メインメニューを開く

ミラマール城

イタリアのトリエステにある城館
現在のミラマール城と周囲の景観

ミラマール城ドイツ語: Schloss Miramareイタリア語: Castello di Miramare)は、現在のイタリア共和国トリエステ近郊にある城館。1856年から1860年にかけて、当時はオーストリア領であったこの地に、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟であるマクシミリアン大公(のちにメキシコ皇帝)によって築かれた。設計はオーストリアの建築家、カール・ユンカーによる[1]

概要編集

 
ミラマール城でメキシコ帝冠を受諾するマクシミリアン大公

ロンバルド=ヴェネト王国の副王を解任されたマクシミリアン大公は、無役のままトリエステに隠棲することを決意し、アドリア海に面した断崖の上に自らの居館を築いた[2]。あらゆる建築様式が雑然と取り入れられ、内部には中国日本の部屋まである[2]

マクシミリアン大公はこの城館で、フランス皇帝ナポレオン3世からの申し出を受け、メキシコ皇帝となることを決意した。

出典編集

  1. ^ 池上英洋 『美しきイタリア 22の物語』 光文社、2017年、92頁。ISBN 978-4-334-04303-2
  2. ^ a b 須永(1986) p.160

参考文献編集