ムジャンガ満州語: ᠮᡠᠵᠠᠩᡤᠠ 転写:mujangga[1]、穆彰阿、1782年 - 1856年)は清朝満州族官僚。子樸鶴舫または雲漿山人と号する。ゴギャ氏(gogiya hala、郭佳氏)、鑲藍旗人

官僚の家庭に生まれる。父親はグワンタイ(広泰)。嘉慶10年(1805年)に進士及第した後、軍機大臣翰林院掌院学士、兵部尚書戸部尚書協弁大学士太子太保等の職を歴任する。道光8年(1828年)に軍機処入りすると、20年余りにわたって軍機大臣を務める。道光帝の感情を揣摩することに優れ、その在位期間を通じ重用された。人は「在位二十年,亦愛才、亦不大貪,惟性巧佞,以欺罔蒙蔽為務」と称した。漕運総督も務める。朝野に広く存在した門下生たちは「穆党」として知られ、道光23年(1843年)に抜擢した曽国藩とは師弟の誼を持った。

阿片戦争前は阿片弛緩論派の巨魁としてキシャン(琦善)らとともに軍機大臣王鼎林則徐ら阿片厳禁派と対立、弛緩を促進し厳禁派を退ける策謀を謀るも厳禁論に傾倒していた道光帝を翻意させることはできず、道光帝は林則徐を欽差大臣に任命、広東での阿片取締りに当たらせた。阿片戦争1840年6月28日 - 1842年8月29日)が勃発するとキシャンを支持し、林則徐、鄧廷楨らを罷免した。[2]王鼎はムジャンガが国を誤らせたと激しく憤慨し自害、死を以て諌めようとした。[3]咸豊帝は即位後の1851年、林則徐や姚瑩らを起用、ムジャンガを「位を保ち榮を貪り、賢を妨げ国を病む」と指弾して罷免、二度と任用することはなかった。咸豊6年(1856年)病死。

注釈編集

  1. ^ 「果然」の意
  2. ^ 『清史稿・穆彰阿伝』には「ムジャンガは皇帝の動揺、心変わりを察し、それに乗じて林則徐を罷免、キシャンをその代役とした」(「穆彰阿窺帝意移,乃賛和議,罷則徐,以琦善代之。」)とある。
  3. ^ 『清史稿・王鼎伝』には「自禁烟事起,英吉利兵犯沿海,鼎力主戦。至和議将成,林則徐以罪譴。鼎憤甚,還朝争之力,宣宗慰労之,命休沐養痾。越数日,自草遺疏,劾大学士穆彰阿誤国。閉戸自縊,冀以屍諌。軍機章京陳孚恩,穆彰阿党也,滅其疏,別具以聞。」とある。

外部リンク編集

  • 国学ネット — 原典宝庫(簡体字中国語)
『清史稿』 巻三百六十三 列伝一百五十
先代:
スンユン(松筠)
都察院満左都御史
1823-1824
次代:
スンユン(松筠)
先代:
フシュン(富俊)
理藩院尚書
1824-1826
次代:
インへ(英和)
先代:
魏元煜
漕運総督
1825
次代:
陳中孚
先代:
陳中孚
漕運総督
1826
次代:
楊懋恬
先代:
禧恩(ヒエン)
工部満尚書
1826-1831
次代:
フシュン(富俊)
先代:
スンユン(松筠)
兵部満尚書
1831
次代:
ナチンガン(那清安)
先代:
フシュン(富俊)
工部満尚書
1831-1833
次代:
ボキトゥ(博啓図)
先代:
禧恩(ヒエン)
戸部満尚書
1833-1834
次代:
耆英(キイェン)
先代:
文孚(ウェンフ)
吏部満尚書
1834-1836
次代:
耆英(キイェン)
先代:
キシャン(琦善)
直隷総督
1837
次代:
キシャン(琦善)