メインメニューを開く

ミンクの手ざわり』(原題・英語: That Touch of Mink)は、1962年に製作・公開されたアメリカ映画である。イーストマン・カラー シネマスコープ作品。

ミンクの手ざわり
That Touch of Mink
監督 デルバート・マン
脚本 スタンリー・シャピロ
ネイト・モナスター
製作 マーティン・メルチャー
スタンリー・シャピロ
製作総指揮 ロバート・アーサー
出演者 ケーリー・グラント
ドリス・デイ
音楽 ジョージ・ダニング
撮影 ラッセル・メティ
編集 テッド・J・ケント
製作会社 アーウィン・プロダクション
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1962年6月14日
日本の旗 1962年9月29日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 14,628,923ドル(北米)
配給収入 8,500,000ドル(北米)
テンプレートを表示

目次

概要編集

前年の『恋人よ帰れ』に続くデルバート・マン監督とドリス・デイのコンビ作であり、ケーリー・グラントとデイの唯一の共演作となった。

キャスト編集

※日本語吹替:初回放送1970年2月2日『月曜ロードショー

その他:和田哲八奈見乗児宮田光

スタッフ編集

  • 監督:デルバート・マン
  • 製作総指揮:ロバート・アーサー
  • 製作:マーティン・メルチャー、スタンリー・シャピロ
  • 脚本:スタンリー・シャピロ、ネイト・モナスター
  • 音楽:ジョージ・ダニング
  • 撮影:ラッセル・メティ
  • 編集:テッド・J・ケント
  • 美術:ロバート・クラットワーシー、アレクサンダー・ゴリツィン
  • 装置:ジョージ・ミロ
  • 衣装:ノーマン・ノレル、ローズマリー・オデル(クレジットなし)

映画賞受賞・ノミネーション編集

外部リンク編集