ムスチスラフ・ダヴィドヴィチ (スモレンスク公)

ムスチスラフ・ダヴィドヴィチロシア語: Мстислав Давыдович1193年 - 1230年聖名フョードル)は、スモレンスク公ダヴィドの子である。スモレンスク公(在位:1219年 - 1230年)。

ムスチスラフ・ダヴィドヴィチ
Мстислав Давыдович
スモレンスク公
Death of Mstislav Davidovich of Smolensk.jpg
ムスチスラフ・ダヴィドヴィチの死
在位 1219年 - 1230年

出生 1193年
死去 1230年
子女 ロスチスラフ3世
家名 リューリク家
父親 スモレンスク公ダヴィド
テンプレートを表示

概要編集

1217年ポロツク近郊を荒廃させていたリトアニア軍を破った[1]。1219年、オーヴルチ公ロスチスラフが死に、その兄弟のウラジーミルがスモレンスク公からオーヴルチ公へ、そしてムスチスラフがスモレンスク公になったと推定されている。

1223年カルカ河畔の戦いにスモレンスク軍が参加しているが、キエフでの諸公会議や、戦いに関する記述において、ムスチスラフの名は言及されていない。1225年ウスヴャートィの戦いでは、リトアニア軍に対し、スモレンスク公国の北部を、ノヴゴロドウラジーミルの軍勢を率いた隣国のヤロスラフが防衛している。なお、この戦いではムスチスラフの従兄弟のトロペツ公ダヴィドが戦死した。

ムスチスラフの治世には、スモレンスクと、リガゴットランド島との交易協定が結ばれた。ムスチスラフの死後は、息子のロスチスラフが、ロスチスラフ1世の子のロマンリューリクの子孫が有していた継承権に反して、スモレンスク公に就いていた。しかしムスチスラフの死から2年後(1232年)に、ロマンの孫のスヴャトスラフによって公位を追われた。

妻子編集

妻の名は不明である。子にはロスチスラフがいる[注 1]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ムスチスラフ3世の子という説もある[2]

出典編集

  1. ^ Пашуто В.Т. Образование Литовского государства
  2. ^ Войтович Леонтій.Смоленська гілка Рюриковича. Смоленська і Ярославська династії

参考文献編集

先代
ウラジーミル4世
スモレンスク公
1219年 - 1230年
次代
ロスチスラフ3世