メインメニューを開く

ミルマン・パリー

ミルマン・パリー(Milman Parry, 1902年 - 1935年12月3日)は叙事詩学者。

1902年アメリカロサンゼルスに生まれる。カリフォルニア大学バークレー校修士を得た後パリ大学アントワーヌ・メイエのもとで学ぶ。フランス1920年に出した論文ではホメーロスの詩の文中の表現は定型にもとづいていることを著した。また1930年代アメリカで出した本ではホメーロス文体の特殊性は口誦詩であることによるという説を立てた。この説はThe Singer of Tales(1960年)で有名な弟子アルバート・ロード に引き継がれた。1933年から1935年の間ハーバード大学の准教授になり口伝の採取のために二度ユーゴスラビアに赴く。1935年銃弾に斃れる。没後の1971年オックスフォード大学出版局から息子アダム・パリーの手による論文集「The Making of Homeric Verse: The Collected Papers on Milman Parry」が刊行された。

外部リンク編集