ミラクルレジェンド (: Miracle Legend) は日本の元競走馬。おもな勝ち鞍はレパードステークスクイーン賞レディスプレリュードJBCレディスクラシックマリーンカップエンプレス杯。馬名は父名の一部を英語にしたもの(キセキ→ミラクル)と母名の一部を合わせた造語。

ミラクルレジェンド
Miracle-Legend20111204.jpg
欧字表記 Miracle Legend
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2007年2月17日(13歳)
登録日 2009年7月30日
抹消日 2013年3月2日
フジキセキ
パーソナルレジェンド
母の父 Awesome Again
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 吉田照哉
調教師 藤原英昭栗東
競走成績
生涯成績 12戦5勝(中央競馬
13戦7勝(地方競馬
獲得賞金 9952万円(中央競馬)/2億3290万円(地方競馬)
テンプレートを表示

戦績編集

2009年編集

デビュー戦は8月22日札幌芝1500mの新馬戦。直線追い込むも6着だった。以後2戦は芝1600mを使うも3着、6着に敗れた。

2010年編集

 
あおぎりS

4ヶ月半の休み明けで初ダート戦となる4月18日阪神ダート1800mの未勝利戦で直線差しきって初勝利を飾った。続く京都のダート1800mの500万下戦も直線抜け出して勝利。1000万下のあおぎりステークスも差し切って3連勝となった。陣営は初重賞となるジャパンダートダービーは牡馬相手に4着に健闘した。そしてレパードステークスは最後の直線でグリッターウイングとの叩き合いを制し、重賞初勝利を飾った。12月8日船橋クイーン賞では好位の4・5番手で競馬を進め、マイペースで逃げたザッハーマインを直線半ばで交して1馬身半差で勝利、重賞2連勝となった。

2011年編集

2月2日大井TCK女王盃では好位追走から脚を伸ばし、直線でラヴェリータとの叩き合いになったが、クビ差で2着に敗れた。3月2日川崎エンプレス杯は中団から追い込んでラヴェリータ、ブラボーデイジー、プレシャスジェムズとの激しい争いになるが3着。7月18日盛岡マーキュリーカップでは2番手追走も直線で伸びを欠き5着に敗れる。8月6日新潟の関越ステークスでは好位から抜け出すとウインペンタゴンに1馬身3/4差をつけて勝利した。9月29日大井のレディスプレリュードでは好位6番手に控え、直線残り150m付近でラヴェリータを交わし、重賞3勝目となった。11月3日大井のJBCレディスクラシックでは好位追走から3コーナーで徐々に前へ進出すると直線でラヴェリータとの激しいデッドヒートを制して重賞4勝目となった。12月4日ジャパンカップダートでは後方から追い上げてくるものの6着だった。

2012年編集

2月29日エンプレス杯に出走予定だったが、降雪によって開催中止となってしまう。4月4日マリーンカップでは後方から差し切って1馬身半の差をつけて勝利した。5月19日東海ステークスでは中団追走も直線で伸びを欠き5着に敗れる。6月27日帝王賞は5着、連闘で挑んだスパーキングレディーカップは3着だった。秋のレディスプレリュードとJBCレディスクラシックはいずれも1番人気に応えて連覇を果たした。しかし暮れのジャパンカップダートは後方から追い上げるも6着だった。

2013年編集

1月20日の東海ステークスは後方から追い込むが6着。そして引退レースとなったエンプレス杯は1番人気に応えて勝利し、引退に花を添えた。3月2日で競走馬登録を抹消。引退後は生まれ故郷の社台ファームで繁殖生活に入る[1]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2009.08.22 札幌 新馬 14 05.3 (2人) 6着 岩田康誠 54 芝1500m(良) 1:31.4 (34.6) -0.7 ニシノモレッタ
0000.10.31 京都 未勝利 13 02.6 (2人) 3着 岩田康誠 54 芝1600m(良) 1:35.1 (35.9) -0.3 カスクドール
0000.11.29 京都 未勝利 18 06.4 (4人) 6着 藤田伸二 54 芝1600m(良) 1:35.8 (35.8) -0.5 シーキングフェイム
2010.04.18 阪神 未勝利 15 02.2 (1人) 1着 国分恭介 52 ダ1800m(稍) 1:54.9 (36.9) -0.8 (ヤマニンビサージュ)
0000.05.08 京都 500万下 15 05.3 (3人) 1着 岩田康誠 54 ダ1800m(稍) 1:52.9 (36.5) -0.2 (タガノジンガロ)
0000.06.13 京都 あおぎりS 15 23.7 (7人) 1着 岩田康誠 54 ダ1800m(良) 1:51.2 (36.6) -0.2 (ナリタスプリング)
0000.07.14 大井 ジャパンDダービー JpnI 12 09.3 (4人) 4着 岩田康誠 56 ダ2000m(重) 2:05.3 (37.2) -0.1 マグニフィカ
0000.08.22 新潟 レパードS 重賞 13 03.3 (2人) 1着 北村宏司 54 ダ1800m(良) 1:51.8 (37.2) -0.0 (グリッターウイング)
0000.12.08 船橋 クイーン賞 JpnIII 14 03.3 (2人) 1着 岩田康誠 55 ダ1800m(重) 1:52.5 (38.3) -0.3 (ザッハーマイン)
2011.02.02 大井 TCK女王盃 JpnIII 16 01.7 (1人) 2着 岩田康誠 55 ダ1800m(良) 1:52.4 (36.3) -0.0 ラヴェリータ
0000.03.02 川崎 エンプレス杯 JpnII 12 02.0 (2人) 3着 C.デムーロ 54 ダ2100m(不) 2:15.4 (36.8) -0.1 ラヴェリータ
0000.07.18 盛岡 マーキュリーC JpnIII 8 03.1 (2人) 5着 岩田康誠 53 ダ2000m(良) 2:06.5 (38.0) -2.3 ゴルトブリッツ
0000.08.06 新潟 関越S OP 13 04.5 (2人) 1着 北村宏司 55 ダ1800m(良) 1:50.0 (36.6) -0.3 (ウインペンタゴン)
0000.09.29 大井 レディスプレリュード SII 16 03.3 (2人) 1着 岩田康誠 56 ダ1800m(良) 1:50.8 (36.2) -0.3 (ラヴェリータ)
0000.11.03 大井 JBCレディスクラシック SI 13 02.0 (2人) 1着 岩田康誠 55 ダ1800m(良) R1:49.6 (35.9) -0.1 (ラヴェリータ)
0000.12.04 阪神 ジャパンカップダート GI 16 20.7 (6人) 6着 岩田康誠 55 ダ1800m(良) 1:51.1 (37.1) -0.5 トランセンド
2012.02.29 川崎 エンプレス杯 JpnII 中止
0000.04.04 船橋 マリーンC JpnIII 13 01.6 (1人) 1着 岩田康誠 56 ダ1600m(重) 1:40.3 (37.8) -0.2 クラーベセクレタ
0000.05.19 京都 東海S GII 15 04.1 (2人) 5着 C.ウィリアムズ 54 ダ1900m(良) 1:56.6 (36.1) -0.2 ソリタリーキング
0000.06.27 大井 帝王賞 JpnI 13 12.0 (5人) 5着 内田博幸 55 ダ2000m(良) 2:04.3 (37.6) -1.3 ゴルトブリッツ
0000.07.04 川崎 スパーキングレディーC JpnIII 11 01.8 (1人) 3着 岩田康誠 56 ダ1600m(重) 1:39.6 (37.4) -0.3 スティールパス
0000.10.04 大井 レディスプレリュード SII 13 01.4 (1人) 1着 岩田康誠 56 ダ1800m(不) 1:54.0 (37.3) -0.3 (プリンセスペスカ)
0000.11.05 川崎 JBCレディスクラシック 重賞 12 01.4 (1人) 1着 岩田康誠 55 ダ1600m(良) 1:40.7 (38.3) -0.2 (クラーベセクレタ)
0000.12.02 阪神 ジャパンカップダート GI 16 98.3 (14人) 6着 川田将雅 55 ダ1800m(良) 1:50.1 (36.8) -1.3 ニホンピロアワーズ
2013.01.20 中京 東海S GII 16 13.5 (6人) 6着 岩田康誠 54 ダ1800m(良) 1:51.6 (37.3) -0.6 グレープブランデー
0000.02.27 川崎 エンプレス杯 JpnII 11 01.1 (1人) 1着 岩田康誠 55 ダ2100m(稍) 2:15.9 (38.5) -0.3 (エミーズパラダイス)
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す

血統表編集

ミラクルレジェンド血統サンデーサイレンス系ヘイルトゥリーズン系) / Northern Dancer 9.38% 5x4 ) (血統表の出典)

フジキセキ 1992
青鹿毛 北海道千歳市
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ミルレーサー
Millracer 1983
鹿毛 アメリカ
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
Marston's Mill In Reality
Millicent

*パーソナルレジェンド
Personal Legend 2000
栗毛 アメリカ
Awesome Again 1994
鹿毛
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Primal Force Blushing Groom
Prime Prospect
母の母
Highland Legend 1991
栗毛
Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Santella Coastal
Santa Quilla F-No.20

注釈編集

外部リンク編集