メインメニューを開く

ミラン・メリンド

フィリピンのボクサー

ミラン・メリンドMilan Melindo1988年2月29日 - )は、フィリピンのプロボクサー。カガヤン・デ・オロ出身。元IBF世界ライトフライ級王者。フィリピンの名門ボクシングジムであるALAジム所属。

ミラン・メリンド
Milan-Melindo.jpg
基本情報
本名 ミラン・メリンド
通称 El Metodico
Method Man
階級 ライトフライ級
身長 157cm
リーチ 162cm
国籍 フィリピンの旗 フィリピン
誕生日 (1988-02-29) 1988年2月29日(31歳)
出身地 カガヤン・デ・オロ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 41
勝ち 37
KO勝ち 13
敗け 4
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2005年9月17日、マンダウエでデビュー戦を行い、4回判定勝ちを収めた。

2007年10月6日、WBO世界ミニマム級10位のヌアパヤック・サックリリーンとWBOアジア太平洋ミニマム級王座決定戦を行い、4回2分58秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2007年12月2日、ジャック・アミサと対戦し、12回3-0(118-109、2者が117-110)の判定勝ちを収めWBOアジア太平洋王座の初防衛に成功した。

2008年7月26日、セブ市にあるセブ・コロシアムでカルロス・メロとWBAインターコンチネンタルライトフライ級王座決定戦を行い、12回3-0(2者が117-111、116-112)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2008年10月30日、ジュマ・フンデイと対戦し、3回1分20秒TKO勝ちを収めWBOアジア太平洋王座の2度目の防衛に成功した。

2009年3月14日、ウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノで元IBF世界ミニマム級王者ムハンマド・ラクマンと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2009年10月3日、WBO世界ミニマム級6位のホセ・グアダルーペ・マルティネスと対戦し、10回3-0(2者が97-93、96-94)の判定勝ちを収めた。

2010年1月14日、アンソニー・ビヤレアルとWBCインターコンチネンタルフライ級ユース王座決定戦を行い、初回にダウンを奪うと、最後までペースを失わず3-0の判定勝ちで王座獲得に成功した。

2010年4月23日、ドバイのザ・ロッジ内チ・ガーデンでコムリット・3Kバッテリーと対戦し、4回TKO勝ちを収めWBCインターコンチネンタル王座の初防衛に成功した。

2010年11月27日、元IBF世界ライトフライ級王者カルロス・タマラと対戦し、10回3-0(2者が98-92、97-93)の判定勝ちを収めた。

2011年9月10日、ウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノでフランシスコ・ロサスとWBOインターコンチネンタルフライ級王座決定戦を行い、ロサスの10回終了時棄権により王座獲得に成功した。

2012年1月28日、ウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノでフアン・エスクエルと対戦し、7回2分16秒TKO勝ちを収めWBOインターコンチネンタル王座の初防衛に成功した。

2012年6月2日、パサイのリゾーツ・ワールド・ホテルで元WBO世界ライトフライ級王者ヘスス・ゲレスとWBOインターナショナルフライ級王座決定戦を行った。前日計量でゲレスが規定体重に落とせず失格になったためゲレスが勝てば空位、メリンドが勝てば王座獲得の変則ルールで試合は通常通り行われ、初回に3度ダウンを奪い、初回2分21秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年9月22日、ウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノで元WBA世界フライ級暫定王者ジャン・ピエロ・ペレスと対戦し、12回2-0(115-113、114-114、116-112)の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2013年4月6日、マカオにあるザ・ベネチアン・マカオコタイ・アリーナ鄒市明の前座でWBO世界ライトフライ級2位でWBOアジア太平洋ライトフライ級王者のトミー・セランとフライ級契約で対戦。初回にダウンを奪ってメリンドが先手を打つと、2回にダウンを追加、4回に右フックで痛烈なダウンを奪うとそのまま主審が試合終了を宣告した為、4回2分38秒TKO勝ちを収めメリンドはWBO世界フライ級1位の座を死守し指名挑戦権を獲得した。

2013年7月27日、ザ・ベネチアン・マカオ内コタイ・アリーナでWBA・WBO世界フライ級スーパー王者ファン・フランシスコ・エストラーダと対戦し、プロ初黒星となる12回0-3(109-117、2者が109-118)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[1]

2013年11月30日、ケソンアラネタ・コロシアムで元WBA世界ライトフライ級暫定王者ホセ・アルフレド・ロドリゲスとWBOインターナショナルフライ級王座決定戦を行い、12回3-0(118-110、119-109、118-109)の判定勝ちを収め王座を獲得した。

2014年10月18日、IBFはメリンドをIBF世界ライトフライ級3位にランクインした[2]

2014年11月15日、IBF世界ライトフライ級6位のサウル・フアレスとIBF世界ライトフライ級挑戦者決定戦を行い、12回3-0(115-113、116-112、118-110)の判定勝ちを収めハビエル・メンドーサへの挑戦権を獲得した。

2015年5月30日、バハ・カリフォルニア州エンセナーダのカンポ・ヌエバ・エンセナーダでIBF世界ライトフライ級王者ハビエル・メンドーサと対戦し、6回2分39秒、0-3(53-59、2者が52-60)の負傷判定負けを喫し王座獲得に失敗した[3][4]

2015年6月6日、IBFはメリンドをIBF世界ライトフライ級7位にランクインした[5]

2016年11月1日、IBFはメリンドをIBF世界ライトフライ級5位にランクインした[6]

2016年11月26日、セブ市のセブ・コロシアムで八重樫東の負傷離脱に伴いIBF世界ライトフライ級3位のファーラン・サックリン・ジュニアとIBF世界ライトフライ級暫定王座決定戦を行い、12回3-0(115-113×2、117-111)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[7][8]

2016年12月2日、同月30日に正規王者の八重樫東と王座統一戦を行う予定だったが、メリンドが鼻を負傷し試合出場を辞退した[9]

2017年5月21日、正規王者の八重樫東と王座統一戦を行い、初回2分45秒TKO勝ちを収め王座統一に成功、メリンドが6ヵ月保持していた暫定王座は正規王座を吸収する形で消滅した[10][11]

2017年9月16日、ウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノで元WBA世界ミニマム級スーパー王者でIBF世界ライトフライ級6位でIBO世界ライトフライ級王者のヘッキー・ブドラーと対戦し、12回2-1(117-110、115-112、113-115)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した[12][13]

2017年10月19日、IBFがメリンドとブドラーに再戦を指令した。ブドラー陣営は、12ラウンドのブドラーのノックダウン裁定は間違い、12ラウンド開始直後のドクターチェック中にセコンドがメリンドの傷口にアドレナリンを塗って止血処置をしたのはルール違反、117-110でメリンドの勝ちと採点したジャッジは極端すぎると、IBFに抗議していた[14]

2017年12月31日、大田区総合体育館でWBA世界ライトフライ級王者の田口良一と王座統一戦を行い、12回0-3(111-117×2、112-116)の判定負けを喫し王座統一に失敗、IBF王座の3度目の防衛に失敗し王座を田口に明け渡すと共にWBA王座の獲得に失敗した[15]

2018年1月3日、IBFはメリンドをIBF世界ライトフライ級8位にランクインした[16]

2018年1月12日、WBCはメリンドをWBC世界ライトフライ級5位にランクインした[17]

2018年10月7日、横浜アリーナでWBC世界ライトフライ級王者拳四朗と対戦し、IBFに続く王座戴冠を目指したが、7回TKO負けを喫した[18]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ エストラーダ、2冠堅守 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月28日
  2. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2014年10月18日
  3. ^ Mendoza Decisions Melindo In Foul-Filled Affair”. Boxing Scene.com (2015年5月31日). 2015年5月31日閲覧。
  4. ^ メンドサ負傷判定勝ち、IBF・L・フライ級V1 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月31日
  5. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2015年6月6日
  6. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2016年11月1日
  7. ^ Melindo wins IBF 108lb interim belt Fightnews.com 2016年11月26日
  8. ^ メリンドが判定勝ち、IBF・L・フライ級暫定王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月27日
  9. ^ 八重樫はサマートレックとV2戦、12.30W世界戦確定 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月2日
  10. ^ Melindo stops Yaegashi in one to unify IBF 108lb belts Fightnews.com 2017年5月21日
  11. ^ 八重樫東まさかの初回TKO負け、V3失敗で王座陥 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月21日
  12. ^ Melindo edges Budler to retain IBF jr fly title Fightnews.com 2017年9月16日
  13. ^ メリンド流血初防衛、マグダレノが11.11防衛戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月17日
  14. ^ Milan Melindo vs. Hekkie Budler Rematch Ordered By The IBF”. Boxing Scene.com (2017年10月19日). 2017年11月6日閲覧。
  15. ^ 田口良一がWBA・IBF統一、メリンドに3-0判定 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月31日
  16. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2018年1月3日
  17. ^ RATINGS WBC公式サイト 2018年1月12日
  18. ^ 拳四朗危なげなく4度目防衛「自分のジャブ信じた」 日刊スポーツ 2018年10月7日

関連項目編集

外部リンク編集

暫定王座決定戦 対戦者
ファーラン・サックリン・ジュニア
IBF世界ライトフライ級暫定王者
2016年11月26日 - 2017年5月21日
次暫定王者
王座統一戦により消滅
前王者
八重樫東
IBF世界ライトフライ級王者

2017年5月21日 - 2017年12月31日

次王者
田口良一