ムガル建築(ムガルけんちく、मुगल वास्तुकला)とは、ムガル帝国などで主に建設された建築様式のことである。ムガル帝国の皇帝の元で栄え、主な例には、タージマハール、レッドフォートなどが挙げられる。

タージ・マハル
ビービー・カー・マクバラー

概要編集

 
フマユーン廟

ムガル建築は、インド亜大陸におけるムガル帝国の範囲にわたって16〜18世紀に、ムガル帝国の皇帝皇族らによって開発された*インド・イスラーム建築英語版の一種であり、 イスラム教モスクや廟堂、宮殿、城塞建築などに主に使用された。また、インドの風土に合わせて発展した歴史を持つ。初期のムスリム王朝の建築様式を発展させ、また、中央アジアの建築様式もうけつぎ、発展を遂げた。 ムガル建築の建物は、大ドーム、ミナレット、見上げるようなアーチ型のゲートなどの特徴・構造を持っている。このスタイルの例は、インド、アフガニスタン、バングラデシュ、パキスタンなどの南アジア地域圏で確認することができる。

建築のモデル編集

主な建築物編集

ギャラリー編集

参考文献編集

  • 宮原辰夫 ムガル建築の魅力――皇帝たちが築いた地上の楽園

関連項目編集