ミリィ/少年は空を飛んだ

ミリィ/少年は空を飛んだ』(ミリィ/しょうねんはそらをとんだ、原題:The Boy Who Could Fly)は、1986年制作のアメリカ合衆国ファンタジー映画

ミリィ/少年は空を飛んだ
The Boy Who Could Fly
監督 ニック・キャッスル
脚本 ニック・キャッスル
製作 ゲイリー・アデルソン
出演者 ルーシー・ディーキンズ
ジェイ・アンダーウッド
音楽 ブルース・ブロートン
撮影 スティーブン・ポスター
アダム・ホレンダー
編集 パトリック・ケネディ
製作会社 ロリマー・モーション・ピクチャーズ
20世紀フォックス
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 日本ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年8月15日
日本の旗 1987年3月21日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $9,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $7,177,431[2]
テンプレートを表示

空を飛べると信じる自閉症の少年と彼を信じる少女の穏やかなふれ合いを、ファンタスティックかつ温かく描いた作品。特殊効果はリチャード・エドランド。第14回サターンファンタジー映画賞受賞[3][4]

あらすじ編集

最愛の父を亡くした14歳の少女ミリィは、母と弟と3人で小さな田舎町に引っ越してきた。ある日、ミリィは隣の家の2階の窓に1人の奇妙な少年が座っているのを見つける。その少年は腕を水平に伸ばして飛行機が空を飛ぶような格好をしていた。

転校先での初登校の日、ミリィは同じクラスにその少年エリックがいることを知った。だが、エリックは5歳の時に両親を飛行機事故で亡くして以来、誰とも口をきかず、心を閉ざしてしまっていた。

その後もミリィは、度々彼がいつも屋根に上って空を飛ぶ真似をしているのを見る。やがてエリックの不思議な能力を知ったミリィは、優しさで何とかエリックの心を開こうとするが、かねてから学校からも町からものけ者扱いされていた彼は医療施設に収容されてしまう。

ある夜、エリックは医療施設を抜け出し、ミリィはエリックと共に逃げるが、追い詰められる。その時、エリックがミリィの手を優しく握り、2人は大空高く舞って行った。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Aubrey Solomon, Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History, Scarecrow Press, 1989 p260
  2. ^ The Boy Who Could Fly - Box Office Mojo
  3. ^ 14th Saturn Awards at IMDb.
  4. ^ SF MOVIE DataBank:サターン・アワード

外部リンク編集