ミートローフ: meatloaf)は挽肉の塊を調理した料理である。

ミートローフ

概要編集

「ローフ」 (loaf) は古英語パンが語源であり、転じて長方形の食パン形に成形した挽肉をオーブンで焼いたものをローフと呼ぶようになった。挽肉料理の歴史は古く、古代ローマの料理書である『アピシウス』でも言及されている。ミートローフは、ドイツベルギーオランダなどで伝統料理となっている。アメリカのミートローフは、植民地時代のペンシルベニア州で、ドイツ系移民が食べていた Scrapple に由来する。しかしながら現代アメリカにおける意味でのミートローフは19世紀後半まで料理書には現れなかった[1]

日本には明治時代フーカデン: fricandon)という名称で伝えられた。早い時期から陸海軍の糧食としても採用されていたが、一般的な料理としては定着せず、現在ではほぼ完全に忘れ去られている。ミートローフという名称は戦後に伝わったが、オーブン料理に疎い土地柄もあり、同種の料理であるハンバーグとは対照的に今もなお家庭料理としての馴染みは薄い。   

調理法編集

通常は挽肉が主であるが、ラムも用いられる。挽肉にタマネギのみじん切りを炒めたものを混ぜ、パン粉などの穀物粉を成型のためのつなぎとして加え、コショウナツメグなどの香辛料で味付けしてよく練り混ぜ、長方形の金型に詰めてオーブンで焼き上げる。現調理法では型に入れない物や円筒型なども存在する。また樹脂を用いたケーシングを施したソーセージ状のものもミートローフと称される事もあり、燻製や直火焼きのミートローフも存在する。

他の材料として類やピーマンニンジンなどの野菜類、マッシュルームなどのキノコ類を加えることもある。表面にマッシュポテトを塗る・内部にゆで卵を入れるなどのアレンジもあり、多様かつ自由度の高い料理である。

焼きあがったら端から好みの厚さに切り、トマトソースグレイビーホワイトソースケチャップフルーツジャムなど好みのソースで食べる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Zeldes, Leah A. (2009年9月2日). “Eat this! Meatloaf, easy comfort”. Dining Chicago. Chicago's Restaurant & Entertainment Guide, Inc.. 2010年8月3日閲覧。

関連項目編集