メインメニューを開く
『ミライダガッキ』筐体

ミライダガッキ』(英記:FutureTomTom)は、コナミアミューズメント(2016年10月まではコナミデジタルエンタテインメント)が2013年6月20日に稼働開始した、BEMANIシリーズ音楽シミュレーションのアーケードゲームである。タイトルは英記も含め『ミライダガッキ -FutureTomTom-』と表記されることもある[1]

2013年12月18日には、システムなどに大幅な改変を施した『ミライダガッキ Ver.2』が稼働。

目次

概要編集

同社のToy'sMarchHELLO! POP'N MUSIC等の流れを汲む、音楽ゲーム初心者ユーザーを主なターゲットに据えた作品である[2]。2つ~4つのパッドをバチで叩く操作に加え、内蔵されたKinectによるポーズ認識機能が付いているのが特徴で、バチで叩く操作はDrumMania、ポーズ認識機能はDance Evolution ARCADEを組み合わせたようなものである。システム基盤は、PCベースであるWindows 7(組み込み向けのWindows Embedded standard 7)を使用。

収録曲は、jubeatREFLEC BEAT同様に、ライセンス曲が中心となっているが、一部コナミオリジナル曲も含まれている。特に過去の全機種に収録されているDJ YOSHITAKAの『FLOWER』、紅色リトマスの『凛として咲く花の如く』も収録されている。

プロデューサーはナカムラマサル[3]、ディレクターはU1-ASAMi[4]、サウンドディレクターは村井聖夜[5]とAkhuta。

2015年7月15日よりオフライン稼働に対応した追加キットによるバージョンアップが随時行われ、同月31日より前記を適用していない筐体はサービス終了となった。バージョンアップを適用した筐体でのe-AMUSEMENT接続サービスはその後も継続していたが、それまでの隠し楽曲がすべて無条件解禁され、単体でのオフライン稼働も可能になった。

2017年8月31日をもってe-AMUSEMENT接続サービスが終了し、以降はオフラインのみの稼働となっている。

プレイモード編集

ヒトリダガッキ
1人プレイ用のモード。4つのパッドを全て使用する。
フタリダガッキ
2人プレイ用のモード。パッドはそれぞれ左右2枚ずつを使う。「対戦」「協力」「カップル」の3つのスタイルがあり、曲の途中で叩くパッドが入れ替わったり、相性診断などのイベントが発生する。

遊び方編集

画面上方から流れてくるオブジェに合わせて、対応したパッドをタイミングよく叩く。ポーズのオブジェが流れてきた場合は、描かれているイラストと同じポーズを取る。判定は「ジャスト」「グレイト」「グッド」「アッ!」の4種類。1度も「アッ!」判定を出さずに最後までコンボを続けた場合、フルコンボとなる。また、全て「ジャスト」判定を出すとパーフェクトプレイとなる。

Aランク以上を出すことでステージクリアとなるが、Bランク以下でも途中でゲームオーバーになることは無く、必ず2曲演奏できる。

お面について編集

コナミオリジナル曲のお面は、初出機種や連動イベントによって変わる。

  • beatmania IIDX - 1P:トラン、2P:ユニバーサル度胸兄弟(赤)
  • pop'n music - 1P:ニャミ、2P:ミミ
  • jubeat
    • 初出がcopious以前 - 1P:コンシェルジュ、2P:スミス
    • 初出がsaucer - 1P:スミス、2P:コンシェルジュ
  • Dance Dance Revolution - 1P:AFRO、2P:EMI
  • REFLEC BEAT - 1P:パステルくん、2P:パステルくん(ピンク)
  • GITADORA - 1P:オトベア(緑)、2P:オトベア(黄)
  • 例外がある曲
    • 灼熱Beach Side Bunny - 灼熱くん(1P:純正、2P:青)
    • DOUBLE IMPACT - 1P:スミス、2P:オトベア(緑)[6]
    • アルストロメリア、Do The Evolution、Chronos、Riot of Color - 期間限定で「TAG生誕祭専用お面」が使用できた。
    • ひなビタ♪楽曲 - 曲に対応する各メンバー

Ver.2での変更点編集

  • 新ノートの追加。
    • 起点となる「トリガースター」を叩いた後の数ノートが高得点の「ボーナススター」になる「スターノート」
    • 既存の連打ノートに似ているが、ノートが消える前にノートに表示された回数(「すばやく○○打」と表示される)叩かなければならない「ロールノート」
    • 最初のノートを叩くとヒートアップ開始、ヒートアップ中はスコアが2倍になるが、ヒートアップ終了までに1度でもミスするとノートが弾け飛んでヒートアップが強制終了してしまう「ヒートアップノート」

それに伴い、Ver.1で収録されていた楽曲の譜面・難易度が変更された。

  • クリア条件が緩和された。Aランク以上=達成率70%以上でクリアとなる。(REFLEC BEATのACHIEVEMENT RATEに近い方式)
  • スコア表示の変更。Ver.1では5桁(10000点満点)だったが、Ver.2では7桁になった。
  • AAAを超えるランク「AAA☆(トリプルエースター)」の追加。
  • 一部ユーザーから「お面を外してプレイしたい」の要望に応える形で、プレー開始前にお面の有無を選択できるようになった。

出典編集

  1. ^ ミライダガッキ -FuruteTomTom- 設置店舗検索” (2016年2月5日). 2016年2月5日閲覧。
  2. ^ インタビュー特集 第1弾 ~ミライダガッキ from U1-ASAMi~” (2013年2月8日). 2013年7月20日閲覧。
  3. ^ 筐体に表示されているクレジット表記より
  4. ^ ジャパンアミューズメントエキスポ2013のステージイベントで発表
  5. ^ ジャパンアミューズメントエキスポ2013のステージイベントで発表
  6. ^ ギタ・ドラ・jubeat大夏祭りによる同時配信のため。

外部リンク編集