ミント(女無天、英語: mint)は、シソ科ハッカ属ミント属メンタ属)の総称。多くの種は多年草だが、一年草の種も存在する。ユーラシア大陸原産。名称は、ギリシャ神話で植物に変身したニンフであるメンテー(Μίνθη)に由来する。

ミント
Mentha longifolia 2005.08.02 09.53.56.jpg
ホースミントの花と葉
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: ハッカ属 Mentha
学名
Mentha L.
和名
ハッカ
英名
Mint
  • 本文参照

別名メンタ[1]和名ハッカ(薄荷)だが[2]、この名はミントの1種ニホンハッカを意味することもある。

特徴編集

地中海沿岸ヨーロッパアジア東部の原産で[2]、北半球の温帯に多く、南アフリカオーストラリアにも分布し[3]、様々な種が世界中に広く分布している[4]。栽培されているミント類には、ニホンハッカ(ハッカ)、ペパーミント(セイヨウハッカ)、スペアミント(ミドリハッカ)、マルバハッカ(アップルミント)、ペニーロイヤルミントなどがある[3]

草丈は、匍匐性種は3 - 100センチメートル (cm) 、立性種は50 - 100 cmとさまざまである[1]は白色または淡いピンク色で、は十字に対生することが多い[1]。繁殖力が旺盛であり、零れ種と地下茎により繁殖する。畑地に地植えすると駆除が容易ではなくなり、雑草扱いされることもある。全草に精油分が含まれ[1]、種によって香りの成分が異なるが、葉は爽快感のあるスッキリとした香りがあるのが特徴である[4]ハーブとして世界中で広く使われており、主成分メントールの清涼感ある香りが特徴のペパーミントと、精油成分カルボンの甘い香りのスペアミントが代表的な種で、主に香辛料野菜として広く利用されている[4]

栽培編集

半日陰でも育つ[1]。種まきの適期は4 - 10月ごろ[1]。夏場の過湿にはやや弱い性質があり、蒸れや病気を防ぐため込み入った茎や葉を間引きながら育てるとよいとされる[1]。ミントの栽培は容易で、鉢植えで栽培もできる[5]。交雑しやすいため、露地栽培のときは株を離して植えるとよいといわれる[5]

利用編集

 
カクテルのモヒート

用途が広く、葉は料理菓子の香りづけのために、ハーブティー入浴剤としても利用される[1]。生葉を潰して打撲のときの湿布薬にも利用できる[1]

食用編集

主なは6 - 9月とされる[4]。葉は、爽快味および冷涼感を与えるメントールに富むため、ハーブとして料理に添えたり、肉料理魚料理ソースカクテルや菓子、ハーブティー、薬用酒などの材料となる[4]。東南アジアのタイベトナムでは麺料理サラダに一般的に使われていて、西アジアのトルコでは豆のスープにも使われている[4][2]。アフリカのモロッコでは、緑茶と生のミントを混ぜた茶を飲む。精油はハッカ油、メントールの結晶はハッカ脳の名称で市販され、かつて北海道北見市が世界的な産地であったことから、北海道内の土産屋の定番商品となっている。ミント特有の成分メントールには、気分転換やリラックスさせる効果があり、ガムなどのスーッとする清涼感ある香りに使われている[2]

香料編集

精油(エッセンシャルオイル)は香料として食品や歯磨き粉に添加されたり、アロマテラピーや消臭や虫除けに用いられる[6]。ミントから精油を取るには、ミントの全草を蒸気釜に隙間無く充填し、釜内に高圧水蒸気を吹き込む。排出される蒸気を冷却した後、水と分離した上澄みのオイル部分を採取する(水蒸気蒸留)。

医療用途編集

伝統医療民間療法でも用いられており、漢方薬(生薬名:薄荷葉(はっかよう))としても清涼、解熱、発汗、健胃などの目的で用いられる[6]。ペパーミントの香りの主成分であるメントールには、強壮作用や消化促進作用があるほか、鎮痛作用があることから湿布薬などにも用いられている[4]。また殺菌効果も知られており、ハーブティーにして風邪食中毒の予防に利用されている[4]

科学的研究では、ハッカ油は過敏性腸症候群(IBS)の症状を改善しうる(may improve)と報告されている[6]。消化不良も改善しうるとの研究結果があるがエビデンスは限定される[6]

かつて、ミントはデザイナーフーズ計画のピラミッドで3群に属しており、3群の中でも、キュウリ、オレガノ、タイム、アサツキと共に3群の中位に属するが、癌予防効果のある食材であると位置づけられていた[7]

種類編集

変種が出来やすく600種を超えると言われるほど多種多様な種がある。

ペパーミント系とスペアミント系編集

主に

などに分けられる。

ペパーミント系は香りが強く、メントールの含有量も多い。東アジア原産のニホンハッカ(和種薄荷(わしゅはっか))もここに含まれる。気分をリフレッシュさせるようなスッキリした香りで、ハーブティーや料理のほか[4]チューインガムキャンディに多く用いられる。

スペアミント系の香りは比較的弱く、甘くさわやかな香りがある。葉は丸みがある[4]。比較的クセがないため、料理や菓子に使いやすい[4]。チューインガム、歯磨き粉などにも用いられる。スペアミントの香りの主体はl-カルボンである。日本には江戸時代にオランダハッカが渡来した。

初摘みミント編集

その年、花が咲く前最初に刈り取ったミントをいう。雑味が少なくフレッシュな香りが特徴的。およそ6月から9月の間に花が咲くので、収穫時期はそれと同じくらいか少し前。花が咲くとエネルギーがそこに注力し、香りが弱くなってしまうことからこの概念が生まれた。初摘みミントを使ったチューインガム[8]、お酒、香りを楽しむオイル[9]餃子[10]などが商品化されている。

主な種編集

主な雑種編集

  • Mentha × gracilis - ジンジャーミント (Ginger Mint) - 茎は赤紫色を帯び、葉腋に淡ピンク色の花をリング状につける。ショウガのような香りがする。[1]
  • Mentha × piperita - ペパーミント、セイヨウハッカ (Peppermint) - メントールを豊富に含み、強い清涼感がある。鎮静作用や消化を助ける働きがある。[1]
  • Mentha × rotundifolia (M. longifolia × M. suaveolens) - マルバハッカ(M. suaveolensもマルバハッカという)(False Apple-mint)
  • Mentha × smithiana (M. aquatica × M. arvensis × M. spicata) - Red Raripila Mint
  • Mentha × villosa (M. spicata × M. suaveolens; syn. M. cordifolia) - ケンタッキーカーネルミント、ボールズミント
  • Mentha × villosonervata (M. longifolia × M. spicata) - Sharp-toothed Mint

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 神蔵嘉高 1997, p. 14.
  2. ^ a b c d 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 176.
  3. ^ a b 農文協編 2004, p. 315.
  4. ^ a b c d e f g h i j k 主婦の友社編 2011, p. 261.
  5. ^ a b 神蔵嘉高 1997, p. 13.
  6. ^ a b c d Peppermint Oil (Report). アメリカ国立補完統合衛生センター. (2012-04). D365. https://nccih.nih.gov/health/peppermintoil. 
  7. ^ 大澤俊彦、「がん予防と食品」『日本食生活学会誌』 2009年 20巻 1号 p.11-16, doi:10.2740/jisdh.20.11
  8. ^ ロッテ - GREEN GUMロッテグリーンガム、2014年5月16日閲覧。
  9. ^ マイナビニュースマイナビニュース、2014年5月19日閲覧。
  10. ^ R25R25、2014年5月16日閲覧。
  11. ^ 神蔵嘉高 1997, p. 15.

参考文献編集

  • 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 『かしこく選ぶ・おいしく食べる 野菜まるごと事典』成美堂出版、2012年7月10日、176頁。ISBN 978-4-415-30997-2 
  • 神蔵嘉高 『暮らしにいかすハーブ図鑑』講談社、1997年4月21日、12 - 15頁。ISBN 4-06-208646-8 
  • 主婦の友社編 『野菜まるごと大図鑑』主婦の友社、2011年2月20日、261頁。ISBN 978-4-07-273608-1 
  • 農文協編 『野菜園芸大百科 第2版 20:特産野菜70種』農山漁村文化協会、2004年3月31日、315 - 316頁。ISBN 4-540-04123-1 

関連項目編集