メインメニューを開く
ミルコ・ボルトロッティ

ミルコ・ボルトロッティMirko Bortolotti, 1990年1月10日 - )は、イタリアトレント出身のレーシングドライバー

目次

経歴編集

レーシングカートを数年経験したのち、ジュニアフォーミュラへ転向。2005年にイタリア・フォーミュラ・ルノーの冬季シリーズと、フォーミュラ・グロリアへ参戦。3年間をフォーミュラー・ルノー・冬季シリーズで過ごし、2006年には総合4位を獲得。同年にはフォーミュラ・アズーラとイタリア国内のFJ1600にも参戦。アズーラでは1勝と5回のポールポジションをあげ、総合2位を獲得した。

2007年にはフォーミュラー・ルノーと同時にイタリアF3選手権にも参戦。初年度は1勝と2回のPPを獲得し、総合4位。翌2008年も引き続きイタリアF3に参戦し、16戦9勝6PPという成績でチャンピオンを獲得した。

この年のイタリアF3の成績上位3名に、フェラーリよりF1マシン・F2008を運転する機会が与えられ、フィオラノサーキットのサーキットを走行した。この際に記録したラップタイムは、同日に走行した他の2名より1秒以上も速く、2008年シーズン中にキミ・ライコネンルカ・バドエルマルク・ジェネが記録タイムをも上回る、コースレコードであった[1]

その後、F3でチャンピオンを獲得した成績が評価され、F1チーム・レッドブルのジュニア・チームに選出された。

2009年には同年に25年ぶりに復活したF2選手権に参戦。3戦目となる第2ラウンドブルノでの第1レースで初優勝。その後のブランズ・ハッチの第1レースではファステストラップを記録するなどの活躍を見せた。

その後12月1日~3日に行われたヘレスでの若手ドライバーテストにトロ・ロッソから2日間参加したが、2010年1月に突如レッドブル・ジュニア・チームのメンバーから外された。[2] しかし3月にフェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーに加えられることが発表された[3]

2010年はGP3に参戦したが、5回の入賞と内1回の表彰台を獲得したのみで、シリーズ11位に終わり、12月16日にフェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーから外されることとなった[4]

レース戦績編集

カテゴリー チーム 参戦数 PP 優勝 ポイント ランキング
2005年 イタリア・フォーミュラ・ルノー・冬季シリーズ Auinger 4 0 0 8 13th
フォーミュラ・グロリア ? 2 0 0 12 21st
2006年 フォーミュラ・アズーラ Team Italia CSAI 14 5 1 60 2nd
イタリア・フォーミュラ・ルノー・冬季シリーズ RP Motorsport 4 0 0 88 4th
イタリア・FJ1600 ? ? 0 40 13th
2007年 イタリアF3 Corbetta Competizioni 16 2 1 80 4th
イタリア・フォーミュラ・ルノー・冬季シリーズ Tomcat Racing 4 0 0 34 12th
2008年 イタリアF3 Lucidi Motors 16 6 9 150 1st
2009年 F2 MotorSport Vision 10 0 1 31 6th
2010年 GP3 Addax Team 16 0 0 16 11th

FIA フォーミュラ2選手権編集

ナンバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 DC ポイント
2009年 14 VAL
1

6
VAL
2

2
BRN
1

1
BRN
2

Ret
SPA
1

9
SPA
2

9
BRH
1

Ret
BRH
2

5
DON
1

10
DON
2

3
OSC
1

2
OSC
2

Ret
IMO
1

2
IMO
2

Ret
CAT
1

6
CAT
2

Ret
4位 50
2011年 4 SIL
1

1
SIL
2

2
MAG
1

6
MAG
2

3
SPA
1

4
SPA
2

1
NÜR
1

1
NÜR
2

1
BRH
1

5
BRH
2

2
SPL
1

2
SPL
2

2
MNZ
1

2
MNZ
2

1
CAT
1

1
CAT
2

1
1位 316

GP3編集

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 DC ポイント
2010年 アダックス・チーム ESP
FEA

16
ESP
SPR

Ret
TUR
FEA

25
TUR
SPR

12
VAL
FEA

18
VAL
SPR

10
GBR
FEA

8
GBR
SPR

13
GER
FEA

6
GER
SPR

4
HUN
FEA

11
HUN
SPR

8
BEL
FEA

Ret
BEL
SPR

14
ITA
FEA

5
ITA
SPR

2
11位 16

(key)

グランドツーリングカー編集

プランパンGTシリーズ・スプリントカップ編集

チーム 車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 順位 ポイント
2015年 グラッサー・レーシングチーム ランボルギーニ・ウラカン GT3 Pro NOG
QR

NOG
CR

BRH
QR

BRH
CR

ZOL
QR

ZOL
CR

MOS
QR

MOS
CR

ALG
QR

ALG
CR

MIS
QR

2
MIS
CR

3
ZAN
QR

ZAN
CR

17位 21
2016年 GRT グラッサー・レーシングチーム MIS
QR

Ret
MIS
CR

12
BRH
QR

7
BRH
CR

24
NÜR
QR

Ret
NÜR
CR

Ret
HUN
QR

8
HUN
CR

14
CAT
QR

2
CAT
CR

5
17位 16
2017年 MIS
QR

8
MIS
CR

9
BRH
QR

1
BRH
CR

1
ZOL
QR

Ret
ZOL
CR

15
HUN
QR

2
HUN
CR

3
NÜR
QR

19
NÜR
CR

5
4位 67
2018年 ZOL
QR

1
ZOL
CR

7
BRH
QR

10
BRH
CR

5
MIS
QR

3
MIS
CR

19
HUN
QR

1
HUN
CR

6
NÜR
1

DSQ
NÜR
CR

EX
5位 57.5

ブランパンGTシリーズ・耐久カップ編集

チーム 車両 クラス 1 2 3 4 5 順位 ポイント
2015年 グラッサー・レーシングチーム ランボルギーニ・ウラカン GT3 Pro MNZ
25
SIL
8
LEC
6
SPA
Ret
NÜR
6
12位 29
2016年 GRT グラッサー・レーシングチーム MNZ
8
SIL
3
LEC
Ret
SPA
11
NÜR
1
7位 49
2017年 MNZ
1
SIL
1
LEC
13
SPA
Ret
CAT
3
1位 86
2018年 MNZ
4
SIL
10
LEC
13
SPA
Ret
CAT
13
31位 13

デイトナ24時間レース編集

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
2016年   ポール・ミラー・レーシング   ブライス・ミラー
  ブライアン・セラーズ
  マディソン・スノー
ランボルギーニ・ウラカン GT3 GTD 652 35位 16位
2017年   GRT グラッサー・レーシングチーム   ロルフ・イナイヒェン
  クリスチャン・エンゲルハート
  エゼキエル・ペレス・コンパンス
ランボルギーニ・ウラカン GT3 GTD 580 37位 15位
2018年   GRT グラッサー・レーシングチーム   ロルフ・イナイヒェン
  フランク・ペレラ
  リク・ブロイケルス
ランボルギーニ・ウラカン GT3 GTD 752 21位 1位
2019年   GRT グラッサー・レーシングチーム   クリスチャン・エンゲルハート
  ロルフ・イナイヒェン
  リク・ブロイケルス
ランボルギーニ・ウラカン GT3 Evo GTD 561 17位 1位

脚注編集

外部リンク編集