキヒデとThat's on Noise[2]
  • Programming・エンジニア:松林正志[2]
  • ギター:尾上サトシ[2]
  • PV出演:げんしじん/饗場詩野[2]
  • 録音:2000年8月14日,28日[2]
  • 撮影:2000年9月7日,9日[2]
  • 備考
    種ともこのMTK書き下ろし曲は1998年度MTK「YAKINIC GO GO」以来、2曲目[2]

I LIKE YOU 編集

I LIKE YOU

  • MTK No.028
  • 初回放送日:2000年10月09日[2]
  • 歌:ザ・フルース・フラザース2000(橋田紘緒、伊藤俊輔
  • 作詞・作曲:忌野清志郎
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • コーラス:スウィート・ピクルス(佐久間信子ダーブロウ有紗俵有希子
  • PV出演:仲根紗央莉/げんしじん
  • ロケ地:東京・丸の内
  • 録音:2000年7月4日,10日[2]
  • 撮影:2000年9月10日,15日,21日[2]
  • 原曲:I LIKE YOU/RCサクセション
  • 備考
    東京・丸の内オフィス街で、風船のシーンなどは建物の敷地内に入らないよう、警備員から再三警告を受けながらの撮影を行う[2]。後半の「ハ・ハ・ハハハ」の部分では、スウィート・ピクルスの声が入っている[2](レコーディングがスウィート・ピクルスと一緒のためであって、「天てれ宝船」収録のカラオケバージョンにも声が入っている)[2]。げんしじんは2曲連続出演[2]

HONEY BEAT 編集

HONEY BEAT

  • MTK No.029
  • 初回放送日:2000年10月23日[2]
  • 歌:MO-SHI-YA(饗場詩野、モニーク・ローズ、山元竜一)[2]
  • 作詞・作曲:広瀬香美[2]
  • 編曲・Programming:島津正多[2]
  • 振付:T-ASADA[2]
  • 録音:2000年7月11日,12日,17日[2]
  • 撮影:2000年9月24日[2]
  • 備考
    2000年度番組コーナー「ヒットをねらえ」にて作られたMTK楽曲。広瀬香美プロデュースでシングルとして発売[2]。ビデオクリップは「HONEY→ハニー→はちみつ」としてハチの巣をイメージした六角形で構成(放送前)される[2]。ユニット名の由来は、3人の番組内での呼称「ニーク」「の(詩野)」「まちゃん(山ちゃん)」から。

www.access.me 編集

www.access.me

  • MTK No.030
  • 初回放送日
  • 歌:c@mo.ne.(石田比奈子熊木翔、逵優希、中田あすみ福田亮太、松下博昭)[2]
  • 作詞・作曲:広瀬香美[2]
  • 編曲・Programming:島津正多[2]
  • サビモチーフ:石田比奈子
  • 録音:2000年7月12日,17日[2]
  • 撮影:2000年11月5日[2]
  • ロケ地:山梨県塩山市市民文化会館ほか[2]
  • 備考
    2000年度番組コーナー「ヒットをねらえ」にて作られたMTK楽曲。放送回数が5本指に満たないことから「幻のMTK」とも呼ばれる[2]。MVは1年間のコーナー名場面集と2000年11月5日に山梨県塩山市で行われた『BSジュニアのど自慢』公開収録でのライブ演奏の映像で構成されている[2]。2000年12月放送の「ヒットをねらえ」総集編の最終回で『BSジュニアのど自慢』公開収録でのライブ演奏の模様が放送されたが、細かいミスが多かったため、その後は放送されていなかった[2]
    『天才てれびくん10周年スペシャル「COUNT UP MTK」』では放送日を2000年10月23日、「HONEY BEAT」の次の曲としている。

SUPERGIRL 編集

SUPERGIRL

  • MTK No.031
  • 初回放送日:2000年11月13日[2]
  • 歌:石田比奈子
  • 作詞・作曲・編曲・コーラス・演奏:浅田祐介/種ともこ
  • 録音:2000年10月31日,11月1日[2]
  • 撮影:2000年11月2日,3日[2]
  • 備考
    種ともこのMTK書き下ろし曲は3曲目(2000年度MTKとしては2曲目)。

Angel snow 編集

Angel snow

愛はきらめきの中に 編集

愛はきらめきの中に How deep is your love?

歩いていこう 編集

歩いていこう

  • MTK No.034
  • 初回放送日:2001年01月29日[2]
  • 歌:プチ・チェリーズ(安齊舞、徐桑安)
  • 作詞・作曲・編曲:田村敦(JETTER3)
  • 編曲・キーボード・Programming:池田成人(JETTER3)
  • ベース:鈴木とよき
  • CG:てっこん[2]
  • PV出演:田村敦(JETTER3)
  • 録音:2000年12月20日[2]
  • 撮影:2001年1月18日[2]
  • 備考
    徐桑安の学業優先による番組卒業が決定しプチ・チェリーズでのMTKは最初で最後となる[2]

2001年度 編集

新作15曲。1曲3分サイズで制作。MTKロゴを画面右下に表示。

君のそばにいたい 編集

君のそばにいたい I only want to be with you

本当は何になりたいんだろう 編集

本当は何になりたいんだろう

  • MTK No.036
  • 初回放送日:2001年04月23日[4]
  • 歌:バースデイ・ガール(中田あすみ村上東奈[4]
  • 作詞:金城綾乃[4]
  • 作曲:玉城千春[4]
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise[4]
  • 演奏:That's on Noise[4]
  • 録音:2001年3月19日,23日[4]
  • 撮影:2001年4月13日[4]
  • 原曲:本当は何になりたいんだろう(アルバム『昼休み』より)/金城綾乃[4]
  • 備考
    バースデイ・ガールの由来は、ビデオ撮影直前に、二人が1日違いで誕生日を迎えたことから、「生まれたばかりの新鮮さを大切に」と意味不明の理屈をつけながら思いつけた[4]

元気を出して 編集

元気を出して Gotta Pull Myself Together

  • MTK No.037
  • 初回放送日:2001年05月14日[4]
  • 歌:アップル・シェイク(ダーブロウ有紗、モニーク・ローズ、岩井七世[4]
  • 作詞・作曲:Ben Findon, Mike Myers and Bob Puzey[4]
  • 訳詞:タケカワユキヒデ[4]
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise[4]
  • 演奏:That's on Noise[4]
  • 振付:T-ASADA[4]
  • 録音:2001年4月23日,5月2日[4]
  • 撮影:2001年4月29日[4]
  • 原曲:Gotta Pull Myself Together/ノーランズ[4]
  • 備考
    原詞は失恋から立ち直ろうと自分を励ます内容なので、どこも「ハッピー」でもないし、「デート」もしていないという内容からあまりにもかけ離れているので、邦題も「元気を出して」に変更した[4]

きれいな水 編集

きれいな水

  • MTK No.038
  • 初回放送日:2001年05月28日[4]
  • 歌:熊木翔[4]
  • 作詞・作曲:YO-KING[4]
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise[4]
  • 演奏:That's on Noise[4]
  • ブルースハープ:吉田一休(ドミンゴス)[4]
  • 友だち:赤いミニカー[4]
  • ロケ地:メリケン国[4]
  • 録音:2001年4月23日,5月2日[4]
  • 撮影:2001年5月18日,19日[4]
  • 原曲:きれいな水(アルバム『DEFROSTER ROCK』より)/YO-KING[4]
  • 備考
    MTKのソロ曲においての人間の共演者ゼロは、「ハッピーマン」「SUPER GIRL」に続く3曲目[4]

本日晴天 編集

本日晴天

VACATION 編集

VACATION

Everything You Do 編集

Everything You Do

  • MTK No.041
  • 初回放送日:2001年09月03日
  • 歌:モンキークイーン(ジャスミン・アレン佐久間信子、モニーク・ローズ)
  • 作詞:Lars Aass/Marion Raven/Marit Larsen
  • 作曲:Lars Aass
  • 訳詞:タケカワユキヒデ
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • ヴァイオリン:佐藤ふくみ
  • 振付:T-ASADA
  • 録音:2001年7月9日
  • 撮影:2001年8月16日
  • 原曲:Everything You DO/M2M

花のランランパワー 編集

花のランランパワー

  • MTK No.042
  • 初回放送日:2001年09月17日[4]
  • 歌:ノーティー・ハリー(エバンス太郎、松井蘭丸、八木俊彦[4]
  • 作詞・作曲:倉持陽一[4]
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise[4]
  • 演奏:That's on Noise[4]
  • 鍵盤ハーモニカ:新谷キヨシ[4]
  • CGアニメーション:スティーヴ・エトウ[4]
  • 録音:2001年5月29日,6月6日[4]
  • 撮影:2001年6月[4]
  • 原曲:花のランランパワー(1993年、テレビアニメ『コボちゃん』テーマ曲)/真心ブラザーズ[4]
  • 備考
    THE 真心ブラザーズから真心ブラザーズに改名前のカバー[4]
    3人の顔がはめ込まれたイラストは本人達の手書きによるもの[4]

BIG SMILE BABIES 編集

BIG SMILE BABIES

  • MTK No.043
  • 初回放送日:2001年10月08日[4]
  • 歌:ダーブロウ有紗[4]
  • 作詞・作曲:森若香織[4]
  • 編曲:KANAME[4]
  • 演奏:森若香織(ギター)/KANAME(ベース)/及川浩志(ドラム)[4]
  • コーラス:森若香織[4]
  • PV出演:森若香織/KANAME/及川浩志[4]
  • 録音:2001年7月13日[4]
  • 撮影:2001年8月30日[4]
  • 備考
    有紗の好きな言葉を基にした森若香織の書き下ろし曲[4]。2番の歌詞「毎日変わるお天気も 全部に意味があるもんだ」は、有紗のスタジオでの発言「起こることにはすべて意味がある」を基にしている[4]

Twilight 編集

Twilight

Jump in the Line 編集

Jump in the Line

  • MTK No.045
  • 初回放送日:2001年11月12日[4]
  • 歌:角田信朗[4]
  • 作詞・作曲:Harry Belafonte/Ralph De Leon/Gabriel Oller/Steve Samuel[4]
  • 訳詞:タケカワユキヒデ[4]
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise[4]
  • 演奏:That's on Noise[4]
  • ウッドベース:イシヅ"U-HIP"マスオ[4]
  • コーラス:ワイルドベリーズ(ダーブロウ有紗、モニーク・ローズ)[4]
  • 振付:T-ASADA[4]
  • アニメーション:Gerardo Alvarez(ヘラルド・アルバレス)[4]
  • PV出演:ワイルドベリーズ/真鍋としみ(お母さん 役)[4]
  • 録音:2001年9月19日[4]
  • 撮影:2001年9月8日[4]
  • 原曲:Jump in the Line/ハリー・ベラフォンテ[4]
  • 備考
    有紗とモニークが迷い込んだ不思議な部屋で繰り広がる楽しいアニメーションは、メキシコで撮影[4]

Be My Friend 編集

Be My Friend

  • MTK No.046
  • 初回放送日:2001年11月26日[4]
  • 歌:モニーク・ローズ[4]
  • 作詞・作曲・編曲:種ともこ[4]
  • キーボード:種ともこ[4]
  • ギター:古川昌義[4]
  • ウッドベース:松永孝義[4]
  • ダンボールドラム:楠均[4]
  • コーラス・PV出演:種ともこ[4]
  • 録音:2001年10月31日[4]
  • 撮影:2001年11月13日[4]
  • 備考
    転校で離れ離れになった友達の気持ちを綴った歌[4]。最後の独白の部分はモニークが考案[4]アメリカ同時多発テロ事件の直後だったため、モニーク宅のある基地でも門限が午後9時という制約下での厳重ロケだった[4]

クレマチス 編集

クレマチス

  • MTK No.047
  • 初回放送日:2002年01月07日[4]
  • 歌:山川恵里佳[4]
  • 作詞・作曲:遊佐未森[4]
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise[4]
  • 演奏:That's on Noise[4]
  • コーラス・PV出演:T for TWO(俵有希子俵小百合[4]
  • 録音:2001年12月6日,27日[4]
  • 撮影:2001年12月29日[4]
  • 原曲:クレマチス(2001年、アルバム『honoka』より)/遊佐未森[4]
  • 備考
    俵有希子・小百合の姉妹がタケカワのブリティッシュ・プログレ風の複雑なアレンジのコーラスを完璧にこなす[4]

Material Girl 編集

Material Girl

  • MTK No.048
  • 初回放送日:2002年01月28日[4]
  • 歌:3サイズ with コバンザメ(中田あすみ安齊舞、豕瀬志穂、橋田紘緒、福田亮太[4]
  • 作詞・作曲:Peter H. Brown/Robert S. Rans[4]
  • 訳詞:タケカワユキヒデ[4]
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise[4]
  • 演奏:That's on Noise[4]
  • 振付:T-ASADA[4]
  • PV出演:どーよ/やぎっち様(八木俊彦)[4]
  • 録音:2001年12月6日,27日[4]
  • 撮影:2001年12月30日[4]
  • 原曲:Material Girl/マドンナ[4]
  • 備考
    モニーク・ローズが「Be My Friend」のレコーディングに向かう途中に昼食で立ち寄ったサブウェイで、マドンナ以外の誰かがカバーした「マテリアル・ガール」を聞いたのが最後の決め手になり「3サイズ」の歌うMTKが誕生するきっかけとなった[4]

空になりたい 編集

空になりたい

2002年度 編集

新作12曲。1曲3分サイズで制作。MTKロゴを画面右下に表示。

天てれ10周年記念として過去のMTKを放送する「MTKクラシック」にて、「君の声がする」、「空になりたい」、「HONEY BEAT」、「極楽はどこだ」、「YAKINIC GO GO」、「恋はあせらず」、「たんぽぽ」、「わかってナイ!」、「SUPERGIRL」、「www.access.me」、「Angel snow」、「恋は早いもの勝ち」、「運命'99」、「歩いていこう」、「8cm」、「Can do it!」、「空にまいあがれ」、「カーマは気まぐれ」、「世界中の全ての色」、「ゴォ!」、「The Longest Time」、「ハッピーマン」、「JUMP」、「BIG SMILE BABIES」、「Roam~愛があれば」、「Be My Friend」、「スリラー」、「恋のギルティー」、「YOU ARE MY DREAM」、「ママ・ミア」、「ラッキー・ラブ」、「Everything You Do」、「愛はきらめきの中に」、「ダイナマイト」、「はるかな旅へ」、「おかしな午後」、「I LIKE YOU」、「君のそばにいたい」が放送された。

1-2-3 編集

1-2-3

僕であるために 編集

僕であるために

クエスチョン 編集

クエスチョン

BYE BYE DAYS 編集

BYE BYE DAYS

  • MTK No.053
  • 初回放送日:2002年05月27日
  • 歌:T for TWO(俵有希子俵小百合
  • 作詞:アイコ
  • 作曲:石坂義晴
  • 編曲:advantage Lucy
  • 演奏:advantage Lucy/千ヶ崎学/堀越和子
  • VJ:ローブリィ翔

スピリチュアル 編集

スピリチュアル

  • MTK No.054
  • 初回放送日:2002年06月17日
  • 歌:CHU-LIPS(村田ちひろ飯田里穂
  • 作詞・作曲:渡辺慎
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • コーラス・PV出演:熊木翔/村上東奈
  • 演奏:That's on Noise
  • VJ:岩井七世
  • 原曲:スピリチュアル/ホフディラン

STEADY BOYS 編集

STEADY BOYS

  • MTK No.055
  • 初回放送日:2002年07月01日
  • 歌:岩井七世
  • 作詞:透影月奈
  • 作曲:安藤芳彦
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • コーラス:T for TWO
  • 演奏:That's on Noise
  • 振付:T-ASADA
  • PV出演:T for TWO
  • VJ:ローブリィ翔
  • 原曲:STEADY BOYS/原田知世

星の軌跡 編集

星の軌跡

あこがれ 編集

概要 編集

MTK初の2バージョン構成で2週間ずつ放送。

『MTKスーパーライブ2003』では、1番をacoustic versionで、2番をhip-hop versionで構成。

共通情報 編集

acoustic version 編集

hip-hop version 編集

  • MTK No.058
  • 初回放送日:2002年09月23日
  • 振付:T-ASADA
  • PV出演:渋谷謙人

BE HAPPY DAY 編集

BE HAPPY DAY

  • MTK No.059
  • 初回放送日:2002年10月07日
  • 歌:八木俊彦、豕瀬志穂
  • 作詞・作曲・コーラス:森若香織
  • 編曲・演奏:KANAME
  • VJ:山元竜一

恋にメリーゴーラウンド 編集

恋にメリーゴーラウンド In for a penny,In for a pound

  • MTK No.060
  • 初回放送日:2002年10月21日
  • 歌:SPACE FAIRY(俵有希子中村有沙白木杏奈
  • 作詞・作曲:John Moering
  • 訳詞:タケカワユキヒデ
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • 振付:T-ASADA
  • PV出演:ローブリィ翔
  • VJ:熊木翔
  • 原曲:In for a Penny, In for a Pound/アラベスク
  • 備考
    映像の途中に登場するCGの食堂は、2001年度MTK「Material Girl」に登場したものと同じで、映像の最後に登場するCGの遊園地は、2001年度MTK「元気を出して」に登場したものと同じ。PVでは、年度始めの「1-2-3」共々、ローブリィ翔が3人から散々な扱いを受けている。

ルーキー 編集

ルーキー

  • MTK No.061
  • 初回放送日:2002年11月11日
  • 歌:山元竜一
  • 作詞・作曲:玉置浩二
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • コーラス・出演:Boys Be Boys
  • 演奏:That's on Noise
  • VJ:岩井七世
  • 原曲:ルーキー/玉置浩二
  • 備考
    1999年度MTK「ゴォ!」と同様、映像の一部に、山元の過去5年間の活躍を収めた映像が使用されている。

地図 編集

地図

  • MTK No.062
  • 初回放送日:2002年11月25日
  • 歌:マイ☆コウ(堀江幸生、マイケル・メンツァー
  • 作詞:今泉泰幸
  • 作曲:遠藤肇
  • 編曲:スキップカウズ
  • コーラス:熊木翔
  • PV出演:鉢嶺杏奈
  • 演奏:スキップカウズ/山本哲也
  • VJ:村上東奈

2003年度 編集

新作14曲。1曲3分サイズで制作。MTKロゴを画面右下(「JUNGLE FUTURE」は画面左下)に表示。

ぼくらのロック・シティ 編集

ぼくらのロック・シティ We built this city

  • 初回放送日:2003年04月07日
  • 歌:ザ・ヤマチーズwithふたりいる。(山元竜一、村田ちひろ俵小百合岩井七世
  • 作詞・作曲:Lambert、Page、Taugh、Wolf
  • 訳詞:タケカワユキヒデ
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • Featuring・PV出演:DJ Brian(ブライアン・ウォルターズ)
  • VJ:井出卓也
  • 原曲:We Built This City/スターシップ

サンデーモーニング 編集

サンデーモーニング

  • 初回放送日:2003年04月21日
  • 歌:飯田里穂
  • 作詞・作曲:つじあやの
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • コーラス:ふたりいる。
  • 演奏:That's on Noise
  • VJ:ブライアン・ウォルターズ
  • アニメーション:Gerardo Alvarez(ヘラルド・アルバレス)
  • 原曲:サンデーモーニング/つじあやの

虹の都へ 編集

虹の都へ

泣けちゃうの 編集

泣けちゃうの You caught me out

  • 初回放送日:2003年05月27日
  • 歌:システム★エラー(岩井七世白木杏奈ジョアン・ヤマザキ、堀口美咲)
  • 作詞・作曲:K.MacColl/Briquette/Crowe
  • 訳詞:タケカワユキヒデ
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • PV出演:伊藤俊輔/ジャスミン・アレン
  • VJ:堀江幸生
  • 原曲:You Caught Me Out/Tracey Ullman

Go!Go!たまご丼 編集

Go!Go!たまご丼

  • 初回放送日:2003年06月16日
  • 歌:間寛平 with TDD(間寛平井出卓也飯田里穂前田公輝山川恵里佳
  • 作詞:間寛平/KANAME
  • 作曲:間寛平
  • 編曲・演奏:KANAME
  • 振付:T-ASADA
  • VJ:山崎邦正(コーナー内のゲストでVJもといPV紹介をした)
  • 備考
    「こちらHK学園笑芸部!」のコーナーから誕生したユニット。

それっきゃないかもね 編集

それっきゃないかもね

  • 初回放送日:2003年06月30日
  • 歌:堀江幸生
  • 作詞・作曲・編曲・コーラス:種ともこ
  • 演奏:尾上サトシ/周藤寿和/種ともこ
  • PV出演:村田ちひろ/ド・ランクザン望/堀口美咲/小井沼愛

JUNGLE FUTURE 編集

JUNGLE FUTURE

BAKAはここにいる 編集

BAKAはここにいる

  • 初回放送日:2003年09月15日
  • 歌:俵小百合
  • 作詞・作曲・編曲・コーラス:種ともこ
  • 演奏:尾上サトシ/周藤寿和/種ともこ
  • PV出演:山元竜一/中村有沙/八木俊彦/桜井結花
  • VJ:豕瀬志穂

旅人は星を数える 編集

旅人は星を数える Days Are Numbers

Together Forever 編集

Together Forever

カンペキ 編集

カンペキ

  • 初回放送日:2003年11月10日
  • 歌:井出卓也
  • 作詞:今泉泰幸
  • 作曲:遠藤肇
  • 編曲:スキップカウズ
  • 演奏:スキップカウズ/藤原マヒト
  • PV出演:マイ★コウ/藤原ひとみ

星と月の仲間 編集

星と月の仲間

  • 初回放送日:2003年11月24日
  • 歌:白木杏奈
  • 作詞・作曲:高橋朋子
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • 原曲:星と月の仲間/elliott

モンキーマジック 編集

モンキーマジック

水玉 編集

水玉

  • 初回放送日:2004年03月15日
  • 歌:ホワイトクローバー(岩井七世村田ちひろ
  • 作詞・作曲:遊佐未森
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise

2004年度 編集

新作10曲。1曲3分サイズで制作。MTKロゴを画面右下に表示。

ラジオスターの悲劇 編集

ラジオスターの悲劇 Video killed the radio star

明日への叫び 編集

明日への叫び SHOUT IT OUT LOUD

  • 初回放送日:2004年04月19日
  • 歌:KIZZ(飯田里穂、堀江幸生、ド・ランクザン望篠原愛実
        UWF アンダーワールド・ファミリー
  • 作詞・作曲:G.Simmons/P.Stanley/B.Ezrin
  • 訳詞:王様
  • 編曲・演奏:Gargoyle
  • 原曲:Shout it out Loud/Kiss

誕生日のうた 編集

誕生日のうた

未来船ゴー 編集

未来船ゴー

  • 初回放送日:2004年06月14日
  • 歌:じゅげむさん(堀江幸生、近藤エマ伊倉愛美髙橋郁哉
        UWF アンダーワールド・ファミリー
  • 作詞:小川美潮
  • 作曲・PV出演:仙波清彦
  • 編曲:沼井雅之
  • 演奏:仙波清彦/沼井雅之/高橋香織/神田朋樹
  • 振付:中本雅俊

MARCH 編集

MARCH

きみのとなりで 編集

きみのとなりで

ココロ磁石 編集

ココロ磁石

  • 初回放送日:2004年10月26日
  • 歌:Time And A Word(白木杏奈ジョアン・ヤマザキ
        RG レインボー・ガーディアンズ
  • 作詞・作曲:高橋朋子
  • 編曲:苅和奈央
  • 演奏:苅和奈央/TOMOKO
  • イラスト:本山浩子

ホーリー&ブライト 編集

ホーリー&ブライト

ダンシング・シスター 編集

ダンシング・シスター

  • 初回放送日:2004年11月29日
  • 歌:フルーツ♥パーティー(村田ちひろ橋本甜歌川﨑樹音
        RG レインボー・ガーディアンズ
  • 作詞・作曲:Findon/Myers/Puzey
  • 訳詞:小山哲朗
  • 編曲:タケカワユキヒデとThat's on Noise
  • 演奏:That's on Noise
  • 振付:T-ASADA
  • PV出演:バーンズ勇気/細川藍
  • 原曲:I'm in the Mood for Dancing/ノーランズ
  • 備考
    天才てれびくんレギュラー及びてれび戦士前の細川藍がPVゲスト出演[5]

ヴォヤージュ± 編集

ヴォヤージュ±

2005年度 編集

エンディングMTK。新作4曲。1曲2分サイズで制作。MTKロゴは非表示。

僕らのハーモニー 編集

僕らのハーモニー

  • 初回放送日:2005年04月04日
  • 歌:アワートレジャーズ(前田公輝飯田里穂バーンズ勇気木内江莉
        スチームナイツ
  • 作詞・作曲・編曲・演奏:原田真二
  • 備考
    この年の夏のイベントではアコースティックバージョンが披露。

さかさまさかさ 編集

さかさまさかさ

ムカつくけれど…スキ! 編集

ムカつくけれど…スキ!

僕はドライブ 編集

僕はドライブ

2006年度 編集

エンディングMTK。新作5曲。通常放送尺1分30秒。MTKカラーロゴを画面左上に表示。

ダンゼン!未来 編集

ダンゼン!未来

ユウキスイッチ 編集

ユウキスイッチ

誕生日のうた2006 編集

誕生日のうた2006

Friends&Dreams 編集

Friends&Dreams

冬のアゲハ 編集

冬のアゲハ

2007年度 編集

エンディングMTK。新作7曲。通常放送尺1分30秒。MTKカラーロゴを画面左上に表示。

約束の場所へ〜シークレッツ・ユートピア〜 編集

約束の場所へ〜シークレッツ・ユートピア〜

チャチャマンボでおどろうよ 編集

チャチャマンボでおどろうよ

オレンジ 編集

オレンジ

空宙ブランコ 編集

空宙ブランコ

はちみつ(HONEY CHEEKS) 編集

はちみつ(HONEY CHEEKS)

冬のキャンドル 編集

冬のキャンドル

コノユビトマレ! 編集

コノユビトマレ!

2008年度 編集

エンディングMTK。新作8曲。通常放送尺1分30秒。MTKカラーロゴを画面左上に表示。ただし、「勇気は時を超える」では非表示。

セカイをまわせ!〜ぼくらのカーニバル〜 編集

セカイをまわせ!〜ぼくらのカーニバル〜

勇気は時を超える 編集

勇気は時を超える

  • 初回放送日:2008年04月22日
  • 歌:m-ist(武田聖夜、島田翼田中理来
  • 作詞:桑原永江
  • 作曲・編曲:飯田高広
  • 演奏:中村タイチ
  • レコーディングエンジニア:サカタコスケ
  • 備考
    日付変更船プッカリーノ」の主題歌。

ラズベリー・パンチ♪ 編集

ラズベリー・パンチ♪

スピードスター 編集

スピードスター SPEEDSTER

Forever the Moment〜永遠の一瞬〜 編集

Forever the Moment〜永遠の一瞬〜

ひまわり 編集

ひまわり

ほんとはあの娘が好きなのに… 編集

ほんとはあの娘が好きなのに…

  • 初回放送日:2009年01月05日
  • 歌:笠原拓巳、長谷川あかり、山田樹里亜
  • 作詞:間慎太郎
  • 作曲:塚田良平
  • 編曲:荒木啓六/塚田良平
  • 演奏:荒木啓六
  • PV出演:吉野翔太
  • 備考
    作詞者・間慎太郎の父は、2003年度の『Go!Go!たまご丼』の作詞作曲と2007年度の『チャチャマンボでおどろうよ』の作詞を担当、かつボーカルとしても参加した間寛平

Sing for You〜ボクらの未来へ〜 編集

Sing for You〜ボクらの未来へ〜

2009年度 編集

エンディングMTK。新作12曲。通常放送尺1分30秒。MTKロゴは非表示。

ETV50周年記念として、「MTKクラシック」が「MTKクラシックス」として復活。「恋は早いもの勝ち」、「オレンジ」、「スピリチュアル」、「Roam~愛があれば~」、「君のそばにいたい」、「ココロ磁石」、「ひまわり」が放送された。

Happy★Life 編集

Happy★Life

MY WINGS 編集

MY WINGS

  • 初回放送日:2009年05月04日
  • 歌:脇菜々香、武田聖夜、齊藤稜駿
  • 作詞:kiichi
  • 作曲:塚田良平
  • 編曲:荒木啓六
  • 振付:瀬戸一浩
  • ロケ地:東京都港区
  • 備考
    R&Bナンバー。脇菜々香が歌担当、武田聖夜と齊藤稜駿がラップ担当。

ダン!ドン! 編集

ダン!ドン!

結の歌 編集

結の歌

夢のチカラ 編集

概要 編集

2009年度の夏イベ「Dreaming〜時空を超える希望の歌〜」で先行披露。同イベントのメイン曲。ソロを歌っているメンバーは武田聖夜、藤井千帆脇菜々香鎮西寿々歌長江崚行メロディー・チューバック水本凜重本ことり。夏イベのライブでは水本凜と重本ことりのソロは無し。

ライブバージョン 編集

  • 初回放送日:2009年09月22日
  • 歌:Dreaming〜時空を超える希望の歌〜オールスターズ
  • 作詞:kiichi
  • 作曲・編曲:塚田良平
  • 放送尺:1分30秒
  • 備考
    「Dreaming〜時空を超える希望の歌〜」の映像(4分20秒)を再編集。

オリジナルバージョン 編集

I don't obey〜僕らのプライド〜 編集

I don't obey〜僕らのプライド〜

愛のトライアングル 編集

愛のトライアングル

Let me dream 編集

Let me dream

太陽と流星群 編集

太陽と流星群

  • 初回放送日:2010年01月11日
  • 歌:長谷川あかり、鈴木美知代
  • 作詞:軸丸綾香
  • 作曲:塚田良平
  • 編曲:鶴崎輝一

さぁーいこー 編集

さぁーいこー

タビダチノウタ 編集

タビダチノウタ

きっと、大丈夫 編集

きっと、大丈夫

2010年度 編集

エンディングMTK。新作12曲。通常放送尺1分30秒。MTKロゴは非表示。

2010年12月からはYouTubeの「NHK番組コレクション」チャンネルで、2006年度以降の一部の曲のビデオクリップが配信されていた。

セカイカラー☆LOVE! 編集

セカイカラー☆LOVE!

SWEET♥ROSES 編集

SWEET♥ROSES

Kick the EARTH 編集

Kick the EARTH

絶対 Catch A Dream 編集

絶対 Catch A Dream

  • 初回放送日:2010年06月30日
  • 歌:HI's★cream(脇菜々香、吉元優里菜、山下朋美、熊谷美波、藤田遥奈、成澤かりん、佐藤英理菜、竹井未来望、古口莉子)
  • 作詞・作曲:林田健司
  • 振付:ISSADA PUMP)/HITOESPEED
  • ロケ地:東京都港区 芝浦ヘリポート
  • 備考
    MTK全国オーディション2010」より誕生した楽曲。

僕らのナツ!! 編集

僕らのナツ!!

アオゾラララ 編集

アオゾラララ

ささやきの天使 編集

ささやきの天使

じかん のびちぢみ 編集

じかん のびちぢみ

恋のダイヤル6700 編集

恋のダイヤル6700

二人授業 編集

二人授業

恋してたいの 編集

恋してたいの

  • 初回放送日:2011年01月31日
  • 歌:HI's★cream(脇菜々香、吉元優里菜、山下朋美、熊谷美波、藤田遥奈、成澤かりん、佐藤英理菜、竹井未来望、古口莉子)
  • 作詞・作曲:ROCKETMAN(ふかわりょう
  • テーマ:バレンタインデー

ホントの自分 編集

ホントの自分

2011年度 編集

新作10曲。放送尺2分。MTKロゴを画面左上に表示。

カラフル! 編集

カラフル!

英雄キッド 編集

英雄キッド

風の自転車 編集

オリジナル 編集

風の自転車

  • 初回放送日
    • 2011年06月20日 - 通常版
    • 2011年07月14日 - メイキングバージョン
  • 歌:浅賀玲音
  • 作詞・作曲:遊佐未森
  • PV出演:島田太一

エレクトロニカver. 編集

風の自転車 エレクトロニカver.

  • 初回放送日:2012年02月06日
  • 歌:浅賀玲音
  • 作詞・作曲:遊佐未森
  • 編曲:権藤知彦
  • 備考
    イベント「迷走劇場ウラシマ」で先行披露。役柄は浅賀が風の精、島田が女の先生に恋をする。

ロケット・モグラーに乗って 編集

ロケット・モグラーに乗って

  • 初回放送日
    • 2011年08月01日 - 通常版
    • 2011年10月03日 - レコーディングバージョン
  • 歌:矢部昌暉木島杏奈、浅賀玲音、長江崚行寺田朱里、ファデン咲美亜、椋木マルティン岡田結実
  • 作詞:小林克也
  • 作曲・編曲:ホッピー神山
  • 演奏:爆風銃
  • 備考
    ミュージック・ビデオには、2011年度の視聴者アバターが日替わりで出演。ミュージック・ビデオに登場した。視聴者のアバターは、応募した視聴者の所在都道府県とアバターネームが紹介されている。

Start line 編集

Start line

  • 初回放送日
    • 2011年08月22日 - 通常版
    • 2012年02月14日 - メイキングバージョン
  • 歌:木島杏奈、ファデン咲美亜
  • 作詞:Kat McDowell
  • 作曲:DAISHI DANCE
  • 編曲:Tomoharu Moriya
  • テーマ:メロディアスハウス曲

こんなもんじゃないブルース 編集

こんなもんじゃないブルース

スパイラルな日々と夢 編集

スパイラルな日々と夢

優しい武器 編集

優しい武器

  • 初回放送日
    • 2011年11月14日 - 通常版
    • 2012年03月28日 - メイキングバージョン
  • 歌:長江崚行
  • 作詞:工藤順子
  • 作曲:DAISHI DANCE
  • 編曲:Tomoharu Moriya

ギャラクシー刑事 編集

ギャラクシー刑事

荒野のひとしずく 編集

荒野のひとしずく

2012年度 編集

新作11曲。放送尺2分。MTKロゴを画面左上に表示。

夏休み期間中の8月に、大天才テレビジョンアーカイブスというコーナー扱いで、1998年度 - 2005年度までのMTKの中から、「極楽はどこだ」、「空にまいあがれ」、「わかってナイ!」、「BIG SMILE BABIES」、「クエスチョン」、「カンペキ」、「ヴォヤージュ±」、「僕はドライブ」が放送された。

ハイフライングガール 編集

ハイフライングガール

冒険少年R 編集

冒険少年R

空と海の光 編集

空と海の光

パタタピテ ポタツピテ 編集

パタタピテ ポタツピテ

世界のからくりと僕のゆびさき 編集

世界のからくりと僕のゆびさき

  • 初回放送日
    • 2012年09月03日 - 通常版
    • 2013年03月06日 - メイキングバージョン
  • 歌:浅賀玲音
  • 作詞・作曲・編曲:沖井礼二

公共電波にのっかって 編集

公共電波にのっかって

僕んとこ来いブルース 編集

僕んとこ来いブルース

街は冬に踊る 編集

街は冬に踊る

Revolution Perfect Game 編集

Revolution Perfect Game

アナコンダ・ラヴ♡ 編集

アナコンダ・ラヴ♡

Bound, Go Ahead! 編集

Bound, Go Ahead!

2013年度 編集

新作11曲。放送尺2分。MTKロゴを画面左上に表示。

再放送期間の2014年3月に、2011年度 - 2012年度のMTKも再放送された。

背中で美学 編集

背中で美学

水晶庭園 編集

水晶庭園

WARU WARU WORLDS ψ(`∇´)ψ! 編集

WARU WARU WORLDS ψ(`∇´)ψ!

マジックアワー 編集

マジックアワー

奇跡の子 編集

奇跡の子

ダークマター 編集

ダークマター

ゆーやけあきいろ 編集

ゆーやけあきいろ

  • 初回放送日
    • 2013年09月16日 - 通常版
    • 2014年03月19日 - メイキングバージョン
  • 歌:島田太一
  • 作詞・作曲:若松剛
  • 編曲:ボヤケルズ
  • テーマ:和風フォーク・ロック曲

Wonderful Charm 編集

Wonderful Charm

Jump'n'Jive 踊れ! 編集

Jump'n'Jive 踊れ!

クール・ジャパンでエエじゃないか! 編集

クール・ジャパンでエエじゃないか!

宝のアリカはQuestion 編集

宝のアリカはQuestion

天才てれびくんhello, 編集

2022年2月9日開始。新作4曲。通常放送尺1分30秒。エンディングテーマと放送枠共有。MTKロゴを画面左下に表示。

圧倒的 編集

圧倒的

  • 初回放送日
    • 2022年02月09日 - 1分30秒 通常版
    • 2022年02月21日 - 3分05秒 フルver.
  • 歌:ギュナイ滝美マウス ソニア大谷紅緒木村昴
  • 作詞:あっこゴリラ
  • 作曲:あっこゴリラ
  • 編曲:NEW K
  • 備考
    2022年2月21日放送回にて制作の裏側に密着した企画が放送。
    2022年度1学期でも引き続き放送された。

光の鍵 編集

光の鍵

  • 初回放送日:2022年09月05日
  • 歌:てれび戦士2022
  • 作詞:Kiichi
  • 作曲:塚田良平
  • 編曲:team.GAD
  • 備考
    作詞のKiichi、作曲の塚田良平は14年ぶりのMTK制作[7]

Be The World 編集

Be The World

七人だからレインボー 編集

七人だからレインボー(ななにんだからレインボー)

  • 初回放送日:2023年01月26日
歌・演奏
てれび戦士 楽器 カラー
マウスソニア ホルン    
阿比留照太 アルトサックス     オレンジ
香月萌衣 トランペット     イエロー
筧礼 オカリナ    
大野遥斗 タンバリン    
盛武美音 ハープ    
稲毛眞生 ウクレレ     パープル

2023年度 編集

2023年9月6日開始。放送尺1分30秒。エンディングテーマと放送枠共有。MTKロゴを画面左下に表示。

Be The World sustainable ver. 編集

Be The World sustainable ver.

ヒットをねらえ 編集

2000年度コーナー。MTKを世の中に広めるという事で、広瀬香美の音楽スクールでレッスンを受けデビューするというもの。

  • HONEY BEAT/MO-SHI-YA (モシヤ)
  • www.access.me/c@.mo.ne. (カモネ)

MO-SHI-YAのメンバー 編集

  • 山元竜一(ボーカル)
  • 饗場詩野(コーラス)
  • モニーク・ローズ(コーラス)

c@.mo.ne.のメンバー 編集

TTK ROCKS 編集

2001年度コーナー。歌の歌詞も公募から[4]

TIMKY 編集

コーナー内で生まれたバンドで、演奏はすべて自分たちで行っている[4]。バンド名はメンバー全員のイニシャルを並べたもの[4]

メンバー[4]
名前 担当 プロフィール
熊木翔
くまき しょう
ヴォーカル 中学1年
山元竜一
やまもと りゅういち
ギター 小学6年
俵小百合
たわら さゆり
ドラム 小学5年
岩井七世
いわい ななせ
キーボード 小学6年
村上東奈
むらかみ はるな
ベース 小学6年
俵有希子
たわら ゆきこ
コーラス 小学6年
種ともこ
たね ともこ
コーラス
曲目
  • 空になりたい

MTK全国オーディション2009 編集

2009年度に行われた企画。この様子は原則火曜日に隔週で放送された。視聴者とてれび戦士がMTKを一緒に歌う・踊るというコンセプトの元で、希望する視聴者のオーディションを行った。2009年2月に番組内、及び番組HPで当企画の発表があり、希望者の募集が開始された。企画発表当時は具体的にどのような歌を歌うのか、どの戦士とどういう形態で歌うのかははっきりしていなかったが、第1回目の放送にて、日本を代表とするプロデュース軍団にダンスミュージックを書き下ろしてもらい、「天てれの歌姫」こと重本ことりを中心とした5人組ダンスヴォーカルユニットを組んで歌うと発表された。

選考について 編集

  • 対象者は2009年4月時点で小学4年生から中学2年生の男女。
  • 「北海道・東北」「関東・甲信越」「東海・中部」「近畿・中国・四国」「九州・沖縄」の5ブロックに分けて審査した。審査は次の4段階。
    • ビデオ審査
      自分が歌っている、もしくは踊っている映像を撮り、締め切りまでにNHKに送る(締切はブロックごとに異なっていた)。この審査の合格者は全てのブロックを合わせて33人であった。
    • 実技審査
      各ブロックの選考会場にて歌、ダンスのパフォーマンスを審査員の前で披露する。披露する楽曲は基本的に自由だが、事前に審査員からパフォーマンスについての要望が伝えられていることがある。この審査の合格者は全てのブロックを合わせて13人であった。
    • 決勝大会(個人審査)
      NHKの505スタジオで行われた。課題曲「MY WINGS」を「歌部門」「歌&ダンス部門」「ダンス部門」の中から自分が勝負したいと思う分野を選び披露する。なお、このうち「ダンス部門」を選んだ者は、披露直前に審査員のKABA.ちゃんから対応力を見たいため、Bメロを事前の振り付けから変更し、アドリブで踊るように言われた。合格できたのは8人
    • 決勝大会(ユニット審査)
      個人審査で合格した8人を4人ずつに分け、重本ことりと仮想ユニットを組ませて課題曲「冬のアゲハ」を披露する。重本とよくマッチしていた4人を最終合格者とした。なお、この審査では、候補者はてれび戦士が木曜生放送で着ている衣装を着て披露に臨んだ。

コーナー関係者 編集

審査員 編集

  • 大石淳(番組チーフプロデューサー)
  • 石森洋(音楽プロデューサー)
  • ノリ(音楽ディレクター)
  • 塚田良平(MTK担当作曲家)
  • KABA.ちゃん(振付師)

司会 編集

Dream5 編集

この企画により、番組視聴者からオーディションで選ばれた4人と重本ことりによって結成されたユニット。

スタッフ 編集

お願い!編集長 天才てれびくんMAX Dream5スペシャル 編集

お願い!編集長』で放送された、2009年度の企画「MTK全国オーディション」の再放送リクエスト特集。

コーナー 初回放送日
MTK全国オーディション 九州沖縄ブロック 実技審査(高野洸、大原優乃) 2009年05月12日
MTK全国オーディション 関東甲信越ブロック 実技審査(日比美思) 2009年04月21日
MTK全国オーディション 北海道東北ブロック 実技審査(玉川桃奈) 2009年05月26日
MTK全国オーディション ファイナル 2009年09月02日
MTK全国オーディション 2009年09月08日
MTK全国オーディション 2009年09月17日
MTK「I don't obey〜僕らのプライド〜」 2009年10月05日

外部リンク

MTK全国オーディション2010 編集

2010年度前期に行われた企画。2010年1月11日(月)の放送にて告知。告知ナレーション:長江崚行鎮西寿々歌。 メインボーカルは脇菜々香

選考について 編集

  • 対象者は2010年4月の時点で中学生であること。
  • 「北海道・東北」「関東」「甲信越中部」「近畿・中国・四国」「九州・沖縄」の5ブロックに分けて審査した。審査は次の5段階。
    • ビデオ審査
      自分が歌っている、もしくは踊っている映像を撮り、締め切りまでにNHKに送る。この審査で各ブロック12人(ボーカル・ダンス各6人)に絞られた
    • ブロック実技審査・第1段階
      各ブロック審査まで残った12人の候補者を3人ずつ、4つのグループに分け、パフォーマンスを披露。各グループ1人(各部門2人、計4人)が第2段階へ進む。(グループ分けは、ダンス部門、ボーカル部門が混在しないように分けられる)どの曲でパフォーマンスをするかは候補者の自由。
    • ブロック実技審査・第2段階
      ブロック実技審査・第1段階と同日に行われる、ブロック代表として決勝大会(最終選考)に進む候補者を決める審査。なお、第1段階で落選した候補者が審査員の推薦枠で復活し、パフォーマンスをすることがあるため、必ずしも各部門2人、計4人がパフォーマンスをするとは限らない。
      ボーカル部門
      指定された課題曲を歌う。課題曲はブロック毎に変わる。
      ダンス部門
      第2審査直前に初めて聴いた課題曲に、短い時間でオリジナルの振り付けを考え披露する。こちらも、課題曲はブロック毎に変わる。
      なお、ブロック代表の枠はボーカル部門・ダンサー部門各1人(計2人)だが、審査員の推薦で特別枠が設けられることがあり、この人数を超えることがある。さらに、ブロック実技審査がすべて終わってから後日、審査員の推薦で決勝大会に進めることが候補者に明かされることがある。この結果、ブロック実技審査参加60人(ボーカル・ダンス各30人)がボーカル部門9人ダンス部門12人あわせて21人までに絞られた。
    • 最終選考(ダンス部門)
      審査員のHITOEの要望で3人1組でのダンス、審査員のISSAの要望で12人全員でのダンスを披露。合格できたのは6人
    • 最終選考(ボーカル部門)
      脇菜々香と共にDream5の「I don't obey〜僕らのプライド〜」を披露する。合格できたのは2人

コーナー関係者 編集

審査員 編集

司会 編集

  • 杉浦太陽
  • Dream5(初回放送と決勝のみ全員 2次審査はブロックごと1人)

HI's★cream 編集

HI's★cream
ジャンル J-POP
活動期間 2010年 - 2011年
レーベル 日本コロムビア
メンバー 脇菜々香
吉元優里菜
山下朋美
熊谷美波
藤田遥奈
成澤かりん
佐藤英理菜
竹井未来望
古口莉子

HI's★cream(ハイスクリーム)は、2010年度に2度目となる番組視聴者からオーディション(前述)で選ばれた8人と脇菜々香によって結成されたMTK内のユニット。通称HI's(ハイズ)。 ユニット名は、「『HI』とはより高く、高みを目指してもらうために。『cream』は一見聞くと、その可愛いイメージだけがあるかもしれないが、最上元、ハイクラスという意味が凄く含まれている名前で、その2つを織り交ぜたもので更なる高みを目指して頑張ってもらいたい。」と意味を込め、DA PUMPISSAが命名した。

メンバー
名前 担当 生年月日 出身地 脚注
脇菜々香
(わき ななか)
Vocal (1996-08-10) 1996年8月10日(27歳)
中学2年
大阪府
吉元優里菜
(よしもと ゆりな)
Vocal (1996-05-27) 1996年5月27日(27歳)
中学2年
鹿児島県
山下朋美
(やました ともみ)
Vocal (1997-10-15) 1997年10月15日
+ (2013-07-06) 2013年7月6日(15歳没)
中学1年
福岡県 [8]
熊谷美波
(くまがい みな)
Dancer (1995-12-25) 1995年12月25日(28歳)
中学3年
静岡県
藤田遥奈
(ふじた はるな)
Dancer (1996-03-22) 1996年3月22日(27歳)
中学3年
静岡県
成澤かりん
(なりさわ かりん)
Dancer (1995-09-16) 1995年9月16日(28歳)
中学3年
東京都
佐藤英理菜
(さとう えりな)
Dancer (1996-07-06) 1996年7月6日(27歳)
中学2年
福岡県
竹井未来望
(たけい みらの)
Dancer (1997-03-29) 1997年3月29日(26歳)
中学2年
東京都
古口莉子
(こぐち りこ)
Dancer (1997-11-06) 1997年11月6日(26歳)
中学1年
大阪府
曲目
  • 絶対 Catch A Dream
  • 恋してたいの

スタッフ 編集

  • ナレーション: 田中総一郎

てれび戦士プロデュース室 編集

2012年度放送。てれび戦士で結成されたアイドルユニット「てれびちゃん」を視聴者がプロデュースする企画。

放送日程 編集

  1. 2012年04月04日 特技披露で個性をチェック
  2. 2012年04月05日 メンバー決定
  3. 2012年04月12日 ユニット名決定
  4. 2012年04月26日 キャラクター名決定
  5. 2012年05月09日 ボイストレーニング
  6. 2012年06月13日 衣装デザイン決定
  7. 2012年07月11日 ダンス
  8. 2012年07月12日 衣装披露
  9. 2012年09月06日 「公共電波にのっかって」の歌詞解説
  10. 2012年09月10日 レコーディング
  11. 2012年09月11日 ザ・ベスト10
  12. 2012年10月31日 IDOL FIGHTER
  13. 2012年11月15日 NHK文化祭2012
  14. 2012年12月06日 ライブハウスデビュー

てれびちゃん 編集

キャラクター てれび戦士

   
てれびちゃん1号
電波ミルク
寺田朱里
中学2年

   
てれびちゃん2号
受信チョコ
岡田結実
小学6年

   
てれびちゃん3号
画面さくら
延命杏咲実
小学3年

参考文献 編集

音楽CD 編集

規格品番が複数ある商品は数値が最小の品番を記載。

シングル 編集

発売日 タイトル 規格品番 注釈 出典
1993年06月21日 YOU YOU YOU SRDL-3665 [注 1] [9][10][11][12]
1994年09月10日 がんばってダーリン! PODH-1223 [注 2] [13][14][15]
1995年09月06日 ガンバレ!アインシュタイン BVDR-1054 [注 3] [16][17][18]
1996年06月25日 星を見上げて KTDR-2160 [注 4] [19][20][21]
1997年05月08日 パリは恋の街 MEDV-11101 [注 5] [22][23][24]
1997年06月25日 BE ALL RIGHT!! WPD6-9132 [注 6] [25][26]
1997年12月10日 BANG BANG BANG TODT-5086 [注 7] [27][28][29]
1998年07月18日 君にクラクラ CODA-1586 [注 8] [30][31][32]
1999年11月20日 空のたまご COCC-15353 [注 9] [33][34][35]
2000年05月17日 スーパースピードスター RTCR-1007 [注 10] [36][37][38]
2000年10月21日 HONEY BEAT VICL-35193 [注 11] [39][40]
2001年04月21日 きらいじゃ・ブギ COCC-15393 [注 12] [41][42][43]
2003年07月23日 Go!Go!たまご丼 COCC-15541 [注 13] [44][45][46]
2007年05月23日 約束の場所へ〜シークレッツ・ユートピア〜 COCC-15988 [注 14] [47]
2008年05月21日 セカイをまわせ!〜ぼくらのカーニバル〜 COCC-16093 [注 15] [48]
2009年05月20日 Happy★Life COCC-16245 [注 16] [49]
2009年11月04日 I don't obey〜僕らのプライド〜 AVCD-31774 [注 17] [50][51]
2010年06月02日 セカイカラー★LOVE! COCC-16374 [注 18] [52]
2010年08月04日 僕らのナツ!! AVCD-31875 [注 19] [53][54]
2011年01月01日 恋のダイヤル6700 AVCD-31948 [注 20] [55][56]
2011年05月18日 Love Song COCC-16471 [注 21] [57]
2012年05月30日 恋する季節 COCC-16580 [注 22] [58]
2013年05月29日 告白 COCC-16727 [注 23] [59]
2018年09月05日 天才てれびくんYOU ESCL-5100 [注 24] [60][61]
2021年07月07日 ハローハロー / また明日 UPCH-5979 [注 25] [62]

ミニアルバム 編集

発売日 タイトル 規格品番 注釈 出典
2010年03月10日 RUN TO THE FUTURE AVCD-38076 [注 26] [63][64]
2011年05月04日 DAYS AVCD-38281 [注 27] [65][66]

アルバム 編集

発売日 タイトル 規格品番 注釈 出典
1999年06月19日 うたの詰め合わせ〜天てれ福袋〜 COCX-30443 [注 28] [67]
2000年06月01日 天てれ大入り袋〜ミュージックてれびくんパワード〜 COCX-30879 [注 29] [68]
2001年06月21日 天てれ宝船〜MTK the Third〜 COCX-31349 [注 30] [69]
2002年05月18日 天てれ歌まくら〜MTK the 4th〜 COCX-31852 [注 31] [70]
2002年11月21日 天てれ猫だましぃ〜MTK the 5th〜 COCX-32008 [注 32] [71]
2003年06月18日 天てれ上カルビ〜MTK the 6th〜 COCX-32210 [注 33] [72]
2003年12月17日 天てれビッグバン〜MTK the 7th〜 COCX-32474 [注 34] [73]
2004年06月30日 MTK the 8th COCX-32781 [注 35] [74]
2005年02月23日 MTK the 9th COCX-33095 [注 36] [75]
2005年07月27日 MTK The BEST I〜for LOVE COCX-33221 [注 37] [76]
2005年07月27日 MTK The BEST II〜for LIFE COCX-33222 [注 38] [77]
2006年03月01日 MTK the 10th COCX-33579 [注 39] [78]
2007年03月21日 MTK the 11th COCX-34241 [注 40] [79]
2008年02月20日 MTK the 12th COCX-34746 [注 41] [80]
2009年03月04日 MTK the 13th COCX-35392 [注 42] [81]
2010年03月03日 MTK the 14th COCX-36050 [注 43] [82]
2011年03月02日 MTK the 15th COCX-36636 [注 44] [83]
2012年02月29日 MTK the 16th COCX-37210 [注 45] [84]
2013年03月06日 MTK the 17th COCX-37822 [注 46] [85]
2014年03月05日 MTK the 18th COCX-38417 [注 47] [86]
2017年05月17日 NHK Let's天才てれびくん ベスト2014-2017 PCCG.01600 [注 48] [87]

未収録楽曲 編集

ミュージックてれびくんでCD化されていない楽曲【9曲】

  • 1999年度:スリラー(1999年度のオリジナルメンバーのもの)、ママ・ミア Mamma Mia、カーマは気まぐれ Karma Chameleon、The Longest Time
  • 2001年度:Everything You Do、Twilight
  • 2003年度:ぼくらのロック・シティ We built this city、Together Forever
  • 2004年度:ラジオスターの悲劇 Video killed the radio star

映像ソフト 編集

主な作品 編集

未収録楽曲 編集

ミュージックてれびくんのMVがDVD化されていない楽曲

  • 1998年度:「JUMP」
  • 1999年度:「スリラー」「ママ・ミア Mamma Mia」「カーマは気まぐれ Karma Chameleon」「The Longest Time」
  • 2001年度:「Everything You Do」「Twilight」
  • 2002年度から2005年度すべて
  • 2011年度から2013年度すべて

天才てれびくんワイド ミュージックてれびくん ザ・ビデオ 編集

天才てれびくんワイド ミュージックてれびくん ザ・ビデオ
天才てれびくんミュージック・ビデオ
リリース
レーベル NHKソフトウェア
テンプレートを表示

天才てれびくんワイド ミュージックてれびくん ザ・ビデオ』は、2003年1月24日NHKソフトウェアから発売されたビデオグラム

概要 編集

「ミュージックてれびくん」のミュージック・ビデオを収録した全3巻のVHSおよびDVD-Video。1998年度『天才てれびくん』の楽曲も収録されているが商品名は『天才てれびくんワイド』を冠している。洋楽の一部の曲が未収録となっている。

共通情報 編集

VHS版

税抜価格2800円。歌詞字幕、特典映像は一切なし。

DVD版

税抜価格3800円。共通特典「レコーディング・データ+ライナーノーツ(制作ウラ話)」。歌詞字幕オン・オフ機能はついているが、DVDの映像の歌詞字幕は編集されており、放送当時の映像では、特徴的な字幕、MTKのロゴ、間奏中に表示される編曲・演奏などの表示は一切ない。字体は丸ゴシック体で統一されている。しかし、「YAKINIC GO GO」「運命'99」「走れRUN2!」「Jump in the Line」では曲中の一部でMTKロゴが表示されている。そして、「www.access.me」はタイトルのロゴと歌っているユニットのロゴまでもが編集で消されている。特典映像の歌詞字幕はオン・オフ機能はついていない。

ザ・ビデオI 編集

1998年度と1999年度のMTKを収録。

規格 規格品番 ISBN EAN / JAN
VHS NSVA-6349 9784872443530 JAN 4988066130137
DVD NSDS-6353 9784872443561 JAN 4988066130168
VHS / DVD
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「8cm」  ウエンツ瑛士
2.「恋はあせらず」  ジャスミン・アレン
3.「YAKINIC GO GO」  松川佳以
4.「YOU ARE MY DREAM」  佐久間信子、中田あすみ
5.「極楽はどこだ」  ザ・フルース・フラザース
6.「恋のギルティー Love in the first degree」  モンキークイーン
7.「空にまいあがれ」  伊藤俊輔
8.「Can do it!」  ウエンツ瑛士、福田亮太、山元竜一、Gofull-Sun
9.「ゴォ!」  棚橋由希
10.「恋は早いもの勝ち」  大沢あかね、中田あすみ
11.「ハッピーマン」  矢嶋里紗
12.「君の声がする」  饗場詩野
13.「運命'99」  悪魔なエンジェル
14.「はるかな旅へ」  福田亮太、橋田紘緒、須田泰大
15.「世界中の全ての色」  ウエンツ瑛士、伊藤俊輔、ジャスミン・アレン
DVD 特典
#タイトル作詞作曲・編曲
16.「YOU ARE MY DREAM」(公園デート Ver.)  佐久間信子、中田あすみ
17.「空にまいあがれ」(謎の船旅 Ver.)  伊藤俊輔
18.「恋は早いもの勝ち」(謎の船旅 Ver.)  大沢あかね、中田あすみ

ザ・ビデオII 編集

2000年度のMTKを収録。

規格 規格品番 ISBN EAN / JAN
VHS NSVA-6350 9784872443547 JAN 4988066130144
DVD NSDS-6354 9784872443578 JAN 4988066130175
VHS / DVD
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「Roam 〜愛があれば〜」  ワイルドベリーズ
2.「たんぽぽ」  福田亮太
3.「ダイナマイト Dynamite」  ザ・ヤマチーズ
4.「おかしな午後」  安齊舞
5.「走れRUN2!」  ランランズ
6.「ラッキー・ラブ I should be so lucky」  スウィート・ピクルス
7.「わかってナイ!」  水ふうせん
8.「I LIKE YOU」  ザ・フルース・フラザース2000
9.「HONEY BEAT」  MO-SHI-YA
10.「SUPERGIRL」  石田比奈子
11.「Angel snow」  中田あすみ
12.「愛はきらめきの中に How deep is your love?」  セブン・ハーツ
13.「歩いていこう」  プチ・チェリーズ
14.「www.access.me」  c@mo.ne.
DVD 特典
#タイトル作詞作曲・編曲
15.「たんぽぽ」(スーパーライブ Ver.)  福田亮太
16.「おかしな午後」(スーパーライブ Ver.)  安齊舞
17.「歩いていこう」(スーパーライブ Ver.)  プチ・チェリーズ

ザ・ビデオIII 編集

2001年度のMTKを収録。

規格 規格品番 ISBN EAN / JAN
VHS NSVA-6351 9784872443554 JAN 4988066130151
DVD NSDS-6355 9784872443585 JAN 4988066130182
VHS / DVD
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「君のそばにいたい I only want to be with you」  ハッスル3
2.「本当は何になりたいんだろう」  バースデイ・ガール
3.「元気を出して Gotta Pull Myself Together」  アップル・シェイク
4.「きれいな水」  熊木翔
5.「本日晴天」  俵有希子
6.「VACATION」  ホリデーズ
7.「花のランランパワー」  ノーティー・ハリー
8.「BIG SMILE BABIES」  ダーブロウ有紗
9.「Jump in the Line」  角田信朗
10.「Be My Friend」  モニーク・ローズ
11.「クレマチス」  山川恵里佳
12.「Material Girl」  3サイズ with コバンザメ
13.「空になりたい」  TIMKY
DVD 特典
#タイトル作詞作曲・編曲
14.「きれいな水」(スーパーライブ Ver.)  熊木翔
15.「サッポロ・ララバイ」(スーパーライブ Ver.)  熊木翔
16.「BIG SMILE BABIES」(スーパーライブ Ver.)  ダーブロウ有紗
17.「本当は何になりたいんだろう」(スーパーライブ Ver.)  バースデイ・ガール
18.「花のランランパワー」(魔法塾 Ver.)  ノーティー・ハリー

外部リンク 編集

天才てれびくんMAX MTKコレクション 2006〜2008 編集

天才てれびくんMAX MTKコレクション 2006〜2008
天才てれびくんミュージック・ビデオ
リリース
時間
レーベル 日本コロムビア
テンプレートを表示

天才てれびくんMAX MTKコレクション 2006〜2008』は、2011年1月19日に発売されたDVD-Video

概要 編集

『天才てれびくんMAX』の2006年度から2008年度に放送されたMTKを収録。歌詞字幕表示の「あり」「なし」選択機能あり。「Sing for You〜ボクらの未来へ〜」は歌詞テロップ入りの特典映像。

商品情報 編集

収録曲 編集

#タイトル作詞作曲・編曲
1.「ダンゼン!未来」  
2.「ユウキスイッチ」  
3.「誕生日のうた2006」  
4.「Friends&Dreams」  
5.「冬のアゲハ」  
6.「約束の場所へ〜シークレッツ・ユートピア〜」  
7.「チャチャマンボでおどろうよ」  
8.「オレンジ」  
9.「空宙ブランコ」  
10.「はちみつ(HONEY CHEEKS)」  
11.「冬のキャンドル」  
12.「コノユビトマレ!」  
13.「セカイをまわせ!〜ぼくらのカーニバル〜」  
14.「勇気は時を超える」  
15.「ラズベリー・パンチ♪」  
16.「スピードスター SPEEDSTER」  
17.「Forever the Moment〜永遠の一瞬〜」  
18.「ひまわり」  
19.「ほんとはあの娘が好きなのに…」  
20.「Sing for You〜ボクらの未来へ〜 Ver.1」  
21.「Sing for You〜ボクらの未来へ〜 Ver.2」(メモリアル映像入り)  

外部リンク 編集

天才てれびくんMAX MTKコレクション 2009〜2010 編集

天才てれびくんMAX MTKコレクション 2009〜2010
天才てれびくんミュージック・ビデオ
リリース
時間
レーベル 日本コロムビア
テンプレートを表示

天才てれびくんMAX MTKコレクション 2009〜2010』は、2011年5月18日に発売されたDVD-Video

概要 編集

『天才てれびくんMAX』の2009年度と2010年度に放送されたMTKを収録。歌詞字幕表示の「あり」「なし」選択機能あり。

商品情報 編集

収録曲 編集

#タイトル作詞作曲・編曲
1.「Happy★Life」  
2.「MY WINGS」  
3.「ダン!ドン!」  
4.「結の歌」  
5.「夢のチカラ」(ライブバージョン)  
6.「I don't obey〜僕らのプライド〜」  
7.「愛のトライアングル」  
8.「Let me dream」  
9.「太陽と流星群」  
10.「さぁーいこー」  
11.「タビダチノウタ」  
12.「きっと、大丈夫」  
13.「夢のチカラ」(オリジナルバージョン)  
14.「セカイカラー☆LOVE!」(レッドバージョン)  
15.「セカイカラー☆LOVE!」(ブルーバージョン)  
16.「セカイカラー☆LOVE!」(グリーンバージョン)  
17.「SWEET♥ROSES」  
18.「Kick the EARTH」  
19.「絶対 Catch A Dream」  
20.「僕らのナツ!!」  
21.「アオゾラララ」  
22.「ささやきの天使」  
23.「じかん のびちぢみ」  
24.「恋のダイヤル6700」  
25.「二人授業」  
26.「恋してたいの」  
27.「ホントの自分」  
28.「アオゾラララ」(ライブバージョン)  

外部リンク 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 表題曲:1993年度 - 1994年度ED / 1993年度 - 1995年度OP「タイムマシーンでいこう」収録
  2. ^ 表題曲:1994年度ED / ポコ・ア・ポコ「ハートでジャム・JAM・ジャーム」収録
  3. ^ 表題曲:1995年度ED / ポコ・ア・ポコ「大人になれるかな?」収録
  4. ^ 表題曲:1996年度OP
  5. ^ 表題曲:1997年度OP
  6. ^ 表題曲:1997年度ED
  7. ^ 表題曲:1997年度ED
  8. ^ 表題曲:1998年度ED
  9. ^ 表題曲:1999年度挿入歌
  10. ^ 表題曲:2000年度OP
  11. ^ 表題曲:2000年度MTK / 2000年度MTK「www.access.me」収録
  12. ^ 表題曲:2001年度ED / 2000年度MTK「Angel snow」収録
  13. ^ 表題曲:2003年度MTK
  14. ^ 表題曲:2007年度メインテーマ / 2006年度MTK「冬のアゲハ」収録
  15. ^ 表題曲:2008年度メインテーマ / 2008年度MTK「勇気は時を超える」収録 / 2007年度MTK「冬のキャンドル」「コノユビトマレ!」収録
  16. ^ 表題曲:2009年度メインテーマ / 2008年度MTK「Sing for You〜ボクらの未来へ〜」収録
  17. ^ 表題曲:2009年度MTK
  18. ^ 表題曲:2010年度メインテーマ / 2009年度MTK「きっと、大丈夫」収録
  19. ^ 表題曲:2010年度MTK
  20. ^ 表題曲:2010年度MTK
  21. ^ 表題曲:2011年度ED / 2011年度OP、2010年度MTK「ホントの自分」収録
  22. ^ 表題曲:2012年度ED / 2012年度OP、2011年度MTK「風の自転車 エレクトロニカVer.」「荒野のひとしずく」収録
  23. ^ 表題曲:2013年度ED / 2013年度OP、2012年度MTK「Bound, Go Ahead!」収録
  24. ^ 『天才てれびくんYOU』「DAIJOUBU!」「たてっ!よこっ!ななめっ!みんなのちから!」収録
  25. ^ 表題曲:『天才てれびくんhello,』ED
  26. ^ 2009年度MTK「タビダチノウタ」「I don't obey〜僕らのプライド〜」収録
  27. ^ 2010年度MTK「僕らのナツ!!」「恋のダイヤル6700」収録
  28. ^ 1998年度MTK、1999年度初期MTK、1999年度テーマ収録
  29. ^ 1999年度MTK、2000年度テーマ収録
  30. ^ 2000年度MTK、2001年度テーマ収録
  31. ^ 2001年度MTK、2000年度MTK「ダイナマイト」、2002年度テーマ収録
  32. ^ 2002年前半MTK、2002年度テーマ収録
  33. ^ 2002年後半MTK、2003年度テーマ収録
  34. ^ 2003年度前半MTK、2003年度番組テーマ収録
  35. ^ 2003年度後半MTK、2004年度テーマ収録
  36. ^ 2004年度MTK、2004年度テーマ収録
  37. ^ 1998年度 - 2004年度MTKから恋愛関係曲を収録
  38. ^ 1998年度 - 2004年度MTKから人気曲を収録
  39. ^ 2005年度MTK収録
  40. ^ 2006年度MTK収録
  41. ^ 2007年度MTK収録
  42. ^ 2008年度MTK収録
  43. ^ 2009年度MTK収録
  44. ^ 2010年度MTK収録
  45. ^ 2011年度楽曲収録
  46. ^ 2012年度楽曲収録
  47. ^ 2013年度楽曲収録
  48. ^ 2014年度 - 2016年度楽曲収録

出典 編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl 企画,制作:NHKソフトウェア『ミュージックてれびくん ザ・ビデオI』発行,販売:NHKソフトウェア、2003年
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw 企画,制作:NHKソフトウェア『ミュージックてれびくん ザ・ビデオII』発行,販売:NHKソフトウェア、2003年
  3. ^ a b c 発行:NHKサービスセンター『NHK-CD 天才てれびくんワイド 天てれ宝船 〜MTK The Third〜』発売:コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社、2001年6月21日
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr ds dt du dv dw dx dy dz ea eb ec ed ee ef eg eh ei ej ek el em en eo ep eq er es 企画,制作:NHKソフトウェア『ミュージックてれびくん ザ・ビデオIII』発行,販売:NHKソフトウェア、2003年
  5. ^ 細川 藍プロフィール”. Asian Eye. シュガー&スパイス. 2007年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月25日閲覧。
  6. ^ a b c ◆テレビ&配信”. 作品情報. カンパニーAZA (2017年4月28日). 2017年7月24日閲覧。
  7. ^ 日本放送協会. “新MTK「光の鍵」完成! - 天才てれびくんhello,”. 天才てれびくんhello, - NHK. 2022年10月8日閲覧。
  8. ^ 楽屋 らくや 終了 - 2013年7月9日 演劇集団フリーダム
  9. ^ 国立国会図書館書誌ID:000009058343
  10. ^ YOU YOU YOU すかんち”. ORICON NEWS. 2023年5月20日閲覧。
  11. ^ すかんち / ユー・ユー・ユー”. CDJournal. 2023年5月20日閲覧。
  12. ^ 1993.06.21 シングル You You You”. Sony Music. 2023年5月20日閲覧。
  13. ^ 国立国会図書館書誌ID:000009059570
  14. ^ がんばってダーリン! クリマカーユ”. ORICON NEWS. 2023年5月20日閲覧。
  15. ^ クリマカーユ / がんばってダーリン!”. CDJournal. 2023年5月20日閲覧。
  16. ^ 国立国会図書館書誌ID:000009060426
  17. ^ ガンバレ!アインシュタイン ダチョウ倶楽部 with 新テレビ戦士”. ORICON NEWS. 2023年5月20日閲覧。
  18. ^ ダチョウ倶楽部 with てれび戦士 / ガンバレ! アインシュタイン”. CDJournal. 2023年5月20日閲覧。
  19. ^ 国立国会図書館書誌ID:000009061083
  20. ^ 星を見上げて SWITCH”. ORICON NEWS. 2023年5月20日閲覧。
  21. ^ スイッチ / 星を見上げて”. CDJournal. 2023年5月20日閲覧。
  22. ^ 国立国会図書館書誌ID:000009061224
  23. ^ パリは恋の街 TT.Charlie”. ORICON NEWS. 2023年5月20日閲覧。
  24. ^ T T.チャーリー / パリは恋の街”. CDJournal. 2023年5月20日閲覧。
  25. ^ Be All Right!! 河相我聞”. ORICON NEWS. 2023年5月20日閲覧。
  26. ^ 河相我聞 / ビー・オール・ライト!!”. CDJournal. 2023年5月20日閲覧。
  27. ^ 国立国会図書館書誌ID:000009057345
  28. ^ BANG BANG BANG キャイーン with テレビ戦士”. ORICON NEWS. 2023年5月20日閲覧。
  29. ^ キャイーン with てれび戦士 / バン・バン・バン”. CDJournal. 2023年5月20日閲覧。
  30. ^ 国立国会図書館書誌ID:000009061557
  31. ^ 君にクラクラ てれび戦士”. ORICON NEWS. 2023年5月20日閲覧。
  32. ^ NHK「天才てれび君」 / NHK「天才てれび君」'98年度エンディングテーマ / 君にクラクラ”. CDJournal. 2023年5月20日閲覧。
  33. ^ 国立国会図書館書誌ID:000009028022
  34. ^ NHK教育テレビ「天才てれびくんワイド」~一芸を磨け~コーナー・タイトル 浜野和子”. ORICON NEWS. 2023年5月20日閲覧。
  35. ^ NHK教育テレビ「天才てれびくんワイド」~一芸を磨け!コーナー・タイトル 空のたまご”. CDJournal. 2023年5月20日閲覧。
  36. ^ 国立国会図書館書誌ID:000009033642
  37. ^ スーパースピードスター carnies”. ORICON NEWS. 2023年5月20日閲覧。
  38. ^ カーニーズ / スーパースピードスター”. CDJournal. 2023年5月20日閲覧。
  39. ^ HONEY BEAT MO-SHI-YA”. ORICON NEWS. 2023年5月20日閲覧。
  40. ^ MO-SHI-YA / HONEY BEAT”. CDJournal. 2023年5月20日閲覧。
  41. ^ 国立国会図書館書誌ID:000009043860
  42. ^ きらいじゃ・ブギ てれび戦士 2001”. ORICON NEWS. 2023年5月20日閲覧。
  43. ^ NHK「天才てれびくんワイド」2001年度エンディング・テーマ~きらいじゃ・ブギ / Angel snow”. CDJournal. 2023年5月20日閲覧。
  44. ^ 国立国会図書館書誌ID:000004198571
  45. ^ Go!Go!たまご丼 間寛平 with TDD”. ORICON NEWS. 2023年5月20日閲覧。
  46. ^ NHK「天才てれびくんMAX」~Go!Go!たまご丼 / 間寛平 with TDD”. CDJournal. 2023年5月20日閲覧。
  47. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX 2007テーマ曲「約束の場所へ〜シークレッツ・ユートピア〜」”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  48. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX 2008テーマ曲「セカイをまわせ!〜ぼくらのカーニバル〜」”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  49. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX 2009テーマ曲「Happy★Life」”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  50. ^ AVCD-31774 I don't obey~僕らのプライド~”. avex portal. 2023年5月20日閲覧。
  51. ^ AVCD-31775 I don't obey~僕らのプライド~”. avex portal. 2023年5月20日閲覧。
  52. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX 2010年度MTK第1弾「セカイカラー★LOVE!」”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  53. ^ AVCD-31875 僕らのナツ!!”. avex portal. 2023年5月20日閲覧。
  54. ^ AVCD-31876 僕らのナツ!!”. avex portal. 2023年5月20日閲覧。
  55. ^ AVCD-31948 恋のダイヤル6700”. avex portal. 2023年5月20日閲覧。
  56. ^ AVCD-31949 恋のダイヤル6700”. avex portal. 2023年5月20日閲覧。
  57. ^ NHK-CD 大!天才てれびくん「Love Song」”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  58. ^ NHK-CD 大!天才てれびくん「恋する季節」”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  59. ^ NHK-CD 大!天才てれびくん「告白」”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  60. ^ シングル 天才てれびくんYOU【初回生産限定盤】”. Sony Music. 2023年5月20日閲覧。
  61. ^ シングル 天才てれびくんYOU”. Sony Music. 2023年5月20日閲覧。
  62. ^ てれび戦士 CD MAXI ハローハロー / また明日”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2023年5月20日閲覧。
  63. ^ AVCD-38076 RUN TO THE FUTURE”. avex portal. 2023年5月20日閲覧。
  64. ^ AVCD-38077 RUN TO THE FUTURE”. avex portal. 2023年5月20日閲覧。
  65. ^ AVCD-38281 DAYS”. avex portal. 2023年5月20日閲覧。
  66. ^ AVCD-38282 DAYS”. avex portal. 2023年5月20日閲覧。
  67. ^ NHK-CD 天才てれびくんワイド うたの詰め合わせ”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  68. ^ NHK-CD 天才てれびくんワイド 天てれ大入り袋”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  69. ^ NHK-CD 天才てれびくんワイド 天てれ宝船 MTK The Third”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  70. ^ NHK-CD 天才てれびくんワイド 天てれ歌まくら MTK the 4th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  71. ^ NHK-CD 天才てれびくんワイド 天てれ猫だましぃ MTK the 5th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  72. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX 天てれ上カルビ MTK the 6th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  73. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX 天てれビッグバン MTK the 7th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  74. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX MTK the 8th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  75. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX MTK the 9th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  76. ^ NHK-CD 天才てれびくん MTK The BEST I〜for LOVE”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  77. ^ NHK-CD 天才てれびくん MTK The BEST II〜for LIFE”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  78. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX MTK the 10th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  79. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX MTK the 11th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  80. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX MTK the 12th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  81. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX MTK the 13th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  82. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX MTK the 14th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  83. ^ NHK-CD 天才てれびくんMAX MTK the 15th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  84. ^ NHK-CD 大!天才てれびくん MTK the 16th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  85. ^ NHK-CD 大!天才てれびくん MTK the 17th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  86. ^ NHK-CD 大!天才てれびくん MTK the 18th”. 日本コロムビア. 2023年5月20日閲覧。
  87. ^ NHK Let's天才てれびくん サウンドトラック”. ポニーキャニオン. 2023年5月20日閲覧。

外部リンク 編集