メインメニューを開く

ムシゲル(Mucigel)とは、植物の根における表面や先端部(根冠の表皮細胞)から分泌される不溶性の粘液物質である。植物の根全体を被覆する。ペクチンといった高水和多糖である。ムシゲルは細胞内小器官ゴルジ体で合成され、開口分泌を経て細胞外へと分泌される。植物根の周囲はムシゲルが豊富であり、根圏と呼ばれる微生物が非常に多い生息圏となる。

ムシゲルの機能を以下に示す。

  • 根冠の保護。乾燥の防止。
  • 潤滑作用により、根が土壌を貫き進むことを効率良くする。
  • 共生微生物である窒素固定菌真菌(真菌は植物の土壌水分や栄養素の摂取を促進する)の生息空間を提供する。
  • 根と土壌粒子の間に拡散架橋を形成し、乾燥土壌からの水分と無機栄養素無機栄養素の効率よい吸収経路となる。