ミライヘノツバサ

ミライヘノツバサ(英:Miraieno Tsubasa,2013年4月27日 - )は、日本の競走馬。主な勝鞍は2020年のダイヤモンドステークス

ミライヘノツバサ
Miraieno Tsubasa(JPN) IMG 8958-1 20161023.jpg
第77回菊花賞出走時
(2016年10月23日)
欧字表記 Miraieno Tsubasa
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 2013年4月27日(7歳)
抹消日 2020年6月5日[1]
ドリームジャーニー
タムロブライト
母の父 シルバーチャーム
生国 日本の旗 日本青森県七戸町
生産 諏訪牧場
馬主 三島宣彦
調教師 伊藤大士美浦
競走成績
生涯成績 25戦5勝
獲得賞金 1億4486万8000円
 
勝ち鞍
GIII ダイヤモンドステークス 2020年
テンプレートを表示

経歴編集

デビュー前編集

2013年4月27日、TTGの一角として名を馳せたグリーングラスや本馬の祖母タムロチェリーなどを生産した青森県の諏訪牧場で誕生。タムロチェリーは繁殖入り後3頭の仔を残したが、がんのため8歳で早世しており、その唯一の後継繁殖牝馬が本馬の母タムロブライトである[2]

その後、2014年7月14日のセレクトセールに「タムロブライトの2013」として上場。後にオーナーとなる三島宣彦と管理調教師となる伊藤大士も会場に出向いていたが、両者が事前にピックアップしていた馬はいずれも予算オーバーで購入できず、帰ろうとした時に偶然すれ違ったのが本馬であった。「この馬がセラれるところも見ていこう」という話になり、1000万円で三島が落札。伊藤厩舎に入厩しデビューとなった[3]

2015年(2歳)- 2016年(3歳)編集

2015年10月17日東京の2歳新馬戦に鞍上内田博幸でデビュー。ここは6着に敗れるも、次走の未勝利戦では2着に入った。

翌2016年、年明け2戦目となる3歳未勝利戦で初勝利を飾る。次走の山吹賞(500万下)ではスローの中で2番手から競馬を進めると、最後は逃げ馬を交わして勝利[4]。これで自己条件連勝となり、中央競馬クラシック三冠路線に入ることとなった[5]

クラシック初戦の皐月賞には中1週で臨むこととなったが、伊藤調教師は「順調にきてますね。心肺機能の素晴らしい馬。こういう状態で使えるのは心強い」[6]とし、調教助手も「器用さは中山で生きると思います」とコメント[7]。しかし12番人気で臨んだレース本番では、終始後方のまま11着に敗れた。

その後はラジオNIKKEI賞8着と阿寒湖特別(1000万下)5着を挟み、習志野特別(1000万下)で2番手から抜け出し3勝目を飾る[8]。迎えた菊花賞では逃げの手を打ち、最後は失速して13着に敗れたものの、鞍上の藤岡康太は「直線半ばまで踏ん張ってくれましたし、よく頑張っています。先々楽しみです」とコメントした[9]

クラシックでの上位入線はならなかったが、伊藤調教師にとっては管理馬初の牡馬クラシック出走、牝馬を含めても2014年にクリスマス優駿牝馬に出走して以来のクラシック参戦となった[注 1]。伊藤調教師は「私の厩舎を初めて皐月賞や菊花賞に連れて行ってくれた馬になりました。当然、期待はどんどん大きくなりました」と語っている[3]

2017年(4歳)編集

年明け初戦には自己条件の迎春ステークス(1600万下)を選択し、2番手追走から抜け出す競馬で2馬身差の快勝を飾る[11]。続くアメリカジョッキークラブカップでは3番人気に推され、最終コーナーで先頭に立つ積極策を敢行したが、最後は内のタンタアレグリアと外のゼーヴィントに差し切られ3着に惜敗した[12]

次走の日経賞では逃げ馬を2番手から追走する絶好の展開の中、最後の直線で一気に先頭に立ったものの、ゴール前でシャケトラの差し脚に屈し2着。鞍上の藤岡佑介は「中身のあるいい競馬でしたが、あそこまでいったら勝ちたかったです。悔しいですね」とコメントした[13]

重賞での好走を続けていた本馬だったが、日経賞出走後に右前脚の屈腱炎を発症。約1年6カ月の長期休養を余儀なくされた[3]

2018年(5歳)- 2019年(6歳)編集

2018年のオールカマーで復帰(10着)したものの、脚元の不安から調教は坂路のみとなり、「だましだまし休みながら使わざるをえない形」[3]となる。2019年福島テレビオープンの3着以外はオープン戦でも二桁着順を重ねるなど精彩を欠く競馬が続き、年末には初のダート戦に挑んだものの離された最下位に大敗した。

2020年(7歳)編集

明けて7歳となり、伊藤調教師は「自分の不甲斐無さもあって大きなタイトルを取らせてあげる事が出来なかった……」「芦毛だから誘導馬として生かしてあげる手はあるのでは……」と考えたという。JRAに相談した結果、引退後は馬事公苑に預けられることが決まり、オーナーとの話し合いの後「『じゃあ、とりあえずもう1回使おう』と。そこで10着以下に負けるようなら即、馬事公苑に引き取ってもらおう」との思いから白富士ステークスへの出走が決定した[3]

「ラストランとなるなら悔いの残らないように仕上げよう」と調教を積んで迎えたレース本番では、出走馬14頭中最低人気ながら勝ち馬と0.6秒差の8着に好走した。この結果を受け、再び調教を積んでダイヤモンドステークスに出走することとなった[3]

ダイヤモンドステークス編集

ダイヤモンドステークスは賞金順で除外の可能性もあったことから小倉大賞典への登録も行っていたが、除外は無く出走が決定。鞍上には前走から引き続いての騎乗となる木幡巧也を迎えた。大外枠からの出走となったレースでは中団に位置を取って競馬を進めると、最後の直線では内に進路を取り、外から伸びて来たメイショウテンゲンとの叩き合いをハナ差で制して優勝した[14]

これが重賞初制覇となり、伊藤調教師にとっても管理馬初の重賞制覇[3]、本馬の父ドリームジャーニーにとっても産駒初の中央重賞制覇[15]、青森県産馬によるJRA重賞制覇は2008年ローズステークスマイネレーツェル以来12年振り[16]という快挙続きの勝利となった。さらに本馬の単勝オッズは出走馬16頭中最低人気の325.5倍であり、重賞での単勝高配当記録としては1989年エリザベス女王杯サンドピアリス(430.6倍)と1998年日経賞のテンジンショウグン(355.7倍)に次ぐ史上3番目の高配当となった[17]

レース後、鞍上の木幡は「相手の勢いが良かったし、負けたかと思いました。踏ん張ってくれて感謝しています」とコメント[18]。伊藤調教師は「重賞初制覇まで長かったですね。今まで重賞を取らせてあげられなかった馬もたくさんいました。それでも我慢してやってきたことが恩返しになってくれたのかなとも思います」と語った[19]

引退編集

ダイヤモンドステークス後は天皇賞(春)に出走するも12着、次走の目黒記念は13着に敗れる。目黒記念出走後には再び右前脚に屈腱炎を発症し9カ月以上の休養を要する見込みとなった[20]ため引退が決定し、6月5日付で競走馬登録を抹消。引退後は東京競馬場で誘導馬となる予定。[1]

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.comの情報[21]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2015.10.17 東京 2歳新馬 芝1800m(稍) 12 6 7 022.90(5人) 06着 R1:54.1(34.6) -0.9 0内田博幸 55 アグレアーブル 476
0000.12.12 中山 2歳未勝利 芝2000m(良) 18 8 18 010.60(5人) 02着 R2:03.2(36.0) -0.6 0内田博幸 55 ステイパーシスト 482
2016.01.05 中山 3歳未勝利 芝2000m(良) 15 6 10 007.20(5人) 03着 R2:00.9(35.2) -0.2 0内田博幸 56 ラグルーラ 484
0000.01.23 中山 3歳未勝利 芝2200m(良) 16 4 8 006.00(4人) 01着 R2:14.4(35.7) -0.2 0内田博幸 56 (ユニゾンデライト) 482
0000.04.02 中山 山吹賞 芝2200m(良) 9 6 6 014.90(5人) 01着 R2:16.1(34.4) -0.1 0内田博幸 56 (リッチーリッチー) 486
0000.04.17 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 3 6 124.3(11人) 12着 R1:59.9(35.7) -2.0 0柴田大知 57 ディーマジェスティ 482
0000.07.03 福島 ラジオNIKKEI賞 GIII 芝1800m(良) 16 4 7 017.7(10人) 08着 R1:47.5(35.2) -0.5 0内田博幸 53 ゼーヴィント 494
0000.07.30 札幌 阿寒湖特別 芝2600m(良) 13 4 5 007.50(4人) 05着 R2:40.6(36.9) -1.3 0勝浦正樹 54 カフジプリンス 492
0000.10.01 中山 習志野特別 芝2000m(良) 13 8 12 006.60(2人) 01着 R2:01.6(35.1) -0.2 0柴田大知 55 (ストレンジクォーク) 488
0000.10.23 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 3 5 139.8(13人) 13着 R3:05.0(36.4) -1.7 0藤岡康太 57 サトノダイヤモンド 486
2017.01.07 中山 迎春S 芝2200m(良) 11 3 5 003.40(2人) 01着 R2:12.6(34.8) -0.3 0内田博幸 56 (ペンタトニック) 502
0000.01.22 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 17 1 1 007.10(3人) 03着 R2:12.2(36.3) -0.3 0内田博幸 55 タンタアレグリア 498
0000.03.25 中山 日経賞 GII 芝2500m(良) 16 6 11 034.90(7人) 02着 R2:32.9(36.2) -0.1 0藤岡佑介 55 シャケトラ 500
2018.09.23 中山 オールカマー GII 芝2200m(良) 12 7 9 039.60(8人) 10着 R2:13.3(36.8) -2.1 0北村宏司 56 レイデオロ 500
0000.11.17 京都 アンドロメダS OP 芝2000m(良) 15 7 12 009.30(4人) 06着 R2:01.0(34.9) -0.6 0藤岡佑介 56 ドレッドノータス 496
2019.01.20 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 11 6 6 049.40(8人) 10着 R2:15.0(35.7) -1.3 0北村宏司 56 シャケトラ 504
0000.04.14 福島 福島民報杯 L 芝2000m(良) 15 3 4 017.00(9人) 06着 R1:59.3(36.8) -0.7 0横山武史 56 レッドローゼス 496
0000.05.11 京都 都大路S L 芝1800m(良) 11 7 9 028.30(8人) 10着 R1:46.4(36.2) -1.8 0藤岡佑介 56 ソーグリッタリング 504
0000.07.21 福島 福島テレビOP OP 芝1800m(稍) 14 4 6 024.40(9人) 03着 R1:49.0(35.9) -0.1 0柴田大知 56 リライアブルエース 502
0000.09.01 札幌 丹頂S OP 芝2600m(良) 14 8 13 015.10(8人) 12着 R2:43.1(38.0) -2.3 0横山武史 55 ポンデザール 502
0000.09.15 中山 ラジオ日本賞 OP ダ1800m(良) 11 8 10 041.8(10人) 11着 R1:56.2(40.5) -3.2 0木幡巧也 56 ローズプリンスダム 498
2020.02.01 東京 白富士S L 芝2000m(良) 14 6 10 265.8(14人) 08着 R1:59.7(34.5) -0.6 0木幡巧也 56 インビシブルレイズ 500
0000.02.22 東京 ダイヤモンドS GIII 芝3400m(良) 16 8 16 325.5(16人) 01着 R3:31.2(37.4) -0.0 0木幡巧也 54 メイショウテンゲン 498
0000.05.03 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 14 6 9 068.7(12人) 12着 R3:18.7(36.3) -2.2 0木幡巧也 58 フィエールマン 502
0000.05.31 東京 目黒記念 GII 芝2500m(良) 18 5 10 057.3(13人) 13着 R2:30.6(36.0) -1.0 0木幡巧也 56 キングオブコージ 498

血統表編集

ミライヘノツバサ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系
[§ 2]

ドリームジャーニー
2004 鹿毛
父の父
ステイゴールド
1994 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ *ディクタス
ダイナサッシュ
父の母
オリエンタルアート
1997 栗毛
メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート *ノーザンテースト
*グランマスティーヴンス

タムロブライト
2006 芦毛
*シルバーチャーム
Silver Charm
1994 芦毛
Silver Buck Backpasser
Silver True
Bonnie's Poker Poker
What a Surprise
母の母
タムロチェリー
1999 栗毛
*セクレト Northern Dancer
Betty's Secret
ミスグローリー サクラユタカオー
*グラツドタイデイングス
母系(F-No.) (FN:f-11) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×4=9.38%
Hail to Reason 5×5=6.25%
ノーザンテースト 5・4(父内)=9.38%
[§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ ミライヘノツバサ 5代血統表2020年2月23日閲覧。
  2. ^ 競馬ラボ ミライヘノツバサの血統データ2020年2月24日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ ミライヘノツバサ 5代血統表2020年2月23日閲覧。
  4. ^ netkeiba.com ミライヘノツバサの血統表2020年2月23日閲覧。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 同馬は斎藤誠厩舎から急遽転厩しての出走であり[10]、デビュー時からの所属馬としてはミライヘノツバサが初のクラシック出走となる。

出典編集

  1. ^ a b ミライヘノツバサ号が競走馬登録抹消 JRA”. www.jra.go.jp. 2020年6月5日閲覧。
  2. ^ 古谷剛彦 (2017年7月2日). “ツイート” (日本語). @furuyatti. 2020年2月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g G1フェブラリーS前日に重賞を制した白い馬の数奇な運命とは……(平松さとし) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年2月23日閲覧。
  4. ^ 青森産馬ミライヘノツバサがV、内田博「レースも自分でつくれるのが強み」/山吹賞 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  5. ^ ミライヘノツバサが抜け出す、皐月賞へ登録/山吹賞|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2020年2月23日閲覧。
  6. ^ ミライヘノツバサ伊藤大師「こういう状態で使えるのは心強い」/皐月賞 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  7. ^ 一発を狙っているミライヘノツバサ黒崎助手「器用さは中山で生きると思います」/皐月賞 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  8. ^ 【習志野特別】(中山)~ミライヘノツバサが2番手から抜け出し勝利 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  9. ^ 【菊花賞】(京都)~サトノダイヤモンドが悲願のGI初制覇 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  10. ^ クリスマス、斎藤厩舎から伊藤大厩舎に転厩|競馬ニュース|競馬予想のウマニティ! - サンスポ&ニッポン放送公認SNS” (日本語). 競馬予想のウマニティ! - サンスポ&ニッポン放送公認SNS. 2020年2月23日閲覧。
  11. ^ 【迎春S】(中山)~ミライヘノツバサが2番手から突き抜け勝利 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  12. ^ 【AJCC】ミライヘノツバサ悔し粘れず3着 積極策も差し脚に敗れる | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  13. ^ 【日経賞】(中山)~シャケトラが末脚を発揮して重賞初制覇 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  14. ^ 【ダイヤモンドS】最低16番人気ミライヘノツバサが鼻差でV 木幡巧「まさかここで勝てるとは…」3連単は355万5600円 : スポーツ報知”. web.archive.org (2020年2月23日). 2020年2月23日閲覧。
  15. ^ 【ダイヤモンドS】最低人気ミライヘノツバサがハナ差制してV!/JRAレース結果 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  16. ^ 競馬ラボ (2020年2月21日). “ツイート” (日本語). @keibalab. 2020年2月23日閲覧。
  17. ^ 競馬ラボ (2020年2月21日). “ツイート” (日本語). @keibalab. 2020年2月23日閲覧。
  18. ^ 【ダイヤモンドS】ミライヘノツバサ復活Vで大波乱 JRA重賞史上3位の高配 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  19. ^ 【ダイヤモンドSレース後コメント】ミライヘノツバサ木幡巧也騎手ら | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。
  20. ^ ミライヘノツバサは右前浅屈腱炎のため要休養9カ月|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2020年6月5日閲覧。
  21. ^ ミライヘノツバサの競走成績”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2020年5月7日閲覧。
  22. ^ 阪神JF勝ち馬、タムロチェリーが死亡 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年2月23日閲覧。

外部リンク編集